Loading...Loading...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入梅は梅雨入りすることだと思っていたのですが
梅雨の時期をそのまま表現する事もあるのだそうです
梅といえば庭の真ん中に植木鉢のまま底から根を出して
毎年実をつける少し古い小さな白梅があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなに広い庭ではないので
どこからでもどこも近いところですが
その極近くに芽を出して私を毎日釘付けにしている
これは一体何なのか植物の宇宙人かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを気にしながら
勝負するわけではないけれど
よその紫陽花は我が家と何がどれほど違うのかと
スダジイの巨木にも逢いたくてのおでかけでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花のお寺は山の中腹一軒だけのレストラン
初めて見ました知らなかった中華コースの薬膳スープ
もうすっかり若返って元気になって
乾燒蝦仁までのごちそうさまでした

 

なんて読む漢字なんですチャイニーズ   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 佛跳牆?”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2024年6月11日 at 8:00 AM :

    おはようございます
    えっ?もう更新?私の一週間ってどうなってるんだろ~。月曜の次が月曜だったりするし。(だいじょうぶか?)
    ☆佛跳牆(ぶっちょうしょう、フォーティャオチァン、パッチューチョン)
    ☆乾燒蝦仁(カンシャオシャーレン)
    わからないことはみんなネットが教えてくれます。でももうすでに記憶から離れる言葉ですけど。珍しいご馳走とめぐり会えてよかったですね♡ちょっぴりこちらにも香りが漂ってくるようです。
    植物の宇宙人には興味津々。育ったら何が登場したか教えてくださいね。

         
     

    • めぐみ on 2024年6月11日 at 2:25 PM :

      このみさん、こんにちは。
      単語の詳しい読み方をありがとう。中国語は読み方も難しいけれど漢字からなんとなく意味を想像できたりもして面白いですね。おいしいスープの力で少し元気になったような気がします。
      目の前にはあれこれと用事があるのに、全く時間が経つのは速すぎますね。ついていくのが大変です〜。今日も忘れずに、ありがとうございます♪

  2. AKK on 2024年6月15日 at 10:43 AM :

     どこかで見たことあるなと思いました。きっと「美味しんぼ」です。修行僧が香りに誘われて塀を飛び越えるシーンがありましたね。この壺ごと長時間蒸して作るんじゃなかったかな。テレビでよく見るサプリメントなんかより効きそうですね。それでもどうにも分からないのは、後で浦島太郎になってしまわないかということです。だからちょっとだけね。
     実際にお寺に登って、紫陽花を見て、初体験の料理を食べるって生きてる感じありますよね。私は専らだらしない格好で座り込んでのYouTube。誰かがクルマやパソコンのレストアしていたり、近代物理学を簡単に説明してくれたり、映画の切り抜きなんかがあったり。夜中に目が覚めるとまた見ているなんて、なんて生きてる感じのしない生活なんでしょう。
     トンナンシャーペイ、イーチートンクァン、シーサンプトウ、、中国語知ってますよ。みんな麻雀用語ですけどね。そうそう麻雀ていえばこれもインターネット。私の相手はコンピュータですから、勝っても負けてもあんまり興奮はしません。でもね、学生時代みたいに一晩で一カ月分のアルバイトの努力がすっ飛んじゃうなんてことはありません。ちなみに週二回の家庭教師で15,000円貰ってました。毎回お寿司の夕飯付きでした。

    • めぐみ on 2024年6月15日 at 2:42 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      壺入りの薬膳スープをご存知でしたか。入れ物だけでもインパクト大。中身は少しでしたが気分はかなりアップしましたよ。似たようなものを家でも作れたらいいな。
      家庭教師とは懐かしいアルバイト。今思うと学生さんがお金もらっていいのだろうか〜という気がしないでもないけれど良き時代でしたね。
      今日も暑くなりました。体調管理には気をつけてお過ごしくださいね。いつもありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K