Loading...Loading...

今年の春の宿題は

ハルジオンとヒメジョオン

野外観察でわかったことは

少し季節がずれていることでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうそろそろ終わりですが

紫色のヒメジョオンに出会えたのはうれしい

去年のテーマはハハコグサでした

春紫苑 姫女菀 母子草 やっぱり漢字かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いがけず出会ったのは

ボンネット型のバス

もうお仕事は引退したのでしょうか

どんなこれからがお望みなのでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は毎日お台所にいて

美味しいものを作りましょう

がんばるからね

どうか美味しい人生を召し上がれ

 

花よりも団子と言って照れている   めぐみ

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 季節ごとの花”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2020年7月2日 at 5:46 PM :

    恵さん こんばんは。お庭の草花と仲良しですね。毎年「宿題」を課しては、四季の花を咲かせて楽しんでおられますね。草花は正直で可愛がって手をかけてやれば、更に、美しく咲いてくれますね。今年は「ハルジオン」と「ヒメジョオン」、お楽しみ出すね。そう言えば、50年程前のこと、毎年亡き父が鑑賞菊を栽培し品評会で賞をいただいておりました。ある年のこと立派に立ち上がりつぼみをつけた鉢が棚で台風襲来でピンチ。当時、小4の姫が一鉢一鉢物置に運び込みました。そこまでは100点ですが、その際に、立派な蕾を全部落としてしまいました。そんなことをふと思い出しました。また、お楽しみと言えば奥さまの手料理。拙句「何処にでもありそうでない妻の味」、これからも美味しいものをお作りください。何と言っても、「一日三食」が生きていく原動力ですね。今日もありがとうございます。明日はまた梅雨空とか。雨の日も楽しく暮らしましょう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月3日 at 5:48 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      お父さまは菊がお好きだったのですね。その菊作りも趣味の域を越えて何度も賞を頂くレベルは本格的。毎日側で見ていた姫さまは、その価値をよく分かっていて精一杯のお手伝いだったのでしょう。つぼみは残念ですが、その心根が有り難いですね。お父さまはちょっとがっかり、でもとても嬉しかったのではないかとお察しします。やさしいお姫さま。
      「何処にでもありそうでない妻の味 茂男さん」この境地を目指したいです。いつもの普通のご飯が美味しいと言ってもらえるように。暑い1日にもありがとうございます。今日もいい日になりますように。

  2. このみ on 2020年7月4日 at 6:21 AM :

    おはようございます
    なんといっても目を引くのは、めぐみさんのスタイルの良さですね。60代なんかにはとても見えない。
    私は何とかダイエットしなければと思うのですが、全然痩せません。30センチも身長差があるのに主人より重いんです。哀しい~~~~。。。。。できるだけ間食もやめているのに。夫曰く、「君は光合成で育ってる」う~~~ん。。。夜寝ていても太っていくそうです。ひどい差別。

    花は楽しいですね。裏の公園の紫陽花も終わりました。これからは向日葵かな。
    近くの公園のカンナがかなり顔を出しています。木々の緑も濃くふさふさと青年の強さを見せています。私は偶然に出会う花たちが好きなので自分では育てられません。実家の木々や花もみんな枯れそうでした。狭い庭に育ちすぎた木々が何本もあるので伐採したら見通しがよくなりそうでちょっと不用心かも。古い家がなくなっていて表通りから丸見えでしたから。

    7月になりました。何となく気ぜわしくて落ち着きません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月4日 at 8:35 AM :

      このみさん、おはようございます。
      花たちも夏の顔ぶれになってきました。田んぼの脇に一本ずいぶん前からひまわりが元気に咲いています。この花は長生きで、寒くなるまで直立不動。花によって生き方も違うなぁと思わされます。散歩道で偶然に出会う花たちは楽しいですね。小さくても名前を呼んでもらえなくても頑張っている‥‥!
      お住いの辺りで雨が強そうで案じております。雨雲が何事もなく過ぎてくれますように。今日もありがとうございます。

  3. 春爺 on 2020年7月4日 at 7:41 AM :

    おはようございます。
    おだんご美味しそうですネ。
    ゆたかや派ですか?・・ぼくは春の字が入ってる春子屋派ですぅ。笑

    そうそうこのみさん、賞状と作品集だけですネ~
    九州は大雨警報、気をつけてくださいね・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月4日 at 8:42 AM :

      春爺さん、おはようございます。
      どうしてそんなに詳しいのですか〜!? 確かに二軒お団子屋さんが並んでいるのですよ。そして餡の具合が微妙に違っているようで。私にはイマイチよく分からないのですが、どちらもそれなりに美味しいです。たまに買ってくると懐かしい甘さを感じますね。
      入選のご褒美がたまりますね。今日も何か届くかな。ますます良い作品が生まれますように。ありがとうございます。

  4. このみ on 2020年7月4日 at 9:30 AM :

    再びおはようございます
    春さん、お返事ありがとうございます。そうですか、やっぱり。でも文章には賞品を送りますので機会があったらお出かけくださいとなってましたよね。
    「かに道楽さん」からも1万円分のお食事券が届きました♪こちらにはお店がないので東京と静岡の子供たちに半分こして送りました。
    あとはホームメイトさんからトロフィーと色紙が届くのを待つのみです~。今年もホームメイトさんでは遊びたいと思っています。脳トレにちょうどいいんですね。
    富山のばららくごさん、今のところ毎回春さんとまこっちゃんさんと私の折句読んでいただいてますよね。すごくうれしく思っています。みなさん元気だ~~って感じで。これからもできるだけ参加したい公募です。
    「ここせん」もちどりさんから己書を送っていただきました。こちらもとてもうれしかったです。雪姫は惜しくも4位で残念でした~~~!!!次回は春さん、めぐみさん、いそこさん、そして私、がんばろうね!
    マガジンの懸賞川柳、めぐみさんおめでとうございます♪春さんも1句えらばれてましたね!4回目のチャレンジで私は初の全没でした~~~~~!!今後も全没の可能性大ですが最後まで楽しむつもりです。次回はいそ子さんも参加してるので結果が楽しみです。
    熊本宮崎鹿児島の雨量すごいことになっていますね!今のところこちらは曇り空だけで全く降っていません。南九州が心配なところです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月4日 at 10:31 AM :

      このみさん、コンスタントに結果が出ていておめでとうございます。よく仮想空間で出会う人は、お名前しか知らなくても前からのお友だちのような気持ち。うれしいことです。離れていても一緒に楽しめるって、本当にスゴイ時代です。
      まだまだ空模様には気をつけてお過ごしください。穏やかな週末になってほしいですね。

  5. AKK on 2020年7月4日 at 12:56 PM :

     団子、らっきょう、梅酒は楽しい取り合わせですね。ブランデー仕込みはまだだから CHOYA のが置いてあるということでしょうか。MADE by Megumi のらっきょうは食べられるのでしょう。私にはカレーをください。
     週末に草取りではなく草刈りをしようと思っていますが予報はまた雨ですね。「雨のち晴れははずれない」では間に合いません。ほっておくとジャングルになります。これからの緑に圧倒される時期は嫌いではないですがせめて庭くらいはサッパリとしたいものです。庭を作らせた父の、今年は三七回忌。このご時世なので家族で墓参りだけという予定です。
     迫り来る緑の中で今年の私のお気に入りはネムの花です。漢字では合歓ですね。家にあるわけではありませんが、仕事の合間に眺めては続く雨も梅雨らしくていいものだと、まあ何かにつけては負け惜しみばかり。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月4日 at 5:54 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      緑がパワフルになってきました。やさしい新緑の頃とは違って生命力に溢れているというか。それはそれで夏らしい風情。悪くはありませんね。人間だって負けてはいられません。空模様やら感染症やら気分の上がらないことが多いですが、きっと良いこともあるはず。
      ネムの花は可愛らしいですね。風に揺れる長い柔らかな部分はオシベだと知りました。おかえりとささやく合歓の花明かり。俳句か川柳か‥‥?
      命日は何回繰り返しても新たな思いが生まれてくるから不思議です。何十年経ってもついこの間のことのようでもあり。お父さまは天国で頼もしいAKKさんに感謝をしていらっしゃることでしょう。いつもありがとうございます。

  6. 竹内いそこ on 2020年7月5日 at 9:27 PM :

    こんばんわ めぐみさん
    ハルジョオン、ヒメジョオン と二つは季節がずれているのですか?
    もとは外国産で、鑑賞用植物として日本に入ってきたと聞いています。
    でも、私の育ったところでは普通に野原に咲いていました。
     ひらひらの糸のような花びらが柔らかそうで触ると黄色い花粉が指に付きました。
    ユーミンの曲にこの題名の曲がありましたね。
    彼女の育ったところにも咲いていたのかな~と聴いていた覚えがあります。

     ラッキョウ漬けに琥珀色の梅酒ということはチョーヤのボトルは空なのかな。
    あのお団子はドライタイプ(餡子にドライはないかな~)ですね。
    私はとろりとした餡子よりもドライがすき。
     「ゆたかやのいしげだんご」覚えておきます。 美味しそう・・・・

     このみさん 着実に結果を出しているのがすご~い。
     私も地味にはるか後ろを追いかけています。
     周回落ちかもしれないけれど、ついていきますよ~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月6日 at 6:52 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      二つの花は盛りの時期が少しずれていてハルジオンが4〜6月、ヒメジョオンが5〜8月。探し始めた頃に一つしか見つからないのも当たり前でした。今は歩道の脇はヒメジョオンだらけ〜。名前がごちゃ混ぜになったのはユーミンの歌のせいという説もあります><  見分け方はいろいろ。初めて知ったことばかりで楽しい課外授業でした。
      並んでいるボトルは飲むための一本です。とても度数が高いので気をつけないといけません。甘いものは頭や心の栄養と聞きました。免疫力を高めるために食事にも気をつけながら7月も乗り切りましょう。雨も早く通り過ぎてくれますように。ありがとうございます。

  7. このみ on 2020年7月6日 at 5:11 AM :

    おはようございます
    いそちゃん、私にもコメントありがとうございます。
    6月は自分でも意外についていましたが、7月の入選予定はゼロです!笑
    いっしょに色々楽しめたらいいですね。

    南九州の豪雨の被害はまるで悪夢。テレビを見て絶句でした。3年続けて大きな被害が出てるんですね。これまで私の住むところや実家もかなり危ない時もあったのですが、とりあえずは参事は免れています。でもこれからどうなるかなんて誰にも予測は尽きませんよね。本当に恐ろしいです。球磨川の決壊は津波のようだとありましたね。あんなのが一気になだれ込んできたら、もはや人間のなせるすべなんかありませんから。

    コロナ感染者もまた増えてきてどうなることやら。2020年がとりあえず早く終わってほしい。早く特効薬が出てくるのを待ち望むしかありません。気温も熱くなって、これまでよりマスクをしている人が減ってきたように思います。危機管理、大丈夫なんでしょうか。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年7月6日 at 6:54 AM :

      運を引き寄せるのも実力のうち。
      7月も楽しい一月になりますように!
      落ち着いた毎日を過ごせる日が本当に待ち遠しいですね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K