Loading...Loading...

やっと見つけた!

去年から探していました

もう会えないのかと思っていました

どうしても自分で見たかった春の野の花「母子草」

 


名前の由来はどうであれ

字面と響はお涙頂戴ものです

会えなければなお会いたい思いは募ります

子どもたちとその子どもたちとです

 

春らしからぬ思いを紛らわしてほしいので

このところ毎日のお散歩は欠かせませんが

ご近所のランドマーク「バスのとこ」が無くなりました

関鉄バスターミナルが更地になってしまいました

 


じっとしていなさいと言われて

じっとしているうちに

竜宮城で遊びすぎた後のように

いろいろみんなすっかり変わってしまっていたらどうしましょう

 

玉手箱開けてはダメと書いてある   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 バスのとこ”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2020年4月15日 at 5:19 PM :

    ブチッ!忍耐の糸が切れる音です。
    若い人や小さな子供にとっては今の環境って不思議で我慢できないところもあるでしょうね。
    「バスのとこ」もなぜなくなってしまったのでしょう。
    茨城もニュースに頻繁に出ていますね。地震や、都会の車が押し寄せているなど。
    めぐみさんは大丈夫ですか?
    こちらの生活は元々とても地味だったし、出かけるといえば実家だけだったのでさほど変わらないといえば変わらないです。ただ高速バスが変わらず走っているのを見るたび、行けないジレンマは感じてしまいます~~。ケアマネの方がとっても良い方なのでとても頼りにしています。

    今日は店が休みだったのもあって、昼ご飯の流れで夫とBSで「ライムライト」を見ていました。先週はビデオにとっていた「タイムライン」をはじめからゆっくり見ました。この映画、私の中ではトップです。話も好きだしキャラたちもチャーミング。でも以前一緒に見ていた娘は関心なしでしたけど。(まあ人の感性はそれぞれ)

    久しぶりに昔のファイルを少し見たのですが、「音俳句」に夢中になって参加していた時の夏井先生のコメントがとても長く丁寧で改めて感激した次第です。今では考えられません。あの頃参加できた喜びをひしひし感じました。笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月15日 at 8:35 PM :

      このみさん、こんばんは。
      行こうと思えば行けるのに、ご実家に飛んで行かれないのがもどかしいですね。今は我慢の時なのかもしれませんが、大人にとっても辛いものは辛い‥‥。早く元気で再会できますように!
      こちらも以前から週に一回買い出しに行くだけの生活。スタイル自体はほとんど変わってはいないのですが周りの状況が気になって落ち着きませんね。いいニュースを聞きたいものです。
      なつかしい映画を見直すのはいいですね。一緒に見られたらなおさら話題も増えそう。タイムライン、いつか観るリストにメモしました。大切なファイルも、いつでもその時に連れて行ってくれますね。先生もこのみさんのことはしっかり覚えていることでしょう。
      経験したことのないような毎日が続きますが、周りの人たちと安全に過ごしてくださいね。今日もありがとうございます。

  2. エム on 2020年4月15日 at 5:27 PM :

    ヤツに言われたんだよ
    コメント書けってさ
    でもな
    そーゆーもんでもないんで
    ジシュクしてた

    じっとしてろって言われたら
    オレはトクイだよ
    お店で動けないオレもいるからね
    息もしてない
    それに祖国じゃ嫌われモノさ

    あのね〜めぐみさん
    このジョーキョー
    リューグージョーじゃないんだよ

    オレがさ
    ソーリダイジンなら
    みんなのためにどーすればいーか
    イッパイ考えてあげるんだけどな〜

    玄関に開けてはダメと書いておく  浦島エム

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月15日 at 8:47 PM :

      浦島エムくん、こんばんは。
      なんにもしたくない〜と思うこともあるのに
      何もしちゃいけないと言われるのはキビシイね

      でも気の抜けないような状況で
      先のこともよく分からなくて
      自分や家族の身を守るには
      一体どうしたらいいのやら

      あのねエムは
      祖国だけでなく世界中の人気者なんだよ
      私もたまにとっても会いたくなる

      大事な存在なのですから
      できるだけ気をつけて
      かたくて元気な体でいてください♪

      ニッポンをエムに任せてみたいなあ  乙姫の見習い

  3. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2020年4月16日 at 8:06 AM :

    恵さん おはようございます。やっと見つけた「母子草」。感動ですね。触発されて一句「草餅を焼く天平の色に焼く 有馬朗人」。人とのおつきあいは古いのですね。一方、母子草とよく似た「父子草」があるのですね。「ゴギョウ」という名でも知られた父子草は春の七草の1つですか。反対ですか。間違っていたらご免なさい。また、今日の一句「玉手箱開けてはダメと書いてある  めぐみさん」。「玉手箱」と言えば亡夫の実家の「鈴木家」伝来の「玉手箱」。次男が養子に入った際、「開けるな」と言われて義父から預かっている。やがて、同じように長男に渡す時期が近づく。急に現実に帰って、洗濯は午前中勝負ですよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月16日 at 10:36 AM :

      茂男さん、こんにちは。
      午前中勝負の洗濯物も間に合いました。でも外干しはできませんね。春の空は気まぐれです。
      この花がハハコグサかどうか。詳しい人に教えてもらえるとうれしいのですが、写真で比べる限りそっくり。多分そうだろうと思い込んでいます。母子草を詠み込んだ俳句に出会ったおかげで、散歩道ではいつも俯き加減でした。父子草というのもあるのですね。調べてみたら控えめで地味な感じ。お父さんの雰囲気です‥‥?
      本当の玉手箱は覗いてみたくなりますね。中身は一体なんでしょう?みんなの幸せのお守りだったのですね。今までも、これからも。今日も穏やかな一日でありますように。ありがとうございます。

  4. remi on 2020年4月17日 at 8:39 AM :

    おはようございます。いつも楽しく見ています。
    今回のブログ、とてもびっくりしたので久しぶりにコメントさせて下さい。

    我が家では先週から「おうちスクール」なるものを始めました。休校で小学校に通えない新一年生の娘と一緒に時間割を作り、国語の教科書を読んだり、算数の問題にチャレンジして、なんとか学校に近いペースで過ごそうと奮闘中です。(中休みや掃除の時間もあります^^)

    一昨日に「せいかつか」の校外授業で近くの土手を歩いてきました。幼稚園で貰ったぽけっと図鑑に載っている野原の花を探していたのですが、綺麗に整備された花壇にはツツジばかり。ようやく見つけたのがこの母子草で「やっとみつけた〜!」と2歳の弟と一緒に喜んでいました。そしてブログをひらくと同じセリフ、、、!

    いつもとは違う日々、気が滅入ってしまいそうな日もあります。子どもたちにパワーをもらいながら、こうして小さな楽しみを見つけていきたいと思います。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月17日 at 11:54 AM :

      remiさん、こんにちは。
      なんてうれしい偶然かしら。同じ頃に同じセリフを叫んでいたのかもしれない!こちらでは遠い土手でも見つからず、結局二軒隣の塀際にあったのでした。探し物は近くにあるのですね。
      それにしても楽しそうな「おうちスクール」♪ 小さな弟さんと大好きなお母さんとの毎日の体験は、掛け替えのないページになりますね。一緒に作る時間割はいいですね。中休み、掃除の時間にせいかつか。私も見習ってキチンとした毎日を過ごさないと‥‥。いつ学校が始まっても大丈夫ですね。
      早く普通の日々がやってきますように。何よりもremiさんご自身がお気をつけて。大切な人たちと安心安全にお過ごしくださいね。すてきなお便りをありがとうございます。

    • AKK on 2020年4月18日 at 5:03 PM :

      なんて素敵な先生なんでしょうか。大感動です!
      「大草原の小さな家」のキャロライン母さんみたいですね。
      明るい賢い話題をありがとうございます。皆で頑張りましょう!

      • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月19日 at 10:45 AM :

        AKKさんの感想に
        本当に大いに共感しました
        日本中でこんなお話が生まれたら素晴らしいな♪

  5. 竹内いそこ on 2020年4月17日 at 11:40 PM :

    こんばんわ めぐみさん
    みなさん様々な方法で、この状況と戦っていらっしゃいますね。
    お散歩もいいなあ。
    しばらく出なかったため、変化してしまったご近所にも気づかずにいた。
    そんなときは時間に取り残された自分を感じます。

    もうこんな花が咲く時期になったのか、
    と気付かされたのはドウダンツツジの白い花。
    桜がおわり、黄色い山吹もちょっとくすんできた。
    そして、わりと長期で咲く椿の下に、ドウダンツツジ。
    川のオオハクチョウ君は 土手一面を彩る薄紫の大根の花をバックにポーズをとっています。
    移動の減った人間の生活をよそに、季節は確実に動いています。

     今度句会に行って皆に会えるのはいつだろう・・・
    と考えながら、メール投句になったみんなの句をまとめています。
     おーい、明日が締切りだぞー まだの人は急いでー
     こんなことを言っている各句会の世話人さんもいっぱいおられるでしょうね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月18日 at 6:55 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      ドウダンツツジは白くて可愛らしい花ですね。やわらかな若草色の葉っぱもいい感じ。今年は花が少ないような気もします。盛りはこれからでしょうか。花の様子は少しずつ変わってゆくのに。こんなに美しい季節なのに‥‥。穏やかな気持ちで過ごそうと思っても何か落ち着かないのは仕方ないですね。みなさまのお知恵も拝借しながら大人らしくいきましょう。
      お取りまとめのお仕事ははかどっていますか。次に集まった時には全て笑い話にしたいものですね。堂々と羽を広げるオオハクチョウくんの姿を思い浮かべながら、週末も乗り切りたいと思います。今日もありがとうございます。

  6. このみ on 2020年4月18日 at 9:06 AM :

    おはようございます
    いそこさんは編集のお仕事で忙しそうですね!がんばってくださいね。
    こちらはコロナのせいもあり、なんだか時間がゆ~~~~~~っくり流れている気がします。
    食品ではないのですが、やはり人通りが全くないので来店のお客様も少なく、今週は木曜も休もうとなり初めての2日間店休でした。コロナでなければ一泊二日で実家へ行けるのにね~~~。
    まあでも普段から地味に生活しているせいか、二日休みでも大した変化もなく。
    「やりたいこと」がなく、「やらなければいけないこと」をゴソゴソやっているうちに日は暮れるという感じでしょうか。(まるで隠居者)
    超久しぶりに「足長おじさん」を読みたくなったのですが、本棚を探しても見つかりませんでした。ジュディのはちきれんばかりの感性と若さに会いたいなあ!(まるでおばあさん)笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月18日 at 10:24 AM :

      このみさん、こんにちは。
      こんな状況でもやらなければならないことはいろいろと山積み。それはそれで有り難いことなのかもしれませんね。
      毎日カレンダーできちんと日付を確かめています。こちらでも時間の流れがちょっとおかしい感じです。読み返したい本は順番待ちなのに、やっぱり時間が足りないという不思議‥‥。
      兎にも角にも安心に安全に過ごしてくださいね。朝から雨降りの土曜日です☔️

  7. 竹内いそこ on 2020年4月19日 at 8:34 AM :

    おはようございます☀️ このみさん
    私も無性に読みたくなる本がいくつかあります。
    これを読めば今のウサを一時的にでも晴らしてくれる、という薬。
    足長おじさん もそのひとつ。
    線で書いてあるイラストも好きでした。
    巌窟王 大人向けの モンテ・クリスト伯爵より印象が強いかな。
    ホント、小さい時に読んだ本ばかり。
    探してみたいけれど、本屋さんにも行きにくいですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月19日 at 10:38 AM :

      いそこさん、おはよう♪
      小さい頃に読んだ本はとても印象が強いですね。
      トムソーヤ、ハックルベリー、クリスマスキャロル‥‥個性的な本を読んでいたような。若草物語やアンはかなり大きくなってから。大人になると幅は広くなるようでそうでもない。好みが出てきます。ゆっくり本屋さんも歩きたいですね。

  8. このみ on 2020年4月19日 at 9:11 AM :

    おはよーいそちゃん♪
    子供の頃ってなんか無我夢中で何も考えず過ごしてきたみたいな気がしてるけど、60も半ばになって振り返ると、結構あの頃の自分が生きているんですよね!
    現在の私は読みたい小説もないし見たい映画もない。自分が好きなものしか見たくないんです。
    大した量を重ねてきたわけでもないけど、これまでの時間自分の嗜好というものがけっこうはっきりしてきて、もう何でも取っかかってみるという気に全くなれないんですよね。読んだ後に「あ~読まなきゃよかった」と思うような記事には目を通したくない。それなら暇や退屈を選ぶというか。とにかく好奇心の減退はものすごく感じています!ホント、正直興味があることがあまりないんです。そういうわけでネット句会への参加もぐっと減ったし。でも森山さんのとこはどんなに没でも最後まで参加しますよ~~~。いそちゃん、お互い励ましながらがんばろうね!笑
    新葉館さんが今年から1年間募集を始めた毎月の公募。結果を見たいので「川柳マガジン」を一年間購読しようと思っています。たまに参加していたこともあったけど、購読は10年ぶりくらい。本当はあまりやる気がないのですけど、宿題出せたらいいとは思っています。(没なんか怖くないわ♪)現在のワタクシはすっかりしなびたおばあさんです。
    「足長おじさん」ネットで買おうと思ってググったら、昔私が持っていた本は中古でなんと1円!!!新品で忠実な訳のが読みたいのだけど、ちょっとよくわからない。ジュンク堂にも行けなくなったし今はネットが頼りではあるんですけど。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年4月19日 at 10:42 AM :

      このみさん、おはよう♪
      新装版があっても馴染みのある装丁の方がいいかな〜。でも定価より送料がかかるんですね。
      編集部さんに代わりまして、センマガにようこそ^^
      ご一緒に川柳ライフを楽しみましょう。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K