Loading...Loading...

プラスチックで出来ているので

子どもの指くらいでは破れにくい

UVカット率 95%

畳も私も日に焼けない

 

言い出しっぺは私でなくても

材料揃えは全てお任せでも

仕事の手順も教えてもらって

週末のお仕事は「障子貼り」です

 

鬼怒川まで行って洗わなくても

ごはん粒を煮て糊を作らなくても

テープと定規とカッターとで

職人並みに仕上がる予定

 

巾一間の廊下を横切って

秋の日差しは冬の光の匂いです

穴あきもその補修も無くなって

早くからのお正月の準備に少し複雑な気分

 

暮れまではまだ間があると走り出す   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 秋から冬へ”にコメントをどうぞ

  1. AKK on 2019年11月23日 at 4:03 PM :

     気の早いお正月の準備は無事におすすみでしょうか。カラッと晴れた日ならパリッと仕上がるでしょうに、よりによって雨とはお気の毒です。ネットで調べてみたら、アイロン貼りや両面テープのものなど随分と様変わりしているようですね。
     akk は障子張り大好きでした。破いてもいいと言われて、楽しくて仕方なかったのはお手伝いとは言わないのでしょうね。貼り上がって霧を吹くとピンとするのが子供心にも嬉しかったなあ。
     秋から冬へ、冬眠するまでの美しい時間を走り出したりしないで楽しんでください。朝日ですか?夕日ですか?真ん中の鉄塔は誰でしょう。秋と冬の間の雲をありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月23日 at 5:28 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      不思議な雲ですよね。朝日のような夕焼けでした。こんな景色に出会えるから、俯いてばかりいないでたまには空を見上げないともったいない。そういえば鉄塔は暑くても寒くても身動きもしないでお疲れさまです。
      朝からずっと散歩にも出られない雨降りです。大事な仕事ができてちょうどよかったかもしれません。おかげさまで見違えました。ツールも進化していてありがたいですね。
      勤労感謝の日はゆっくりお過ごしになれましたか。いつもありがとうございます。

  2. 竹内いそこ on 2019年11月23日 at 4:41 PM :

    こんにちわ めぐみさん
    えら~い!障子張り!
    私は古い障子紙をはがす時が好きなんです。
    窓枠からはずして、後ろから霧吹きをかけてちょっと待つ。
     すると角々ののりが水分でやわらかくなって、ちょっと爪で剥がすと紙一枚の完璧な状態で全部が取れてきます。
     一気にべりッと破くのも楽しいですが、これもちょっとした達成感。
     さて、張り終わったら部屋の中が明るくなりますよね。
    こんなに日に焼けていたんだとあらためてビックリ。
     私も障子の穴を見て見ぬふりをしていないで、向き合わなきゃ。
     頑張ります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月23日 at 5:35 PM :

      いそこさん、こんばんは。
      恥ずかしながら、きちんと取り組んだのは初めてでした。紙一枚を完璧な状態で剥がす快感。いそこさんがお好きなのも納得。私も病みつきになりそう。8枚目が終わる頃には手順もすっかり身について、もう終わりなんだと寂しくもなりました。それにしても丈夫すぎる障子紙。手でちぎっても破れないなんてね。何十年も持ちそうですよ?人間の方がどんどん古くなってしまいそうです。
      庭の紅葉も、やっと赤みを増してきました。冷え込みそうな夜はあったかくしてお過ごしくださいね。今日もありがとうございます。

  3. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年11月23日 at 5:29 PM :

    恵さん こんにちは。一枚の写真に魅せられます。お正月に準備の障子張りですか。 障子は昔からある日本の伝統的な建具。ピンと張った白い障子は気持ちが引き締まり、お正月の明るさを部屋に届けてくれます。我が家では単身赴任中も私の持ち分でした。まず、去年の暮れに張って古くなった障子紙をきれいに剥がすことから始まりますね。私は霧吹きでサンの部分を湿しました。上手に剥がれましたよ。くるくるとまかった障子紙を下から二段ずつ張り上げました。11月中に障子張りが終われば余裕ですね。いいお正月をお迎え下さい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月23日 at 5:52 PM :

      茂男さん、こんばんは。
      ずっと障子の担当だったのですね。慣れていらっしゃると鮮やかな手捌きでこなされるのでしょうね。こちらは初めてにしては結構よくできました。間近で点検する人もいませんから大体できれば合格点ということにします。気になっていたところが終わったので、もうお正月の支度は終わり。ならいいのにな‥‥。
      この二ヶ月はずっと駆け足でしたから、今年の残りは少しゆっくり歩けたらと思います。茂男さんも予定がいっぱいと思いますが、マイペースでお過ごしくださいね。明日も穏やかな日曜日になりますように。ありがとうございます。

  4. このみ on 2019年11月24日 at 4:19 AM :

    おはようございます
    「ここせん」の発表、今見てきました。(なんと!昨日はもう眠くて眠くて7時にバタンキュ~)今回は「選」の苦しみで何度も何度も読み返したので、ほとんどの句を覚えていました。なので作者は誰なのかしらんと本当に興味津々。種明かしの結果を見て「なるほど~~~」とうなっている次第です。やっぱこういう「選」は私には重荷だわ~~~。投句だけでいい。笑
    とりあえず、いそちゃん、めぐみさん、春さん、おめでと~~~~♪

    障子張りなんて実家でもやったことないし、こっちへ来てからも一回だけかな~。(もともとやるお家でもなかったので)めぐみ家は着々と新年へ向けての準備完了ですね。
    やっと気になる11月も終了しつつあり、12月になればまた新たな気持ちで新年を迎える気持ちに切り換えなければいけませんね。
    お正月も気になります。91歳の両親を囲んでのお正月になると思うので、その時次第ですがお客さんとか料理とかまた考えなければならないので。「ふぅ~~」です。

    NHK短歌と俳句、ラストは短歌1首でした~~~。よって合計99作品!100には一歩及びませんでしたが、12年間の楽しい投稿ライフにとりあえずピリオドをうち納得しています。合計83冊が本棚にズラリ。笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月24日 at 7:07 AM :

      このみさん、おはようございます。
      宝物が83冊!重みがありますね。99作品もの入選は大いに自慢できるものです。がんばりが形に残るっていいですね。
      日が沈んで夜が明けて季節が巡って。それでもいつも目の前のことしかできなくて。何も前に進まない感じが、たまらなくもどかしい毎日です。どうしたらもう少し気を楽に過ごせるのかなぁ。とりあえず今日も元気にがんばりましょう。それしかできない‥‥。
      お父さまとお母さまにとっても健やかな毎日でありますように。ハードワークに気をつけてね。ありがとうございます。

  5. 太陽の陽子 on 2019年11月24日 at 1:20 PM :

    みなさん、ここせんへのご参加、いつもありがとうございます。
    今回はこのみさんの選で、いそこさんが準特選!
    早くお知らせしたかったけど、我慢していました。
     それから、いそこさんへの業務連絡です。
    いそちゃんへ返信メールをしても返ってくるのはなぜなのか。
    もう一人、同じような方がおられます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月24日 at 8:49 PM :

      太陽の陽子さん、こんばんは。
      毎月ドキドキの句会をありがとうございます。みなさま上手です!オリンピックの精神で、これからも参加させてくださいね。
      今日は楽しい「よみまショー」に参加されて良かったですね。また陽子さんの世界が広がったことと思います。着物姿もいつも素敵ですね♪
      明日もいいことがありますように。ありがとうございます。

  6. 春爺 on 2019年11月25日 at 11:11 AM :

    晴れ間がのぞいてきました。
    このみさんの選でいくつも抜いてもらって光栄で~す。
    折句は結構得意分野で~す。
    きのうは干し柿を32個仕上げて、島田の孫の所に行ってきました。
    ついでにお買い物川柳の資料を小5の果鈴にみせたところ食いついてきました。
    さっそく一句つくり、なかなかの内容に感心しました(じじばか?)

    朝日のような夕焼けの写真ステキです。構図がすばらしいですね。

  7. 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月25日 at 12:01 PM :

    春爺さん、こんにちは。
    お買い物川柳に興味津々の果鈴ちゃん。おじいちゃまを越える結果になるかもしれませんね。いい芸術作品を身近に見ていると自然と上手になるそうですよ。楽しみ楽しみ。お名前も可愛いですね♡
    写真を見てくださって嬉しいです。鉄塔ど真ん中もいいものですね。ちなみに右の端に見えるのは教会です。でもいつも入口が閉まっていて、ちょっと不思議〜。
    美味しくて栄養たっぷりの干し柿で冬を乗り切ってくださいね。ありがとうございます。

  8. 竹内いそこ on 2019年11月26日 at 8:53 AM :

      おはようございます めぐみさん
     このみさん、準特選をいただき、ありがとうございました!
     嬉しい~
     このところ 「ここせん」は調子が悪かったので、ひさびさにこの発想が浮かんだときにイケるかな?と思ってしあがったものだったので、二重に嬉しいです。

     まだ11月なのに、もうこちらでは来年九月までの準備が始まっています。
     いろいろ組織の新陳代謝。私達の世代は(若手⁉)なのでなにかとお声がかかり、便利なんですよねー。これもモテ期というのでしょうか。
     
     オオハクチョウ君はもう今年はジタバタせず、悠然とカモさんとかオシドリさんの真ん中に陣取り、川の用心棒となっています。飛来した仲間たちが見えているのかな~とも思うのですが、そこはもう一人で生きていく野生の覚悟ができているのでしょう。
    哀し気な背中がカッコいい。
     ますます目が離せないです。

     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月26日 at 11:57 AM :

      いそこさん、こんにちは。
      ここせんは、いい成績でおめでとうございます。初めての最強のライバル。確かにその通りですね。アスリートでも兄弟で有名な人が何人も思い浮かびます。私の場合は妹が一人。歳下なのに今では私が何かと頼りにする存在になっています‥‥?
      オオハクチョウくんの見守り、お疲れさまです。野生の覚悟とは言い得て妙でした。何を思っているのやら。せめて楽しく心穏やかに暮らしてほしいものですね。
      モテ期ではお忙しい毎日ですね。来年の準備とは長丁場。うまくいくように祈っています。寒さにも気をつけてお過ごしくださいね。ありがとうございます。

  9. このみ on 2019年11月26日 at 9:36 AM :

    おはようございます
    「ここせん」春さんもいそちゃんも喜んでくれてうれしいです♪(ところでいそちゃん、陽子さんの業務連絡へは返事をしてくれたのかな?)
    「ここせん」に限らず「選」は作者は誰かまったくわからないので、句のみとの対峙になります。句自体出来上がってると思っても、そこに選者の感情移入が~~~。なかなか難しいですよね。いそこさんも特選になったら選者です。いつかはなると思うのでがんばってね。

    富山の冬をビンビン感じるレポをありがとうございます。
    こちらはなんだか寒いのか温いのかわからないような気候が続いています。息子は早速インフルエンザにかかって先週は高熱でダウンしてました。皆様、大嫌いな風邪にご用心ですね!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月26日 at 11:59 AM :

      可愛い息子さんはすっかり体調は戻ったでしょうか。治り際が大切。無理をしないように気をつけてあげてね。もちろん、このみさんとご主人さまも十分に気をつけてください。

  10. このみ on 2019年11月26日 at 9:38 AM :

    当籤→特選です~~。

  11. 竹内いそこ on 2019年11月26日 at 4:26 PM :

    こんにちわ めぐみさん このみさん 陽子さん 
     
     ご心配おかけしました。 業務連絡の件です。
     いつも「ここせん」にはスマホから投句しているのですが、実はこの私のスマホ、迷惑メールが殺到したことがありまして、セーフモード(ドコモ関連以外のアプリはうけつけない)にしてあります。
     あと、ドコモに相談したら、迷惑メール悪戯メールというものはパソコンから不特定多数に送りつけるので、パソコンから私のスマホに送られてくる登録外のメールはブロックする処理をしてしまったのですよ。だから、陽子さんの返信メールがはいらなかったんじゃないかな?と思うのです。
     これからは、パソコンから送れば陽子さんからのメールもしっかりいただくことができるかな ということになりました。
     みなさんのスマホは大丈夫?  便利なんだけど、こんなこともあるんですね。

     
     
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月26日 at 6:20 PM :

      いそこさん、無事につながったなら良かったです。
      便利なものは使いこなすまでが大変ですね。詳しい情報をありがとうございます。私も見直しておこう‥‥。今度は安心だね♪

  12. 太陽の陽子 on 2019年11月26日 at 10:18 PM :

    みなさん、なんだか申し訳ございません m(__)m
    ここせんは皆さんの善意で継続しています (#^.^#)
    今後とも、どーぞよろしくお願いいたします!!!!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月27日 at 5:27 AM :

      陽子さん
      懸案事項が解決できてメデタシメデタシ
      参加することに意義があるという精神ですが
      よろしくお願いします

  13. このみ on 2019年11月27日 at 5:07 AM :

    ここせんは、あわよくば上位になって陽子さんの雪姫をゲットしたいという下心でなりたっている公募。(このみの場合)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年11月27日 at 5:28 AM :

      このみさんがはっきり書いてくださった気持ちも
      大いに抱いております
      なかなか結果はついてきてくれませんけれど〜
      一度食べたら忘れられないスペシャルなお味ですからね♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K