Loading...Loading...

過去にはだれにでも

恥ずかしいことや

なかったことにしようが

幾つかはあるもので

 

私には特にいっぱいあるけれど

忘れる努力のおかげで

きっかけさえなければ

普段は自分歴史年表には書かれていない

 

一人で映画の試写会へと乗った電車

初めて偶然その先輩の隣に座った数駅

「おにいさんが欲しいなぁ」

妹しかいない私はきっとまだ二十歳前

 

まわりに聞こえないようになんて

そんな余裕は全然なかったし

その時は少しも恥ずかしくはなくて

それが思い出すたびにどんどんぐんぐん

 
 

だれにでもあるさ人には言えぬこと   めぐみ

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 めぐみの恥ずかしいこと その1”にコメントをどうぞ

  1. 竹内いそこ on 2018年12月4日 at 8:21 AM :

    おはようございます  
    鮮やかなリュウキュウ朝顔ですね。
    12月にはいっているなんて信じられない今日の気温です。

     職場の館内放送のクリスマスソングに、今日は何回ツッコミをいれるかな などと考えながらの朝の家事ですは。
     そうそう、オオハクチョウ君 めぐみさんの記事をみて、何度も探しにいったのですが、本当に飛び去っていました。それこそ「あの子を見ませんでしたか?」と迷子の創作みたいに地元の方に訊いてみたのですが、「もう飛べるようになったんやから、だっかに(誰かに)つんだって行った(連れだって)いったんやろ」とあまり心配もしていない様子。
     ちょっと寂しいなと慌てふためいているのは、私だけで、案外地元の人は何処でも行けるのは治った証拠、きっと仲間か彼女がきたから(つんだっていった)メデタシメデタシ という事でした。でも、きっと近くにはいるのでまた偶然見かけることもあるだろう と期待しています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月4日 at 9:35 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      この花はリュウキュウ朝顔というのでしたか。夕方の散歩道に明かりを灯してくれるような小振りの花でした。季節外れの雰囲気がなきにしもあらずですね。
      オオハクチョウくんは無事に旅立ったのかしら。元気で仲間と飛んでいるなら良かったですね。またどこかで会えますように。ちなみに私には白鳥の区別がつかないのですが、彼は個性的なのかな。なんにしてもハッピーエンドだと嬉しいですね。今朝もありがとうございます。

      • 竹内いそこ on 2018年12月4日 at 2:02 PM :

        こんにちわ めぐみさん

         ハクチョウ君の区別ですね。
         彼の場合は、怪我で骨の損傷したところが変形しているらしく、翼を畳むときに羽根二、三枚がダランと下がってしまうのです。
         あと、自主トレをしていたとはいえ筋肉が落ちてしまっているので、シベリア飛来組に比べてガタイがほっそりしています。だから私でも識別可能なんですよ。
         来シーズンにみんなと一緒にシベリアに帰ることができるかどうか・・・・
         地元のお年寄りたちはもうそんな心配をしているのですよ。孫を見る感じです。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月4日 at 5:49 PM :

          なるほど‥‥。解説をありがとうございます。愛情のある眼で見ていれば分かるのですね。まるでみんなの家族のようです。いそこさんのお住まいがそんな地域であることがとても羨ましいです。

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年12月4日 at 8:43 AM :

    恵みさん おはようございます。「恥ずかしいこと」ですか。私はせっかちで、おっちょこちょい。ありますあります。ここに書けないことも沢山あります。最近では、この夏の野毛の「K句会」、遅刻気味で会場に駆けつける。皆さんはすでに着席して、「席題」の句を考えている。着到簿に氏名を書いて句箋等を係からいただき、さて、参加費1000円がない。財布を忘れてきたのだ。3年手帳にもこのようなときに備えて少し忍ばせているのだが手帳も忘れてる。ポッケを探っている私へ、責任者のT.K氏が歩み寄って「選」していただけませんか。九死に一生を得る。が、当日の参加者に全て分かってしまった。この夏の猛暑と冷や汗でた
    じたじでした。ああ、恥ずかしい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月4日 at 9:40 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      句会や大会に数知れず参加されていると、忘れられないエピソードもお有りなのですね。人間味を感じるお話で周りの人もきっと緊張がほぐれたのではないかしら。先生と言う存在が少し身近になってくれた気がして。
      起きてしまったことは上手く忘れながら、今日も二重丸の元気で参りましょう。いつもありがとうございます。

  3. このみ on 2018年12月4日 at 9:00 AM :

    おはようございます
    う~~~ん。。。気になります。パート2。
    63年生きてきて、時折頭をひょっこりもたげる二度と思い出したくないことの数々。。。
    あ~~~~~マジックで黒々消したらどんなにさっぱりするかしらんと思うことだらけです。
    真っ白になりたい。

    もう12月。カレンダーが1枚になってしまいました。今年がんばりすぎた私は、まあある意味では今真っ白な状態ではあります。10冊目の記録ノートも終了し、11冊目の12月からの記録はたぶんほとんど記されないでしょう。頭も心も空っぽ。ある意味すっきりとはしていますかね~~。

    いそこさん、白鳥気になりますね。大空と美しい水辺にたたずんで思いを馳せるだけでも何か生まれるかもしれませんよ。
    私は明ける空と雲の美しさに毎朝ボンヤリ感動しています。今朝は三日月が明けの明星と並んでいてそのかわいさがホントうれしかったです♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月4日 at 9:45 AM :

      このみさん、おはようございます。
      マジックが必要なくらいなんですか。大丈夫ですよ。全部ひっくるめてのこのみさんを世界一大切に思ってくれる人がいるのです。
      今年も大活躍でしたね。スッキリした頭と心でまた再スタートですね。大空の風景がまた詩心を刺激してくれそう‥‥。今日もいい日になりますように。

  4. 竹内いそこ on 2018年12月4日 at 2:13 PM :

      めぐみさん、このみさん こんにちわ
     私もマジックで塗りつぶしたい というか、削除キーで消したいということをいくつ抱えてきたことか。
     でも、図太くなったのか、それもアリ と最近は思うようになりました。
     削除キーとか、消去ボタンという言葉は川柳では使い古された感がある とどなたかがおっしゃってましたっけ。
     と言いたくなるくらいに皆さんは恥ずかしくなる出来事を体験しているのかもしれませんね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月4日 at 5:46 PM :

      共感してくださってありがとう〜。削除キーは便利だけれど、うっかり消してしまうこともあって気をつけないといけませんね。失敗も恥ずかしいことも含めての深みのある人間性ということにいたしましょう(^o^)

  5. AKK on 2018年12月5日 at 5:10 PM :

     聞いてました。聞き耳を立てていました。ドアのこっちのシートに座っていましたよね。気がつかなかったでしょうけど、つり革につかまってたのが私でした。
     「妹が欲しい」とか「お兄さんに、、」は意図的に言ってもうまくはいかないんでしょうね。ちょっと頬を染めてるように見えましたが、結果的にはうまくいったのですね。めでたしめでたしにも勇気が必要ということです。めぐみさんエライ!
     こう言ってはなんですが、私は恥ずかしいことは少ない方だと思います。一番恥ずかしいのは見た目です。弱虫ですから「君子危うきに近寄らず」をモットーに来ました。後でごめんなさいばっかりですかね。
     「その1」とありますから次も楽しみにしています。素敵なめぐみさんの人間の幅を見させてください。ホッとしますからね。電気つけたみたいな花の写真もちょっと恥ずかしそう。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月6日 at 6:31 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      恥ずかしいことが少ないってスゴイことですね。慎重に行動することも大切ですね。私も見習わなくては。
      と言うより昔の現場を見られていたなんて〜!? 今思えば本人はきっとそんなに深い意味ではなかったのだろうと想像します。ご多聞にもれず当時の少女漫画の影響でしょうか。その後の展開は神のみぞ知るというところですが‥‥。
      朝から久しぶりに雨模様となりました。何かとお忙しい時期でしょう。無理のないようにマイペースでお過ごしくださいね。いつもありがとうございます。

  6. このみ on 2018年12月9日 at 7:41 AM :

    おはようございます
    12月何もしないのに時間がどんどん流れていきます。
    秋冬と「文芸祭さん」漬けだった日々もあとひとつの作品集を待つだけとなりました。
    12ヶ所の文芸祭さん、終わってみればけっこうたくさんのご褒美もありで本当に楽しませていただきました。書かせていただくと、作品集10冊、賞状18枚くらい、図書カードあわせて1万円くらい、素敵な短冊や色紙4枚、かわいい楯3個など。なんだか早めのサンタさんからもらいすぎるくらいいただいた気がしてちょっともうおなかがいっぱいな感じです。気が済んだので来年はたぶんこんなにいっぱいはチャレンジしないと思いますが、もしよかったら皆さんも遊んでみてくださいね♪(たくさん自慢しましたがお許しください)

    今は俳句挑戦中ですが、季語からインスピレーションをもらうワタクシ。あまりの季語の多さにただ呆然と立ちすくんでいるだけの日々です。でも少しずつ。。。楽しめたらいいなと思っています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月9日 at 8:36 AM :

      このみさん、おはようございます。
      たくさんの記念のお品と共に充実の秋でしたね。少しゆったりとした気分で過ごす時期も必要かなと思いますが、それでも今は俳句に鋭意挑戦中というパワフルなご様子。そんな姿にはとても刺激を頂いています。私も言い訳ばかり探さないでがんばらなくちゃ‥‥。
      早めのサンタさんが大勢やってきて、これから本当のサンタさんに会えるのかな?日曜日も気持ちはあったかくお過ごしくださいね♪

  7. このみ on 2018年12月9日 at 1:06 PM :

    またまたこんにちは~
    朝なにやらダンボールがどんと届いて「何だろう?」と思ったら冬野菜がなんと11種類もぎっしり入っていました!わ~~ん、うれしい♪食料の贈りものが何よりうれしいワタクシです。(それとお酒も♪)
    千葉のとある市役所さん主催の「環境川柳」なのですが、これは6月ごろ募集しているものなのですが、それを秋ごろ展示して人気投票の上位の人たちに12月に野菜が贈られるみたいなのです。実はいただくのは3回目なのですが、さすがに忘れてますよね!!不思議~~な公募です。以前も書いたことがあるのですが、忘れた頃の何とやら。来年の6月頃のこの公募にはぜひ!!参加なさってみてくださいね。
    今夜は別メニューを考えていたのですが、お鍋にします!笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年12月9日 at 4:32 PM :

      それは嬉しい贈り物でしたね。ご主人にも息子さんにも大いに自慢してください。このみさんの川柳活動への理解と協力が深まることでしょう!まだまだサンタさんから何か届きそうで期待しちゃいますね。来年の6月ごろまで覚えていたら、ぜひ参加してみたいなぁ。レアな情報をありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

加藤鰹 電子書籍版も配信
かつぶし
定価: 1,080円
四六判変形ソフトカバー・106頁
978-4-86044-609-3

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K