Loading...Loading...

IMG_2630

光と影の拮抗の中で

地面に開いたこの穴の底まで

僅かな眩暈と共に吸い込まれて行こうか

IMG_2674

空気と水の均衡が季節を捉えた

モネの睡蓮の絵を

マネているのはどの形どの色

DSC_0013

私には木々を渡る風をくださいな

揺らしたのは髪だけではないと

覚えたての言葉では伝えきれません

DSC_0006

父親譲りの僕の勇気とたくましさ

始まったばかりの大冒険は

母という優しさの海を渡っていく

DSC_0010

包まれて眠りの中

愛されて腕の中

まだ何も知らない

 

こどもの日中身の消えた柏の葉   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 五月五日には”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2016年5月6日 at 10:25 AM :

     恵さん おはようございます。いつもながらの素敵な写真が5枚、「モネの睡蓮」連想写真など初めの2枚は芸術的、後半の3枚で何となく分かりました、親子孫のご一行でアスレチック付の自然公園に行かれたのですね。お孫さんたち大きくなられましたね。お孫さんは三人さん。楽しさにまぎれて疲れ切ってぐっすりと眠った天真爛漫のお孫さんの一枚に続く締めくくりの1句「こどもの日中身の消えた柏の葉 めぐみさん」がいいですね。私は柏餅、大好き。しばし、楽しかった思い出に酔いしれてごゆっくりとお過ごし下さい。それにしても、思い込みは恐ろしい、「モネの水蓮」と勘違いしていました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月6日 at 12:21 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      柏餅がお好きですか。季節感たっぷりで明るいイメージの和菓子ですね。ちなみに私は味噌餡も好きです。
      写真は4枚目の遊具だけは近くの公園で、あとは庭で撮ったものでした。遠くに出かけるには時間も体力も足りないみたい‥‥。でも共に過ごせただけで貴重なひと時でした。出来ることがどんどん新しく増えていく小さな人たちに負けないように、せめて体力維持に努めたいと思いました。そして柏餅は葉っぱだけ残って空っぽにはなりましたが、新しく何かで満たせたらいいなと思います。
      今日もありがとうございます。幹事会の方も恙無く終わりますように。

  2. AKK on 2016年5月6日 at 6:02 PM :

     「まだ何も知らない」存在を私たちはよく分かっています。美しく逞しく育つこと。いつかは「柏の葉」を残してこどもの日の主役ではなくなることも・・・
     繰り返す季節は世代を順繰りに移していくのに似ていますね。自分たちが通ってきたことを子どもたちが繰り返し、また次への兆しを幼い人たちが見せてくれます。四季は何度も繰り返しますが、一度しかない自分のことを大切にという思いで小さな人たちを見つめているめぐみさんの心は、さらに広く深くなっていくのだとブログの一言一言が私に語りかけてくれています。とてもファンタスティックな連休でしたね。だいじょうぶ、またすぐに来ますから・・・
     光と爽やかな風いっぱいの写真がめぐみさんの心をくすぐって、ブログもすっかりこの季節になりました。ありがとうと言いたいような嬉しい気持ちです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 5:57 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      励ましの言葉を頂いて少し元気も出てきました。時間よ止まれと祈ったことが何度も有りましたが、新しい形で繰り返すこともまた良いものかもしれませんね。今日は一度だけ、目の前を一生懸命に過ごしたいという思いを改めて抱きます。
      光と風が輝いて我が家の前の借景の野原もやさしく揺れています。AKKさんも気持ちの良い季節をお楽しみ下さいね。いつもありがとうございます。

  3. このみ on 2016年5月7日 at 8:34 AM :

    おはようございます

    光と風にはしゃぐ木々が美しい季節になりましたね。(本当に短い間ですので堪能したいと思います)めぐみさんの写真、木々の影を穴に見立てているのでしょうか?この穴に迷い込めばそこはアリスの世界?

    小さな人たちの輝く姿の写真を見せていただきありがとうございます♪みんな本当にかわいい~~。どうかこのまますくすく大きくなってもらいたいですよね!
    でもとても小さい子がしゃべらないからと言って何も知らないとは思えない私です。
    メアリーポピンズの本の中で双子が1歳になるまでは鳥たちの声や自然の声を理解していたのに1歳のバースデイを迎えた途端聞こえなくなるといったお話がありますよね。
    とても小さい子を見ているといつもそんなことを思ってしまいます。まだ何も語らないけどこの小さい人はほとんどのことを理解しているのじゃないかな~~なんて。いろいろこちらが発信していることに対してとても深い色の瞳で見ていてくれるような気がします。

    サテ、ちょっと身も心もボロンボロンのワタクシです。体や脳が発信する悲鳴を素直に聞きつつ様子を見ようと思っています。めぐみさんや皆様もどうぞご自愛くださいますよう。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 10:25 AM :

      このみさん、おはようございます。
      早くお疲れがとれるといいですね。身体の声が聞けるようになったら安心なことです。無理をしないように気をつけて下さいね。
      あの澄んだ瞳で見つめられると、なぜか自分が恥ずかしくなるようで…不思議です。メアリーポピンズのお話も全く創作とは思えない感じがしますね。家でも、まだしゃべれなくてやっと歩ける頃に「タオルを取って来て」と言うとちゃんと言葉は理解して引きずって持ってきたものでした。自然の声に対してもきっと大人よりも優れた感覚が備わっているのかもしれません。その頃にちょっとだけ戻ってみられたら面白いかもしれないね。
      初夏の日射しで出来る影はくっきりと鮮やかです。吸い込まれないように気をつけて歩きましょう。健やかな穏やかな週末となりますように。今日もありがとうございます。

  4. 澁谷 さくら 澁谷 さくら on 2016年5月7日 at 10:09 AM :

    めぐみさん こんにちは。
    にぎやかで楽しい連休をお過ごしでしたか。
    楽しくかけがえのない時間を過ごすほど、
    そのあといっとき、ぽっかり空虚でさびしいものがありますね。
    でも、また次の楽しい時間を迎えるための準備期間ですね。
    それぞれが自分たちのふだんの日々を過ごして、
    また家族として集まれる…
    モネの、光と影を感じさせる睡蓮の絵もすばらしいけれど、
    しあわせな家族の絵にも光と影があって
    一瞬一瞬がキラキラしているのだと思います。

    うちの実家の母は、この連休中ずっとひどいカゼをこじらせていました。
    回復してくれるとは思いますが、いったんひいてしまうと最近は長引いて…
    年々体力も抵抗力も落ちてくるので、今後もハラハラさせられるのでしょう。
    ちょっとのことでは動じないでドンとかまえる人になりたいものです。
    でも、
    心配をさせてもらえる人がいる というのもしあわせのひとつですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 10:42 AM :

      さくらさん、こんにちは。
      お母さまはご心配でしたね。少しずつ回復されていることと思いますが、お大事になさって下さいね。さくらさんご自身も検査はすっかり異常なしということで安心しました。良かったですね。私もつい自分の身体はまだ元気と思ってしまいがちで、気をつけないといけません><
      さくらさんは着実にフィールドを広げられて頼もしいですね。自分なりの良い付き合い方ができたら川柳はいつも味方になってくれることでしょう。
      影が有るから光も映えるということで、凹むようなことの多い毎日でもゆっくり一歩ずつ歩きたいと思います。さくらさんもキラキラした時間をたくさん持てますように。ありがとうございます。

  5. さくら草 on 2016年5月7日 at 10:36 AM :

    めぐみさん
    ほのぼのとした気分にさせていただきありがとうございます。
    荒んだこころが和らぎました。
    赤ちゃんの写真にしばらく見入っていました。
    なんか芸術的なセンスがあふれています!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 12:51 PM :

      さくら草さん、こんにちは。
      赤ちゃんはそこに居るだけで絵になりますね。あるがままで真っ直ぐだからかな。大人も見習わなくては…? ご一緒に楽しんで下さって、こちらこそありがとうございます。
      明日は南日本川柳大会ですね。県境を越えて、アマリリスのような燃える川柳魂で楽しんできて下さい。良い作品がほめられたらまた教えて下さいね。

  6. 佐藤 千四 on 2016年5月7日 at 10:37 AM :

    こんにちは

    女の子だけにしかない女の子の仕草
    男の子だけにしかない男の子の行動
    赤ちゃんにだけしかないあかちゃんの無邪気さ
    例外も多いけれども
    子供たちだけが持つ神様からの無言の伝言
    大人が特に父母祖父母がこれにたまらなく弱い
        無限の愛情を感ずる
    子供たちの大きな大きな武器であり防衛手段

    大好きよママ とホッペのまっかっか

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 1:08 PM :

      千四さん、こんにちは。
      感ずるところの大きな poem ですね。そうなんです。あの無言の伝言にはたまらなく弱い私たち…。でもあんなこともこんなこともしてあげたいと思いつつ、いつも時間も足りなくて結局何も出来なかったなぁで終わります。「健やかに育てと祈るしかなくて」という心境です。
      ところで、つくばねweb句会では前回に続いて今回も特選でおめでとうございます。

       遊覧船富士も桜も猪口の中  千四さん 課題「遊」

      富士山まで猪口の中に入れてしまうなんて! 大きくて楽しくていい気持ちになれる作品ですね。こんな句が詠みたいなぁ。いつも素敵なお手本をありがとうございます。

       母さんとケッコンすると言ったはず

  7. 夢香 on 2016年5月7日 at 11:57 AM :

    めぐみさん、こんにちは。
    思わず写真にうっとりしておりました♡~。
    モネの睡蓮もいいですね。
    名カメラマンのおかげでお福分けをいただきました!!。
    小さな巨人さんたちは、めぐみ庭園でパワー全開で遊ばれましたね。
    楽しい時間は、あっという間にどこかへ行ってしまいますね。

      抱かれてひたすら眠るおちょぼ口

      思い出を噛み締める間に夏は来る

    また次に会える約束まで、待つという楽しみを残して・・・・・。

    今日も元気な母に会えて、パワーをもらってきました♪。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月7日 at 1:15 PM :

      夢香さん、こんにちは。
      お母さまもお変わり無くて何よりでした。お母さまも夢香さんに会う度に元気になれるのでしょうね。私も親孝行しないといけないなと反省ばかりです。
      小さな巨人とは言い得て妙な表現ですね。パワー全開で遊んで大人のパワーも吸い取っていきました…!? 充電に時間がかかりそうです。今度会うまでにこちらも少しは成長できるでしょうか。
      モネが睡蓮に惹かれたのが少しだけ分かるような気がします。池の中にボートで入って静かに睡蓮と話をしたら何か語ってくれそうですね。
      夢香さんにとっても楽しい週末となりますように。いつもありがとうございます。

       サヨナラじゃなくてマタネと手を振った

  8. 夢香 on 2016年5月7日 at 11:59 AM :

     抱かれてひたすら眠るおちょぼ口

    でした。すみません!!。

  9. エム on 2016年5月8日 at 6:27 PM :

    一日ヂューEお天気だったね
    オレってこんな日はアンマシ元気でないんだよね
    それに
    今日でロングなゴールデンなウイークも終わりだしね
    あ〜トンカツ食いて〜なぁ〜

    明日になって
    いつもの時間にメザマシなったら
    ぱちっとスイッチ切りかえるぜ
    だからさ
    これから
    サザエさん見ながらビールでもEかなぁ
    あ〜ヒレカツがE〜なぁ〜

    そーだったブログの話だった
    [-。-]チイサイコエデイウケドヘンナヤツハカマウナヨオレノコトヂャナイゾ!
    五マイともナイスフォトだね
    ちっちゃいヤツらがオーキクなったらタカラもんになるよ
    ところで
    キャベツも大スキいっぱい食うぞ〜

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月9日 at 5:55 AM :

      おはよう、エムくん!
      元気に月曜日のスタートができそうですか?
      昨日は真夏のような日射しで
      Tシャツに短パンの人も多かったですね
      本当の夏になったらどうするのかな
      それ以上脱げないよ〜と心配になったりします
      あんまりにいいお天気は
      かえって元気のでないものですよね
      今日はちょうど良い感じの空模様
      ぱちっとスイッチ切り替えていい日にしましょう
      (๑˃̵ᴗ˂̵)و

  10. このみ on 2016年5月10日 at 6:47 AM :

    おはようございます
    毎日フラフラと戦い、自分をだましだまし過ごしているワタクシです。

    先日ちょこっと報告させていただいた「エコ川柳」が発表になっていましたが、なんと25300句以上の応募があったそうです。ちなみに「お~いお茶」の今年の応募数は186万句以上。すごいですね~~。人気のある公募って!この中からどうやって入選句を選ぶのがとってもとっても不思議です。

    「酒折連歌」の募集も始まりました。こちらは9月末が〆切の半年スパンなので、のんびりゆっくり楽しみたいと思います。よろしかったらめぐみさんも皆様も気分転換に連歌の言葉遊びにチャレンジなさってみてくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 7:07 AM :

      このみさん、おはようございます。
      テレビで俳句や短歌をFAXで募集していた番組では、何十センチもある投句の紙の山をパラパラとめくって話をしながら超スピードで選句していました。選句眼さえあれば一目で分かるのかなぁと私も不思議です。頭も体力も使う仕事ですね。それにしても何万の作品のなかから目に留まるというのはスゴイこと。無理の無い程度にマイペースでゆるりゆるりとがんばりましょう。上手く自分をだませたらそれも技術のうちですね。
      連歌の世界も興味深いですね。覗いてみたいなぁと思います。貴重な情報をありがとうございます(^o^)v

  11. たかこ on 2016年5月10日 at 8:40 AM :

    夏 夏…真夏?

    めぐみさん、おはようございます。5月9日5:55分のめぐみさんの書き込みを読んでいたら「夏」の字がちょっと変…目の錯覚かなと虫眼鏡で見ましたが…
    コピーしてここへ持ってきても普通。

    写真に見とれていました。
    お孫さんの写真集どんどん増えているのでは?
    我が家も、このあいだ孫たちに見せたら、下の5歳の子が「これ誰?かわいい~」を連発。自分のもっと小さな時の写真に自己陶酔。婆似で恥ずかしや~です。

    文明の機器がどんなに発達しようとも、アナログのスナップ写真は魅力ですね。

    おっと、準備準備。
    お邪魔しました~

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 9:24 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      5歳のお孫さん、正直者さんですね〜。可愛いショットをたくさん残してあげてくださいね。きっと宝物になります。もう既に「私の小さかった頃」という意識の芽生えるお年頃なんですね。
      大きな大会も近くて猫の手も借りたいところでしょう。応援していますが気持ちばかりでは何のお手伝いにもならなくてスミマセン。たかこさんのパワーがあってこその鈴鹿川柳会ですね。「30周年の歩み」を迎えた大会の盛会を祈っています。
      今日も充実の一日となりますように。貴重なお時間をありがとうございます。

  12. たかこ on 2016年5月10日 at 8:41 AM :

    あ、やはり…パソコンの中では普通なのですが、夏の目の間隔が少し開きます。
    ま、騒ぐほどのことではありませんね。コホン

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 9:28 AM :

      漢字の見え方は機械によって微妙に変わってくるんでしょうか。いつも同じもので見ているのであまり気にしたことがありませんでした。他の漢字は大丈夫かな?また何か気がついたら教えて下さいね。人間の目はかなり思い込みで読む部分もあるそうで、機械よりも上手くできているのですね。

  13. 春爺 on 2016年5月10日 at 9:49 AM :

    おはようございます。
    あかちゃんの上くちびるの「すいだこ」・・描写に一等賞~
    モデルのあかちゃんに特等賞~
    四人の孫を充分見させてもらったので、なつかしいです。

    たかこさんのおめめは、夏の文字の中までお見通し~
    さあ、この「夏」を送信すると・・?ピョン♪←まねっこ。

    このみさんは、すっごい能力があるから裏山椎茸です・・
    なんでもこなせるから・・尊敬してます。
    このみさんとこの唐津の養殖マサバの愛称、今いっこ出しました。

  14. 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 10:29 AM :

    春爺さん、おはようございます。
    お孫さんをたっぷりと見てこられていい時間でしたね。このお口と鼻の作りは上手く出来ているもので、おっぱいを飲む為にはこのバランスが最高のようですね。もう小さな歯が生えていてビックリでした。早いものです。
    夏の文字を送信してみたけれど何も変わらないのです…?何のクイズだろう?ムズカシイ><
    マルチなこのみさんの詩心を分けてもらいたいですね。春爺さんのアンテナの広さも見習いたいです。魚好きには聞き逃せない公募情報ありがとうございます。今日もいい日になりますように(^o^)v

  15. このみ on 2016年5月10日 at 12:45 PM :

    こんにちは
    春さん、お久しぶりです♪どうなさっていらっしゃるのかな~~とこの頃思ってました。
    めぐみさんチでお会いできてうれしい♪♪♪
    唐津のマサバ愛称!?初めて知りました。ホームページを見たけど全然浮かびません!春さんの得意分野だからきっと選ばれますね!楽しみです。

    う~~ん。。。私の入選などはたまたまですよ。たまたまなので入選するとうれしくてついめぐみさんのご迷惑も顧みず報告してしまうのです。そのたびにめぐみさんはやさしく「おめでとう」と言ってくれて掬われているワタクシなのです。本当にめぐみさん、ありがとうございます。(ペコリ←おじぎ)
    春さんの入選率の足元にも及びませんよ~~~。でも!ボツでもめげず遊んでいます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 2:01 PM :

      その、ゆとりある遊び心が大切なんだと思います。他のものが見えなくなってしまっては視野も狭くなりそうですから…。うれしいお知らせは、みんなで一緒に喜んだ方が楽しいですよね♪
      春さんのお名前にもあちこちでよく会いますね。入選率高いのだろうなぁと想像しています。私ものんびりがんばろうと思いました。

  16. 竹内いそこ on 2016年5月10日 at 3:04 PM :

    こんにちわ めぐみさん
    あっという間に連休は過ぎ去ってしまいました。
    そっか、お孫さんたちのフォトギャラリーでいっぱい増えてきましたね。楽しみ~

     一番目の穴の謎解きに今まで時間がかかりました。
    このみさんのコメントに答えがありましたね。よく見れば穴の周囲には、こまかい柘植の葉っぱの輪郭。丸く剪定された柘植の影だったのかな。
     
     マガジンの印象吟の選者 坂下淸さんのお話では投句用紙の束はこのくらい と親指と人差し指を10センチぐらいの幅にして見せてくれました。
     その中に、めぐみさんの名前が書いてある投句用紙とかここでお目にかかる方々の分もあるのですね。手ごわいライバルたちがたくさん・・・・・。狭き門のはずです。
     そう聞くと、マガジンの投句も一つの大きな大会会場でみなさんと顔をあわせてきそいあっているような気がして、ぬくもりを感じて楽しくなってきました。

      一回目の粗選りであえなく消える私の投句用紙よ、頑張って生き残ってくれ・・・
     そういうことも思ったりして。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2016年5月10日 at 3:19 PM :

      いそこさん、こんにちは。
      謎解きで悩ませてしまってゴメンなさい‥‥黒い丸の正体は、夏のような日差しで地面にクッキリとできた影でした。光と影の世界が目の前にありました。じっと見ていると落ちて行きそうにもなって不思議な感覚です。これから季節が移って、もっと色々な風景が見られると思うと楽しみです。
      センマガの投句用紙の厚みは半端ではないんですね。最近は私の封筒はちゃんと届いていないのかな〜と思うような成績ばかりで凹みがちですが、選者さんに届く一句を目指して頑張りましょう。自宅に居ながらにして毎月全国大会に参加しているようなものですよね。←川柳マガジンの宣伝!?
      連休は少しはゆっくり充電もできましたか? 何をするにも気持ちの良い季節、お仕事も川柳も楽しく取り組めますように。今日もありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K