Loading...Loading...

♪雨が降ります雨が降るいやでもお家で遊びましょ
「紫陽花を見に行こう」
「えっ?これから?明月院?鎌倉?」

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
久しぶりのドライブは雨の中を1時間
コーヒーもミュージックも雨も大好き

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨引観音は雨引山楽法寺
あじさい祭り真っ最中でも
雨の中午後からなので混雑はなし
言葉少なのカップルが目立ちます

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家にはないガクアジサイに惹かれます

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
鎌倉の名所にも負けません

 

 

 

 

 

 

 

 

関東平野をバックに美しい色に出会いました

 

 

 

 

 

 

 

 

鯉のいる日本庭園の最後の池はご覧の通り
今夜はあじさい風呂の夢でも頂きましょう

数か月前に雨引観音の観光案内の看板に
本気で祈願をしたおかげの安産のお礼と
今度は無事子育てのお願いをしてきました

 

筑波嶺に霧たちわたり連なるは雨引の山あじさいの寺   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 あまびきさん(雨引山)”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年7月2日 at 6:13 AM :

    恵さん おはようございます。雨の中を1時間のドライブ。雨引山楽法寺ですか。名前からアジサイ寺ですね。アジサイの観賞はやはり雨の日がいいですね。ところで、昨日私はパソコンに向かい後頭部でテレビのニュースを聞いていましたが、「池に浮かぶのはアジサイ」を放映していましたよ。お二人で雨の日をエンジョイされていますね。素晴らしい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月2日 at 8:23 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      池の紫陽花には驚きました。周りにはクジャクやニワトリ、アヒルまで歩いていて不思議な空間。考えた人は偉かったですね。ここは山の中なので自然のままの姿で色々な紫陽花が楽しめます。雨の日もそれなりに楽しくて心の洗濯ができました。これで一週間くらいは頑張れそうです‥‥?
      朝早くにご訪問ありがとうございます。今日もいい日になりますように。

  2. 竹内いそこ on 2019年7月3日 at 8:43 AM :

      おはようございます  めぐみさん
     爽やかな紫陽花の彩ですね。
     でも、ブルーがこんなに多彩であったかとあらためて目を見張ります。
     空の色や薄紫、濃い紫、淡い青、コバルトに近い青。
     この色が売りの紫陽花の名所もありますね。
     お手入れをする人の丹精が色どりに表われます。

     額縁の苔むした老木の枝も映えます。
     背景の霞んだ関東平野も、バックの白壁の御屋敷も、お互いを引き立て合って自分も美しい。
      ガクアジサイは大人が幼児の蕾を守るように外から咲くんですね。新たな発見です。
     ここで、一句・・・と思ったけど、まとまらなかった・・・う~ん未熟。

     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月3日 at 12:03 PM :

      いそこさん、こんにちは。
      紫陽花は色も様々で種類もとても多いのですね。そしてガクアジサイが日本固有の品種だと知りました。山の中にあるせいか、どの花も生き生きとしています。でもお世話をする人は大変でしょう。こんなに魅力的な所を歩いたのだから幾つも歌や句ができるはずですが‥‥。ただ圧倒されていました。
      いつもの散歩コースにも見応えのある紫陽花のお庭があります。もう少し楽しめるかな。
      今日もありがとうございます。曇り空でも気持ちは晴れやかにお過ごしくださいね。

  3. AKK on 2019年7月3日 at 12:54 PM :

     めぐみさん、私は大好きです。紫陽花です。めぐみさんは紫陽花の挿し木をしたことがありますか?4年生だった akk は分校の裏庭の一番端に先生が用意した大きな花壇で、自分が挿した紫陽花がとても大きく育ったのを見ました。もっと小さい頃の エケケ はジメジメした庭の隅で、カタツムリの要塞になっている見上げるような紫陽花は好きではなかったので、きっとこの時の経験は好きになる大きな要因になったのだと思います。
     5枚目の写真の花の色は珍しいですね。誰も見ていなければ、元気そうな、花の咲いていない茎を、葉っぱ何段目かで切って持って来ればきっとうまく育てることができると思います。葉の根元から少し芽が出ているのがいいですね。でもね、育つ土壌の違いで同じ色にはならないと聞いています。きっとそこで咲くのが花にとってもいいことなんでしょうね。
     久しぶりのドライブ、おめでとうございました。お二人も「言葉少なのカップル」だったのでしょうか。森山良子の「ある日の午後」が聞こえてきました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月3日 at 5:33 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      そうですか、小さな エケケ ちゃんにとっては見上げるようなカタツムリだらけの紫陽花。ちょっとコワイですよね。でも4年生の akkくんは素晴らしい体験をされました。何でも自分でやってみると好きになるもの。いい先生に出会えましたね。素敵な出会いは、それからの人生までも変えてくれたことでしょう。
      「ある日の午後」は懐かしい〜♪ 青春時代の思い出のヒットメロディーです。あの頃から今へ時間が続いていると思うと不思議な気分。もうしばらくはこのまま続いてくれたらいいなぁ。
      いつもありがとうございます。この季節の楽しみを、たくさん見つけてくださいね。

  4. このみ on 2019年7月4日 at 12:52 PM :

    こんにちは
    しっとりと雨が似合うお寺ですね。瑞々しい大気の中で気持ちも生き返ったことでしょう。

    鎌倉の紫陽花寺は、まだ独身で関東に住んでいたころ絵のグループで行ったことがあります。スケッチをする私の写真がどこかにあるかもしれませんが、20代のワタクシ。。。今やどこにも面影のないおばちゃんになり果てていますが、まあ青春時代の欠片と言えそうです。

    裏の公園のガクアジサイも実家のガクアジサイももう終わりました。これからは夏の花の出番ですね!花って本当にエライ。自分の出番を知っているのですから。

    90歳の両親はヨロヨロながらなんとか二人でやってますが、やはりこれからはいつも気になる事案となりそうですね。昨日は母の病院の付き添いもあったので一泊してきましたが、いつもそばにいられるわけではないので心配は尽きません~~。
    わが家のほうも家の老朽化がひどく懸念材料があって、どうなるんかいなと気をもみたくもなりますが、なんだかんだストレスをためながらなんとかやってます~~。

    あっ、そうだ!大事なご報告。
    千四さん、ついに金水晶飲みました!一升瓶とそうじゃないのはパッケージが違うのかな。とてもシンプルな外観でした。お味の前に香りのよいこと!しばらく香りを楽しみました。フルーティでやさしいお味でした。どちらかというと「獺祭」みたいなエグイ味好みなのですけど、「金水晶」は天使のような味でございました♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月4日 at 5:14 PM :

      このみさん、こんにちは。
      やっと天使のようなお味を堪能されましたか‥‥想像がふくらみますね。フルーティでやさしい味わい。いいですね〜♪とっても気になります。気分だけご一緒させていただきました^^
      青春時代には絵のグループで紫陽花寺へお出かけだったのですね。絵のセンスも今の句作りに役に立っているのでしょう。また絵筆を持ってみるのも楽しいかも?
      ご実家に一泊というのも体力が要りますね。とても頼りにされて、それに応えてあげられるのは幸せ。でも心配もいっぱいで何をしていても気掛かりなことですね。どうぞお疲れが出ませんように。いつもありがとうございます。

  5. 佐藤 千四 on 2019年7月5日 at 9:15 AM :

    おはようございます。
    バラと違って紫陽花には言葉少なのカップルが似合います。
    金水晶酒造の所在する福島市松川町に「土合館公園」別名あじさい公園があります。小高い丘の上の厳島駒形稲荷神社からはあの智恵子の山、安達太良山の展望が素敵です。デートの経験が少ないカップルが紫陽花の陰でドキドキするのには絶好の公園です。

          紫陽花がきれいですねえなんてだけ

    このみさん おはようございます。金水晶は天使のようなお味でしたか。紫陽花の香りでしたか。ありがとうございました。この緑色の瓶はこのみさんに出会えて幸せでした。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月5日 at 11:40 AM :

      千四さん、こんにちは。
      お住いの近くにもあじさい公園があるのですね。見晴らしの良さと花の美しさで、とても素敵なスポットだろうと想像しています。ちょっと調べてみたら5haに5,000株!人気のある立派な名所ですね。
      カップルが多いね〜と言いながらの私たちは何でしょう。みんな元気でいられますように、また来られますようにとお祈りしてきました。
      今宵は千四さんを何色の瓶が待っていてくれるのかしら。穏やかな週末をお過ごしくださいね。今日もありがとうございます。

  6. このみ on 2019年7月6日 at 6:29 AM :

    おはようございます
    千四さん、金水晶は本当にやさしいお味です。疲れた一日をそっと包んでくれるような。。。
    改めてご紹介をありがとうございました。

    さて、7月も早や1週間が過ぎようとして時のスピードにただただ目が点になっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
    春さんの相変わらずのご活躍は目にするたびにお元気そうでうれしくなっています。
    私のほうはと~~~~ってもマイペースです。やる気まったくありません。笑。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月6日 at 8:21 AM :

      このみさん、おはようございます。
      私も毎朝日付を確認するたびに置いてかれそうな気分になっています。カレンダーには家族の外出やゴミの日といった予定ばかり。でも恙無く執りおこなうのは今まで以上に体力も必要のようです。
      創作意欲の方は、湧いてくるのを待っているところ‥‥>< みなさまのご活躍に刺激をもらえて有り難いことです。梅雨のお手本のような毎日ですが楽しい週末をお過ごしくださいね。

  7. このみ on 2019年7月7日 at 12:10 PM :

    こんにちは。またお邪魔します。
    「お~いお茶新俳句大賞」が発表になってました。ボツを覚悟していましたが佳作特別賞でしたのでボトルに掲載していただけるようです。ボトル掲載は4回目です。入選も5回になるので作品集も5冊になります。ちょっとうれしい♪今回は約200万句の応募があったそうです、相変わらずすごいです。
    それと「しあわせ探し文化展」という公募で入選のお知らせがありました。見てみたら4年ぶりの入選。こちらはかなり少ない入選者なので最後の賞でも図書カードが頂けるようです。
    静かな毎日なので、久しぶりに合格発表があったようでうれしかったです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年7月7日 at 12:23 PM :

      このみさん、またまたおめでとう〜♪
      ボトル掲載4回目ですか。それも200万句の中から選ばれたんですものね。大いに自慢してください。それに、しあわせ探し文化展の方も嬉しいですね。合格ばかりで羨ましいなぁ。
      お福分けをありがとうございます。令和のスタートも快調。ますます良いことがありますように!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K