Loading...Loading...

まっすぐ行くと行き止まり
右は国道の信号警察署
戻るのも何だから
いつもの左を選びます

知っているつもりのこの道には
季節と時間の彩りと刻々の私の心
いつか知らないところまで
行き着くまでは歩きます

あの日あの時あの交差点で
出会って一緒に歩き始めて
今日も同じ道にいる人と
次の分かれ道まであの角まで

今日研いでもらった包丁のように
切れの良い決断で手を引いて
納得のいく明日を
DAYDREAMのような今日を

 

向日葵のうつむいており華氏100度   めぐみ 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 CROSSROAD”にコメントをどうぞ

  1. 井上志行 on 2018年8月6日 at 9:45 AM :

    この暑さでは冷房の効いた部屋で本の世界で遊ぶのが私は大好き。
    河出世界文学全集 18 トーマス・マン
    食道がん 咽頭がんそしていま肺がん
    平行線の生きる楽しみそして なつかしさ
    そこで一句。
    レントゲン影を慕いてハイポーズ  思考

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月6日 at 11:53 AM :

      思考さん、こんにちは。
      トーマス・マンの世界からは心に届くメッセージが幾つも見つかりそうですね。いつかきちんと読んでみたいと思う作家さんです。
      体の声に耳をすませて上手く付き合っていかれますように。暑さだけでも堪えますから気をつけてくださいね。私は最近久しぶりに血圧を測ってみたら、とんでもなく高い数値が出てしまって少々動揺もしています。見えないところのことなので心配ですが、できることからやってみたいと思います。お声を聞かせてくださってありがとうございます。また遊びに来てくださいね。

      片思いどんな形にレントゲン

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年8月6日 at 3:47 PM :

    恵さん おはようございます。DAYDREAM。幻想的な世界ですね。敢えて、向日葵の写真はモノクロですね。カラーとは違って、「形」で強い印象を見る側に与えますね。向日葵の形を伝えたいときにはこれに限ります。ところで、この向日葵を見ていて、ある「失敗」を思い起こしました。むかしむかし「路」の編集・発行をしているとき、熱心に写真を提供してくれる先輩同人I.R氏に感謝して表紙は「写真」にしていました。あるとき、ぎっしりと詰まった種の一部をむしり取ってニコニコ顔にした向日葵の大写しを載せました。意外や意外、幹事の皆さんから総スカンを食いました。I.R氏には丁重にお礼を申し上げ、そのことは言いそびれました。変な書き込みでご免なさい。暑い手ずね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月6日 at 6:15 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      向日葵は夏の花なのに、この暑さで元気もないように見えます。水も欲しいでしょうに、ちょっとかわいそう‥‥。
      柳誌の編集発行は本当に大変ですね。待った無しの毎月のスケジュール。そんな地道な作業を続けてくださる人たちのおかげで川柳の世界が続いてこられたのだと思います。そして今も現役で、指導でなく学び合いと言われている姿勢からは学ぶことばかりです。これからも楽しい時間を重ねてくださいね。
      昼も夜も良い夢が見られますように。いつもありがとうございます。

  3. このみ on 2018年8月7日 at 6:53 AM :

    おはようございます
    シロクロの写真素敵ですね。今回の「ネットで短歌」のテーマは向日葵でしたが思ったよりは難しかったです。
    突き刺すような青い空に入道雲は美しいですね。変わらない夏の風景だとは思うのですが、やはり今年の夏の暑さは尋常ではない?でも蝉がしきりと鳴いているので蝉自身は夏を謳歌しているのかもしれません。
    「恋の俳句」が発表になっていました。お一人の選者さんから特選、もうお一人から入選でした。お二人から同じ句が特選にならないと大賞はいただけないみたいです。これまで8回参加。年に2回の募集なのでもう4年も参加してるんですね~~。あらためて月日の速さを思いました。8回の参加で特選が7句、入選が12句。大賞をゲットできる日が来るかどうかわかりませんが楽しいのでまだ参加するつもりです。
    この頃思うのはこの「恋の俳句」にしても別の川柳にしても私が参加している公募で選ばれるのは割合明るい作品が多いと言うことです。私はどちらかと言うとちょっとひねったもの、ブラック系が好みなんですが、たいていスルーされるようです。う~~ん。。。ちょっと考えます。でも読み手のことを客観的に考えるならやっぱり読んで気持ちがよくなる作品の方がいいのでしょうね。まだまだ思索は続きそうです。笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月7日 at 8:51 AM :

      このみさん、おはようございます。
      今度は俳句での受賞!おめでとうございます♪ 珈琲をくるくる‥‥情景が見えますね。切ない恋も体験されたのかな。初詣も楽しいです。恋心には冬の景色がよく似合いそう。いろいろ考えるよりも自分の詠みたい世界を素直に表現するのが一番いいですよね。この順番だと次は川柳での入選ですね。それにしてもほぼ毎回特選というのは快挙。あやかりたいです〜。
      こちらは久しぶりに小雨で涼しい朝になっています。日本中で台風の影響が心配ですが静かに通り越してくれるといいですね。今朝もありがとうございます。

  4. 佐藤 千四 on 2018年8月8日 at 8:23 AM :

    おはようございます。
    後ろの雲は猪に似た怪獣と鼻がひん曲がった森の巨人が睨み合ってるようです。その後頭部は野人がお祈りをしています。空にはテポドンが2体飛んでいます。天使が彼らに静かにしていろと電話しています。向日葵はプンとしています。今日あたり大雨が降りそうな鬼怒川河畔です。

           温暖化の空モノクロになってきた

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月8日 at 9:01 AM :

      千四さん、おはようございます。
      一枚の写真の奥の物語。壮大な世界を見せたもらったような気がします。言葉の力もすごいですね。にらみ合いくらいまでは私も感じたのですが、野人のお祈りとは!本当にそう見えてきました。そして天使の電話が気に入りました♪ 写真は遠くからの後ろ姿でピンボケが最高ですね。
      朝から涼しいのですが、これからの雨が心配です。そちらでも不安定なお天気でしょう。気をつけてお過ごしくださいね。いつもありがとうございます。

      おしゃべりな色だったのね白と黒

  5. AKK on 2018年8月8日 at 5:13 PM :

     来てます来てます。台風です。寒いです。写真のような青空も、華氏100度のDAYDREAMも今はここにはありません。交差点も迷わず我が家へという選択です。めぐみさんのブログとネットの天気予報を交互に眺めながら、雨がたくさん降らなければいいなあと考えています。
     今日は久しぶりに仕事のためにWindowsPCに向き合いましたがいやはやなんとも、、。めぐみさんの新しいリンゴはその後いかがですか?やっぱMacでしょ。私も欲しいなあ新しいiMac27inch。ネットだけじゃなくて、少し重たい写真のアプリもサクサク動くんだろうなあ。あと少しで65歳のヨウツベ中毒者はこんな天気にはずっとコンピュータの前です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月9日 at 5:28 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      水の入りがちな玄関やトマトが心配な夜でしたが、なんとか無事でした。でもまだ風が強くて心細いです。このまま太平洋の遠くに去ってくれたらいいなぁ。今は誰でも雲の動きを見ることができますから天気予報も個性を出すのが大変ですね。不要不急の外出は控えるようにということですから、インドアライフを楽しんでください。でも27インチの新しいMacがやってきたら益々ヘビーな愛好家になりそうですね。
      新しいリンゴちゃんは突然ご機嫌斜めになって困りました。そんな時にも我が家には魔法使いさんという心強いサポートセンターがいてくれるので安心。見事に復活して元気です。
      お休みまでもう一息ですね。安全な一日となりますように。いつもありがとうございます。

  6. 竹内いそこ on 2018年8月8日 at 9:58 PM :

    こんばんわ めぐみさん
    台風の雨と風はどんな様子でしょうか?
    ようやく暑さを吹き飛ばして恵の雨 と思ったら巨大なゆっくりの歩みの台風。
    人間にとって都合のいい状態にはなかなかならないもんですね。

       おしゃべりな色だったのね白と黒

     地域によっては白は色のない状態、黒は色が見えない状態で色に入らないらしいのですが、日本人にとっては白も黒も大切な色ですね。なにより白く、なにより黒くという状態は神々しい感じがします。

     このみさん、八回の参加で七句の特選 とは快挙ですね。
    おめでとうございます!!
     そうか、明るい作品・・・・ブラックをくぐりぬけてのより深い明るさ。
     そんな表現の巧みさがこのみさんへの評価なのでしょうね。
     きっと、近い将来「大賞」の報告がやってくるような気がします。
     楽しみ~~~

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月9日 at 5:45 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      空模様に振り回される毎日ですね。いそこさんのお住まいの辺りは影響がなかったでしょうか。大変な映像を見るたびに備えのなさが心許なくなってきます。
      白と黒の捉え方は地域によって違うこと、勉強になりました。神々しい感じ‥‥。あまり気にしていなかった鯨幕にも深みを感じますね。白といえば身近なところではお肌の白さに憧れます。でもこの陽射しの毎日では諦めるしかありません〜><
      より深い明るさとはお見事な感想だと思いました。私たちも高みを目指してがんばりましょう。追いかける背中があるから走り続けられるのかもしれませんね。今日もいい日になりますように。ありがとうございます。

  7. このみ on 2018年8月9日 at 6:03 AM :

    おはようございます
    昨日の立秋からこっち涼しい風が吹いていて、台風の影響かもしれませんが季節に翻弄されている気がします。

    めぐみさん、いそこさん、私のたわいないおしゃべりにコメントをありがとうございます!
    いそちゃん
    ブラックをくぐり抜けての明るさ。。。そんなの無理です~~~。
    でもこの試行錯誤が脳トレになっていて平凡な日々の潤滑油になっているかもしれません。
    作句も宿題がないとやらないタイプなので毎週web句会へもまたボチボチ参加するかも。100回までの気合いもなくなって今はかなり自然体なので、その時その時の自分がナチュラルに出せればいいなと思っています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月9日 at 6:20 AM :

      自然体でナチュラルな試行錯誤の日々。
      私もそんな理想の境地を目指したいです。
      立秋から本物の秋へ‥‥それも楽しみですね。

  8. on 2018年8月9日 at 8:53 AM :

    おはようございます。
    台風13号 関東地方は大雨とか、大丈夫でしょうか?
    無事通過してくれることを祈ります。
    こちら三重はおかげさまで晴天です。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月9日 at 10:39 AM :

      繁さん、こんにちは。
      お見舞いをありがとうございます。この辺りは夜中のうちに通って行ってくれたようです。家に水が入ってくることもなく、やっと雨もおさまりました。毎日空模様には振り回されますね。繁さんもまだまだ暑さには気をつけてくださいね。
      お庭の桔梗は少しずつ違う色合いが素敵ですね。玄関には涼しい秋の風が吹いてくるようでしょう。世の中は夏休み真っ只中で何かとお忙しいと思います。体の声を聞いてゆったり過ごすことが大切なんだなぁと最近身にしみています。気持ちだけでものんびりと過ごせますように。今日もありがとうございます。

  9. 夢香 on 2018年8月17日 at 9:18 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    今朝の空気は、ひんやりしていましたね。
    急に秋が来たような・・・。
    ようやく蝉の声が聞こえてきました。

    向日葵のモノクロ写真がいいですね!!

    ヒマワリをライバルにしてマイペース

    今日も高校野球を応援します♡

  10. 岡本 恵 めぐみ on 2018年8月18日 at 5:47 AM :

    夢香さん、おはようございます。
    冷んやりとした朝は一気に秋モードでした。雲も秋の顔です。気持ちいいですね。
    山口県代表の下関国際は今日いよいよ準々決勝ですね。応援にも熱が入りそう。13:00の試合開始に向けて体調を整えておきましょう^^
    楽しい週末にしてくださいね。いつもありがとうございます。

    俯いていたい向日葵だっている

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K