Loading...Loading...

<司会者>
「あなたと暮らしたこの年月を何と代えたら良いのでしょうか
『私にはあなたしかいないの』
『あなたひとりの女でいたいの』
さて今宵も身を焦がしつくす可愛い女を心をこめて歌い上げます
きらめく星となれ 大型新人
岡 本恵さん どうぞ」

 

 

 

 

新曲 「みつかいどうみれん」

新人歌手 岡 本恵(おか もとえ)

祭り囃子の 聞こえる夜は
あなたの腕に 逢いたいの
あなたと暮らした 水海道に
夜風と蛍 笛太鼓

いつも一緒と 見上げた空に
あなたと私の 筑波山
かわらぬ愛を いついつまでもと
枯れぬ契りの 男女川

過去など流して しまえばいいと
鬼怒と小貝が ささやいた
あなたのいない 水海道に
音は遥かに 遠花火

 

マイクからはなれた唇は「ありがとうございます」と動いた。少し膝を曲げて深々と頭を下げ身体中に拍手を浴びる。今宵のステージも最高潮 アンコールの嵐はなりやまない。
大型新人のデビューに演歌界そのものが大きく羽ばたこうとしている。(歌謡曲評論家)

今宵また七五の調べに酔いしれる   もとえ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 もとえオンステージ”にコメントをどうぞ

  1. さくら草 on 2013年8月23日 at 5:31 AM :

    朝は鶏より早いのが自慢です。
    4時50分ごろ目が覚めます。(夜は超早い)
    新人歌手も「もとえちゃん」デビューオメデトウ(^o^)。
    今さくら草は桜草(マラコイデス・プリムラ)の苗づくりと移植で
    奮闘中!!こぼれダネ受け継いで家独特の伝授法で絶やさない原種です。近いうちにブログアップしますよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月23日 at 6:37 AM :

      さくら草さん、おはようございます。
      早寝早起き生活は元気の素ですね。朝一番に遊びに来て下さってありがとうございます。
      マラコイデス・プリムラのお世話も、あれだけの数になるとかなりの重労働ですね。でも満開のシーンを思い浮かべると楽しみです。独特の伝授法で絶やさないとはお見事です。ブログに写真で記録していくのも素敵なことですね。お花の好きな人はみんな優しい人。さくら草さんの川柳の根っこがそこにあるんだなぁと思います。

      プリムラといっても色々種類があるのですね。春を連れてくるお花ですね。さくら草さんは季節を問わずきれいな花を咲かせて下さい。ありがとうございます。もとえより。

  2. 二宮茂男 on 2013年8月23日 at 7:18 AM :

    おかもとえさん、おはようございます。新曲「みつかいどうみれん」「祭り囃子の 聞こえる夜」・「夜風と蛍 笛太鼓」、七五の調べいいですね。誰でも知っている、寮歌「あゝ玉杯に花うけて・」、軍歌「勝ってくるぞと勇ましく・」、演歌「くもりガラスを手で拭いて~♪」などいい歌が多いですね。川柳でもいい句がありますね。
     おあいこにして別々の汽車に乗る     山本 乱
     加代ちゃんが好き加代ちゃんを通せんぼ 柏原幻四郎
     ひと言ですむ言いわけを言い残し     川上日車 など
     今朝も、楽しませていただきました。ありがとうございます。今日は、ゲリラ雨に、ご留意下さい。お元気で。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月23日 at 7:41 AM :

      茂男さん、おはようございます。もとえです。
      新曲を楽しんでもらえてうれしいです。リズムのいいものは歌にしても川柳にしても心に残り易いですね。五七五の定型の凛とした美しさを思います。

      ひと言ですむ言いわけを言い残し   川上日車

      たったひと言なのに、と思うことがよくあります。大切なことほど言えなくて心残りになってしまうものですよね。名句を紹介して下さってありがとうございます。また折に触れて教えて頂けたらうれしいです。

      お出かけには今日は傘が必需品ですね。雨に濡れてしまうことがありませんように。撫子の一日がいい日でありますように。

  3. 佐藤 千四 on 2013年8月23日 at 9:45 AM :

    おはようございます。
     いい詩をありがとうございます。
     どんな曲がいいでしょうか。今朝のNHKラジオ深夜便は船村徹の特集でした。船村調でちあきなおみに歌わせたいな。ワルツがいいな。

     水色とは水海道の色だったのですね。大好きな「あなた」も思い出も飲みこんだ色なのですね。

         ときめきは少し遅れて遠花火

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月23日 at 10:11 AM :

      千四さん、おはようございます。
      好きなメロディーにのせて読んでいると、その度に違った雰囲気になってしまうから不思議です。風雪流れ旅のイメージで歌うのもよろしいかと思います。ちあきなおみのしっとりした歌声、良いですね。喝采は他の人には真似のできない歌いぶりでした。歌番組大好きだった頃に、大人の女性だなぁと思って見ていました。

      大好きな水海道の名前は、住民にも何が何やら分からぬままに市の名前ではなくなってしまったのです。残念です。

      ときめきは少し遅れて遠花火  千四

      すこし遅れて、というところに千四さんのお人柄が偲ばれます。あぁあの時の一言はこういう意味だったんだ、なんてしばらく経ってから思い至ることもありますね。いつまでもトキメキを忘れないことが瑞々しい川柳の生まれる秘訣でしょうか。しっとりとした一句をありがとうございます。昔の呼び名で “水海道花火大会” も、もうすぐです。

  4. 山の あなた on 2013年8月23日 at 10:34 AM :

    大型新人歌手 おか もとえ さんに贈る新曲Ⅱ

      つくばやま みれんのワルツ

       だれもしらない みれんのワルツ
       いつもひとりで うたいます
       たとえあなたは わからなくても
       つくばのやまは しってます

        むねにきざんだ あなたのえがお
        わすれることは ありません
        あなたのしゃしん おとさぬように
        むねのポケット しめてます

         とねもかすみも つくばのやまと
         かたいきずなの あおいいろ
         あなたのいろも ワルツのいろも
         わたしのすきな みずのいろ

     デュエットなら僕としませんか。
     キュウピーちゃんのように可愛い本恵ちゃんへ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月23日 at 1:12 PM :

      わ〜い、山の あなたさん、こんにちは。
      お久しぶりです。お会いできないうちに季節は巡りまた虫の音の頃となりました。残暑厳しき折お変わりありませんか。

      流れるような平仮名のワルツの新曲をありがとうございます。デビュー第二弾として、現段階ではデュエットでリリース予定です。山の あなたさん、ご一緒によろしくお願いします。胸に秘めた初恋のイメージを前面に、演歌ファンの年齢層拡大を計ります。軽やかなメロディーがいいかしら。3番まで通して歌ってみました。振り付けも必要ですね・・・。楽しくなってきます ♪

      “つくばさん” でなく “つくばやま” と読んでもらえると歌に似合いますね。おかげさまで、山のあなたの空 “近く” 幸い住む日になりました。
      山の あなたさん、またお目にかかりましょう!

  5. エム on 2013年8月23日 at 5:30 PM :

    もとえッチャ〜ン
    シャシンのもとえチャンは ダレ?ダレ?
    アタマデカい 目もデカい 足みたいなウデ   {∂_∂}
    ネエどんな声?
    どんなメロデー?
    バンソーにタイコとかハナビとか聞こえる?
    オレもオレなりに曲つけて歌ってみたけど
    イチバンとニバンとサンバンがちがう曲になっちゃう

    アナタノウデニアイタイノって
    センパイのウデどんだけなんだ?

    ツクバネノミネヨリオツルミナノガワコイゾツモリテフチトナリヌル
    これでEのか
    それともドスコイ男女川?   (´Ω`*)ゴッツァンデス

    アナタノイナイミツカイドウニって
    シツレンの歌みたいだけど
    ホントはソーじゃないから
    こんなの × んだろ?
    あの2ガツ14ニチからずぅ〜〜〜とアツアツなのか? 
    こんな季節にやめてよネ
    でも100マンマイ売れたらパーテーやろーネ   [•∆•]/ミリオ~ン

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 6:28 AM :

      エムの応援があれば夢じゃない
      目指せ [•∆•]/ミリオ~ン

      ママキューピーは珍しいでしょう {∂_∂}
      ちゃんとマイクならぬキッチンミトンを持ってます

      筑波嶺の峰より落つる男女川恋ぞ積もりて淵となりぬる

      小倉百人一首の中の陽成院の歌ですね
      そう言えば茨城には恋瀬川というロマンティックな名前のついた川もあります
      小さい普通の川でしたが・・・

      いつかエムの歌声を聴いてみたいな
      好きなメロディーでアレンジしてね ♪

  6. 竹内いそこ on 2013年8月24日 at 7:34 AM :

     おはようございます
     大型新人歌手のもとえさん(今回のお名前はこれ?)

     そういえば かつて茨城に住んでいたときに、どちらの川も通った覚えがあります。印象にのこる名前ですね。
     その地域に両方の名前の由来となった民話か言い伝えがあるのですか?二十年前にそう思って調べようとしていたのを引っ越したらすっかり忘れていました。
     大昔のやり残した夏休みの宿題を思い出した気分。
     ハハハ・・・夏休みももう終わりですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 8:06 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      切ない鳴き声のヒグラシは、私の記憶でも宿題の残りと結びついているようです。虫の声も朝に晩に聞こえるようになりました。

      男女川の名前はたぶん万葉集の歌からでしょう。今ではお相撲さんの名前にもお酒にもなっているようです。 (´Ω`*)ゴッツァンデス ←エム作

      恋瀬川の由来は諸説ありますが、続後拾遺和歌集の中には歌があります。

      恋瀬川 浮名を流す 水上も 袖にたまらぬ 涙なりけり(大江政国女)

      名前のルーツといえば、我が子につける名前は人生最初の贈り物。みんな知恵を絞って直感を信じて先人の書物をひもといて決めるのでしょうね。自分の苗字と名前も深く探ってみたくなりました。
      八月ももう少し、元気で乗り切れますように。

      • 竹内いそこ on 2013年8月24日 at 10:55 AM :

        早速の御回答ありがとうございました。

         常陸の国 筑波の郡と呼ばれていたころまでさかのぼるのでしょうか。
         きっとめぐみさんの詩心はこの土壌に移植されて、さらに開花したのかもしれませんね。
         万葉集、歌謡曲、演歌 マルチタレントのめぐみさん もとえさんのお名前でどんな花をさかせてくれるのでしょうか・・・・

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 12:23 PM :

          簡単でスミマセン。
          どの土地の名前にも言い伝えや謂れがあるのでしょうね。せっかく縁のできた場所ですから、もっと関心を寄せたいと思います。
          いそこさんの周りのあれこれも興味深いですね。

  7. 思考 on 2013年8月24日 at 9:11 AM :

    着てはもらえぬセーターを・・・・・「北の宿から」
    貧しさに負けた・・・・・・「昭和枯れすすき」
    「みつかいどうみれん」か
    「枯れぬ契りの・・・」とこはコブシをきかす。そこで一句。

    演歌吹きつかむマイクに紅を塗る    思考
    (ヨツ モトエ・・・・・・・)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 11:01 AM :

      思考さん、こんにちは。
      やはり気温が上がってきました。思考さんのお住まいの辺りは今日はいかがですか。アイスクリーム日和かそれともかき氷日和でしょうか。
      元気の良いかけ声をありがとうございます。まだ新人ですから、お気軽に声をかけてもらえるとうれしいです。そのうちに握手会など企画したいと検討中です。

      過去など流してしまえばいいと言われても、それまでのあれこれで私が出来ている訳で、そうは簡単にいきませんよね。未練には未熟という意味もあるそうで、密かに納得している私です。

  8. たかこ on 2013年8月24日 at 10:40 AM :

    めぐみさん
    いえ、もとえさん。それにしても人生楽しんでいますね。
    「伊勢から川柳を吠えた男」別に全部読めるようにしていただきました、
    ですが、あれは、私が話すための原稿なので、本当におかしなところが一杯あります。小分けしながら載せていたときは、チョットずつ直しましたが、もう時間もないし、ちょうど柳歩さんが親切に言ってrくださったので…
    適当に読み飛ばしてくださいますか。

    もとえさんで思い出したのですが、前もどこかに書いたかもわかりませんが、私がまだ高校生ぐらいの頃
    テレビのメロドラマを、いつも亡母と見ていました。
    「つぐない」というタイトルで、主題歌に
    「いまさら おとこのつぐないに もとえはもどれぬ♪」とあり、一緒に母は歌っていましたが、ある日私に
    「なあ、いつも思うんだけど、このドラマの主人公は○○で「もとえ」とは違うよね、もとえって誰のこと?」と。真面目な顔で聞いたので噴出してしまいました。すぐに「もとえは、元へだよ」と言ってやりましたが、思い込みっておかしいですねえ。
    母が亡くなってもう三十年近くなるのにまだ昨日のことのように思い出します。

    今から、例会です。お邪魔しました(汗)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 1:10 PM :

      たかこさん、こんにちは。
      今ごろは例会の真っ最中ですね。
      先日のたかこさんの講演原稿、「伊勢から川柳を吠えた男」〜矢須岡信さんについて、の一括掲載はうれしいニュースです。早速拝見しました。
       
      観光旅行でヒロシマを見るのかい   信 
      次女よおまえもかセーターなど編んで 信
      妻の背を見てる裏切れぬと思う    信 
      抱きぐせをたっぷりつけて帰したる  信
      まる見えになるから少しお黙りよ   信

      作品群からは気持ちのよい男気、父親や夫としての愛情が伝わってきます。日本の明日を案じ、自分を見つめる真っ直ぐな瞳を感じます。信さんに出会えたのもたかこさんのおかげです。また川柳の世界が広がった気がします。ありがとうございます。みなさまもどうぞご覧下さい。鈴鹿川柳会のTOPページの左側のリンクから簡単に見られます。お急ぎのかたはこちらへどうぞ。

      http://www.suzusen.sakura.ne.jp/kouen2508.htm

      お母さまの楽しいエピソード、忘れられませんね。確かに思い込みって面白いですね。子どもたちが小さい頃さかんに「かががきた」「かににくわれた」と叫んでいましたっけ。蚊という名前も理解できない頃のお話でした。

      • たかこ on 2013年8月25日 at 5:45 AM :

        めぐみさん おはようございます。
        昨夜は疲れきってしまい9時には寝てしまいました。

        矢須岡信さんが生きていらしたら、きっとめぐみさんのファンになられたことと思います。一人一人に同じ目線で対処される、そういう人がお好きだったようだから。曲ったことが嫌いで、だから表裏のある人がお嫌いでした。これは信さんを思い出して実感するのではなくて、亡くなったあと(多くの柳人の話など聞いて)感じたことです。

        信さんの写真なんかもアップしたいのだけど、言いたい放題にはそういう機能はつけられていないようです。(そこまで手を広げると管理が大変と管理人の話)

        雨が降っていて少しだけ涼しいです。例会が済んだら編集です。今月は何も前もってやってないから大変です。
        29日はNHK学園へ勉強会に行きます。久々の東京ですが、こう暑いと東京見物もしたいと思えず、日帰りの予定です。三男夫婦と落ち合って夕食を一緒にしてきます。結婚前に鎌倉の彼の家に泊まったことがありますが、二部屋の家には家具も増えているでしょうし…鎌倉の駅から30分程も歩かなくてはならない。
        涼しくなったら妹と行くからパス。

        歳を取るってこういうちょっとしたことからも思い知りますね。
        ふ?めぐみさんやこのみさんやいそこさんとそう変わらないとか、言っておきながら…なんのこっちゃです。(笑)

        私のキーボードはとってもお喋りで、いつも長くなってすみません。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月25日 at 5:58 AM :

          たかこさん、おはようございます。
          ほんとに今朝は涼しいですね。国立へお出かけするのも少し楽になるでしょうか。気をつけてお出かけ下さい。三男ご夫婦さんとのお食事会も楽しみですね。
          ハードな毎日の貴重な時間にうれしいメッセージをありがとうございます。たかこさんのキーボードに感謝です。朝からやさしい声を聞くことができて、今日は元気にがんばれそうです!

          • このみ on 2013年8月25日 at 7:20 AM :

            おはようございます

            たかこさま
            いつもパワフル全開のたかこさまをあこがれのまなざしで見ています。
            ええ年は変わりませんとも。3人の中では私が一番年長者であと2年もすればめでたい還暦です。
            でも最近60前後で天国へ早々に出かけた友人も少なくなく、私自身も明日はわからないといつも思っています。
            だからこそ今自分がやれることをしっかりやって静かに暮らしたいと思っています。

            たかこさまも今の恵まれた環境の中、やる気バリバリで周囲の人たちに元気をわけてあげてくださいね。溌剌とした人を見るのは本当に楽しいです。私もがんばろう!という気持ちになります♪

          • たかこ on 2013年8月25日 at 8:38 AM :

            このみさん(めぐみさん、お借りします)
            このみさんのところだけ「返信」の印がなかったのですが…
            二年後に還暦ですか…。弟と同じ歳ですね。いや確かに若いです。

            なんというお名前でネット句会に出してくださっているのか不明ですが、これからもよろしくね。
            いろんなジャンルにがんばっておられる…。もしかすると、O型、てんびん座ですか?
            私はO型てんびん座です。自己紹介でいつも「材木屋の娘です」と言ってきました。なんでって?ふふ「気{木)」が多いから。
            あ、このみさんが気が多いとか言ってるわけでは(言ってるか?)

            編集の合い間に、心の散歩でした。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月25日 at 9:46 AM :

            たかこさんの自己紹介が楽しいですね。気が多いって、AB型の双子座にもしっかり当てはまってます (@@)

          • このみ on 2013年8月25日 at 12:13 PM :

            めぐみさ~~ん
            すみませ~~ん。お借りします~~
            とはいえ私は皆さんとおしゃべりしている気分になってます♪

            たかこさま
            ワタクシはおひつじ座の(でも4月20日なのでおうし座に今はかかったいるようですが私が生まれたときはおひつじ座だったそうです)B型ですよ~~(たぶん典型的なB型です)

            てんびん座のO型は私の父と同じです。穏やかであまり色々やりたがらないタイプです。
            性格は火のような母よりもこの土のような父に似ていると思います。

            昔は森の中に住んでいましたが(木が多い)今はどちらかというと一本木の下でふわ~~っと風に吹かれています
            一つのことに(川柳や短歌も一つの創作として捉えれば)夢中になるタイプみたいです

            仕事と雨漏り対策に翻弄中のつかのまの休息でした♪

          • 竹内いそこ on 2013年8月25日 at 4:28 PM :

             たかこさん めぐみさん このみさん こんにちは
            お話が盛り上がっておられたのに出遅れてしまいました。
             私ももうすぐ還暦組、典型的なB型水瓶座 五年から十年サイクルでたえず何かに夢中になっています。気が多くて、木が多くて、奇が多い。(今朝アオダイショウの抜けがらを発見しました!!)
             そして、根拠もないのに前向き、落ち込まない。

             たかこさん、今月は東京ですか?来月は富山・・・・・
            ほんとにパワフル!人生をたっぷり楽しんでいきましょうね。
             なんだか、みんなばたばたと時間をすごしているようで、ディナーを中座しながらもデザートまでがっちり味わっているような感じがします。有難い仲間なんだなあ と嬉しいです。

          • たかこ on 2013年8月25日 at 5:52 PM :

            めぐみさん、このみさん、いそこさん
            そうか皆さんやはり還暦前…。でもま、そう離れていない。でも私は何となく年寄り臭い?

            今日ね、涼しいから思ったのですよ。三人は「蜩」だなあと。
            かな・かな・かなで賑やか。(仮名の名前…おや私もだ)
            しょうもない洒落しか思い浮かびません。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月25日 at 7:52 PM :

            かな・かな・かな・かな
            4人だと若草物語のイメージだね (^o^)

          • 竹内いそこ on 2013年8月25日 at 8:29 PM :

            若草物語? 
            メグはめぐで決定?
            ジョンは?
            ベスは?
            エイミーは?
              あてはまりそうで当てはまらない。
              いろいろなパターンを考えては笑っています。
              だって、あらためて考えてみれば、ここのブログのコメントで想像する限りのキャラクターと、それぞれが詠んだ川柳しか知らない のですよ。ブログってすごい。なんだか一緒に修学旅行にいったような長ーい付合いの雰囲気になっていました。

          • このみ on 2013年8月26日 at 5:26 AM :

            おはようございます
            話は変わります
            ふと思いついたのですが

            いそこさんの作品には恋の句が多いような気がします

            短歌ですが10月末まで「あなたを想う恋の歌」と言う公募があります。ぜひのぞいてみてチャレンジなさってみてはいかがでしょう?

            それと9月20日まで「酒折連歌」というのも募集されてます。かなり面白いです。
            どちらも投句数に限りはありませんので、私は毎年脳トレでチャレンジしてます。格調高いですしけっこう楽しいですよ。

            以上公募元からは頼まれていない宣伝でした。

  9. AKK on 2013年8月24日 at 11:20 AM :

    「博多みれん」は野口五郎のデビュー曲と聞いています。彼のその後の活躍は素晴らしかったですね。さて「みつかいどうみれん」の岡もとえさんも彼にあやかって、きらめく星となるのでしょうか。
    ひとりメグミーズ、めぐお、そして子守唄とすでにスターの片鱗は見えていますね。つぎはデュエット? たのしみだなぁ。

    あのぅ、ところで、ファンでいるのもいいのですが、マネージャー兼運転手で雇ってもらえませんか?身を粉にして働きますよ。お疲れの時には、なんなら、お風呂でお背中など・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 1:30 PM :

      AKKさん、こんにちは。
      野口五郎の私鉄沿線は今でもイントロだけでメロメロです。一気に頭の中は高校時代に戻ります。福山駅の改札口の風景・・・細かいことはいいのですが。

      もとえの今後はみなさまの応援次第ということで、どうぞよろしくお願いいたします。

      赤ちゃんの入浴シーンを見ていると、この世のものとは思えないほどの恍惚の表情を見せてくれます。全てを大きな手に委ねて温かいお湯の中でゆらゆら。自分は目を閉じているだけで頭も顔も体中きれいになって拭いてもらって着替えさせてもらって。気持ち良さそうです。大人もそんなふうにしてもらったら最高かもしれませんね ♡

  10. このみ on 2013年8月24日 at 1:03 PM :

    もとえさん
    素敵なコンサートをありがとうございます
    もとえさんのあの少し低いトーンの甘い声で歌っていただいたら本当にうっとりですね(サインをください♪)

    こちらは夕べから土砂降りでしたが気になりつつも眠くて行かず、今朝3階へ上がってみたら案の定3階は川と化していました。。。。。
    大量の新聞紙を敷き詰め、今も7~8個のバケツを置いています。
    「こわやこわや雨のもりはこわや。。。」昔話そのままのわが家であります(涙)

    話は変わりますが、今日は皆様に少しお尋ねしたいことがあります

    ある人が結婚前、気持ちは決まっていたのですが四柱推命を見れる人との出会いがあり、少しの好奇心も手伝って二人の男性との結婚を見てもらったそうです

    心にひそかに決めていた男性(商売をやっています)。。。現在(当時ですからかなり昔)は人望もあり一見順風満帆のようですが、この人は後半がよくありませんねぇ。。。(どう悪いかは決して教えてはくれません)

    もう一人の男性(彼は高校教師)。。。「あなたにはこちらの人が向いています。なぜなら彼と結婚したらあなたがずっとイニシァティブを取れるからです」

    話を聞いた後も、その人ははじめに決めた人を選びました。まだ現在はこれと言って何も起きていないけど、時おりふと「後半の悪いことって何だろう。。。」という思いがよぎることがあるそうです。

    もしよろしかったら感想を聞かせてください。

    四柱推命って占いに過ぎないようですが、誰でも簡単に見れないそうです。(学習しないと)それに時々ゴロをあわせて誕生日を変えている人が居ますが「あなたはこの日に生まれてませんね」とすぐ見破られていました(何人も!)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月24日 at 2:13 PM :

      このみさん、こんにちは。
      昨日の雨は大変でしたね。今年の雨は局地的に大雨になるみたいで油断できませんね。これ以上何事もないように祈ります。家でも朝起きたら玄関の中が水浸しで、靴は全部濡れているしで焦ってしまいました。いつものサンダルも半日は裸足で使いました。

      占いをしてもらう時には、もう心の中に答えは出ている事が多いようです。一言後押しをして欲しかったり、きっぱりと言い切って欲しかったり、そんな時にちょっと興味を魅かれるのかな。

      自分で決めた人ならば、何が起きても納得できそうです。占いでこちらの方が良かったからという理由だと、いつか何かが起きた時には占いのせいにして、その度にこんな筈じゃなかったということになりそうです。

      気になるのは、イニシアティブを取れるからこちらの人が向いているというセリフ。どうしても相手に対して主導権を握りたい人もいるでしょうが、私はちょっと違います。例え完璧な指図でなかったとしても、こうしてごらんこの方がいいよ、と言って欲しいです。完全無欠な人間なんていないのですから、自分の選択だって間違っているかもしれないけれど、好きな人が白と言えば白、それでいいんじゃないかな。

      一度しかこの人生を経験できなくて二つの道を両方とも試して見る訳にいかないのが辛いところですね。

      現在まだこれと言って何も起きていないとしたら、起きた時に考えればいいのではないですか、と私ならアドバイス。後半の出来事にしても、占い師のミスということもあります。

      占いは、例え見たとしても自分に都合のいい所だけ拾い読みするタイプなので、全く個人的な感想でごめんね。

      明日の事も心配、自分のことも家族の事も思うようにいかない私には、建設的な意見はできそうにありません・・・。とりあえず今日も元気で目が覚めた!というささやかな毎朝のスタートです。それでいいじゃない、と自分に優しくしてあげられたらいいですよね。

      ちなみにサインは今度のファンミーティング(開催時期は未定)にて。いつも応援して下さってありがとうございます。それではまたね (^-^)

    • エム on 2013年8月24日 at 3:47 PM :

      シチュースイメーは何もウラナイ商売だな
      このみさんの話を聞いてると
      どうも今はシアワセいっぱい?

      「かみさまのいうとおり」のアトガキに
      『まだ来てもいない明日におびえるよりも・・・』
      これだね
      ウラナイやつより
      めぐみ教だよ

      ところで
      サンガイが川だったら
      イチガイとニガイはナンになっていたんだ?
      このみさんはオヨゲルのか?   ヘ[•„•]_≈≈

      • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月25日 at 2:20 AM :

        ウラナイ商売はオモシロイ!

        いっかい にかい さんがい よんかい・・・
        よく考えると 日本語はムズカシイ

        かみさまのいうとおり
        の後書きまでしっかりと読んでもらって
        本当にうれしいです
        ありがとう!

  11. このみ on 2013年8月24日 at 6:06 PM :

    めぐみさん
    素晴らしい感想をありがとうございます!
    やっぱりめぐみさんなんだ~~~と改めて思いました
    ある人が「何で思い通りになる人のほうを選ばなかっの!?」と言ったので、ほかの人の意見もちょっと聞いてみたくなったのですが

    さすがのめぐみさんでした。
    このめぐみさんのコメントを読んだ人はもっともっとめぐみさんが好きになると確信します!

    エムもエライね~~
    ちゃんとめぐみさんの「かみさまのいうとおり」を繰り返し読んでるんだ。エライ♪パチパチパチパチ!(拍手の音)

    そうだね。。。ちょっと言い方に語弊があったね
    3回の部屋は少し凹んでるんだけどそこが水浸しだったってこと。
    1階はセーフだったけど2階も「ここは外か?」っていうくらい降ってた。切ない。。。。。
    雨が降るたびこんなにおびえて騒動しなくちゃいけないなんて嫌だけどもっとひどい目にあってる人たちのことを考えたらバケツもってうろうろするだけで済んでるんだからありがたいと思わなくちゃね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月25日 at 2:31 AM :

      何の役にも立たない感想で申し訳なく思っています。大体自分の決断とか自信を持ってしたこともないような気がするので・・・。いつも不安で最終的には何かの力が働いているようで。
      でもちょっと自分を振り返る時間を持てたのは、このみさんのおかげです。ありがとう。今日もお元気でね ☆

  12. 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月26日 at 6:01 AM :

    このみさん、貴重な公募情報をありがとうございます。早速カレンダーに書き込んで・・・。それで仕上がったつもりになって忘れてしまうことが多いので気をつけないと。創作の秋ということで、みなさんで楽しみましょう。

  13. 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月26日 at 6:10 AM :

    いそこさんの言う通り、まだお会いしたことがないというのが不思議な感じです。いつか初めての面会の時には、いつもどうも!なんて言ってしまうんだろうな。
    大作家を夢みていつもペンを忘れないジョーが4人いる物語、のようですね。楽しい出会いに感謝です。

    • 竹内いそこ on 2013年8月26日 at 7:41 AM :

       めぐみさん おはようございます。

       そうか!!!
      ジョーが四人!! 
      それが、いちばんあてはまりそうですね。
       (どちらかというと、若草物語というよりトキワ荘かな)

       このみさん
      公募情報ありがとうございます。
      ふむふむ そういえば私には恋の句が多い  ですね。
      現実逃避がここにあらわれているのかなあ・・・・・

  14. エム on 2013年8月26日 at 10:02 AM :

    センリュートキワソウ
    セッサタクマ
    サイノーごろごろ

     テヅカ・たかこ
     アカツカ・めぐみ
     イシノモリ・いそこ
     フジコ・このみ

    みんなスゴイヤツになる [ˆoˆ]/

  15. たかこ on 2013年8月26日 at 11:18 AM :

    キャー
    すごいことになってる(ぶりっこ)
    ときわそういいね。エムさん、手塚治虫が好きなことなぜ分かったのでしょう。
    実は、皆様、私は本当に漫画家を目指していたのでございます。高校生の頃、少女漫画を描きまくっていました。「マーガレット」集英社?だったかな、せっせ、せっせと送っていました。採点されて戻ってくるのですが、才能が無いことにある日気付き…

    子供の頃は手塚治虫・小中時代は「牧美也子」高校時代は「美内すずえ」のファンでした。恐らく皆さんはちんぷんかんぷんでしょう。

    あああああああー。思い出してしまった。
    センリュウトキワソウ…いいですねえ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月26日 at 11:32 AM :

      たかこさん、漫画家志望でしたか。原稿を送っていたとは本格的ですね。今、そのイラスト魂が柳誌にもいかされているのでしょう。

      別マ、別フ、なつかしいね。牧美也子、美内すずえ、ど真ん中ですよ。ガラスの仮面は今も続いていますね。マヤくらい打ち込めれば川柳もモノになりそうなんだけど・・・。

      エムのおかげで楽しい時間、ありがとう ☆

  16. このみ on 2013年8月26日 at 8:41 PM :

    こんばんは

    ただいま実家より戻ってきました

    今回は何度も何度もすみません~~~(出ずっぱり)
    でもたかこさんの漫画化志望のコメを読んだら。。。。。!!!!

    何を隠そう
    私も漫画化志望でした!!むっちゃくちゃ漫画家になりたかったです。
    描いていたのは小学校5~6年から二十歳くらいまで。
    上京したのは漫画家になりたかったから。その手段として東京の音大へ行きました。ピアノの練習もせず漫画ばっかり描いていました。
    まだ地元に居るころはマーガレットのスクーリングのメンバーに選んでいただいて「河あきら先生」を囲んで貴重な原画とかも見せていただいたんですよ。
    上京してからは「少女フレンド」の漫画コンクールで2回ほど佳作になり担当さんから電話があって何作か出版社に行って指導を受けました。そのときにしっかりはっきり!!!才能のなさを思い知ったのでした。
    ちょうど二十歳頃で年頃になり漫画家をあきらめた私は旅へと趣味が変わり、それからの私は日本国内や海外を旅するオンナへと変わっていったのでした、(長い説明~~~~)
    だからあの頃の漫画家はほとんど知ってますよ♪なつかしい。夢見る夢子の代表選手でしたね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月27日 at 6:19 AM :

      知る人ぞ知るこのみさんの漫画家タマゴ時代。そのうちにまたブレイクするかもね! 文字ばかりでなくイラストの公募なども面白そうじゃない?

  17. 竹内いそこ on 2013年8月26日 at 9:21 PM :

     ド真ん中でしたか・・・・・
    でてくる漫画でもうピタリですね。
     このみさんもたかこさんも漫画家志望で積極的に出版社に送っておられたとは、なんだか今の川柳に打ち込む姿の素がそこにあったのですね。
    リボンの騎士、ガラスの仮面・・・・・キリがない。
     私は当初から読むだけの人でした、そして 怖ーい漫画が流行出したときに、あまりのこわさに自分の漫画ブームがぴたりと消滅しました。
     おかもとえさんのデビュー曲がなんという展開をみせたのでしょうか。今回のブログもすごい!!!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月27日 at 6:21 AM :

      私もコワイのは苦手です。後味の良いお話が好きでした。お金を払ってコワい思いをするお化け屋敷っていう存在も信じられないのです。ジェットコースターは気持ちいいのですが・・・^^ なつかしすぎるタイトルにどきどきしちゃいます。

  18. たかこ on 2013年8月26日 at 9:35 PM :

    ぬあんと
    このみさん、私は高校卒業と同時に漫画家は諦めましたが、漫画家がだめなら編集社に勤めたいと思い始めました。「女性セブン」の編集社に履歴書を送ったりしました。今思うとかなり馬鹿。

    結局、勉強がしたくなくて上の学校には行かず、地元の生命保険会社に入社、21歳で結婚。

    漫画の投稿、私も一回だけ佳作をもらいました。一度上京しては?というコメントもついていました。
    河あきら…覚えています。
    庄司陽子、池田理代子の(?)デビュー作も知ってます。

    30歳ころから「懸賞・投稿魔」になりました。海外旅行、パジェロも当たったことがあります。
    雑誌にも懸賞生活で写真入で登場。
    川柳に出会うまで、月に100枚ほどハガキを書きまくっていました。油絵も習い始めました。「材木屋の娘」でしょ!?
    ちょっと興奮しすぎ、このみさんに移ったみたい。
    ほかの皆さん、ごめんなさい。続きはまたいつか。
    編集しなくっちゃ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月27日 at 6:26 AM :

      懸賞・投稿魔とお聞きして、雲の上のたかこさんを一気に身近に感じています。旅行や車の賞品は豪華ですね。達人の域ですね。私の一番嬉しかったのは MacBook かな。おかげで以来我が家は Macライフです。
      またお時間ができたらこっそりと詳しく当たる秘訣など教えてくださいね。期待してます。

  19. エム on 2013年8月27日 at 6:56 AM :

    センジャいそこ
    ホンジツだっけ?

    ここんとこのシューチユーの具合
    ブンショーのキレの良さ
    キタイしゃうネ
    イイ感じじゃん
    オーエンしてっかんネ

    ガンバ いそこ W[`0`]W

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月27日 at 8:45 AM :

      もうすぐ 9月1日だったかな

      センリュートキワソウの仲間はもちろん
      全国からエールが届いていますよ
      楽しんできてくださいね (^o^)

    • 竹内いそこ on 2013年8月27日 at 9:37 PM :

       エム、めぐみさん ありがとう

      忘れていたわけではないけれど、とりあえず投稿の〆切り真近の句を考えて、バタバタと「選者」は雑事にまぎれておりました。
       で、いまエムとめぐみさんにエールをいただいて急にドキドキ。
       私のいただいた題は「日陰」 苦境に耐える女か、そこから臥薪嘗胆のサクセスストーリーか・・・・いやいや私が妄想してどうする、選ぶ立場というのは、どうも居心地の悪いものです。
       応援ありがとう 頑張ってきます。 (^o^)/ 

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

加藤鰹 電子書籍版も配信
かつぶし
定価: 1,080円
四六判変形ソフトカバー・106頁
978-4-86044-609-3

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K