Loading...Loading...

すみっこにいた私に空からの雫

肩にそっと大きな手が置かれた気がして

めまいでも感じていないかと心を探った

 

そこを真ん中にした手まり咲きの花たちは

今年最初の色に染まり始めている

決められてしまったのかここからは自由なのか

 

晴れた青も

乾いたそよ風も

涼やかな温度もないのに

 

水の星に生まれたのだと知れば

息のできる水の中にいると言い聞かせて

この季節を楽しめるのかと確かめている

 

 

運命も知らず紫陽花七変化 今日決めた色明日生きる色   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 雨だからこそ”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年6月13日 at 1:56 PM :

    恵さん こんにちは。本格的な梅雨になりました。私は雨が嫌いではありません。梅雨の楽しみの一つはアジサイの花の七変化の鑑賞。紫陽花の花言葉は「移り気」ですが、その移り気を楽しむのもポジティブな生き方。鎌倉の長谷寺、浄智寺、明月院にも行けたら行くが、とりあえず我が家の3株の紫陽花と向き合います。先客はカタツムリくん。この時期は本気で楽しめますよね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月13日 at 8:44 PM :

      茂男さん、こんばんは。
      丹精されたお庭にも紫陽花があるのですね。次々とどんな色を見せてくれるのでしょう。お花に集う雨のしずくとカタツムリと…。間近で楽しめていいですね。我が家では最近カタツムリくんにはなかなか会えなくています。
      ポジティブな気持ちを忘れないで明日もいい日にいたしましょう。今日もありがとうございます。

  2. 佐藤 千四 on 2018年6月14日 at 2:47 PM :

    こんにちは
    私も水の星に生まれました
    でも空からの雫は私ではありません
    そっと置いた大きな手も私ではありません
    色の七変化などそんな器用な術の持ち合わせはありません
    その時の空気で顔色を赤く青く変えるくらいの芸当でしかありません

    色遁の術で紫陽花七変化

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月14日 at 6:06 PM :

      千四さん、こんにちは。
      息の出来る水のなかで、今日は何色の気分でお過ごしでしょうか。手鞠咲きの花といえば散歩の途中で真っ白を見つけたり濃い青に出会ったり…。この季節ならではの楽しみですね。近くの天神さまに続く細い道には紫陽花が並んで咲いていて、小さな苗木も植えてありました。そのうちに見事な紫陽花ロードになるのでしょう。
      そっと届いたメッセージをうれしく拝見しました。ありがとうございます。明日も過ごし易い一日になるといいですね。

      いつまでも自分の色が分からない

  3. 春爺 on 2018年6月14日 at 8:43 PM :

    この時季あじさいがみごとですね。
    急に思い立ち、秘在寺にある三度目の鰹さんの句碑に会いに行ってきました。
    句碑の周りには名も知らない花がいっぱい咲いていました。
    クルマで2時間の距離ですが、春ばあと一緒でした・・
    付近の茶畑でほんの少~し内緒で「一芯二葉」の摘み取りをさせていただきました(笑)
    天ぷらになって若葉も満足そうでした。マル

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月15日 at 5:34 AM :

      春爺さん、おはようございます。
      お二人でのドライブ、良かったですね。スペシャル若葉の天ぷらとは何とも贅沢なごちそうです。庶民は口にできないような…!? 
      いつでも迎えてくれるような句碑にはまだ写真でしか会っていませんが、優しい鰹さんの思いが込められているのでしょうね。
      曇り空ですが涼しくて助かります。親切な天気予報がお洗濯指数まで紹介してくれていました。
      今日も元気な一日でありますように。

  4. エム on 2018年6月15日 at 5:06 PM :

    めぐみさんてさ
    めぐみさんのブログってさ
    いいなあ
    好きだなあ

    今日はナニかしましたって
    エニッキみたいのも面白いけど
    めぐみさんのココロの絵が
    書いてあるの好きだなあ

    オレのお気に入りの
    紫陽花シリーズ
    今年はテマリザキって
    アタラシコトバ覚えたゾ!

    ところで
    めぐみさんを
    草取りのオバサンに撮ったのは
    ダレなんだぁ〜〜〜〜

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月16日 at 6:13 AM :

      雨の日は
      草取りおばちゃんもひと休み

      動きたくても動けないという状況を
      受け入れるしかない訳で
      そう思ったら
      何か新しいこともできるかもしれない…?

      心の絵は難しいですね
      言葉ほど不完全なものはないのですから
      どう表現してもピッタリではないみたい
      だからチャレンジしたくなるのかもしれません

      エムくんも
      雨の季節を楽しくお過ごしくださいね
      いつもサンキューです♪

  5. 竹内いそこ on 2018年6月15日 at 8:54 PM :

      こんばんわ めぐみさん
      めぐみさんのココロの絵   なーるほど、エムって詩人だなあ 
      テマリザキ って響きが可愛いですね。
      手鞠のような まんまるな紫陽花。うん、わたしも覚えたゾ!
      
      気温が低いのに、なんかべたっとして湿度が高くて、すっきりしない と思っていたところにめぐみさんの「私たちは水の星にいる」という表現。
     なるほど、納得。だから湿気が多いんだ、当たり前ですね。 
      水の星にいると思えば、すっきりとクリアな水色の世界にいるみたいでいい感じ。
     べたべたが消えた気分になれます。
     言葉って、表現って大事なんですね。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月16日 at 6:38 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      今朝は朝からしっとりと雨模様。紫陽花も野菜も喜んでいることでしょう。人間は…もうすぐやって来る灼熱の季節に備えて鋭気を養っておかないといけないのかな。でも水の星という感触も味わっておきたいですね。
      紫陽花も咲き方にいろいろあるようです。ガクアジサイも落ち着いていていいですね。円錐形も個性的。同じ木でも全く同じ花のないことにも驚きます。
      私たちもオンリーワン。今日も良い色で咲きましょうね。いつもありがとうございます。

  6. このみ on 2018年6月16日 at 8:08 AM :

    おはようございます
    めぐみさんの文章はいつもカリッと宝石みたいで瑞々しいですね。
    今の私はなんにもありません。
    あまりにもないのでそういう詩を書いて文芸祭に送りました。
    今年もいろいろな文芸祭の募集が始まっていて、すでにメールで参加できるところへは6ヶ所出しました。あとははがきなんですけど参加する気ではいます。入選ボツはともかく脳内への最低限の刺激として気持ち的に発奮する材料にはなっているようです。
    ゆっくりと戦っています。笑

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月16日 at 11:15 AM :

      このみさん、こんにちは。
      もうすでに幾つも文芸祭への投稿を済ませて、着実な歩みに見えます。ゆっくりのペースのようでそうじゃないみたい‥‥。次々と発表が楽しみですね。私も脳内への刺激は欲しいところ。このみさんのがんばりを聞くたびにそう思います。
      何もない毎日のようで何かしら気がかりもあって、大人の生活は大変ですね。普通の暮らしを維持する努力は子どもの頃には見えない部分でした。静かな週末となりますように。今日もありがとうございます。

  7. on 2018年6月16日 at 9:57 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    こちら、今日は梅雨の晴れ間。久々にゆっくりしています。
    我が家の庭の紫陽花は、ほぼ終わりです。
    毎年、同じ色で咲いています。
     いつまでも自分の色が分からない
    胸に突き刺さります。もう古稀の私ですが、自分の色がまるで分かりません。
    せめて、川柳だけでもイロが決まればとおもうのですが、川柳も奥が深い。
    腹だけは黒い?なりきれません。迷うばかりです。
    四十にして迷わず、いや惑わず。賢人なればこそですね。
    オンリーワンの境地、凡人には遠いようです・・・

    いつも、いつも本欄楽しませていただいています。感謝、感謝です。
    梅雨空の週末のようですが、存分に楽しんで下さい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月16日 at 12:26 PM :

      繁さん、こんにちは。
      孫娘さんはご心配でしたね。心づくしの看病のおかげで、もう大丈夫かな。奥さま共々看病疲れが出ませんように‥‥。
      お庭の花菖蒲が真っ盛りなんですね。濃い紫と万古焼との取り合わせもお見事です。繁さんのお庭はご近所でも知る人ぞ知るお花のお庭でしょう。私も楽しみに拝見しています^^
      いつも心にかけてくださってありがとうございます。今日も迷ってばかりの私ですが、できることから一つずつ。明日もいい日になりますように。

  8. 夢香 on 2018年6月20日 at 5:24 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    手まり咲きの花たちは、めぐみさんを引き立てていますね。
    我が家の花たちも雨に打たれながら元気に存在を主張しています。

    ここにいるわたしをしかとみてほしい

    西野ジャパン勝ちました!!
    試合前の予想を覆しての大勝利は嬉しいですね。

    今朝のお散歩は、雨で中止です!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年6月20日 at 6:15 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      全国的に雨なのですね。千キロメートル以上離れたこちらでも朝から降っています。お散歩中止は残念ですが、代わりにお家の中で何か収穫があるといいですね。
      希望的観測を含めて日本が勝つかな〜1対0で‥‥と思っていました。金星スタートは見事でした。これからが勝負ですね。特にチームでのスポーツは何が起こるか分からないところも楽しみです。
      雨だからこそ美しい花たちのように、今日も笑顔の一日になりますように。朝早くからありがとうございます。

      隅っこが定位置 私のお気に入り

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K