Loading...Loading...

 

雨がたくさん降ったのでもないのに

この水たまりに映るものたちは

水晶玉のテレ-ビジョンか

タイムトラベルの予告編なのか

 

明日には仕上げるつもりの TO DO が

出来上がらないからとまた自分を責めて

目が覚めた時には生まれ変わっているはずなのに

しかめっ面の自分にしかめっ面が悔しくないわけはない

 

罪は赦して赦されて

悔いは改めて改める

人も世界もあるがままに受け入れ

愛し愛される自分をここに置いてはみても

 

積み重ねてきたはずの時間の後ろ髪は

梳いても束ねても時に他人事のようで

前髪はそろえる隙もなく視線を遮ろうとする

いつになればこの水たまりはすっかり干上がるのだろう

 

   心ひとつ思わぬものに共振す   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 足元の空”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月26日 at 12:45 PM :

    惠さん こんにちは。プールのような水槽は何でしょうね。田植えの為の貯水槽ですか。それに「TO DO」ですか。 が、「三足のわらじ」のご多忙な日常茶飯、やるべきことが多すぎて、何から手を付ければいいのかわからない。そんな悩みの解決ですか。先ず、身辺整理。自分にとって何が重要で、それがいつ重要か、それをTo-Do リストで全体像を掴む. 混沌とした暮らしの整理ですか。「リスト」を作ることで、 受け身にならずに、積極的に考える姿勢が生まれますね。大いに参考になりました。学ばせていただきました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月26日 at 4:44 PM :

      茂男さん、こんにちは。
      もやもやとしてスッキリいかないことにぶつかった時には自分の力の無さを痛感します。でもきっと人生には思うようにならないことの方が多いのでしょうね。できることから一歩ずつ、がんばってみましょう。
      田んぼに水が入ると初夏の風景になりますね。晴れた日に田を渡る爽やかな風をお届けできたらいいなと思います。
      いつもありがとうございます。明日もいい日になりますように。

      • 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年4月26日 at 5:22 PM :

        めぐみさん こんにちは。田んぼでしたか。私は田園風景が大好きです。新幹線で京都に行くときも仙台に行くときも私は車窓でぼんやりと田んぼを眺めています。特に、新緑の春と実りの秋がいいですね。また、岐阜時代は本巣で3年暮らしましたが田植えが終わると「蛙の大合唱」。日没から朝まで続きます。実りの秋はあぜ道のコスモス街道に魅せられました。よろよろとしたコスモスは弱そうでいてどっこい強いですね。人間も弱そうに見えて芯の強い方が好きです。余計なことを書きました。素敵な夕餉をお楽しみ下さい。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月26日 at 8:58 PM :

          そうです、カエルの声が突然元気になるのですよね。こちらに来て大発見の一つでした。間もなく楽しめる新緑の季節が私も大好きです。こんな風景にすっかり慣れてしまいました。ですから、たまに人の多いところに出かけると人間に酔いそうになって困ります…(@@)

  2. AKK on 2018年4月26日 at 6:28 PM :

     雨がたくさん降ったのでもないのにって、今の私の心境をそのまま見透かされたようです。幾つになっても何かあるたびに心が頼みもしないのに確かに共振です。あるがままを受け入れるとは思ってはみても、視線を遮ろうとする前髪が、、、そうだ!私の前髪では視線は遮れないのでした。愛し愛される自分を大型連休の前に投げ出して水たまりなんか踏破しましょう。
     仕事はすっきりカレンダー通りです。若い時みたいにお休みが嬉しいばかりではありませんが、心おだやかな時間が少しでも持てればいいと思っています。めぐみさんのところへは皆さん集まってくるのでしょうか。楽しみですね。あまりおもてなしばかりに気を使ってお疲れになりませんように。写真のような心持ちはどっかに置いて、またミステリツアーなんかおねだりもいいですね。しかめっ面は似合わないですよ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月26日 at 9:15 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      この風景だって眩しいお天気の日なら全く違って見えるのでしょうね。晴れない心持ちの時には色まで消えてしまうようです。
      責任ある立場として公私共にAKKさんの肩にかかってくる重みが増してきているのだろうと想像します。全部投げ出しちゃって…という訳にもいかないし。あるがままを受け入れることは簡単なようでとても難しい。何よりも健康第一です。無理はしないでくださいね。きっといいことがある!です。
      前髪は短いのですね。男子はスポーツ刈りもカッコいいです。私も目に入らないように自分で切りますが、いつも笑われます。思うように切れないから〜。
      お休みには少しでも心安らかな時間を持てますように。今日もありがとうございます。

  3. このみ on 2018年4月28日 at 5:35 AM :

    おはようございます
    切れ味抜群のポエムですね。さすがのめぐみさんの文の力です。
    このようにひとつひとつの気持ちを丁寧に掘りさげていく文の力は持ちたくても持てそうにありませんね。
    いろいろあると思うのですが、もし私が大きな局面に直面したとしたら、たぶんいろいろなところから手を引くと思います。こうしていつもダラダラとめぐみさんにお話して楽しませていただいていますが、もし私がある日ぷっつりと来なくなったら何かと直面して戦っていると思ってください。何も言わずに消えることもあるかもしれません。まあそれもどうなるかわからない運命ですよね。

    ところでマイホームトラベル川柳入賞おめでとうございます!!!!!
    ご褒美の伊万里牛食べごたえありそうですね♪それとももうおなかの中でしょうか。笑
    私はこの4月中旬までで一年間の運をすべて使い果たしたので、その後は気持ちがいいくらい入選のお知らせはありません。すごくのんびり暮らしています。創作意欲も今はあまりなく脳の風通しもいいです。新緑の美しさにただ見惚れています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月28日 at 7:32 AM :

      このみさん、おはようございます。
      速報ありがとうございます。たまには嬉しいお知らせもあって、人生いろいろ〜♪なんですね。
      一人の人間の力は小さいなぁと感じています。でも小さいようで大きくもあるはず。できることはがんばろう。できないことは流れに任せるのも智恵かもしれないですね。
      時間を忘れて金魚とおしゃべりしているのが最近の秘かなお楽しみだったりします。新緑も今が最高に気持ちがいいですね。深呼吸して森林浴気分で今日も元気に参りましょう。いつもありがとうございます。

  4. on 2018年4月29日 at 10:25 AM :

    めぐみさん、こんにちは!世間はゴールデンウイーク。定年した私には無関係?
    爽やかな風の吹く季節。散歩道の新緑、藤の花、そして鶯の啼き声。最高です。

    昨日は鈴鹿の例会、腰の調子がいまいち。皆の盛り上がりに入りそびれました。
     セクハラをせよとは母は教えない   柳歩
    柳歩さんは、しきりに残念がっていましたが、我々の子供時代にセクハラなんて言葉は皆無。
    世間を騒がしている福田次官も同様と切り捨て、
    また、こんなことを教える母なんていないとの意見も。
    (自由に意見が出せるのが鈴鹿川柳会の良いところ)
    まだ、悔しいのか「言いたい放題」に書き込みまでされていました。
    柳歩さんの句への強い思い、見倣わなければと思わされました。
    ちなみに私は
      どん底で母の笑顔がひょいとでる (4人の方の共感いただきました)
    もう少し獲得できると欲張って・・・ まあ、こんなものでしょう。

    長くなりましたが、爽やかな連休を楽しくお過ごし下さい。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月29日 at 12:17 PM :

      繁さん、こんにちは。
      「どん底で母の笑顔がひょいとでる  繁さん」は実感句でしょうね。ひょいとでる‥‥いつも笑顔が用意してあるお母さんは素敵。どん底の心境からみんなが救われますね。見習わなくちゃ。
      セクハラの句は穿ちが効いていて今を切り取ったような一句に思えます。川柳で風刺という鋭さを感じました。
      世の中は大型連休を騒ぎすぎるような気もしますが、季節は最高ですね。腰の具合いも今日の空のようにスッキリしてくれますように。今日もありがとうございます。

  5. 太田 紀伊子 太田 紀伊子 on 2018年4月29日 at 4:14 PM :

    恵さま
    いつも素敵な写真とコメントの詩 学ばせていただいています。
    高圧電柱の下ですので田んぼ一枚でしょうか。そろそろ田植えですね。カエルがにぎやかになります。時にトノサマガエルが重い音を出してくれます。社宅では体験しました。
    季節はよくなりました。緑も濃くなって2,3日でないとびっくりです。田舎の良さと思います。ありがとうございました。
    今日は天皇賞を眺めていましたら、一着になったのに足を痛めた馬がいました。可哀そう・・・。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月29日 at 5:44 PM :

      紀伊子さん、こんにちは。
      最近は田植えも早くなりました。連休前にすませてしまうところが多いようです。ここから見える田んぼも水が入ると涼し気で一気に初夏の風景…どれだけ田舎なんでしょう(><)
      写真と文章まで味わってくださってありがとうございます。言葉を尽くしても表せない思いもありますが、何か伝わってくれたら幸せです。
      馬の足はかわいそうですね。治ってくれたらいいのですが…。人間も同じで、走ることは健康には良くても故障のリスクと隣り合わせ。無理のないように気をつけないといけませんね。
      フットワーク軽く大会にも出られて、紀伊子さんにとってはいつも川柳が真ん中にあるのですね。明日からも緑の季節を気持よく過ごせますように。ありがとうございます。

  6. 竹内いそこ on 2018年4月29日 at 8:40 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     マイホームトラブル川柳 おめでとうございます!

     こっちも田舎ですよ~
     うちの窓からもこのような送電線が見えます。
     今どきはよくカラスが止まっていますから、巣をかけようと狙っているのかな。
     その真下にあるプールに流れる雲が映っている。
     でも時には空にないものも映っていたりして、ミステリーですね。
     それが、だんだん苗の成長にともなって緑のじゅうたんのようになっていくのでしょうか。
     秋にはそれが黄金色の実りとなって、美味しいお米になる。

     水がはいったばかりのたんぼからこんなに発想が生まれるなんて素敵!
     こちらもGWの田植えシーズンのようで、帰省して田植えのお手伝いする孝行家族さんたちがいっぱい。
     お孫さんたちも貴重な戦力で、休憩時間のお爺ちゃんお祖母ちゃん、お父さんのためにお茶とお菓子の調達係。
     お米はこんな絆からそだっていくのですね。
     八十八の手間の二十ぐらいはバックヤードのお嫁さんとお孫さんの力かもしれません。

     農家のご苦労とは縁のない私は、のんびりドライブ。このような風景の場所を通ったときにカワセミを発見!!
     ほんとうに鮮やかなブルーで宝石と言われるのがよくわかりました。
     

     

     
      

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年4月30日 at 5:13 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      カワセミに出会えて良かったですね。どうしてあんなに美しい色と形をしているのかしらと不思議です。同じ鳥でもカラスやスズメに生まれたら、そこで人生(鳥生?)が変わってしまうようで…運命のいたずらでしょうか。
      お米を作る仕事は国を支えるくらいの大切なものだと思います。個人の力だけでなく公のサポートも大切ですよね。いくらパンが好きでもご飯の魅力は大きいです。
      お休みはゆっくりできそうですか。今日もしっかり充電できますように。ありがとうございます。

  7. 夢香 on 2018年5月4日 at 5:39 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    先日の雨や風がうそのような晴天になりました。
    やはり鯉のぼりの季節は、青い空が似合いますね!!
    近所の人たちは、田植えの準備に忙しい毎日のようです。
    我が家にも少し田んぼはありますが、法人の皆様に稲作をお願いしており、私はノータッチです。
    めぐみさんも色々とご多忙のご様子ですね。
    心地よい季節の風を感じながら一歩ずつ進みましょう♡。

    わたくしを飲み込むような青い空

    追伸:先日、NHKFMにリクエストしたら、私の名前を読んでいただきました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年5月5日 at 6:15 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      今朝も早くから気持ちの良い青空になっています。耕運機も忙しそうに動いています。田んぼをお持ちということは、もしかしたら特別なお米を食べられるわけですね。日本人にとってはとても幸せなことですね。
      FMで名前が読まれるのはドキドキします。落ち着いてちゃんと読んでくれるから嬉しいですね。お好きな曲もかかったのでしょうか。またラジオとも仲良くしてみようかな。
      緑の季節を気持ちよく過ごしくださいね。今日もいい日になりますように。ありがとうございます。

      この空でつながっている私たち

  8. 夢香 on 2018年5月5日 at 7:07 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    嬉しいメッセージをいただきましてありがとうございます。
    狭い田んぼですが、特別な味をいただいております。
    FMは、北海道特集でした。
    石原裕次郎の「北の旅人」をリクエストいたしました。
    「山口県・・・」と放送された時は、ドキドキしましたね。
    マニアックなわたし、次は「今夜も生でさだまさし」のはがきに再挑戦します。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年5月5日 at 12:54 PM :

      北海道特集でしたか。いろいろなジャンルのリクエストが揃いそうです。
      さださんは、きっともう夢香さんのお名前を覚えていることでしょうね。
      そういえば私、俳句の黛まどかさんがパーソナリティーをしていた頃によく投句していました。その後リアルな俳句大会の授賞式でお目にかかれたりして嬉しい思い出があります。人生はどう展開していくか分からないから面白いのかもしれませんね。

  9. 夢香 on 2018年5月6日 at 7:06 AM :

    嬉しい素敵な思い出は、ふと思い出すとほっこりしますね。
    予測不可能な人生から冒険心も生まれてきますね。
    私も「めぐみさんに国立で2回もお会いしていた」なんて夢のようですね!!

    羨望のまなざし今も秘めている

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K