Loading...Loading...

 

ここがどこか

わからなくても

光の向きに

水を通して

 

今がいつか

知らなくても

ほのかな温みに

今から先へ

 

自分は誰か

言えなくても

誰かがつけた

名前で生きて

 

必ずめぐる

季節の先に

私は戻る

新しい私に

 

 

本当の春は心の中に咲く遍く生くるものへの魔法 めぐみ

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 春もうすぐ”にコメントをどうぞ

  1. AKK on 2018年3月9日 at 2:13 PM :

     立ち姿や枝ぶりのいい梅の木はいいものです、好きです。名のみの春に一輪二輪咲いているのを見ると、やっぱり桜じゃなくてと思います。少しずつ暖かくなりそうですね。植物たちはめぐみさんのいうとおり「光の向きに水を通して」自意識など無くてもこの世の春を毎年新しい自分で生きようとします。「私は戻る」と植物のようになれたら春はもっともっと良い季節になるのでしょう。
     いつなのかどこなのか誰なのか何も知らずに春の中に居たら、花は花に、ジャガイモはまたジャガイモにと季節のように繰り返す永遠の命を得たような感じになるのでしょうか。人は自分だと知っていて、いつどこにいるのかわかっている気がしているだけで、本当はそうじゃないのかもしれないって考えられなくもない、そんな詩だなあと読ませてもらいました。
     60歳を過ぎてから自分の中で何かが少しずつ変わろうとしているようです。何なのか、いつなのか、どこなのか何もわからずに、、、

    おっと、久しぶりの、いちばん!?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月9日 at 6:20 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      深く読んでくださって感謝です。植物たちのように自然体で大きな流れには逆らわずにいられたらいいなぁと思います。私は自分のことなど何も分かってはいないのでしょう。せっかく生まれたのだから、もう少し理解もしたいと思うのですが‥‥。
      AKKさんにも楽しみな変化が訪れそうですね。幾つになっても変われるのが人間のスゴイところ。
      この春も健やかな穏やかな毎日でありますように。お忙しい中を一番に訪ねてくださってありがとうございます。

  2. このみ on 2018年3月9日 at 5:20 PM :

    こんにちは
    暖かいなと思ったら今日はまた冷え込んで。こうやって少しずつ春に向かっているんですよね。夏井先生の「花の歳時記」も発売になり美しい桜たちがページを飾っています。あと「時鳥」(夏編)「月」(秋編)と出る予定とのこと。楽しみにしています。句も募集していますよ。
    今日はどどど~~ん!!!と日本酒が届きました。とある公募で大賞だったということ。事前連絡がなかったのでびっくり。地酒なのでそれも金賞受賞と書いてあったので味がと~~っても楽しみです♪近いうちに親しいご夫婦とお家パーティをすることになっていたのでグッドタイミングでした~♪♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月9日 at 6:26 PM :

      このみさん、こんばんは。
      思いがけない大賞受賞に金賞のお酒ですか〜!? おめでとうございます。嬉しい贈り物ですね。お友だちにもお福分け。また何倍にもなって Happy が戻ってきそうです。
      花の歳時記には興味津々。調べてみましょう。歳時記はまとめる人によって個性が出て面白いですよね。眺めて楽しい読んで勉強になる一冊はいいですね。このみさんはもう夏井先生のエキスはすっかり吸収してしまったのではないかしら。ますます輝く作品を生み出してくださいね。楽しみにしています。今日もありがとうございます。

  3. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2018年3月9日 at 6:35 PM :

    惠さん こんばんは。春の足音が聞こえますね。「本当の春は心の中に咲く遍く生くるものへの魔法」。金子 みすゞさんに、次のような詩があります。私は詩は書けません。詩性派の皆さんのような素晴らしい川柳も書けません。が、詩を読むのは好きです。

    ●ふうせん

    ふうせん持った子が
    そばにいて、
    私が持ってるようでした。

    ぴい、とどこぞで
    笛がなる、
    まつりのあとの裏どおり、

    あかいふうせん、
    昼の月、
    春のお空にありました。

    ふうせん持った子が
    行っちゃって、
    すこしさみしくなりました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月9日 at 9:12 PM :

      茂男さん、こんばんは。
      今日の病院も何事もなくて良かったですね。お姉さまや妹さんのために、ご長男として長くご苦労をされてきました。これからは出来る限りのびのびとお過ごしください^^
      みすゞさんの詩は、ちょっと読むと誰にでも書けそうで、そうではないのですね。ふうせんは何のことでしょう。どんなことも過ぎてゆく、消えてゆく、それでも近くにある…? 祈りにも似た心が伝わってくるような気がします。
      大切な作品を紹介してくださってありがとうございます。今日はサンキューの日ですね。たくさんのサンキューをお届けします。今宵も楽しい夢を見られますように。

  4. このみ on 2018年3月10日 at 8:47 AM :

    おはようございます
    さっき見てみたら「あなたのさくら色」が今日から募集になっていました!
    もううれしくてうれしくて何も考えることもなく3部門全部出してしまいました。5月上旬まで募集しているので、皆さんもぜひ参加なさってみてはいかがでしょう。

    二宮先生、素敵な詩の紹介をありがとうございます♪
    本屋さんで見て「買おうかな~欲しいなあ~」とは少し気持ちが疼くのですが、何かどっぷりはまり込んでしまうような気がしていまだ躊躇しています。お話の種がいっぱい見つかるような気はしているのですが。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月10日 at 10:24 AM :

      このみさん、貴重な公募情報をありがとうございます。今年は全部門での入賞を狙ってくださいね!投句も一番乗りかもしれないね。さくら色の気分にはちょっと遠いですが、私も参加できたらいいなぁ。
      詩集にはお話の種がいっぱい‥‥きっとそうですね。やわらかい心で受け止められたら色々に膨らんでゆきそうです。肌寒い空ですが縮こまりそうなハートを温めてあげないましょう。

  5. 竹内いそこ on 2018年3月10日 at 10:18 PM :

      こんばんわ めぐみさん このみさん
     梅が咲きましたか。
     ご近所のお庭の梅も、雪がなくなった途端にぷくっと膨らんで、さきました。
     (実際にはこんな風船みたいな速度ではないのでしょうが、日に一度通勤時に眺めているとストロボのようにみるみるうちに膨らんだ印象なのです。)
     これから一気に景色が色づいていきますね。
     白鳥の北帰行も始まりました。十月後半から暇さえあれば見に行っていたパパ、ママ、六羽の灰色の雛たち家族も飛び立ってしまって、寂しいかぎり。
     と思っていたら、さらに南に渡っていた白鳥たちが帰る途中に休憩するらしく、数が増えているのです。編隊を組んで飛行訓練をする様は圧巻ですよ。
     滑走に出遅れた若鳥が高度が上がらないまま、私の頭上すれすれをかすっていきます。
     さすがに慌てふためいて鳴いていました。

     このみさん 大賞受賞おめでとうございます。
     毎週web句会でも天位。凄い凄い!
    「金賞」のお味はどんなものでしょう?
     さぞ 楽しいパーティになることでしょうね。
     前回のめぐみさんブログで話題になっていた作句のキーワード このみさんは「神」と「風
     」なら、私は「動物」かな。そんなことを考えていました。
      動物を見ると無意識に気持ちが素直になってしまうのですよ。
     気が付けば、三月にはいって「白鳥」、「北帰行」 という句ばかりつくっていました。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月11日 at 6:58 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      白鳥の北帰行を間近で体験できるって素晴しいですね。仲良しだったファミリーも元気で飛んでいるかしら。臨場感たっぷりのレポートに私までワクワクしました。美しい鳥たちも必死で生きているんですね…。ガンバレ白鳥さん! 実体験からの思いは、きっといい作品として生まれてきてくれそうです。
      梅の枝は魔法使いさんが上手く剪定できたみたい。今年はたくさん咲いてくれそうです。梅はほころびはじめたころがキレイだと思いますが、満開もいいものですね。筑波山でも今梅まつりの真っ最中。
      今日も白鳥さんに会えるかな。楽しい日曜日となりますように。ありがとうございます。

  6. このみ on 2018年3月11日 at 5:34 AM :

    おはようございます
    いそちゃん、ありがとうございます♪
    いそこさんのコメントを読んでいると「大自然の中に立ついそこさん」をイメージします。スケール大きいなあ。毎日白鳥と逢っていたなんて私などから見れば非日常。北の国はやっぱり違いますね。いそこさんのキーワードの「白鳥」「北帰行」の作品もいつか見てみたいです。

    毎週web句会いよいよ100回ですね!とりあえずこの100回で卒業します。(今度は本気のつもり)途中いっぱい抜けたりボツも多かったので入選はただいま59回ですが、私的には満足しています♪
    「金賞受賞」の日本酒、まだ飲んでないのでまた後日お味のほうは報告させてくださいね♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月11日 at 7:04 AM :

      このみさん、web句会おめでとうございます。
      卒業されるのですか。すばらしいエンディングですね。でも、もったいないような気も…。発表の場は沢山有りますけれど。
      おだやかな春の日にはちょっと遠い朝ですが、今日も笑顔でがんばりましょう♪ 日本酒レポートも楽しみに待っています。

  7. 佐藤 千四 on 2018年3月11日 at 9:26 AM :

    おはようございます。
    必ずめぐる季節の先に いつもめぐみさんがいる 青い空にめぐみさんがいる 
    梅が咲き桃が蕾を見せると 老いのハートも高鳴ります

          春爛漫を愛でる血圧降下剤

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月11日 at 12:32 PM :

      千四さん、こんにちは。
      梅、桃、桜と季節の花を愛でて暮らす心豊かな国の、同じ時代に生まれたことに感謝です。そして季節は嘘をつかないし青空はいつでも雲のうえにある。そう思うと凹みそうな心も少し強くなれそうな気がします‥‥。
      その後パソコンの調子はいかがですか。何でもなく動いてくれて当たり前と思っているので、ちょっと不具合があるとホントに困りますね。春ですからサクサクと仕事をしてくれますように。今日もありがとうございます。

      美しき和のお楽しみ花見酒

  8. このみ on 2018年3月13日 at 8:21 AM :

    おはようございます
    「金賞受賞」のお酒の味のご報告です~~♪
    昨日お家パーティをしました。4時半に配達から帰ってきたので40分くらいでバッタバタ準備しました。お酒は冷やして飲みました。思ったよりフルーティであっさりとやさしい味で「飲みやすい」と4人でグイグイいけちゃいました。遅く帰ってきた息子も「美味しかった」と申しておりました。よかったです♪
    私が作ったのはから揚げとサラダと枝豆をゆでたくらい。あとは近くの魚屋さんでお刺身のてんこ盛りを造っていただき(美味しすぎました~~)本当に何年かぶりで近くのピザを3種買ってきました(無茶苦茶美味しかったです)何かばたばたでしたけど喜んでいただきワイワイと時間を忘れ飲んで食べてしゃべりました。たま~~~にはいいですね。(でもしばらくはもういいですけど。シルバーはくたびれます~)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月13日 at 9:10 AM :

      このみさん、豪華なパーティーでしたね〜!
      ご馳走もさることながら、何よりもスペシャルなお酒が最高だったでしょう。こういうご褒美はみんなで味わうと美味しさも倍増だと思います。素敵な時間でよかったですね。お片づけはお疲れさまでした。ごちそうさまでした (^o^)v

  9. 春爺 on 2018年3月13日 at 11:27 AM :

    狩野川土手を歩いてきました。
    海鵜もだいぶ戻ってきてわいわい言っています。
    富士山も上の方がまた雪で厚くなりました。

    酒豪のこのみさん~おめでとうございます。
    おちょこ2杯ぐらいでまいっちゃうので、裏山椎茸です(笑)。
    ・川の字で寝てた子どもと酌み交わす
    昔いただいた和紙のラベル貼りの酒瓶は記念にとってあります・・
    中身は春哉のパパ(チョー酒豪)が飲んじゃいました。
    このみさんのセンスと元気ちっとちょ~だい!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月13日 at 12:23 PM :

      春爺さん、こんにちは。
      まさにお名前のシーズンとなりましたね。土手も気持ち良さそうです!ウォーキングもかなりのスピードの人がいて、私は走っているつもりなのになかなか追いつけなかったりします。春爺さんは作品を考えながらの貴重なひとり時間でしょうか。
      海鵜はは賑やかですよね。一体何をおしゃべりしているのやら。でもみんな生きるために餌を探して忙しいのだろうなぁと思います。大変ですね。
      和紙のオリジナルラベルのお酒をゲットしたのはお見事でした。オンリーワンというのは宝物です。春哉くんのお父さんも大喜びだったでしょう。そのうち春哉くんもご相伴となりそうですね。また春爺さんのところにも、いいものが届きますように。
      今日もありがとうございます。気持ちのよい春の午後となりますように。

  10. このみ on 2018年3月13日 at 1:53 PM :

    こんにちは~~♪出ずっぱりのワタクシです。すみません。
    春さん~~~。お久です。どうしていらっしゃるのかな~~といつも思っていました。お元気そうでうれしいです♪
    先日9時間半もかけて山梨へ行ったとき新幹線からバッチリ!!!!富士山が見えました。素晴らしいお天気でしたのでそれはもう堂々とした富士山をこれでもか~~というくらいずっと眺めていました。それだけでも行った甲斐があると思いました!こんな立派な富士山を毎日見ている春さんが本当にうらやましいです!!

    私は青色吐息。なんとか生きてるくたびれたおばあさんです~~。。。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月13日 at 5:24 PM :

      富士山をいつも間近に見て暮らしていると、気持ちまで大きくなりそうな気がしますよね。
      このみさんは心の中の風景が大きいから大丈夫!
      しっかり食べてちゃんと休んでくださいね。健康第一ですから‥‥。

  11. 竹内いそこ on 2018年3月14日 at 9:37 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     世間はホワイトデーですが、お返しのチョコはありましたか?
     昨日今日とこちらも晴れわたり、富士山はみえないけれど剱岳が見えましたよ。
     花粉もいっぱい飛んでいるらしく、マスクの人がふえました。 

      このみさん web句会おめでとうございます!!
     素敵なパーティになりましたね。
     フルーティであっさりと優しい味?
     日本酒は苦手ですが、なんだか味の雰囲気が伝わります。
     影響されて、今晩の我が家の夕食はから揚げになりました。
     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月15日 at 6:49 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      すっかり忘れていました〜ホウイトデーだったんですね。いそこさんには嬉しい日になりましたか。
      剱岳の表情も少し和らいできたかしら。この辺りでは筑波山が見えるだけ。いつもおとなしい表情の山ですね。でも、たま〜に遠くに小さく富士山も望めることがあります。空を広く感じるというのは、それはそれでいいものです。
      大会の準備も順調でしょうか。今日も楽しい春の一日になりますように。

  12. このみ on 2018年3月15日 at 5:34 AM :

    おはようございます
    いそちゃん、ありがとうございます。
    お若い選者さんたちに届くのかな~~とあまり期待はしていなかったのでとてもラッキーでした。自分でも驚きました。まだまだとてもフレッシュな若い選者さんたちの選を楽しませていただきました。

    風通しのよかった脳に童話の種を3つも拾ってしまってまたスクランブルな私です。疲れる~~~。笑

  13. 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月15日 at 6:52 AM :

    このみさん、おはようございます。
    Web句会の作品集ができたら、このみさんの作品がたくさん載りそうで楽しみですね。
    童話の種も大きく花が咲きますように〜♪

  14. 夢香 on 2018年3月16日 at 6:02 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    久しぶりに雨の朝となりました。
    梅の花は、楚々と咲いて「もうすぐ春!」を告げている感じですね。
    もうすぐお彼岸・・・季節は大きく変わっていくことでしょう。
    我が家の数本の梅の花も咲き始めました。
    楽しい週末をお過ごしくださいませ。

    ひっそりと小さな春はすぐそこに

    • 岡本 恵 めぐみ on 2018年3月16日 at 6:54 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      楚々とした風情で梅がほころんで、ほのかな香りでささやかな自己主張。そんな控えめなところが好きです。お庭での春探しも楽しみですね。昨日は隅っこでフキノトウを二つみつけました。天ぷらにでもしたらおいしいかな。
      今日はこちらも曇り空で雨の予報です。春の空は急に気温が変わるのでついていくのが大変ですね。水分補給も忘れずに元気に過ごしましょう。今朝もありがとうございます。

      春の午後テラスでフラペチーノかな

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K