Loading...Loading...

 

「またちょっとお出かけの二人」と掛けて

「コンビニの入れたて珈琲」と解く

そのココロは

「あついのでごちゅういください」

 

 

 

実はレンガの廃墟があると聞いて

ある公園を目指してやって来ました

 

 

 

確かに門はレンガ造り

水仙の向こうに見える

不思議なアーチが手がかりかしら

 

 

水辺を抜けて

探索は続きます

 

 

こんなものを見つけましたが

目的のものではありません

でも

これもいいカモ

 

 

 

だんだん楽しくなってきて

 

 

冷たい風の中で春を探しはじめていました

 

 

見~つけた

あそこに我が家の愛車が待っている

 

 

廃墟のことなどすっかりわすれて

何だかとてもいい気持

こんなところを通って帰ります

 

 

本日のおみやげで

きっと美味しいものを作ります

みなさまもごいっしょにいかがですか

 

 

美味しさはあなた任せの焼き加減   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 ローストビーフ”にコメントをどうぞ

  1. 二宮茂男 on 2014年3月11日 at 8:02 AM :

    めぐみさん おはようございます。寒い日に、愛車を差し向けて、「春」のお迎えですね。待ち遠しい春、「レンガの廃墟」に隠れていましたか。風は冷たくても、随所に春を感じ取られましたね。お土産は、早春の香りと「ローストビーフ」。一気に、食卓が勢いづきました。そのためか、明日は、ほっかほかの日になる予報です。どうぞ、美味しく焼いてくださいね。こころで春を感じ取るひとときをいただきました。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月11日 at 9:50 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      空気は冷たいのですが、水仙の柔らかい緑は春の色です。水色の小さな花も、ここにいますよとつぶやいているようでした。
      この橋のようなレンガは一体どんな風に使われていたのだろうと想像がふくらみます。出来たばかりの頃は自慢気にそびえていたのでしょうね。形あるものは消えていくにしても、こうして一部残るものもあります。人間は何か残せるのかしらと考えてしまいます。
      暖かい予報の明日に備えて、茂男さんはデスクワークの一日ですね。お仕事がはかどりますように。朝一番にご一緒して下さってありがとうございます。

  2. 竹内いそこ on 2014年3月11日 at 9:17 AM :

    ヤキモチの妬き加減いま丁度です  いそこ 

    めぐみさん おはようございます。
    めぐみさんの句からこんな発想をいただきました。修羅場にならない程度ならヤキモチは程よい二人の味付け。
     しかしめぐみさん あのお肉の固まりおいしそう!
     めぐみさんちは どんなソースで?
     私はおろし生姜と醤油が好きなのですが。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月11日 at 10:04 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      見事な返歌をありがとうございます。程よく焼いたヤキモチは良いスパイスになりますね。いそこさんも経験がありますか。私はどちらかというとさっぱりした性格なので・・・。でもヤキモチのおかげでさらに仲良くなれるなら、やいてみたいしやかれてみたいですね ♡
      お肉はおろし生姜と醤油が美味しいですね。和風のさっぱり系は最高です。お肉もセロリもとてもお買い得で、ちょっと離れていますが面白いお店でした。プロ仕様と称して大容量のものが並んでいます。大家族ならあれもこれも買ってしまうところです。また仕入れに行きたいな。

  3. 思考 on 2014年3月11日 at 9:27 AM :

    お出かけのふたり。そこで一句。
    ミディアムと平凡ですがどもる恋   思考
    私は オージービーフの硬い肉のレアーが好き。自分で焼きます。

    「この国のかたち」第二巻  金(きん)
    ずっとくだって室町の対明貿易も砂金のおかげでにぎわい、日本の禅宗や禅宗文化をさかんにすることができた。さらにくだり、江戸期、オランダ人が幕府による屈辱的な待遇に耐えつつも万里の波濤をしのいで長崎に来たのも、日本が決裁する金の魅力だったことは、よく知られている。(75ページ)
    歴史認識をたどればみんな繋がっていたわけです。良い悪いを詮索してもダメ。共存する以外ありません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月11日 at 10:24 AM :

      思考さん、おはようございます。
      日本の歴史はずっとずっと繋がっているのですね。何時代と区切って考えても無理な話なのですね。昭和から平成にも上手く繋がってきたのでしょうか。そしてその先はどうなるのでしょう。今の状況とちゃんと共存していくことはなかなか難しいようです。不満なところばかりが見えてしまいます。良い悪いを言っても仕方のないこと・・・ほんとにそうですね。
      思考さんはお肉にはこだわりがあって、ご自分で焼くのですね。レアーが一番難しいと聞いたことがあります。中まで焼けてしまってはいけないけれど冷たくてもいけないのですよね。自分の好きなように焼き上げた一皿は格別でしょう。ソースにもこだわりをお持ちですか。
      平凡ですがどもる恋なんて、微笑ましくて可愛らしいですね。レアでもウェルダンでもなくミディアム、普通、という感じも動かない。思考さんの実体験でしょうか ^^ 春らしい一句をありがとうございます。

  4. エム on 2014年3月11日 at 3:53 PM :

    なるほど
    コーヒーのふたに
    「あついのでごチューいください」って書いてある
    そんで
    あついふたりはチューしちゃったの?
    ヒトケのないコーエンで?  (●´з)chu(ε`○)

    いっつもナカヨシでEなぁ
    まあ
    ナンにしたって
    ハデハデのオレが一人でコーエンにいたって
    カラスかなんかに突っつかれて・・・ イデッ

    それより
    ローストビーフ!
    もちろん
    オレの分もあるんだろうね
    粉ワサビといたやつにショーユで食うぜい!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月11日 at 9:26 PM :

      エムったら
      あついのでチューしてください
      じゃあなくて
      ごちゅういください
      ですよ (#^-^#)

      今ね
      余熱で調理中
      上手くいきますように!
      切ってみる時ドキドキだろうなぁ

      ここで2時間経過

      大層美味でありました
      わさび醤油ショウガ醤油マスタード
      肉汁を使って作ったソース
      どれもマル
      ごちそうさんでした m(_ _)m

  5. 佐藤 千四 on 2014年3月11日 at 7:21 PM :

    こんばんは。
     またちょっとお出かけの熱いお二人。
     今日は赤いダウンジャケット。煉瓦に合わせたのですね。
     ここは若しかして竜ヶ崎かな。水仙は紀伊子さんの香り。
     牛さんといっしょのネギ?は鴨さんから貰ってきたのかな。

         仲のいい二人阿吽の焼き加減

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月11日 at 9:43 PM :

      千四さん、こんばんは。
      これだけのヒントで、よくぞ分かって下さいました。おっしゃる通り、紀伊子さんのお近くのパワースポット。その名も蛇沼公園でした。千四さんもお出かけになったことがありますか。名前も不思議な雰囲気ですが、中にある池も鴨のパラダイスのようです。短いメインストリートの両側にずらりと植えられた水仙の咲く頃は、きっと混み合うことでしょう。
      ところで「阿吽の焼き加減」には参りました。美味しさ、なんて安易なフレーズを持ってきた自分が恥ずかしくなりました。どうしたらそんなふうにさらりと、ピッタリでオリジナルで粋な川柳が生まれてくるのでしょう。いつもブログのコメント欄で発表してしまうのがもったいないような貴重な作品を寄せてくださって、心からありがとうございます。大切にしますね。千四さんの作品を味わう度に、川柳ってホントにいいものだなぁと思います。

  6. このみ on 2014年3月12日 at 5:10 AM :

    おはようございます
    ちょっぴり気持ちにゆとりのない日々を暮らしています。それは数のハンターだから。(笑)
    2月の乱射はほとんどが空振りだったみたいですが、入選したいくつかの句を見ると「え~~、私こんなの書いた~~!?」というものが多かったです~~~それほどたぶんたくさんの句を出したのでもう覚えてないんですね。むむむ。。。なところはあります。
    途中経過のご報告ですが、川柳は目標の2000句まであと5句、短歌(ポエムなども含みます)は目標の1000首まであと6首に迫りました。(まぁくたびれるはずです)
    とりあえず目標達成のあかつきには、数の呪縛から解き放たれると思うのですがここまで総計が3800を超えましたので、50代の目標は一応総計4000を目指します。そしてめでたく60歳になれたときには本当に数の呪縛から自由になって心から作句を楽しみたいと思います。(今でも楽しんではいますけど)
    せっかちな私はきのう「あなたのさくら色」3部門にもう出しちゃいました。考えている間は充実の幸せな時間でした。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月12日 at 5:20 AM :

      このみさん、おはようございます。
      集中して課題を考えている時間はホントに手応えがありますよね。毎日少しでもそんなひと時を持てたらストレスもかなり減ると思うのですが、現実は厳しいです。忙しい中で入選を重ねてきたこのみさんはスゴイと思います。目標達成の曉には乾杯しないとね。でもまたその次の目標を掲げて歩き出す姿が見えるようです。
      時間を置いて自分の作品と改めて向かい合う時に新鮮な思いになるということは、心の奥のホントのところがその瞬間に形になったものだと思うのです。こんなの書いた?という出会いも楽しいですね。
      さくら色は募集開始ですね。このみさんが一番最初の投句者ではないかしら。一番乗りで賞というご褒美があればいいのにね。
      朝一番に覗いてもらってありがとうございます。今日は暖かくなるそうですね。楽しい春の一日でありますように

  7. AKK on 2014年3月12日 at 5:52 PM :

    それで、レンガの廃墟はどうなったのですか?
    春の兆しと引き換えなら、そんな気持ちの悪いものをわざわざ探すことはないでしょう。それにいつでもいつまでもHOTな御二人様なら、たとえ風や珈琲が冷たくてもいつも「だんだん楽しくなって」しまうのでしょうから・・・。

    それよりも、ローストビーフが気になっています。オーブンを使うのですか?ここを見ている私とみなさんにレシピをお願いします。スーパーなどで薄くスライスしたのを売ってますよね。お手製ジューシーなら、厚めに切ってのメインディッシュが豪華でしょう。キロ単位の肉ですか?料理は作るのも楽しみの一つですね。美味しく出来たら万々歳。ナイフが切れなくても、そんなことは気にもかけず無言で完食が最高の褒め言葉です。
    ああ、美味しかった。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月12日 at 6:47 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      目的の物は結局見られなかったけれど、門とアーチで雰囲気は出ていました。野鳥観察小屋に掛かっていた額も面白くて、工夫して作られた公園だなぁと思いました。余り広すぎることもなく見どころも色々なので、散策しながら川柳もどんどん浮かぶ、カモしれません。
      これは塊で700gくらいだったでしょうか。ビニール袋にワインや野菜と漬け込む。取り出してタコ糸でしばる。厚手の鍋でまわりを焼いたら野菜も入れて蓋をして15分弱火。火を止めて30~40分おく。出来上がり。家で作るとたっぷり食べられるのでよろしいです。
      色々な作り方があるみたいですね。ルクルーゼのレシピで上手くいきました。ほとんどが和食生活なので、たまに洋食が入ると新鮮です。ちなみに今夜は焼き魚と納豆です。
      AKKさんお勧めのおかずがあったら教えて下さいね。簡単なレシピに限ります ^^ 家族って毎日ごちそうさまを重ねて少しずつ出来上がっていくのかなぁと思います。今日も明日も美味しい日でありますように。いつもありがとうございます。

  8. love on 2014年3月12日 at 6:46 PM :

    あの地震から3年もたったんですね
    あの日、生きているだけでいいと心から思ったのに、最近はそれ以上を求めていることの多さにびっくりです

    手作りのおいしいものを食べられるなんて、幸せですね♬
    大好きな人と一緒にお料理ですか( •ॢ◡-ॢ)-♡?

    身体は食べたものでできていると教えてもらいました
    ずっとおいしいものを食べさせてもらってきました
    家族が元気に過ごせますように٩꒰。•◡•。꒱۶
    私も料理がんばります!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月12日 at 8:53 PM :

      loveさん、こんばんは。
      ٩꒰。•◡•。꒱۶ 可愛らしい顔文字に癒されます。一日の終わりに優しい気分になれました。ありがとうございます。( •ॢ◡-ॢ)-♡
      家族の元気はお母さんの笑顔とお料理に依るところが大きいのでしょう。でも我が家の場合はお父さんもお料理上手。時々キッチンに立っているのを見つけると、子どもたちは喜びました。「あ、お父さんが作ってる!何か美味しいものだ!」まぁ確かにその通りなんですが、ちょっと複雑な気持ちになったのも確かです。でも美味しいねとみんなで楽しく食べる時間は、今思えば至福のひと時でした。loveさんも、大切な人たちのために腕を振るってあげて下さいね。心からのエールを送ります。
      ちなみに、食べたもので出来ているのは、身体だけでなくハートもそうらしいですよ。気持ちや考え方にも大きく影響すると聞きました。気になることがあるのですが、お菓子は許されるでしょうか (?_?)

  9. さくら草 on 2014年3月13日 at 7:15 AM :

    美味しさはあなた任せの焼き加減 めぐみ
    サラサラと何の無理なく出てくる川柳を見習いたいのですがp(^_^)q♪
    蛇沼公園って蛇の苦手な私には少し緊張します。
    いわれがあるってことは、昔大なり小なり蛇が出没していたのか・・
    それも半端じゃなく!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月13日 at 7:52 AM :

      さくら草さん、おはようございます。
      名前を見て私も緊張したのですが、蛇には出会いませんでした。待っていてくれたのは鴨たちとイヌフグリ、そして一列に並んだ水仙たち。もう少し可愛らしい名前にしたら子どもたちが集まるかなぁと思ったけれど、別に公園の名前で選んで訪れる訳でもないでしょうから、あまり関係ないかしら。名前の由来を調べてみたら何かあるのかもしれませんね。

       北風に舞うのは得意母の旗  みずほ

      朝日新聞宮崎版川柳の入選おめでとうございます。さくら草さんの「風」は姿を変えていつも味わい深いです。北の風というところが母の旗にぴったりですね。自分の中に大きなテーマを持っているところに魅かれます。私もそんなふうに作っていきたいです。
      お花に囲まれたさくら草さんには、今日もあたたかな風が吹いてくれますように。朝早くからありがとうございます。

  10. さくら草 on 2014年3月13日 at 9:38 AM :

    めぐみさん
    宮崎市から照葉樹林の町(綾町)に行く途中に「野首下」という
    バス停があるので幼いころ「お母さん何かいわれがあるの?」と聞いたことが有ります。「ここの上の野原に昔処刑場があって首を晒していたらしい・・」と若かった母が答えてくれました。
    怖いような地名ですがみんな土地に馴染んで今は住宅がいっぱいありますよ。 (*^ー^*)o(*^▽^*)むしろ歴史を語る上に残しておきた
    土地名ですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月13日 at 10:44 AM :

      地名は面白いですね。一度聞いたら忘れられない名前というのも又良いかもしれません。
      ところで照葉樹林都市の綾町は名前も素敵ですが、国定公園にもなっているのですね。照葉大吊橋には行ったことがありますか。渓谷も滝も、写真だけでワクワクします。吟行にもピッタリかな (^o^)
      さくら草さんのお庭だけでなく、お近くにも素晴らしい場所がたくさんありますね。

  11. さくら草 on 2014年3月13日 at 6:19 PM :

    めぐみさん❤
    関東で大雨強風のニュースが耳に入ってきました。
    そこらはいかがですか?
    宮崎はやっと静かになり雨もふってません。
    照葉樹林都市の綾町は、住民が一丸となり開拓を拒み自然を守り抜いたのです。照葉大吊橋には2回ぐらい行きましたが高所恐怖症の私は
    ぎゃ~ぎゃ~言ってやっと渡りました。紅葉も綺麗ですが、四季折々の自然林が心を癒してくれます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月13日 at 6:58 PM :

      綾町、いいところですね!
      住んでいる人たちが守り抜いた自然を大事にしなくてはね。一度行ってみたいなぁ。何時の季節も本物の自然が出迎えてくれるなんて、最高のおもてなしです。
      雨と風で外は荒れてきました。雨戸を締めてもちょっと心配な状態です。明日には静まってくれるといいのですが・・・。
      吊橋はコワいけど楽しいですね。下を見ないようにしながらもちょっと覗いてみたりして。健康の為には、時々はドキドキするくらい心拍数を上げてあげることが大切らしいですょ ^^

  12. 加藤 鰹 on 2014年3月14日 at 8:25 AM :

    オーブン使わないんですか?へぇ、自宅でローストビーフなんてハイカラなもの作ったことないですよ。今度チャレンジしてみようかな〜

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月14日 at 9:10 AM :

      鰹さん、おはようございます。
      思っていたより手順は簡単で、男の料理としても株が上がりそうですょ。大切な記念日の食卓にピッタリでしょう。ぜひともチャレンジしてみてくださいね。
      昨日の嵐も収まって今朝は春の雨になりました。しっとりとした一日の始まりです。今日もどうぞお元気にお過ごし下さいね。

  13. さくら草 on 2014年3月14日 at 3:10 PM :

    めぐみさん
    地震が激しかったです!!宮崎県も!!
    広島の娘が凄く揺れたと☎してきました。
    めぐみさんちは大丈夫でしたか?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月14日 at 5:28 PM :

      広島はすごい揺れだったでしょう
      娘さんのお宅は大丈夫でしたか
      さくら草さんのところもコワかったですね
      私も珍しく目が覚めてしまいました
      またすぐ眠ってしまいましたが・・・
      もうこれ以上揺れるのは勘弁して欲しいですね
      いつもお心遣いをありがとうございます

  14. 恭子 on 2014年3月14日 at 8:12 PM :

    ル・クルーゼのお鍋を使って挑戦してみました!
    普段は二人分の食卓なので、小振りのお肉を買いました。
    そのせいか、しっかり火が通り過ぎちゃった感じ^^;
    それでも香味野菜が効いていて、美味しく仕上がりました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月15日 at 6:12 AM :

      恭子さん、おはようございます。
      早速作って下さったんですね。そうかぁ香味野菜をたっぷり使うとグレードアップですね。試してみないと分からないことばかりです。プロのコックさんだって最後に切ってみるまでは出来栄えは分からないのでしょう。私たちも勇気を持ってチャレンジしたいですね。お料理ブログがお役に立てて良かったです。
      美味しいものをたくさん知っている恭子さんだから、レパートリーも幅広いのでしょうね。家にあるもので簡単にできて楽しいレシピがあったら教えてもらえたらうれしいです。ありがとうございます。また遊びに来て下さいね。

  15. このみ on 2014年3月15日 at 7:17 AM :

    おはようございます

    昨日「つくばね」さんから冊子が送られてきました。「はて?何故?」と首をかしげぱらぱらとめくっていましたら誌上川柳大会「夢」の発表誌だったんですね!それでもまったく記憶から欠落しており自分の名前を発見して「あれ?出してたのかな?」と思った次第。(私の脳大丈夫か~~!?)
    めぐみさんは3句も選ばれてましたね!おめでとうございます♪
    私は奇跡的にお一人の選者さんから救っていただいていました。ありがたいことです。

    昨日発表の数学川柳では俳句と短歌で選んでいただきましたが、10代の方々のフレッシュな作品には目からウロコな感じがしました。う~~む。うらやましい。でもその眩しさが好き。

    昨日夕方あるラジオ番組さんから電話があり、先週番組で取り上げてくださった句を新聞に掲載していただけるとのことでした。こちらでは出ない新聞なので掲載紙は送って下さるそうです。とてものんびりした私の生活そのものの句でしたけど。

    売り出しでバタバタしていて一日が終わるのが早いです~~ので早朝は本当に貴重な自分だけの時間。なんとかがんばります。寒くなったり温かくなったり。めぐみさんも皆さんも体調管理気をつけてくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月15日 at 8:50 AM :

      このみさん、おはようございます。
      一日が動きだすとゆっくり座ってもいられませんね。ほんとに貴重な朝の時間に立ち寄って下さってありがとうございます。
      数学川柳の俳句と短歌のダブル入選おめでとうございます。激戦の中での二部門受賞はお見事でした。早速覗いてきました。私も出した気がするんだけと、届いていないのかしらということにしておこうかな。小学生の感性は真似したいものですね。
      コンクールは(できることなら)このみさんのように早めに出しておくといいですね。発表の時にはすっかり新しい出会いを楽しめそうですから。新聞に活字で載せてもらえるのも楽しみですね。どんなふうに出るのかしら。待つ楽しみっていいですよね。

       もやもやを時の彼方へ春一番  このみ

      このみさんの数学俳句入選句は今日の気分にピッタリの一句です。もやもやしたものは思いっきり遠くへ飛ばしましょう。公私ともにますます上手くいきますように!

  16. さくら草 on 2014年3月15日 at 3:27 PM :

    めぐみさん
    紋章先生のブログのスキンがすっごく綺麗になってますよ!!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月15日 at 3:57 PM :

      ほんとだ
      紋章さんのお部屋にはもう春がいっぱい\(^o^)/
      桜も可愛いけれど
      日和城21号の紹介もいいですね
      「高城に素晴らしい川柳人がおられる」
      そんな風に紹介してもらえるさくら草さんと
      川柳のご縁でお近づきになれて幸せです
      高城の歴史そして川柳の歴史に深く足跡を刻みましょう
      ありがとうございます
      これからもどうぞよろしくね♡

  17. 加藤 鰹 on 2014年3月17日 at 9:44 AM :

    簡単で美味しい男の料理でしたら任せてや
    (^-^)v

    ・フライパンに油を敷いて、ニンニクスライス、鶏肉ぶつ切り、エリンギ(うす切り)を炒めます

    ・仕上げに粒マスタードを大匙一杯投入

    おおっって味になりますよ♪

    たかね誌上大会への早々投句ありがとうございました。

    恭子さんは恵さんを見習うよーに!(笑)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月17日 at 10:03 AM :

      鰹さん、おはようございます。
      早く投句した人への特典とか、ないかなぁ ^^ 毎日お魚献立なので、どうしても鰹さんの笑顔が浮かんで来て、早すぎるのに出してしまいました。どうぞよろしくお願いいたします。
      早速に男の料理レシピをありがとうございます。ニンニクとマスタードの取り合わせが美味しそうですね。早速作ってみます (^o^)v

  18. 紀伊子 on 2014年3月27日 at 10:43 AM :

    めぐみさん
    煉瓦の前で手を合わせているのはめぐみさんですか。
    どこかで見た風景です。おうちは取り壊されたのでしょうか。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2014年3月27日 at 12:52 PM :

      紀伊子さん、こんにちは。
      よくぞ見つけて下さいました。話題のレンガの廃墟も気になっていたのですが、池の向こう側にあるようで諦めて帰ってきました。もしかすると紀伊子さんとすれ違うかな、お家はきっとこの辺りかな、なんて緊張しながら通って来ました。龍ヶ崎は落ちついた、いい町ですね。
      改めまして、本日は長寿大学修了式おめでとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

田辺進水 電子書籍版も配信
川柳作家全集 田辺進水
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・128頁
ISBN978-4-86044-760-1

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

強制しないオムライス 植竹団扇 電子書籍版も配信
強制しないオムライス
定価: 1,620円
A5版ソフトカバー・234頁
978-4-86044-312-2

野村賢悟 電子書籍版も配信
川柳 擬
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・210頁
ISBN4-86044-233-4

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

加藤鰹 電子書籍版も配信
かつぶし
定価: 1,080円
四六判変形ソフトカバー・106頁
978-4-86044-609-3

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K