Loading...Loading...

 

はやる思いを乗せて心なしかいそいそと
電車は静かな街並をすり抜けていきます

 

こくりつの、しりつの、こくりつ、とは一体なに?
やっぱり迷子の子猫ちゃんになってしまうのでしょうか

 

よかった 公園に誰かいます
道を訊ねたらとても親切に教えてくれました

 

 

ここです ここです
特選の <ひ・み・つ> のお知らせを
大切に抱えて一直線

 

白い花を胸につけて案内されたのは最前列です
はりつめた雰囲気は私の心のせい?

 

はじまり はじまり

 

私の句です
夢じゃなかった
♡ の音がマイクを通して聞こえてしまいそうです
大木先生も雫石先生もとてもやさしい私のかみさま

 

楽しくてうれしくてホントに来てよかった
いじわるな時間だけが飛び去っていきます
欲ばりですけど当日投句も自信作だったのになぁ

でも・・・

 

 

しあわせな小説の筋書きのように
驚愕のクライマックスは結末に向けて
いくらかの伏線と共に組み立てられていたようです

大会大賞

ありがとうございます

お名前しか知らなかった方たちにも
何人もお声をかけていただきました
先生方ともいろいろお話ができました

 

夕暮れの街路樹を抜けて
まるで主人公の私は
覚めやらぬ興奮を抱え
早くお家へ帰りたいと思うのでした

 

見え過ぎるから半眼の仏さま   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 まるで主人公”にコメントをどうぞ

  1. このみ on 2012年11月11日 at 11:55 AM :

    うわあ。。。めぐみさん♪
    どきどきわくわくしながら私も読み進んでいきました

    大会大賞!!!
    なんて素敵なお名前。。。はじめまして、このみと申します(あ。。。違うか)

    ホントにホントにめぐみさん、おめでとうございます!!!
    記事を読んでお腹がいっぱいになりました♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月11日 at 4:44 PM :

      イレギュラーな更新だったのに、早速に気が付いて下さってうれしいです。
      このみさんもご一緒に楽しんでもらえましたか?
      憧れのステージに、これ以上はないほど緊張しまして、右手と右足とが一緒に出てしまいそうでした。耳で聞く川柳も、なかなか良いものですね。
      いつも応援してくださって、本当にありがとうございます。

  2. 川柳ファン on 2012年11月11日 at 12:41 PM :

    おめかしはシックな黒
    おめでとうございます。
    来年はわたしも挑戦してみようかな。ワクワクドキドキ・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月11日 at 4:44 PM :

      川柳ファンさんありがとうございます。なかなかハッキリと言えずにゴメンナサイ。でも大会大賞の方は当日のサプライズでビックリしました。来年は会場でお会いできたらいいですね。今から衣装計画を練っておきましょうか。
      一年に一度、遠方からも、たくさんの川柳を愛する人たちが集う大会のようです。お名前だけは存じ上げている先生方がリアルに目の前にいる、それだけで不思議な空間でした。

  3. love on 2012年11月11日 at 5:45 PM :

    おめでとうございます(o^^o)

    すてきな空間ですね 雰囲気が伝わってきます

    やっててよかったと思うことがほんの少しだとしても
    そのために、そのおかげで、続けていけるんですね

    私もそう思うことが時々あります

    これからそういう事がふえたらいいなぁ♡

    来年の授賞式にはぜひご一緒させてくださいね(^-^)/

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 6:33 AM :

      ありがとうございます。
      一つのことを長く続けるということは、努力のいることですね。その途中でのうれしい楽しいことなんて滅多にはないこと。loveさんにもそういうものがあるのなら、ぜひ大切に続けてください。秘訣は無理をしないで好きでいること、かな。
      来年ご一緒できるなんて、楽しみが一つ増えました。元気で長生きしましょう。

  4. AKK on 2012年11月11日 at 8:14 PM :

    <ひ・み・つ>の最終結末が「早くお家へ帰りたい」とは・・・
    感服いたしました。ホンモノの幸せが何処にあるのか、ご自分のことがよく解っていらっしゃるからこその作句のスタンスをお持ちであると、再認識させていただきました。

    無理矢理な論理ですが、私が教えていたことがあるバスケットボールでは、ディフェンスの基本は、ポジショニングとスタンスとビジョンです。
    めぐみさんが仰っていたことがある「向こうからやって来るもの」に対して、相対するのであれば、人生や川柳はディフェンスに似ていると考える訳です。
    どのポジションに居るかは、自分では決められないことがほどんとですが、どの様にそこに立つのか、何をどの様に見てどう洞察するのかは同じ様に大切ではないでしょうか。

    なんだか、いいディフェンスプレイヤーを見つけた気がします。スカウトして、チームを作ろうかな?
    おっと、話がとんでもないところへ・・・お許しを。

    夕暮れの街路樹を、興奮の熾火を抱えためぐみさんと一緒に歩きたかったなぁ。可能ならば、私は最高の気分でも、間違いなくオヨビでない。オジャマムシ。こりゃまた失礼をいたしました。

    『おめでとうございます』の他にもっといい言葉がなかなか見つかりません。
    腰を低く表彰を受けるめぐみさんの謙虚な姿に、私も何か差し上げたくなってしまいました。まずは、『おめでとうございます』を!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 6:34 AM :

      AKKさんにそんなに論理的に解明されると恥ずかしくてたまりません。かなり適当に毎日暮らしている私です。
      でも、ディフェンスの基本はすべてに通ずることですね。どの様にそこに立つのか、何をどのように見てどう洞察するのか、という基本を、しっかりと心に留めておきます。もっともっと教えて欲しいことがたくさんあります。これからも厳しく温かいご指導を、どうぞよろしくお願いします。
      うれしいおめでとうをしっかりと頂きました。ありがとうございます。

  5. 句ノ一 on 2012年11月11日 at 9:32 PM :

    恵さん、サプライズの出会いでしたね!ほんとに出会えてよかった!なんか、初対面って気がしなかった。うれしかったです!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 6:34 AM :

      句ノ一さん、大会大賞おめでとうございます。度々の呼名も、カッコ良く光っていましたね。
      ひとりぼっちの参加で心細かったのですが、句ノ一さんにお会いできて千人力でした。初めてなのに、千年前からのお友だちみたいな気がしました。運命の神様に感謝です。ほんとにうれしかった ☆
      これからも末永くどうぞよろしくお願いします。

      • 川柳ファン on 2012年11月12日 at 7:40 AM :

        そうですか句の一さんも大賞受賞ですか。おめでとうございます。
        恵さんと授賞式の壇上に現代を代表する若手女流川柳作家が並ぶなんて流石NHKですね。
        ところで俳句・短歌ではNHK全国大会はニュースにもなり、確かEテレで一時間番組が放送されますが、川柳はまだマイナーな文芸でちょっと残念です。テレビでお二人の晴れ姿を見たかったですね。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 8:33 AM :

          俳句も短歌もすべて大きく包み込んで川柳があるのだと思います。人口としては少ないかもしれないけれど、マイナーだからこそイイ、とも思ったりします。いつかみんなが川柳の力に気が付くことでしょう。

  6. いそこ on 2012年11月11日 at 9:35 PM :

    最高の一日でしたね。ひみつ がみんなに公開されてみんなも興奮させてもらいました。

     おめでとう そして ありがとう

    はやくおうちへ帰りたい。 その気持ちはわかるなあ・・・・
     うちで報告したい、そしてブログをまっているわたしたちに・・・

    待ち遠しかったです。疲れたでしょう。ゆっくり休んでくださいね。

     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 6:35 AM :

      いそこさん、やさしいお心遣いをありがとうございます。
      会場ではまるで実感がなくて、何が何だかよくわかりませんでした。もっと落ち着いて周りの様子をしっかり覚えてくればよかったと、今になって残念な気もします。写真で国立の雰囲気だけでもお伝えできていたらうれしいです
      身に余る賞は、いつも私を支えてくださるみなさまのおかげです。ほんとにほんとにありがとう!

  7. 二宮茂男 on 2012年11月12日 at 6:17 AM :

    おはようございます。やはり、「大会大賞」。おめでとうございます。この大会、以前、チラシをいただきましたが紛失。参加申し込み、事前投句、という記憶があり、当日の、ぶらり参加は出来ないという先入観がありました。横浜からも何人か参加していましたのに、残念、私も、参加すればよかった。それにしても、今は、川柳の時代と言われて久しい、俵万智、あの奔放で斬新な表現が歌壇の話題をさらったように、「サラダ記念日」のような、次の「句集」を待ち望みます。誠に、おめでとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 6:43 AM :

      茂男先生おはようございます。さすがにNHK全国大会だけのことはあって、本当に全国各地からたくさんの人が参加されていました。もしかしたら茂男先生にお目にかかれるかなぁと密かに期待して、キョロキョロしていたのですが・・・楽しみは次の機会にとっておきますね。
      数は少なくても、一つ一つを大切に思えるような作品づくりを目指します。これからもどうぞよろしくご指導くださいませ。
      いつもあたたかい励ましを、本当にありがとうございます。

  8. 佐野由利子 on 2012年11月12日 at 10:02 AM :

    NHK全国大会、大会大賞おめでとうございます。
    そして憧れの、恵さんとお会いできて嬉しかったです。
    「かみさまのいうとうり」へのサイン、有難うございました。
    大切に読ませて戴き、良い記念になります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 10:44 AM :

      由利子さん、ありがとうございます。『かみさまのいうとおり』を忘れずに持って来て下さって、感激です。本当に読んでくれている人がいるんだと実感しました。実物を見るよりも想像をふくらませてもらっていた方が良かったんじゃないかと心配です・・・
      静岡にはいい川柳仲間がたくさんいらっしゃるのですね。うらやましいな。これからもどうぞよろしくお願いします。

  9. aki@広島 on 2012年11月12日 at 11:38 AM :

    メグ、おめでとっ☆
    華やかなステージで、偉い先生方から、凄い賞をもらったんですね♪
    私まで嬉しく誇らしくなりました。

    黒のワンピースはベルベット?
    ショートカットにとってもよくお似合いです。
    ふと、デビュー当時の山口百恵さんを思い出してしまいました。
    確かこんなステージ衣装で歌ってたはず♪
    旧姓だと、お名前そっくりですもんね。

    これからも、ステージ衣装姿のメグがいっぱい見られますように・・☆

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 4:14 PM :

      akiちゃん、ありがとう。一緒に喜んでくれてうれしいな。
      憧れの賞です。身に余る光栄です。私がいただいていいのでしょうか、というコワさがあります。ますます精進しなくては・・・とだんだんとプレッシャーを感じてきました。
      旧姓は遠い存在になってしまいましたが、百恵さんの曲を聞くと思い出します。私にあと百があれば彼女みたいになれたかなぁ、なんて思っていましたっけ。ちなみに百恵さんの『冬の色』、大好きです。

  10. 文海胡 on 2012年11月12日 at 11:50 AM :

    100%主人公、素晴らしいです!!

    読んでいて私までドキドキわくわくでした。
    お写真もステキです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月12日 at 4:15 PM :

      文海胡さん、ありがとうございます。100%には程遠くても、ドキドキしながらのあっという間の数時間でした。NHK学園の建物も拝んできました。川柳講座の先生方はここにいるんだなぁと少し身近に感じました。
      初めての国立はとてもいい所でした。もっとゆっくり歩いてみたい桜並木もある素敵な町です。

  11. 高杉千歩 on 2012年11月12日 at 9:04 PM :

    NHK大会大賞! おめでとうございます。

     優しくて素直な、ブログで聞かせて頂く…
             あたたかなメロディーが流れていました。

    いつも楽しく読ませて頂いているのですが、今日はお仲間に入れて頂きました。 素晴らしい記念の一日…嬉しさをお相伴させて頂きました。有難うございました。

    大木俊秀先生もお歳を召されましたね。お写真を懐かしく拝見しました。
    錦秋の好季から寒さに向います。お大事にお過ごし下さいませ。
    お歓びまで!

     

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月13日 at 6:49 AM :

      千歩さま、ありがとうございます。賞もうれしいですが、ブログのことをそんな風に素敵にほめてもらえるともっともっと幸せです。川柳に仕立てれば幾つにもなりそうな思いを、どうやったら文章に表すことができるだろうか、と試行錯誤の毎日です。文章が書けなくては川柳はできない、と昨日先生にお聞きして、身の引き締まる思いでした。
      絵筆とペンと一緒に、冬に入る季節をますます豊かに過ごされますように。

  12. 紀伊子 on 2012年11月13日 at 6:07 AM :

    めぐみさん
    大きな賞を獲得されおめでとう。あなたの長年の努力のたまものですね。投句だけであちこちで入賞はできることではありませんから。
    ご主人のカメラも真剣さが伝わってまいります。
    本当におめでとうございました。茨城県の宝です。私も誇りに思います。来月には県川柳教会出版の合同句集「雲雀の詩」出版です。県協会15周年の記念誌です。あなたはその前からの積み重ねですから立派です、誇りです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月13日 at 6:50 AM :

      紀伊子先生、身に余るお誉めの言葉をありがとうございます。
      そして来月は茨城県川柳協会15 周年の記念誌『雲雀の詩』の出版、心からおめでとうございます。茨城に川柳を育ててこられたご努力は計り知れないものだと思います。
      投句しか川柳と関わる手だてがなかった私には、それが楽しみでもあり、心の救いでもありました。折に触れて拝読する柳誌から全国の川柳作家さんのパワーをいただいて、未だに遅々とした歩みです。
      どうぞこれからも茨城県のみならず、全国の川柳のために、ご指導をよろしくお願いします。

  13. 岡本 恵 エム on 2012年11月14日 at 12:59 PM :

    おめでたい やったね (^_−)−☆

    秘密っていうから
    フリン密会デートとか実は男だったとか
    もっと強烈なのかと思った

    フツー他人のいい事って
    羨ましいを通り越して
    妬ましいまであるけど
    めぐみさんのって
    自慢げじゃなくって
    な〜んか一緒にうれしいよね

    お祝いって言う方も照れるもんだなぁ
    「こんぐらっちゅれいしょんず えくすくらめいしょんまーく」
    さあこれでどうだ。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月14日 at 1:50 PM :

      ありがとう、エムさん!
      大きなスマイルと共に、お祝いの言葉をしっかりと受け止めました。一緒に喜んでもらえて幸せです。これからも見守っていてくださいね。
      緊張が緩んで、風邪をひきそうな私です。エムさんも身体に気をつけて、いいお仕事してくださいね。

  14. love on 2012年11月14日 at 8:11 PM :

    大きな出来事のあとに体調が崩れるのはどうしてなのでしょうね…?

    寒くなってきたのでご自愛くださいませ( ´ ▽ ` )ノ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2012年11月15日 at 5:33 AM :

      体力には結構自信があったのですが、意外と弱虫な私でした。
      loveさんもお忙しい毎日のことと思います。上手に息抜きをしながら、良い時間を重ねてくださいね。お心遣いをありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

江畑哲男
川柳句文集 熱血教師
定価:2,100 円
A5判・ハードカバー・226頁
ISBN978-4-86044-604-8

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

2020年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K