Loading...Loading...

昔は今、ある御町内に翁と嫗がありまして、その地域では空き瓶は少し遠い公民館へ色別に分別して捨てに行くことになっておりました。

調味料やお酒にドリンク剤、茶色やら緑やらが透明に混じります。少し重たい紙袋の取っ手を一本ずつ持ち合う仲良しの二人なのですが、翁のお尻のポケットに入っているものに嫗はその時気づいておりませんでした。

途中で会う人たちに挨拶をしながら、たどり着いた公民館の庭で仕事を済ますと二人の顔は晴れ晴れと、お楽しみのお散歩の始まりです。向かう先はとても綺麗に整備された堤防です。

「こっちっ側しは誰かのものだから向こうっ側しへ」と翁はわざと方言まじりで、ポケットから何かをゴソゴソと嫗はそれについていきます。土手を降りると竹藪で、手頃の太さをもう物色している翁。手には剪定用のノコギリ。そうして切り出した青竹の長さは5尺5寸ほどでしょうか。そういえば欲しがっていましたね、庭の隅のあの場所に。光り輝いている竹はありませんでしたが、どのホームセンターにも無かったちょうど良い太さのものを自分の手で手に入れた翁の顔は、してやったりと冬の陽に輝いているのでした。めでたしめでたし。

LED省エネなのとかぐや姫   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 新竹取物語”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2020年1月22日 at 7:59 AM :

    恵さん おはようございます。LED照明(月からのお迎えの輝き)と150センチほどの竹の棒(舟のように利用したのか)とかぐや姫の「竹取物語」のドラマですね。一面、育ててもらうだけ育ててもらって、無理難題で男達を振り回し、ただ月に帰って行くという裏切り行為とも読める物語。どのように教訓を入れて脚色するのでしょうか。一方、私が小学生のとき毎学期末に父兄を招いた講堂で児童の演ずる「学芸会」がありまして、このほかに「浦島太郎」「鬼ヶ島」「金太郎」などが定番でした。私も6年生で貧しくてツギのあたったズボンで「浦島太郎」を演じました。「竹取物語」は最後のシーンが難しいですね。当時を振り返り楽しませてもらいました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月22日 at 9:46 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      6年生の時の浦島太郎役は正に主役。名演技だったことでしょう。かぐや姫のお話にはいろいろな解釈があると知りました。ほんわりとした昔話という訳にはいかないのかもしれないって興味深いですね。でも竹林の中に立つと、どこかにかぐや姫が隠れていそうな気もするから不思議です。
      今日は冬らしいお天気。駒場へのご出勤は、お気をつけてお出かけくださいね。今朝もありがとうございます。

  2. AKK on 2020年1月22日 at 5:19 PM :

     竹取の翁に嫗がカップルでついて行くとは初めて聞きました。それって桃太郎なら一緒に川に洗濯ということでしょうか。まあまあ仲のお宜しいことで、それこそがメデタシメデタシですね。うなぎも一緒、竹取も一緒、他の一緒もいっぱい見てきましたから、めぐみ定番ブログに「ご一緒」シリーズをエントリーしたらいかがですか。
     さて、その竹で何をするのかという素朴な疑問。そうだきっとあれだ。時々カッコーンというやつ。鹿威し?どうですか当たりましたか?作るの難しいんでしょうね。それなりのところで作ってもらったらいくらかかることか。まあどこかの庭でお目にかかれば良い趣でしょうけど、こう言ってはなんなんですが私だったらきっと「うるさい」ってなっちゃうでしょうね。
     写真の置物は宝船ですか?「、、、波乗り船の音のよきかな」でしたよね。いい初夢なら何度でも見てみたいなあ。竹の節を抜いて覗いてみたら、夢なんかじゃない素敵な未来が見えたりして、、、。よかったらその竹の行き着く先も定まったらまた教えてくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月23日 at 5:54 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      心なしか、まだ暗い玄関に立てかけた竹の中から光が漏れているような‥‥?だったら楽しいな。
      趣のある鹿威しが手作りできたら面白そうです。ここでは手水もどきに水を引くために使うのだと思いますが、それにしても中の節を抜かないといけません。まだ工作の時間が必要です。
      完成の暁にはまたご報告しますね。
      宝船は見ているだけでご利益がありそう。あまり夢を見ない方ですが、いい夢を見られたらきっとこの神さまたちのおかげ。AKKさんも楽しい夢を見てくださいね。心はホットな冬の1日になりますように。今日もありがとうございます。

  3. このみ on 2020年1月23日 at 6:45 AM :

    かぐや姫さま
    姫も本当は月に帰りたかったのですが、地球で素敵なパートナーとめぐり合って、まだこの星に留まっているんですよね。

    それにしても二宮先生の「育ててもらうだけ育ててもらって、男たちを振り回し」が笑えました。昔話は、現代人がいくらでもいろんな解釈をつけられそうである意味深いですよね。作者が狙ってたかどうかはわかりませんけど。

    そっか~~。「男たちを振り回し」か~~。楽しい♪
    元々男と言う生き物は、単純でずっと子供ですからね。(もちろん頼もしいところもあります)男も所詮は女から生まれた産物。多少不完全でも産んだ以上、女は母として男を守るくらいの技量がなくてはならないのでしょう。
    そして、男は美女が大好き。かぐや姫にどんなに弄ばれようと、きっと本望だったと思われます。そういう意味ではかぐや姫は男たちの冒険心と遊び心を心底楽しませる術を心得ていたのかも。う~~ん。。。いろいろ考えていくとおもしろいなあ~~。(二宮先生、ありがとうございます)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月23日 at 8:58 AM :

      このみさん、おはようございます。
      昔話は面白いですね。小さな頃に聞いた時の印象と、読み込んでみると違う考え方もできたりして。ブラックな内容も結構多かったり。今も昔も人の心はあまり変わっていないんだなぁと実感します。
      私たちの今もそのうちに昔話になって‥‥。昔々令和という時代があったとさ。
      せめて目の前は穏やかに暮らしたいものですね。冷たい雨が降ってきました。冬の寒さを思い出させてくれます。気をつけてお過ごしくださいね。ありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2020年1月23日 at 10:59 PM :

    こんばんは めぐみさん
    ほんとは怖い昔話というのがありましたね。
    絵本で読んだかぐや姫と、古文の時間に教科書にあった竹取物語は、違いました。
    子ども向けに美しいお話にアレンジしてくれて有り難う、とお礼を言いたいです。
    CMで「パッカーン」と生まれるかぐちゃんと桃ちゃんになるアレンジだってあるのだから、楽しいのもアリでしょう。

    ところで、その青竹は何になるのでしょう?
    野菜の苗の添え木かな?
    庭の垣根?
    こいのぼりの竿?
    う~ん、五尺五寸て何だろう?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月24日 at 5:56 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      翁に尋ねてみないとはっきりしたところは分かりませんけれども、簡単に言えば水道管の目隠しでしょうか。素敵に仕上がれば趣のある一角となってくれることでしょう。
      昔は五尺五寸あれば立派な偉丈夫だったとか‥‥今の子どもたちは背が高い足も長い。カッコ良すぎますね〜。
      小さな人たちには美しいストーリーがいいですね。現実の世界には否が応でもそのうちに対峙しなくてはならないのですから。大人は今日もがんばらなくてはいけません。元気に週末を乗り切れますように。今日もありがとうございます。

  5. このみ on 2020年1月24日 at 5:41 AM :

    おはようございます
    今日発表の歌会で落選し、がっかりしているワタクシです。
    3年続けてのノミネートは奇跡的ではありましたが、3年続けて落選は正直さびしいです~~~。表彰式行きたかったな~~。笑
    やっぱ賞に入るって大変なことなんだわ~~とつくづく思いました。
    とはいえ、参加しないことには選の対象にはならないので、1月末までの締め切りの俳句と川柳の公募に毎朝一つずつノルマと課して、すっからかんの脳をけしかけています。
    投稿の減ったネット句会も現在は10ヶ所になりました。1月は好成績で今のところ6ヶ所パーフェクト。あと4ヶ所の発表を楽しみにしているところです。
    まだ少しはやる気のある自分に掬われてはいます。
    そういえば「お~い、お茶」、めぐみさんもいそこさんも出しましたか?2月末が締め切りです。富山も茨城も全体から見るとあまり投稿者が多くないと思われますので都道府県賞ねらい目だと思います!ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月24日 at 6:02 AM :

      このみさん、今朝のノルマは無事終了ですか。
      ノミネートだけでも大きなハードルですよ。あまり入賞を独り占めもできないでしょうから、こらえてくださいませ。それにしても1月の成績も相変わらず絶好調。おめでとうございます。がんばりがいがありますね。やはり自分でノルマを課さないとできないってよく分かりました。いつかやろう締め切り前になったら。そんな言い訳ばかりの自分が恥ずかしい‥‥。お茶はまだたっぷり一月あるからゆっくり取り組みます。←これだからイケナイのですね ><  貴重な情報をありがとうございます。

  6. このみ on 2020年1月24日 at 6:50 AM :

    やさしいやさしいめぐみさん♪
    ありがとうございます(涙)
    モヤモヤしてた気持ちが、おかげさまですっきりしました♪

  7. 竹内いそこ on 2020年1月24日 at 8:46 AM :

    おはようございます めぐみさん このみさん

    竹取りの翁さん
    なんともオシャレな目的だったのですね。
    パイプの目隠しでしたか!

    このみさん偉い、自分にノルマ⁉️
    わたしは今日は何も追われていない、休んでおこうというリズムなってきました。
    ほんとに目を閉じれば寝て夢まで見ているのです。
    宿題をギリギリまでやらないタイプ。
    そうそう、めぐみさんの言われるとおり、トロフィーを独り占めしてはいけませんよ。(私にも残しておいて)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月24日 at 9:14 AM :

      生きている間じゅう夢を見ていられたら
      そんな風に思うこともあります
      充電も大切
      休む時にはゆっくり休んで
      しっかりリフレッシュしましょう (^o^)v

  8. このみ on 2020年1月24日 at 9:26 AM :

    いそちゃんもコメントありがとうございます♪
    お二人と対照的で私はものすごくせっかち。宿題はたいていイノ一番にやっつけてしまうタイプです。作品の良し悪しとか考える前に。推敲もほとんどしないし「感」だけでやってるかも。ガ~~~~っと集中して、ハイそれで終わり。まあそれでストレスがたまらないわけだから、私としては日常を上手く切り抜ける手段と言えそうです。
    数が決まっている公募は、だからあとがず~~~~~~っとひまなので、数の制限がないところに気が向けばチョコチョコ出してます。
    いそちゃん、大丈夫。トロフィーは残しておくよ!笑
    早々大きな賞なんて私には無縁ですから~~~~。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月24日 at 11:57 AM :

      ヒラメキや直感が欲しいなぁ〜と思う私です
      平凡な発想当たり前の考えばかりに囚われて
      なかなかカラを破れないままで昨日今日明日

  9. 春爺 on 2020年1月24日 at 9:20 PM :

    竹は、よからぬやからのへの撃退用でも使えそう(笑)
    竹といえば近隣の富士市はかぐや姫の名前をつかったところが幾つもあります。
    介護施設にも使われています、、お世話になろうかな~
    https://www.youtube.com/watch?v=iai7KUncn08
    も孫の春哉たちと昔むかし行きました。
    上海から島田の息子が春節で帰省しました。毎日一便あり静岡空港までひとっ飛びです。
    上海に帰るときは、マスクを頼まれたので買っていくそうです。
    はやく終息してもらわないと心配です。
    このみさん~リキあるな~~冴えてるな~

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月25日 at 7:27 AM :

      春爺さん、おはようございます。
      朝一番でかぐや姫ツアーに出かけできました。なんて気持ちの良い公園かしら。よく整備されていて、地元での力の入れようも感じます。いいところにお住まいですね。近ければ散歩コースに決定です。
      息子さんにとっても心配なニュース‥‥。何とか少しでも早くおさまってくれますように。ご家族のみなさまも恙無く暮らせますように。日本の高機能マスクが役に立つといいな。
      寒さの真っ只中です。春爺さんも暖かくしてお過ごしくださいね。ありがとうございます。

  10. このみ on 2020年1月25日 at 5:34 AM :

    おはようございます
    春さん、お久しぶり!!お元気そうでうれしいです~~~♪
    中国心配ですよね!無事な終息を私も祈っています。

    私にもコメントをありがとうございます♪
    毎日ボチボチ楽しんでいるだけですが、何か大物が釣れたらいいな~~とひそかにもくろんでいるものの、結果はまったくです!!笑
    春さんのお名前と作品あちこちで発見するたび、がんばっていらっしゃるなとうれしく思っています♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2020年1月25日 at 7:30 AM :

      今週も何とか無事に週末を迎えられました
      1日は長いのに1週間は短いという不思議
      このみさんや春さんパワーにあやかれますように!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



川柳文学コロキュウム
川柳文学コロキュウム創立10周年記念合同句集
定価: 1,543 円
四六判・ソフトカバー・110頁
ISBN978-4-86044-488-4

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

2020年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K