Loading...Loading...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう決めてしまったから

21.0975キロメートル

霜月には武を持って

生きる証を確かめる
 

文を取れば

自発ではないオファーもあって

秋なればこそ

短歌大会に読売新聞茨城版
 

二兎追うことになるのだけれど

フリだけすれば取り逃がす

まずは背筋を伸ばして

身体の言葉を聞くところから
 

でもね

文武両道は麗しくないなぁ

二羽のウサギを手に入れたなら

せめて才色兼備にして欲しい
 
 

争わず亀の走りで二兎を得る   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 文武両道”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 on 2019年9月24日 at 10:38 AM :

    恵さん おはようございます。ハーフマラソンと短歌大会の秋ですね。21.0975キロメート、
    の自己満足な完走、それが短歌大会の肥やしになるこはあるでしょうね。相乗効果が効果的に響き合うといいですね。短歌大会はまたご講演ですか。家事、副社長をこなしながら二兎を追うのは大変ですね。そう言えば、お隣のK君も二兎を追っています。硬式野球部の監督さんから「この学校は大学がない。受験勉強は一兎追う仲間との真剣勝負になる」と言い渡されたとか。現実に、スポーツと勉強の両立ができる人もいます。爺バカは祈るような気持ちで見守っているのです。「文武両道を目指せ」と他人さまが言われますが、ご当人は容易ではありません。充実の秋がやってきますね。

    • めぐみ on 2019年9月24日 at 11:58 AM :

      茂男さん、こんにちは。
      野球部のK君のこと、真剣勝負の毎日になりそうですね。周りのみなさまの祈りのパワーも味方につけて良い学生時代を送ってくれますように。振り返って自分を褒めてあげられるように。きっと大丈夫。遠くから応援しています。
      体力が昔と同じではないなぁと実感することが多くなりました。なんとか自分を宥めながら騙しながら楽に走る方法を身に付けたいと思います。
      いつもありがとうございます。明るい一週間となりますように。

  2. エム on 2019年9月24日 at 10:41 AM :

    げっ
    ボーニンゲンが走ってる
    めぐみさんなのか?
    走りすぎてホネみたいにヤセたのか?

    カルくてEけど
    そんぢゃ
    さいごまでもたないぞ
    ワシワシ食って体力つけねば

    うさぎ二匹つかまえたら
    サイショクケンビって
    どこまで麗しくなられあそばされるのか??

    ソレよりナニより
    ヨミウリシンブンが
    気になるなあ

    • めぐみ on 2019年9月24日 at 12:01 PM :

      ワシワシと食べていますよ〜
      心配は要りません
      食べ過ぎ注意報が出そうな秋です ><

      本当は軽いほど
      走るにはいいのでしょうけれど
      美味しいものは美味しいので

      体の声が聞こえるようになったら
      もっと自分のことがよく分かる
      目指すのはそこですね

      新聞のお話はまた後ほど
      ゆっくりいたしましょう
      今度はエムも一緒に走ろうね?

  3. このみ on 2019年9月25日 at 5:48 AM :

    おはようございます
    めぐみさんの走る姿、美しいですね。完璧なラインじゃないですか?
    また短歌に参加されるのかな?読売新聞はめぐみさんの記事が出るとみました。いずれにしても楽しみです。報告をお待ちしますね。

    私は最後と決めている9月の投稿をしすぎて少々倦怠気味です。笑
    昨日いつも一番がんばっている文芸祭さんから詩の特選のお知らせがありました。これまで佳作には何度か選んでいただきましたが特選ははじめて。「え~~~っ!?何書いたんだろう。(いつものように覚えていない)」ちょっと怖い気がしています。表彰式のお誘いがありましたが、ちょうどお祭りの日。残念です。こちらの文芸祭さんにはもう9年目の参加です。運よく毎年何か選んでいただけたので8冊の作品集が並んでいます。好きな作品集です。

    今日は実家へ行きますが、有休をとらなければいけない息子が一緒に行くと言っています。先週は長男、今週は次男。ちょっと珍しい現象です。

    • めぐみ on 2019年9月25日 at 8:18 AM :

      このみさん、おはようございます。
      文芸祭の詩の部門では特選おめでとうございます。言葉が短くても長くても、このみさんにとっては詩心に変わりはないのですね。毎年入選を重ねられていることは本物の実力。少しゆったりと過ごして、また思いっきりご活躍ください。句集や歌集だけでなく詩集も出版できそう!
      先週は長男さんで今週は次男さんとご一緒。ママとしても嬉しいお出かけですね。ご実家でも大喜びされることでしょう。楽しい時間となりますように。今日もありがとうございます。

  4. 竹内いそこ on 2019年9月27日 at 8:49 PM :

      こんばんわ めぐみさん
     いよいよ走り込みですか?
     富山の街中にも11月の富山マラソン大会にそなえてか、リュックを背負い走り込んで通勤するというビジネスアスリートが多くみられるようになりました。
     みんな偉いなあ~というか好きだなあ~というか。
     ランナーが咲き始めたキンモクセイの香りを散らしてゆくので、信号待ちの車の中にまでいい香りが漂ってきます。何をするにもいいシーズンになりましたね。

     このみさん、特選おめでとうございます!!
     文芸祭の詩の部門ですか?
     数々の作品をあつめて このみさんの文芸作品集をいつか出しませんか?
     読ませてもらいたいなあ。
     もちろんお茶のボトルの作品も・・・・
     「私のお友達の作品だよ!」と家族に自慢して勿体なくて飾ってあります。
     ありがとう _(._.)_
     
     
     

    • めぐみ on 2019年9月28日 at 6:00 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      気持ちの方はスタート。でも現実にはあれやこれやとあるもので、中々時間が取れません。というただの言い訳ですけれど‥‥。 困ったなぁ。11月には富山マラソンもあるのですね。通勤も走って〜エライです。
      スポーツの秋、芸術の秋。いそこさんにとっても充実のシーズンとなりますように!今日もありがとうございます。

  5. このみ on 2019年9月28日 at 5:31 AM :

    おはようございます
    いそこさん、お茶届いてうれしいです。
    この公募は毎年一度行われていて、たぶん11月から2月まで募集があっています。
    一人6句出せます。いそこさんの住むところからの応募者もあまり多くなさそうなので「都道府県賞」もありかも!
    いそこさんも今年はぜひ参加してみてください。
    学校単位で応募があるので、毎年200万句くらい応募があるようですが(公募の中では一番応募者が多い。極端に)、あまり参加者が多くないところは穴場かも。私がこれまで4回もボトルに載せていただいている恩恵もその辺にあるかもです。笑

    詩は文芸祭の部門です。(今回は詩のみ入選だったようです)
    9冊の作品集をざっと読み返してみたら(まだ1冊は届いていませんが)、なんと「詩」は5作品選んでいただいていました。こちらの文芸祭は詩のほかに俳句・短歌・川柳があり、そちらの方は合わせて16作品載せていただいていて、ちょっとした記念の作品集になっています。
    特選はネットでも紹介されるようです。(かなり恥ずかしい。詩は長いのでその場で思いつきを書きながら出しているのです。これまで載せていただいている詩もその時々の身の丈のことを書いているだけで、正直無責任極まりない詩で自分で読んでも吹きだしてしまいます。)
    まあでも今年は詩だけでも引っかかってよかったです。
    作品集のご提案、ありがとうございます。その場その場の思いつきだけで生きているワタクシにはそのような大それた日が訪れることはありません。よかったらたまに入選している句を読んで笑ってやってくださいませ。

    • めぐみ on 2019年9月28日 at 6:04 AM :

      このみさん、おはようございます。
      詩の作品はネットでも紹介されるのですね。楽しみです。その時の等身大の自分がそこにいるということ。とても愛おしくなりますね♡
      このみさん味のお茶は格別です。ありがとうございます。ますますのご活躍を。応援しています。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K