Loading...Loading...

一千年も前のことですから記憶と申しましても欠片ほどもないのですが生まれ変わってまためぐり逢う契りを交わしました宿世を無いものにはしたくないという二人の願いはこうして叶えられてあの頃の来世を生きていますのでまるで月の夜の逢瀬のように僅かな時間を惜しんでは万葉のお歌を一緒に楽しんでくださるのですよね
独り身の折には何故か心惹かれて紐解いた和歌ではありましたが今ほど深い思いはなく学業単位ばかり気にかけて遣り過ごすようにしていたことを如何許りか後悔する念を持って読んでくださる声と動き出す胸の内を抱えて身じろぎも出来ないでいるような幸せに浸っていますのでこの思いを何とか歌に詠むことができないであろうかとその事のみを思いつつ過ごす独りの時間なのです
この満たされた胸のすべてをお伝え申しあげる術もないままにあの頃は人言が気になり忍んでの逢瀬でしたのにオープンにショッピングに連れ出していただいてお歌もお贈りしませんのに居てくれるだけで良いのですご褒美をと思わず笑まい溢れ出るごとき御品を求めてくださるのでいっそう甘き戀渡り焦がれ尽すわたくしでございます
また次の一千年の思い出にとお写真をお撮りになるとおっしゃられるので一つではなくもう一つ籠に入れてみたそのままに家路のためのエコバッグに私たちのように二つながら忍ばせたのをご存知でいらっしゃったのかどうかはわかりませんが何ともこの上ない幸の極みとも申すべきわたくしでありましたことよ

 


ミルキーの(枕詞)恋渡るとふスーパーの片隅にあり千歳のふたり  めぐみ 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 めぐみのおおきみ(惠ノ王)?”にコメントをどうぞ

  1. あすか on 2019年3月16日 at 9:25 AM :

    めぐみさんおはようございます。今朝の神奈川版の茂男さんの句の評です。

    惚けたふり子は子で見ても見ないふり

    かけた眼鏡を捜してる。お茶碗があって箸が消え、何かしにキッチンの、おっと危ないガス栓で、怖い薬缶が沸いている。いつか笑っていた顔も、まさかこの歳のこの頃は、惚けた素ぶりを子や孫に、影も丸ごと盗まれる。来た道だった子孝行、ゆく道にいま子沢山。

    と瀬々倉さんの評です。茂男さんの句もすばらしいですが、瀬々倉さんの評が深いですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月16日 at 12:03 PM :

      あすかさん、こんにちは。
      貴重な情報を教えてくださってありがとうございます。味わいのある評が添えられて、茂男さんの作品がますます輝きますね。どちらの立場になってみてもよく分かる一句です‥‥。こんな川柳を目指したいですね。
      外は少し春らしい光になってきました。あすかさんにとっても楽しい週末となりますように。今日もありがとうございます。

  2. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2019年3月16日 at 12:59 PM :

    恵みさん こんにちは。「忍ぶれど色に出にけりわが恋はものや思ふと人の問うまで」、平兼盛の歌、一方、Y大学のキャンパスで出会った彼との仲を取り持ったのも万葉の「恋歌」でしたか。人は老いて朽ちる。兼盛もその例外ではない。が、彼の歌「忍ぶれど色に出にけりわが恋はものや思ふと人の問うまで」の歌・文芸・芸術は時の経過を忘れたように、平成の末を生きる私たちのこころとびんびんと響き合うのですね。文芸の力に魅せられます。それにしても短歌は格調高いですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月16日 at 7:41 PM :

      茂男さん、こんばんは。
      あの頃にもっと真剣に学んでおけば良かったと今更のように悔やまれます。でも今この年齢でなくては分からない心持ちの歌も多いようです。いつだってスタートは遅くはないですよね。それにしても千年をこえて私たちの心に届く作品には驚きます。きっと茂男さんの作品にも未来の人間が深く共感することでしょう。
      子育ての時期とは少し違った意味で、時間よ止まれと祈るような毎日があります。今日も訪ねてくださってありがとうございます。そうそう、パーフェクトなゴミ当番はお疲れさまでした(^o^)

  3. エム on 2019年3月17日 at 5:13 AM :

    ヘーッ!
    ホーッ!
    ハーッ?
    ヌカタノオーキミなら知ってるけど
    めぐみさんは
    メグミノオーキミだったんだ
    知らなかった フーッ

    1,000年も前って
    やっぱカセキじゃん!?
    そんなのにチット甘々すぎ!
    パンなら味噌でしょ
    ヒロシですのヒロシも言ってたよ

    そのコムギコでパン焼いて
    しっかり甘いの食べたら
    ペコちゃんみたいなホッペに
    なっちゃ〜ぞ〜〜

    アキラマロとメグミノオーキミで
    ソーモンカでもなんでも
    やればE〜さ
    オレは
    ど〜類のペコちゃんにコイワタルにシヨ〜かな?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月17日 at 11:53 AM :

      カセキじゃなくてキセキの二人ならいいね
      ちなみにこのスプレッドは発売されたばかり
      パッケージの可愛いらしさで人気沸騰中
      甘さがサラリとしていてそのままでも食べられそう
      あっという間に二つなくなってしまいました〜
      めでたしめでたし?
      エムくんにとっても甘い春でありますように

  4. 川柳ファン on 2019年3月17日 at 7:14 AM :

    おのろけ御馳走様
    青春の一ページ
    恋の花咲く大学キャンパスですね
    それにしてもシアワセを絵にかいたような恵ファミリーですね
    いつまでもお幸せに

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月17日 at 12:01 PM :

      川柳ファンさん、こんにちは。
      昔はともかく大人になってみれば甘いばかりの毎日という訳はなくてモヤモヤとする気分も抱えながらそれでも良いところだけ見て過ごせたらよかろうとそんな風に思いつつ目の前のアレヤコレヤに対処するばかりの時間に追われています。今日は空が青すぎてかえって下向きがちになる心をどうしたら元気になれることだろうかと思案中。
      川柳ファンさんのところには春はもうやってきたでしょうか。私はまだフリースが手放せませんが梅はあちらこちらで見頃ですね。気持ちの良い日曜日になりますように。ありがとうございます。

  5. 竹内いそこ on 2019年3月17日 at 10:56 PM :

      めぐみさん こんばんわ
     こちらもまだまだ寒くてフリースですよ。
     早々にタイヤ交換した人たちは今週に降った雪まじりの雨に大慌てでした。
     とはいえ、春の雪アスファルトについたらすぐ溶けてしまいます。
      桜もニュースでは前線が北上していますが、ここはまだまだ蕾が固くあと一週間はかかりそうです。
     メグミノオオキミさんの甘~いブログに暖まりました。
      日本の歴史のなかできっと何回も何回も繰り返された前世からの御縁だったのですね。
     そしてめぐみさんが現世でのその姿なのですか。
     この先もきっと・・・・・

     ハクチョウたちはすでに北帰行したというニュースがあり、土曜日に大慌てで川に見に行ったらあの怪我の彼と、上流にもう一羽残された子がいました。
     昨日にはその二羽が、声を聞きつけてお互いの存在を知ったのか、二羽寄り添って岸に並んでいました。お馴染みの彼は右の翼が負傷、今年登場した後輩クンはどうも首に何かが巻き付いたらしく毛並みが不自然になっていて、それで長距離飛行は出来なかったようです。
     「アンタたち、お友達になったの?」そんなふうに声を掛けていく人がけっこういます。
     でも、今年は少なくともひとりぼっちじゃないから、ギャラリーたちはちょっとホッとしています。私もきっと時間があるかぎり、彼らのいる川に通うことになるでしょう。
     ハクチョウ君たちのその後の情報でした。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月18日 at 5:44 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      そうでしたか‥‥。その後彼はどうしているかしらと気がかりでした。お友だちができたのなら少し安心。でもどちらも負傷していては辛いですね。獣医さんが見てあげることはできないのかなぁ。二人にだけ通じる会話で少し心安らかでいられるといいのですが。まだまだ心配です。レアな情報をありがとうございます。がんばって、白鳥くん。
      朝から日中への気温の変化についていけるように気合いを入れていきましょう。新しい1週間も元気に過ごせますように。いつもありがとうございます。

  6. このみ on 2019年3月18日 at 5:49 AM :

    おはようございます
    いそこさん
    その後の白鳥さんたち、うれしく読ませていただきました。リポートをありがとうございます♪
    もう白鳥さんはいそこさんたちの住む町の住人ですね。
    富山はまだまだ極寒なんですね~。
    こちら九州はだんだん春めいてきました。
    歯を磨く窓から見ている冬木立たちの色がいつ変わるのか、毎日ワクワクしながら見ています。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月18日 at 8:02 AM :

      このみさんの歯磨きタイムは心膨らむ時間になってますね!こちらはちょうど駐車場に面していて窓は締め切り状態。鏡しかないのであまり見ないように〜そんな時間です。ザンネン(@@)

  7. このみ on 2019年3月18日 at 6:37 AM :

    めぐみのおおきみのつぶやき。。。。
    いまだに色褪せぬ恋に驚きを隠せないワタクシでございます。。。
    私たち夫婦は出会いから36年のときを経ていまや化石と成り果てておりまする。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2019年3月18日 at 8:05 AM :

      恙なき36年間を仲睦まじくお暮らしとのことで何よりと存じます。色には出さずにいても秘めた愛情というものが底辺に大きく流れているからこその今日でありましょう。末永きお幸せを心からお祈り申し上げます♪

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

 

二宮茂男 電子書籍版も配信
ありがとう有り難う
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・138頁
978-4-86044-563-8

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

田辺進水 電子書籍版も配信
一本の道
定価(税込): 2,057 円
四六版ハードカバー・函・190頁
4-86044-198

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

川柳漫遊記 勢藤 潤 電子書籍版も配信
川柳漫遊記
定価: 1,296円
四六判ハードカバー・162頁
ISBN978-4-86044-567-6

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K