Loading...Loading...

月の満ち欠けについて

月と地球と太陽を紙に書いて

きちんと説明することが 出来ません

 

満月と三日月はわかっても

上弦と下弦の見分けなどつくものですか

名にし負わば かぐや姫めぐみ

 

奈良時代の頃に中国からやって来て

広まっていった柿の実のびっくり甘さは

法隆寺の鐘が鳴るたび思い出されるという ある句の仮説

 

 ♪ダーリンラムネを買ってきて

二人で飲みましょ散歩道

      月が昇るまで~♫ (JITTERIN’JINN)

 

これが今日の夕方のお散歩の 鼻歌 BGM でした

 

柿食えば分けてあげたき人のあり   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 柿食えば”にコメントをどうぞ

  1. AKK on 2018年10月29日 at 1:16 PM :

     柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 さて誰の作だったかな、そこから JITTERIN’JINN の”にちようび”まで、どんな幅の広さですか!ラムネと散歩道?でもいい感じ。
     月はね、説明できますよ。でもね、科学的な月よりも文学的な月のほうがめぐみさんにはお似合いかな。ひむがしののにかぎろひのたつみえて、、が満月の位置関係。上弦の月だったね久しぶりだね月見るなんて、のシチュエーションが夕方の左が欠けた上弦の月の説明って、どこが科学的なんだか。

    • めぐみ on 2018年10月29日 at 8:51 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      理系のようで文系のようなお話の楽しさに引き込まれてしまいますね。月の満ち欠けについては難しくて悩みました‥‥やっと少し分かってきたような気がしているところです。自分のこともよく分からないのに大きな天体の法則なんて!?
      最近は走るより歩く時間の方が多いのですが、お散歩もなかなか良いものですね。ラムネを飲みながら〜いつか実現しますように。
      今週は秋も深まる予報ですね。AKKさんにとっても爽やかな毎日でありますように。いつもありがとうございます。

  2. このみ on 2018年10月30日 at 5:55 AM :

    おはようございます
    写真の月に反応しています。
    私は朝や昼残っている月を見ると無性に興奮してしまいます。
    夜も月を発見するだけで異常な盛り上がり。(タヌキか)
    かぐや姫さまではありませんが、何故か月の磁力に惹かれるワタクシです。

    マガジンの課題、2冊分あったのですが昨日の午前中に全部書いて送りました。
    また一番乗りかしら~~~。笑
    集中する時間はとても楽しいです。内容は聞かないでください。自己満足のみですので。
    1月号?一句でも入ってればラッキーかな?
    私は自分が楽しむだけの句しか書かないので評価はあまり得られないタイプだと思います。
    でもあまり気になりません。

    • めぐみ on 2018年10月30日 at 8:09 AM :

      このみさん、おはようございます。
      月のパワーは体と心の深いところに直接働きかけてくるみたい。だから動物も満月に変身したり、いろいろあるのでしょうね。満月が上がってくるところも、昼の月の佇まいにも見とれてしまいます。
      それにしても二冊分提出完了って信じられません〜。このみさんは一体どれだけ心の引き出しに川柳のタネをお持ちなのかしらと羨ましい限りです。私もせめて締め切りには余裕を持って出したいと思います。何よりも自分が楽しむ自分で納得できたらそれ以上はありませんよね。
      今日も秋晴れの一日になりそうです。気持ちよくお過ごしくださいね。今朝もありがとうございます。

  3. 二宮 茂男 on 2018年10月30日 at 8:08 AM :

    恵みさん おはようございます。子規の真似をするわけではないですか柿が大好きです。昨日もスーパーで1個100円のを買ってきましたらおいしかった。ところで、このシーズン、10円玉の平等院鳳凰堂から「ぼたん」の長谷寺へのハイキングコースがあり、京都時代に二度ほど訪ねましたが途中柿の大木が並んでいる街道がありました。どのようにして収穫するのか案じながら歩きましたが、無人売り場で買った柿はことさらにおいしかったです。懐かしい思い出の1つです。

    • めぐみ on 2018年10月30日 at 9:21 AM :

      茂男さん、おはようございます。
      柿は日本で生まれて、国の果物「国果」でもあると聞きました。茂男さんも正岡子規と好みが似ているのですね。京都での散策風景には柿の木もお似合い。素敵な思い出ですね。
      ところで、川柳マガジン11月号の67ページ句集燦々に茂男さんの句集「ありがとう有り難う」がありました。松橋帆波さんの紹介がとても心に響きました。人間の理を見つめ、感謝を絶やさない人物が持つ、強さと深さに感銘を覚える。茂男さんの魅力の秘密が少し覗けたような気がいたしました。
      柿の木も空に映える季節。健やかに美味しい秋をお過ごしくださいね。今日もありがとうございます。

  4. 春爺 on 2018年10月30日 at 9:06 AM :

    おはようございます。
    遠景に見えるのは、宵の明星でしょうか・・・

    柿といえば吊るし柿を今年も64個つくりました。
    春ばあが剥き係り、それを急かせて吊るします。
    素っ裸の柿に焼酎で霧吹きシャワーして完了です。
    きょうで四日目適度な風といっぱいの陽射しで柿たちもゴキゲン。
    べっ甲色になれ成れ~

    あらゆる分野に優れていてしかも投稿早ヤッ~のこのみさん裏山椎茸です。
    おめでとうございます。

    • めぐみ on 2018年10月30日 at 9:29 AM :

      春爺さん、おはようございます。
      自家製干し柿まで作られるんですね♪ 一つずつ向いて吊るす手間も大変でしょうが、これはきっと素晴らしく甘くて美味しいことでしょう。実は最近干し柿が気になっているのです。栄養価も高いし繊維質もたっぷり。お菓子よりも体に良いだろうと思うのですが、やはり値段もそれなりでなかなか買えません。それを自分で作ってしまうなんて!? 日々の暮らしを丁寧に愛おしみながら大切に過ごすってこういうことなんだと思います。完成までには何日ぐらいかかるのでしょう。毎日成長してゆく色やツヤの変化も楽しみですね。美しく輝く飴色になりますように。想像しただけで美味しい気分を味わいました。ごちそうさまでした^^
      素っ裸の柿が焼酎シャワーを浴びる様もなんだか愉快でたまりませんね。楽しい朝をありがとうございます。

  5. このみ on 2018年10月30日 at 1:45 PM :

    こんにちは
    春さん、お久しぶりです。やっほ~~♪
    なんて贅沢な日々をお暮しなんでしょう!!ただただため息です。いいな~~。

    ところで本日、陽子さんのとこから「つばさ」が届き、「入来温泉わくわく川柳大会」の発表があっていましたよ♪
    めぐみさんも春さんもいっぱい載っていました。おめでとうございます!
    私はいつ米俵の件で連絡があるのかしらとドキドキしながら待っていましたが(おめでたい)
    かろうじて陽子さん選で一句ひっかかっていました~~。
    あ、いそちゃんの句もありましたよ。おめでとう♪

    あらゆる分野に優れているはずのない、早打ちマックからのお知らせでした。

    • めぐみ on 2018年10月30日 at 3:37 PM :

      このみさん、つばさの速報をありがとう♪
      こちらに届いたらじっくり読ませていただきます。楽しみです。同じお題で何回も続くのは、参加するのもかなりハードル高くなってきますね〜(@@)

  6. 太陽の陽子 on 2018年11月1日 at 4:13 PM :

    こんにちは。ご無沙汰しています。
    皆さん、温泉川柳へのご参加、ありがとうございました。
    お陰様で今回も無事に終了いたしました。
    全国から200名もの方がご参加くださるなんて、感謝の一言に尽きます。
    皆様お一人お一人のおかげさまです。ありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    • めぐみ on 2018年11月1日 at 5:30 PM :

      太陽の陽子さん、こんにちは。
      温泉川柳は今回も盛会でおめでとうございます。陽子さんをはじめスタッフのみなさまの熱意が実りました。一歩ずつ来年に繋がってくれるといいですね。何とか新しい切り口で参加できたらいいなと思います。同じお題で毎年というのはかなり難しいですが、さすがに川柳作家さんたちはすごいな〜といつも思います。発表誌を楽しみにしています♪
      ところで、陽子さんのブログでの毎日一句は題材も多彩で楽しいですね。推敲まで見せてくださって、なるほど〜と思うことしきり。勉強になります。
      これからも全国的にご活躍くださいね。ありがとうございます。

  7. 太陽の陽子 on 2018年11月1日 at 11:05 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    同じ題で毎年・・・主催者も参加者も頑張りどころだと思っています。
    今後ともよろしくお願いいたします。

    ところで拙ブログ。全世界に恥を発信する覚悟でやっています。
    とにもかくにも、初心の方にのお役に立てたらの思いです。
    春さんの訪問が嬉しい、ここ数回です。

    • めぐみ on 2018年11月2日 at 5:24 AM :

      作品作りへの真摯な姿勢を感じます。
      背筋の伸びる思いがします。
      裏も表も見せちゃいますという覚悟は
      見習わなくてはいけませんね‥‥♪
      芸術の秋をますます楽しく過ごせますように。

  8. 竹内いそこ on 2018年11月1日 at 11:14 PM :

     こんばんわ めぐみさん
      秋の野原に柿の木が一本。
      何かを語りかけているのか、
      それとも、この木は渋柿でしょうか?甘柿でしょうか?なんて心理テストのように、こちらの性格判断をされてしまうのかな・・・・

      入来わくわく温泉川柳でもこのみさん、めぐみさんと一緒に入選になっていて嬉しかったです。
     そして、陽子さん また今回もお世話になりました。
     このみさん、本名でしたね。麦さんを探していて読み飛ばしてしまっていて、あとから気づいてあ~このみさん発見! となりました。

     このように、一緒に入選出来て良かったね、と言っていながら、私たちは一度も実際にはお目にかかったことがないんですね。それに気付いてかえって意外な思いでした。
     もう何回も女子会したような気になっていたもので。
     でも、NHK国立とか、卑弥呼の里とかの大会でいきなり出会ったとして、絶対わかるような気がします。初対面ではない温度を感じて側によって行くような気がする。
     (なんて、私の顔は二人ともわかっているんでしたね)

    • めぐみ on 2018年11月2日 at 5:33 AM :

      いそこさん、おはようございます。
      柿の木を見ると、まずは甘いのかしら渋いのかしらと思います。それでも春さんのように手をかけて心をかけて干し柿に変身させることができるなら、どの柿もお宝がいっぱいということなんですね。普通は庭先にありますが、これは珍しく畑の脇に一本。でもきっとどなたかの持ち物なのでしょう。眺めるだけで通り過ぎたのでした。ザンネン〜。ちなみに私はどれもこれも甘い柿に見えてしまいます。根っこが楽観主義なのでしょうか。
      いそこさんはお着物でなくても分かるかもしれません。きっとテレパシーを感じることでしょう。想像するだけでワクワクですね♪
      週末にたどり着きました。今日も恙無い一日でありますように。いつもありがとうございます。

  9. このみ on 2018年11月2日 at 5:50 AM :

    おはようございます
    柿の木を見るたび民話を感じます。
    でも遠くから見るだけです。果物もさほど好きなほうではありませんし、柿にはちょっとつらい想いもあるので。でも遠くから見るのは嫌いではありません。

    いそこさん
    私は誌上大会などでは基本本名なんですよ~~。
    これまで100は使った様々のネームですが、今は5つくらいに落ち着いています。笑

    • めぐみ on 2018年11月2日 at 6:59 AM :

      幾つものお顔の分だけ、このみさんは想像力も豊かなのですね。
      そう言われると柿は民話にはお似合いの風情。
      昔の人もこの木を見てお話を思いついたのかしら。 
      私は食べることに気持ちが行ってしまっておりました(@@)

  10. 夢香 on 2018年11月5日 at 6:25 PM :

    めぐみさん、こんばんは。
    静かな秋の夜になりました。
    にぎやかなお祭りの後ー心にぽっかり穴が開いた状態です。
    あの喧騒はどこへ行ったのでしょうか?
    また来年を楽しみに待つことにいたします♡

    柿食えばそばでカラスも狙ってる

    • めぐみ on 2018年11月6日 at 5:41 AM :

      夢香さん、おはようございます。
      みんながんばっていい試合を見せてくれました。でもプロだから結果もほしいところです。この悔しさは来年へのエネルギーになるのでしょう。お祭りの後、ホントにそんな感じですね。
      実力だけでなくて流れとか風向きとかそんなものまで関係してくるから難しいと思います。それも力の一部かもしれませんけれど‥‥。
      夢香さんのお山には柿の木もあるのかしら。だったら秋のお楽しみが増えますね。美味しい秋をお過ごしくださいね。今日もありがとうございます。

      カラスにも分けてあげよう少しなら

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K