Loading...Loading...

カウントダウンが始まりました

私はサンタクロースを信じています
だって 心から信じている人のところには
ちゃんと来てくれるはずですよね

贈り物をするには何よりのチャンスです
何でもない日にリボンのかかった箱など持ち歩くのは
思いのほか勇気がいります
それに 自分がサンタさんになる喜びもありますから

机の上に一年中置いてあるクリスマス
ガラスの中に雪が降る丸い小さなスノードーム
聖なる夜にはこんな世界に閉じ込められてみたいものです

現実の世界はどうでしょうか
青い大気圏からは勝手に飛び出せないし
外国へといっても地図の線を越えるだけです
みんなここで暮らしてる 地球というドームの中に住んでいる
やっぱりここが私のふるさとなんですね

この町をふるさとにする心意気   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 聖夜”にコメントをどうぞ

  1. LOVE on 2011年11月26日 at 5:57 AM :

    私たちは『地球というドームの中に住んでいる』んですね

    もし大気圏を超えて良いと 自由にされたら
    こまってしまいそうです

    宇宙の大きさに向き合えるくらいの自分になってから

    飛び出してみたいと思います ^^♪♫

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月26日 at 10:26 AM :

      人はおっきな宇宙の中でこんなにもちっちゃな存在
      でもその宇宙さえ自分の中にイメージできるほどの
      心のキャパシティを持っているのだと思います

      飛び出してくださいね
      上下 前後 左右 そしてもうひとつの次元
      未来へ・・・!

  2. このみ on 2011年11月26日 at 8:31 AM :

    そういえば
    サンタさんからお手紙をもらえるという企画にお願いして子どもたちにお手紙をいただいたことがありました
    子どもたちより私のほうが興奮してしっかりアルバムに収めましたっけ。。。

    あまり記念日にいろいろイベントをしないわが家ですが(結婚記念日さえ「あ、そう」という感じ)上の子が小さい頃はけっこうきばって何らかの行事をしていたように思います。
    そのせいか上の子は記念日にそれにあった企画をたてるのが大好きで、何年かたって出すのが面倒くさくなった私のかわりに7段飾りのお雛様を大切に出してはしまい、菱もちの三色も、よもぎや桃色は何だったかしらん?も自分で工夫して作り(ババロア風)飾っていましたね。(母ボーゼン。。。。。)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月26日 at 10:41 AM :

      我が家にはお風呂の細い煙突しかありませんが
      ♪し~ろいお~ひげのおじいさん さ~んたじいさん まだこない〜♫
      大きな声で何度も子どもたちが歌うとコトリと音がして
      雨戸の外やお風呂のふたの上にプレゼントが・・・

      大よろこびの子どもたち
      そしてもっともっとよろこぶ私たちでした めでたしめでたし

  3. いそこ on 2011年11月26日 at 9:25 AM :

    地球というドームの中に住んでいる・・・・めぐみさんすごい!
    壮大なふるさと観ですね。そうなんだなあ。古川さん帰還のニュースを見ながら、地球は一つという発想にいたらなかった自分がちょっと残念。
     クリスマスはまずケーキを注文することから始まります。そして、いやもうそれだけか。子供が成人してしまったからプレゼントという儀式は自然消滅。今年はなにかしようかな。

     寝たふりをする子にサンタ救われる   いそこ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月26日 at 11:02 AM :

      クリスマスイブのあたたかいお部屋の様子が
      伝わってくるような句ですね   好きだなぁ
      今年もたくさんのサンタさんが活躍することでしょう
      自分への贈り物も忘れずに用意しなくては

      ニュース 私も見ていました
      地球というベースがあるからこその宇宙船
      人間はどこまで行かれるのかな

  4. AKK on 2011年11月27日 at 6:23 PM :

    今までに二回 サンタクロースに会った事があります。
    教会の幼稚園のクリスマス会に来ました。
    もう一度はプレゼントを家まで届けに来てくれました。
    そのトランプはいつも見ていたガラスのウィンドウのある
    本屋さんの包み紙でしたが、本屋さんの誰かの変装だなんて
    今でも決して思ってはいません。
    サンタさんはめぐみさんのように心から信じるもので
    眠ったふりをして救ってあげるものですよね、いそこさん。

    まだ少し早いのですが

    めぐみさん
    いそこさん
    このみさん
    LOVE さん

    I wish you a merry Christmas!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月28日 at 6:59 AM :

      誰よりも早くにメリークリスマスをいただきました
      AKK さん どうもありがとう!
      ここへ来てくれるすべての人に届きますように

      今年もサンタさんに会えるといいですね・・・

    • いそこ on 2011年11月28日 at 9:43 PM :

      AKKさま 私にまでありがとうございます。これからクリスマスシーズンに入るのですね.昔、旅行中にアメリカの田舎町のホテルで見たテレビのCMを思い出しました。 クリスマスの夜トナカイの引いているサンタの橇が雪にはまって四苦八苦。気配に気がついたパブのお客全員が、橇の後ろから掛け声をかけて轍から押し出して、無事にトナカイと橇は空へ。パブのお客全員の手にはいつの間にかビールのグラスがあり、小さくなった橇に向かって乾杯!ホッホッホ というサンタの笑い声で終わるのです。AKKさんも皆さんも楽しいクリスマスシーズンを!I wish・・・・
       

  5. このみ on 2011年11月27日 at 7:50 PM :

    AKKさん
    私にまでメリークリスマスありがとうございます♪
    コメンテーターの皆さんにも♪
    何かいきなり輪が広がった感じでハッピーな気持ちです

    AKKさんのコメを読んで思い出したのですが

    上の子が幼稚園のとき園にサンタさんが来てくれました
    やせた小さなしなびたおじいさんでしたが、子どもたちはびっくり!!!
    活発な男の子たちが何人か外へ飛び出していきました。
    「トナカイを見てくる!!!」と叫んで。
    どうやらトナカイを見つけられなかった男の子たちはしょんぼり戻ってきました
    サンタさんがそのときなんていう返事をしたのか残念ながら忘れてしまいました。。。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月28日 at 7:13 AM :

      コメンテーターのみなさんの輪の中に
      私も仲間に入れて下さい〜〜 

      トナカイを見に行った彼は
      今頃 何を思っているのでしょうね
      子どもには子どもの
      大人には大人の聖夜が待っています

  6. このみ on 2011年11月28日 at 3:31 PM :

    めぐみさま♪

    読書川柳コンクール入選おめでとうございます!

    好きな分野でしたが見事に私はボツでした

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月28日 at 5:32 PM :

      このみさん 速報をありがとうございます
      発表されていたのに気がつきませんでした
      本や読書というテーマは もうすでに
      ずいぶんたくさん詠まれているのでしょうね
      つみあげた本の高さが・・・
      絵本から動物を出す・・・ 
      という新鮮な視点には感心させられました
      またご一緒に いろいろチャレンジしてみましょう(^^)

  7. このみ on 2011年11月29日 at 7:08 AM :

    図書室の隣はアンの指定席

    2~3年前、カナダの図書館で司書をなさっていらっしゃる日本のアン研究者(すごくおもしろい)が「アン川柳」を小規模で募集されていたことがあり入選に選んでいただいた句です。(ちょいウロオボエ)
    カナダからアンのトートバッグを送っていただき宝物です。
    川柳をやっていると結構いろんなドラマがあって退屈しませんね♪

    ところでNHKBSで「カシャッと一句フォト575」と言う番組があっているのはご存知ですか?
    めぐみさんは写真もとても素敵なのでよかったら応募なさってみてはいかがでしょう?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2011年11月29日 at 9:03 AM :

      アンの指定席   なるほど! いいですね!

      アンのシリーズはおもしろかったですね
      アンの青春 愛情 夢の家 虹の谷 娘リラ・・・
      恐れ多くも等身大の自分がそこに生きているような気がして
      夢中になりました

      ここだけの話 川柳でいただくサプライズギフトも
      楽しみの一つだったりしますね

       

  8. AKK on 2011年11月29日 at 11:42 AM :

    このみさん
    いそこさん
    私にまで Responce ありがとうございます

    コメントはいつも楽しみに拝見しています
    またここでお会いできますように・・・

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation


太秦三猿 電子書籍版も配信
しなやかシニアの川柳図鑑-見て聞いてひと言多い猿となる
定価: 1,512 円
四六判・ソフトカバー・226頁
978-4-86044-471-6

太田紀伊子 電子書籍版も配信
風と組む
定価: 1,851 円
四六判・ハードカバー・224頁
4-86044-068-4

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

太田紀伊子
ユーモア川柳乱魚コレクション
定価: 1,296 円
新書版・ソフトカバー・136頁
ISBN978-4-86044-458-7

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

鈴木順子 電子書籍版も配信
目覚まし時計
定価: 1,080 円
四六判ソフトカバー・162頁
ISBN978-4-86044-615-4

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

川柳の理論と実践 新家完司
川柳の理論と実践
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・326頁
978-4-86044-428-0

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K