Loading...Loading...

じっと見つめていると自分で書いたはずなのに字でないものになりたがる
鉛筆もどうしてそんな形でそこにいるのと問いつめてみたくなる

 

 

 

小さかったころ蟻はもっと大きかったと思う
自分の背が伸びただけでも違って見えるものが
ゆったりと過ごす時には色を加えて見せたり
火急の状況下では形さえも変化自在になる

思いが時を形にするのか
存在が迫って来て認識を確かなものにするのか
変わること無い絶対は探しようも無く
過ぎゆくものを停めることの不可能だけが真実としてある

この世界のすべては私に対して相対的に存在している
速度を持って私が動くときにあらぬ方向も加味されて
対象とのディスタンスにわがままな加速度が加われば
数式は想像以上に複雑になって座標上で客観視できなくなってしまう

 

 

 

 

ひとつだけ不確実な精確さで測定可能な検出機器がある
ひとつだけ不完全な完璧さで表記可能な表示手段を持つ

心 そして 言葉

 

不確かなものを抱えて歩き出す   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 めぐみの相対性理論”にコメントをどうぞ

  1. てじま晩秋 on 2013年12月1日 at 5:51 AM :

    おはようございます。

    ☆ 小さかったころ蟻はもっと大きかったと思う 

    本当ですね。親戚の家の玄関も途中の坂道も…皆みんな!
    僕自身、歳を重ねてきましたが【夢】は小さくしたくないです。
    12月、年末のスタートです。頑張って行きましょう!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月1日 at 6:02 AM :

      晩秋さん、おはようございます。と言ってもまだ外は真っ暗です。新聞配達の人も、寒くて暗い道をバイクに乗って大変なお仕事ですね。
      晩秋さんの夢は ”明日香” として一冊ごとに形を成して着実に積み重ねられてこられて、素晴らしいことだと思います。ページの隅々にまで熱い気持ちが詰まっているように見えます。
      そうですね。もう12月ではなくて年末のスタートですね。晩秋さんもお身体に気をつけてお仕事を楽しむことができますように。朝早くから元気の出るメッセージをありがとうございます。

  2. たかこ on 2013年12月1日 at 7:14 AM :

    めぐみさん おはよ
    心に余裕がないと、言葉は読めてもその言葉の奥まで入ってゆけません。
    今朝も余裕たっぷりでもありませんが、胸の中の私の海が凪いでいるからか、めぐみさんの「詩」がすっと入ってきました。

    今日は、めいばん記念句会にお邪魔します。鈴鹿の大会へは過去11回とも、たくさんの応援を貰っているから、行けるときは行きたいと考えています。

    昨日、危うくセーフになったことがあります。理事会が終わって、夕食後、添削のお仕事全部見直して封筒に入れ、クロネコちゃんに持ち込みました。家に帰りやれやれと思って机の上を見たら、大切な書類が一枚ポツンと残っているではありませんか…。あんなに確かめたのに、知らないうちに焦っていたようです。
    またすぐ車をぶっとばしました。私はおっちょこちょいですが、本当に急ぐときの運転だけはハンドルを慎重に握るというわずかな長所もあって、信号五つやりすごす距離の「ネコちゃん」に無事到着。訳を言うと、受付の女性が、既に発送準備の整ったトラックの中から、封筒を探してきてくれました。本当に間一髪でした。
    閉店ギリギリだったから、あと10分遅かったら東京に向けて発車していたとか…

    これから洗濯物を干して、お化粧をして出かける準備をします。
    心にしみこんでくれためぐみさんの詩の書き出し
    「じっと見つめていると自分で書いたはずなのに字でないものになりたがる
    鉛筆もどうしてそんな形でそこにいるのと問いつめてみたくなる」
    共感です。
    ありがとう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月1日 at 7:29 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      昨日は大切な書類が間に合って良かったです。本当に一足違いで、残念でした明日の発送ですということになってしまいますから。たかこさんは運転がほんとにお上手なんですね。ここぞという時に安全運転のできる人は大丈夫なのだそうです。
      今日はめいばん記念句会なんですね。そちらも青空ですか。句会日和になりそうですね。作品とお友だちといい出会いがあるといいですね。
      字でないものになりたがるものとの出会い、そんな体験を重ねられたら生きている甲斐もありそうです。朝早くからありがとうございます ♪

  3. 二宮茂男 on 2013年12月1日 at 7:52 AM :

    めぐみさん おはようございます。あこがれの詩人の「魂」をちょっと覗かせていただいたような気になりました。「魂」の揺れ、変化、変身が、早く、振幅も大きいのでしょうね。その不確かな「魂」を言葉にする。「魂」を見つめる作業、それを文字に
    する楽しさですね。語彙が豊富で羨ましい。カタカナ語もお得意。時と共に移り変わる「魂」、どれが「真実」の姿か、数式にして、座標軸に置き換えての葛藤ですか。「魂」と「文字」のドラマはとても素敵。今朝も、ひととき、楽しませていただきました。ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月1日 at 8:16 PM :

      茂男さん、こんばんは。 
      戸塚は電車で行くとかなり時間がかかりますね。車なら座っている間に着いてしまうのですが・・・。一人で出かけることは滅多にないので大冒険でした。悪名高き “開かずの踏み切り” にやっと歩道橋ができるみたいですね。例によってあちらこちら様子が変わっていて驚かされました。
      心を言葉にしようと向かい合った時点で、お互いに影響し合って様子が変わってしまうようです。なかなか捕まらないものですね。いつか本当の姿を見せてくれるかしらと楽しみにしています。それまでは旅が続きます。これからも私の道標でいて下さいね。お返事が遅くなってすみませんでした。ありがとうございます。いい夢をみられますように☆

  4. AKK on 2013年12月1日 at 10:52 AM :

    この一両編成は光の速度に近いスピードで走っているようです。少し縮んで見えますね。乗車している人にとっては時間が引き延ばされて、ということになるのでしょう。取手から下館まで走れば、若返っていたということでしょうか。めぐみさんは複線から単線への切り替えの水海道で途中下車、お望みの人生選択、それとも運命というやつですか。

    可逆ではないと多くの人が言い切っている時間を、丸いものの中に閉込めてしまったのはだれでしょう。行ったきり矢のように飛ぶはずの時間が、どの時計もコチコチと始めに戻ってきますよね。少しばかり安心して毎日を暮らしていけるのは、時計さんのおかげかもしれません。

    物理学と哲学がだんだん近づいて来て、この世の真理を見つけたとしても、不確実な心と不完全な言葉で森羅万象を捉え、精確完璧をめざすのがめぐみさんの作家としての姿勢と受け止めました。
    うん、楽しみ!

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月1日 at 8:30 PM :

      AKKさん、こんばんは。
      珍しく外出していて遅くなりました。帰りは水海道下車です。自分の意志でのようでいて何か大きな力に導かれていてそれに従うことで最終的には幸福駅に到着する予定です。
      作家としての姿勢を言葉にすると立派ですね。確かに憧れの境地です。生きているうちに少しでも近づけたら川柳に出会った甲斐があるというものです。目標を形にして見せてもらったような気持ちです。ありがとうございます。ますます努力いたします。茂男さんのような立派な先生でさえ「更なる努力を重ねます」とおっしゃいます。私たちがさぼっていては恥ずかしいですね。
      矢のように飛ぶはずの時間が、どの時計もコチコチと始めに戻ってくる・・・大発見です! 時計さんにもありがとうです。朝目が覚めればまた一日が始まるのですね。安心して眠れそうです。AKKさん、今日も読み応えのあるお話をありがとうございます。それではオヤスミナサイ。

  5. さくら草 on 2013年12月1日 at 4:31 PM :

    めぐみさん
    「じゅぴあ」
    性別は聞かぬ産着のたまご色 (めぐみ)入選おめでとうヽ(^。^)ノ
    ブログアップしました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月1日 at 8:35 PM :

      さくら草さん、こんばんは。
      “じゅぴあ” 速報をありがとうございます。明日くらいにはこちらにも届くかな。楽しみです。ブログでの素晴らしすぎるご紹介に恐縮しております (@@)
      ところでじゅぴあってどうしてじゅぴあなんでしょう。考えても答えが出なくて気になっています。もしご存知でしたらお時間のある時に教えて下さいね。それではまたね。

  6. love on 2013年12月2日 at 9:48 AM :

    性別は聞かぬ産着のたまご色

    ほっこりとすてきな句ですね(❍ʻ◡ʻ❍)

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月2日 at 10:16 AM :

      loveさん、ありがとうございます。
      どちらでも健やかに生まれてくれたらそれ以上は何も望みません、
      と最初は思っているのですが、だんだんと望みが増えてくるので困りますね。今しか詠めない一句を、loveさんもぜひ気軽に書き留めて見て下さい。
      子どもたちはどんなに大きくなっても、キューピーさんそっくりだったころの印象があります・・・。

  7. aki on 2013年12月2日 at 11:23 AM :

    メグ、おはよっ♪
    またまた素晴らしい賞に輝いたんですね。
    川柳のことはよくわからないけれど、大賞、しかも2年連続、それがどれだけ凄いことかというくらいの想像はできます。
    本当に自分のことのように嬉しいです。
    来年もその次もステキな作品を発表し続けてね☆☆☆

    このみさんは11ヶ月で370句も入選なんですか!!!
    一体いつ眠っていらっしゃるのでしょう???
    きっと創作意欲もひらめきも優れた方なのでしょうね♪

    メグやこのみさんの記録達成とは全然違って、私の新記録は父とのドライブが今年50回を超えたことです。
    この8年間、毎年増え続けていましたが、昨年の42回を大幅更新でした。
    1年って52週だったよーな・・・f(^_^;)
    市内近郊は私にとってはドライブの内には入らないので、このカウントには含まれていません。
    当然、年間走行距離は驚くような数字になっています。
    文句も言わず、体調も崩さず、ケガもなく、よく働いてくれるクルマに感謝です♪

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月2日 at 1:07 PM :

      akiちゃんも新記録おめでとう!
      そう、1年は52週です。大記録の一番の功労者はakiちゃんの愛車です。お疲れさまです。二番目に偉いのはお元気なお父さまですね。するとakiちゃんのすごいところは・・・親孝行なこと ^^ 見習わないといけないなと思います。
      市内近郊までカウントしたら車に乗っている時間の方が長かったりするかしら。さぞかし乗り心地もいいのでしょうね。大事に手入れをしている証拠ですね、機械は正直だから。いつか福山に行かれることがあったら乗せてもらえたらうれしいな。海を見ながらのドライブは最高ですよね。
      暑くなくて、まだそれほど寒くなくて、ドライブには絶好のシーズンですね。今度はどちらにお出かけでしょう。また楽しいレポートをお待ちしています。遊びに来てくれてありがとう。おめでとうをありがとう。うれしかったです ♪ それではまたね。

      • このみ on 2013年12月2日 at 7:13 PM :

        akiさん、こんばんは♪
        すっごいですね~~~ドライブの回数!!!
        もう日本中を制覇されたのかな?次は海外ですね!
        お父様もパピヨンちゃんもakiさんの運転が大好きなのでしょうね。
        いいなぁ~~3人の旅はきっとハッピーで満ち溢れているのでしょうね!とってもうらやましいです~~~(昔は私も旅が大好きで気づけばいつも旅の空でした)

        自由じゃない代わりに見つけたのが創作と言うわけなんです。
        正確に言うと11ヶ月ではなく13ヶ月ですね~(370作品は)。自分でも数えてみてびっくりしました。大きな賞だけでなく小さなものも含めています。基本的に9時から5時までは一応仕事(自営)なので創作は朝だけくらい。(夜は疲れて脳が働かないしすぐ眠くなるんです)しっかり寝てます~~~笑

        まぁでもここのとこボツ続きだしあまりやる気が起こりません~~~
        私の神通力ももうこの辺で終わりかな~~なんて思ってます。
        でもやめたりはせずに、ゆっくりゆっくり川柳とは手をつないでずっと歩いていけたらいいなと思っています。

        akiさん、これからも楽しい旅の話を聞かせてくださいね!お待ちしています♪

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月2日 at 8:48 PM :

          このみさん、こんばんは。
          自由じゃない代わりに見つけたのが創作というお話は、私も似たような状況なので良く分かります。少しだけ不幸な方がいい作品ができると言った人もいました。神さまはいつも救いを残してくれているんだなぁと思います。川柳とも長くゆっくり付き合えたらいいですよね。夜はしっかり眠って、朝の集中力に磨きをかけましょう。
          心の旅ばかりの私は、このみさんやakiちゃんの旅のお話を聞くだけでワクワクしています。いつも楽しませてもらってありがとう ^^ 今夜もそろそろ眠くなってきました。良い子はオヤスミナサイの時間です zzZ

          • aki on 2013年12月3日 at 12:00 AM :

            メグ、このみさん、こんばんは☆
            良い子じゃないので、今日も夜更かししています!

            先程、何の番組だったか分かりませんでしたが、イカの活き造りが出てました。
            でも透明じゃなかったんですよね …。

            呼子のイカは、とってもキレイに透き通っていました。
            メグにも見せて(食べさせて)あげたいです。
            ねっ、このみさん♪

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 5:34 AM :

            ドライブの楽しみは、景色ももちろんだけど美味しいものとの出会いも忘れてはいけませんね。お魚大好き人間にはたまらないお話です。お魚巡りの旅もいいですね。いつか行きたい所がまた増えてしまいました (+_+)

          • このみ on 2013年12月3日 at 5:36 AM :

            めぐみさん、akiさん、おはようございます
            夜眠るのが早い私は早起き鳥です
            akiさんはまだ夢の中かな~~?
            めぐみさんはもちろん起きていらっしゃるでしょうね 笑

            そうなんです!
            こちらのイカはやはり絶品です!
            日曜や休みの日は呼子への道はイカを食べたい人たちの車でいつも渋滞。呼子には何軒もお店がありますが、中でも一番人気のお店は1時間待つなんていつものこと。それでもたくさんの人たちが美味しいものをめがけてじっと待っているんですよ!すごい根性です。(ほかに空いてる店もあるのに)
            生造りなので、たった今調理されたイカは動いています。だから足を口に入れると吸盤が口の中にくっついて痛いそうです。(さすがにその真似はできない)
            ゲソは揚げてくれるのですがこれがもう絶品中の絶品。味にうるさい人も食べ終わるまではしばらく沈黙です。。。。笑

            私はイカとえびに恋しています。からつくんちではうちのやりかたは1年に一度大ご馳走で仙台から生牡蠣をとりよせます。大きな牡蠣が170個くらいあるんですが2日でなくなります(生で食します。牡蠣剥きもだいぶ上達しました)あとは上質のローストビーフを4,5本焼いてタレも作ります。ほかには刺身の生造りを馴染みの魚屋さんに頼んで、エビフライは私の担当。ほかには柿サラダを作ったりサンドイッチだったりとにかくわが家は女手があるので大助かり。それぞれが適当に作りますね。

            すみません。朝から食道楽の話になってしまいました。akiちゃんのイカの話から(人のせいにしている笑)だから本当にめぐにも食べさせてあげたい!

            すみません。完全に女子会のノリになってますね、ここ。スルーしてくださいませ。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 5:56 AM :

            スルーできる訳がありません、お腹が空いてきました (^o^)

            からつくんちはニュースでも見たことがあるけれど、支える人たちにとっては噂以上に大変なお祭りなんですね。生ガキに海老フライ!もうそれだけで幸せ。牡蠣捌きもお手の物とか。このみさんはお料理も上手なんですね。ローストビーフにタレも手作り!どこで勉強したのですか。一度作ってみたいけれど難しそう・・・と思っているメニューです。
            イカが動いているのはちょっと勇気がいりそうだけど、目で見ても美味しいというところでしょうか。ゲソも絶品でしょうね。このみさんはうらやましい所にお住まいです。口福という言葉の意味に納得した朝です。ごちそうさまでした。文字だけでなくいつかお口でも味わってみたいですね ♪

  8. さくら草 on 2013年12月2日 at 2:40 PM :

    研究熱心なめぐみさんへ
    「じゅぴあ」のじゅは樹木の「じゅ」長寿の「じゅ」「ぴあ」は
    理想郷「ユートピア」のピア
    豊かに楽しく実りある年輪をきざんでいきましょう。
    という意味だそうです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月2日 at 5:11 PM :

      なぁるほど!
      平仮名表記というところもポイントですね
      熟すのじゅ、女神を表すjunoのじゅ、受けるのじゅ・・・
      あれこれ想像が膨らみます
      いい名前ですね
      早速のベストアンサーをありがとうございます (^o^)

  9. エム on 2013年12月2日 at 8:48 PM :

    アイタイのリロン?
    そうさスベテのものを
    ゼッタイとしてそこにあるとオモーから
    自分がチンケになるんだよ

    オレがいるから
    イロンナもんの存在がイミを持つ
    みんなオレのおかげでそこにいられるんだぞ
    木のトケーもイチリョーヘンセーも

    オレがいなけりゃ
    セカイもウチューも何にもない
    それにしてもアリはデッカカッタよね
    いまでもユメで見ることがある

    ところでこれはジマンだけど
    コーコー参年のブツリはにゅーとんりきがく
    100点と95点でイチバンだった *[#∆#*]オシ-
    あのころのオレに会いたいよー 

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 5:44 AM :

      ん?今日のエムはちょっと硬派だね?
      惚れ直しちまったぜ!

      高校3年の物理で100点って
      どういう頭をしていたの
      きっと女子にもモテたでしょう
      物理化学数学のできる男子って
      それだけでスーパーマンに見えたっけ

      俺がいるから世界がある
      俺がいるからいろんなものの存在が意味を持つ
      そうだねホントにその通り
      何もかも自分が生きている間のこと
      無事に目が覚めた今日を大切にしなくちゃと思います
      ゼッタイのものが何か何処かにあるかしら・・・

      • エム on 2013年12月3日 at 4:01 PM :

        たしかに字ってヘンだね
        たとえばさ「ふ」ってナンカイも書いててごらんよ

        ふふふふふ ふふふふふふふ ふふふふふ ワラッテナイ

        これイッタイなに?
        モヨーでもないしミミズでもない

        デモ But シカシ
        おれはもっとコーショー

        字はならべていくとコトバになるんだよね
        コトバをならべていくとココロになるのか
        ココロをならべたらナカヨシってヤツだよ
        ナカヨシを集めたらシアワセマチガイナイ

        ソータイセーリロンでつまずいたんだよ 
        漁師リキガクはドコかにいるサカナ見つけるヤツか  
        それでイッツもアタマイタくなっちゃうんだゾー

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 5:07 PM :

          ふが並んでいるのを眺めていたら
          五七五の数になっていることに気が付きました
          さすがエムだね

          心は言葉にして初めて形になる
          というよりも
          言葉で心が形作られる
          ように私には思えます

          不思議な力
          だから大事にしたい力です

          漁師さんの力学は難しいでしょう
          量子力学となるともっとチンプンカンプン
          だれか優しく解説してくれないかなぁ

          • エム on 2013年12月3日 at 5:49 PM :

            漁師のことはあのアインシュタインでも
            コマッタラシーね

            「そいじゃなにかい、ワシが振り向いたときだけあの月はあそこにあるって言うのか?」だってさ

            あの月って
            めいこがいる
            あの月のことかなぁ

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 8:47 PM :

            ある情報によると、めいこはお月さまで “かぐや姫” としてレコーディングをしているとかしていないとか・・・?

            私が見ていない時にはそこに有るべきものが無くても気になりませんという性格の人には、難しい思考実験のようですね (@@)

  10. 佐藤 千四 on 2013年12月3日 at 1:09 PM :

    こんにちは

    私が小さかったころ時間はもっと大きかったと思う
    夕日はもっと大きかったと思う
    虹の色はもっとはっきりしていたと思う
    あたりの景色の色ももっとはっきりしていたと思う

    70年の間にいったい何が起きたのだろう
    神様 お風邪を召しましたか
    気に要らぬことがあったら早めに教えてください
    地震や大風ではない方法で

    お空のお星さまが動いているのは分かります
    でも地面が動いているのは分かりません
    私が動揺するのはいつでもです
    でも 神様も動揺するのですか

    アインシュタインさんは嫌いです
    わたしの好きなお方は
     それは心と言葉を持っている方です

        お言葉をください心あげましょう

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月3日 at 3:00 PM :

      千四さん、こんにちは。
      地酒を復活させる会も盛況のうちにお開きでしたか。千四さんのフットワークの軽さを羨ましく思います。私は24日に東京へ1日には横浜へ、珍しく二週間続けて外出しただけで体力をかなり消耗しました。もっと普段から体を鍛えないといけないと痛感しました。周りが変わっているのと同じように自分の身体や心も、気がつかないうちに随分と変化してきているのだろうと思います。何もかも昔のままではいられない、ですね。

      私も自分の心と言葉を大切にされる人が好きです。

       一言が心の鍵を開けました  めぐみ

  11. 竹内いそこ on 2013年12月4日 at 8:10 AM :

     おはようございます
    今 私どのキーを押してしまったのか、十行ほど書いていた文章が異次元に迷い込んでしまいました。半年ぐらい経ったら突然「めぐみさん、おはようございます・・・・・」なんて登場するのかも。そのときはびっくりしないでくださいね。
     (相対的)ってあんがいいいかもしれませんよ。
    昔、見つけるたびに悲鳴をあげていたヤモリやクモが今は思い入れをもってみることができる。しっぽの切れた奴に「アンタも苦労しているんだね」って声をかけながら庭掃除をしている自分がいます。
     目が合った!って泣いて逃げていたあの女の子はどこに行ってしまったんでしょうね。形がデカくなってふところも大きくなって、物語をいっぱい見つけることができる、うん、悪くない・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月4日 at 9:10 AM :

      いそこさん、お手数をおかけしました。せっかく書いてもらったお便りが消えてしまって、また書き直してくれたんですね。お〜い、どこ行った〜?・・・返事はありません。どこかで出会ったらちゃんと保管しておきますね。
      私はまだ何においても揺るがない絶対的な基準を持てるほどしっかりしてはいないので、ほとんどのことはお互いさまで成り立っています。おかげさまという方が正しいかも知れません。
      いそこさんは女の子の頃の心を大切にしたまま物語の世界を楽しむ人になっているのですね。歳を重ねることも悪くないですね。お庭にも家の中にもまだ眠っているお話がたくさんあることでしょう。私ももっとお話を探してみたくなりました (^-^)

  12. このみ on 2013年12月5日 at 6:34 AM :

    おはようございます

    めぐみさん
    かもめ舎おめでとうございます♪今月は発表が早かったですね。
    私のほうも12月は連歌で久々に好句に選んでいただいたり冊子に掲載されたり4句ほどの入選がありました♪

    残念なのはどうもクロッチ川柳が突然中止になった模様です。こちらは「孫の力」という雑誌の中の一つの企画だったのですがリニューアルされて新しい本も見てみましたが完全に抹殺されていました。がっかり。大好きな企画でしたのに。これまでの入選のページなども宇宙の果てに飛んでいったみたいですね。
    ここでよく入選されていた優子さんというネットの中の友人のブラックな川柳がかなり好きだったのでもう見れないのかと思うとより残念でたまりません。
    スタッフの方ってこういうのあまり気にされてないのかな~。投稿も少なかったのかもしれませんね。まぁ残念ですがこれまで楽しませていただいたのであきらめますけど。

    サテサテ12月ですけど景気は一向によくならずこれからどんな未来が待ってるのかしらんと思うと空恐ろしいですが、先のことをあまりあれこれ悔やんでも仕方がないので一日をがんばって生きることにします。

    あ、それはそうと例の数学川柳が(短歌も俳句もあります)始まりましたよ。1月末まで募集中です。投稿数に限りが無いので思いつくまま投稿できます。まだエンジンがかかりませんが、1月末まではこちらで充分楽しめそう♪めぐみさん、いそこさん、ほかの皆様もぜひチャレンジなさってみてはいかがでしょう。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年12月5日 at 6:57 AM :

      このみさん、ありがとうございます。
      入選速報、うれしかった。レアな情報、早速メモしました。そう言えば川柳は五七五、素数の世界なんですね。改めて数学との繋がりを感じたりしています。
      クロッチ終了は残念でした。あの黒猫ちゃんは個性的で良かったのにね。また新しいチャレンジコーナーが出てくることでしょう。
      このみさんの12月もうれしいお知らせでスタートとのこと、何よりです。現実はすごく厳しいけれど少しでも心を遊ばせて過ごしたいなぁと思います。何よりも身体には気をつけて下さいね。お互いにあまり無理のきかないお年頃に近づいてきています・・・。休むことも一生懸命やりましょう。くまのプーさんみたいにね (^-^)

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation



新家完司 電子書籍版も配信
令和元年
定価: 1,100 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-998-8

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

にのみやしげお
この指にとまって幸せだったかい
定価: 1,080 円
A5変形版ソフトカバー・106頁
4-86044-222

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

尾藤一泉 配信予告
鶴彬の川柳と叫び
定価: 1,080 円
新書版・ソフトカバー・96頁
ISBN978-4-86044-384-9

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

星屑の方舟 山本由宇呆
星屑の方舟
定価: 1,296円
四六判・ソフトカバー・186頁
978-4-86044-461-7

江畑哲男・台湾川柳会
近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集
定価: 1,944 円
四六判・ソフトカバー・270頁
978-4-86044-557-7

たむらあきこ 電子書籍版も配信
川柳集2010年
定価(税込): 1,404 円
四六版・ソフトカバー・126頁
978-4-86044-390-0

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K