Loading...Loading...

「ぼくはおおきくなったらおかあさんとけっこんする」
息子は二人とも間違いなくそう言いました
「わたしはおおきくなったらおとうさんとけっこんする」
娘がお父さんを見つめてそう言っていたのも事実です
文書として残っている訳ではないので物的証拠はありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なぜおとうさんとけっこんしたの?」
「おとうさんとけっこんしたらぼくとはけっこんできない?」
きっと意味も分からず不思議なことだったのでしょうね
大人にとっても結局良くは分からないことなのかも知れません

 

少し大きくなってからは真顔で何か聞きたいようなこともありました
きっと意中の人でもいてとても気になることだったのでしょう

 

ところで実は
私の頭の中のビデオテープには
出会いから結婚そしてそれからが克明に記録されています
モニターに映し出すことは出来ませんが
自動でも手動でも繰り返して再生可能です
そこでいいことを思いつきました
そうです
編集です
辛かったことや孤独や見せてはいけないシーンはカットして
大作長編恋愛映画みたいにつなぎ合わせるのです

 

編集の済んだビデオを子に渡すパパとママとのラブストーリー

 

いい考えでしょう
なんなら
子どもたちにというより私のためにそうすることにしましょうか
笑いあり涙ありドキドキしっとりふんだんにロマンチックシーン
美男と美女で思いっきりのハッピーエンドに向けてということで
いつでもどこでも心のスクリーンで公開中にしておけますものね

 

 

永遠の恋人としてキャスティング   めぐみ



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 こんやく”にコメントをどうぞ

  1. 思考 on 2013年8月28日 at 8:34 AM :

    子どもの頃は結婚なんて考えたことが無かった。
    私は4番目で後五人が居る。最後に女の子の9人兄弟。
    後ろ3人は叔父と母親の子。
    汗臭い 乳臭い母親をみんなで取り囲んでいた。
    兄弟喧嘩をしながら。戦中から戦後の頃。
    そして今私の孫が6人。小5の男の子が夏休みの追い込みである。
    結婚のことを考えているか話したことは無い。

        「絵日記に増える図書館道中記」   思考
    市営のバスの乗継が楽しそうです。これもロマンス?

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 9:12 AM :

      思考さん、おはようございます。
      本日一番最初のお客さまです。いらっしゃいませ。

      大勢の家族で一緒に暮らした記憶は、時間が経つほどに色や形を変えてくるような気がします。9人兄弟の4番目という立場も色々と大変ですね。歳下からは頼りにされて年上からは子どもに見られて・・・? 心許せる間柄だからこそのあれこれも、いつか懐かしく思い返せるといいなと思います。

      夏休みの図書館は混み合いますね。学習室ばかりでなく、涼しくて座れるので、避暑地としても人気があります。何より時間無制限がうれしいです。

      市営バスは乗継が便利だと活用できますね。田舎ではまず本数が少ないし必要な所には行っていないしということで、ロマンスの舞台には難しそうです。ザンネン。

  2. 佐藤 千四 on 2013年8月28日 at 9:31 AM :

    おはようございます。
     温かいご家庭が目に見えるようです。
    私なんぞは子供達に「お母さんのを大事にして」と抗議を受けました。私にはめぐみさんのような経験はありません。
     先日高校生の孫娘に「愛している」といったら、ややあって「フーム。なるほど。分かる」なんてかわされました。
     後日同じことを小学1年生の孫娘に言いました。すると「お母さ~ん、じいちゃんなんか変だよ~」

          知恵ついて愛と好きとを使い分け

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 10:00 AM :

      千四さん、おはようございます。
      笑ってしまいました。楽しいご家庭が目に見えるようです。高校生のお孫さん、大人の対応ですね。ボーイフレンドがいても余計な心配は要りませんね。小学生のお孫さんも千四さんと仲良しなんですね。改めて告白されて戸惑っている様子が良く分かります。と言うより意味が分からなかったのかな・・・。

      子どもたちの前では、キライという言葉をなるべく使わないようにして過ごしました。だから幼稚園に行くまでは親や物に対してキライと言ったりしない、いい子でした。集団生活を経験した途端です。イヤ!嫌い!ダメ!やだ! などなど日本語のボキャブラリーが増えてしまって面倒なことになりました。知恵がつくのも善し悪しですね。でも厳しい世の中を生き抜くためには、言葉の武器も多少は必要悪なのかもしれません。

  3. このみ on 2013年8月28日 at 10:48 AM :

    おはようございます
    出ずっぱりなので少しは自粛しようと思っていたのですが、めぐみさんのコメを見て少し書きたくなりました

    嫁ぎ先で私は嫌われる嫁でした。価値観があわず夫の家族とこれ以上あわせることができないのなら一緒にいるのは無理かもしれない、私が生かされないと思い始めていました。
    長女は結婚2年5ヶ月目で生まれました。
    それはもう夫の家族の喜びようと言ったら。。。。。
    それはちょっと想定外でした
    嫁は憎くとも孫は可愛いというところなのでしょうね。
    私自身も自分の子どもを持ったことでものの見方が180度変わりました。
    こんなに素敵なことがあるなんて!これまでの自分のやっていたことがすべて色あせて見えました。
    夫の家族への感謝の気持ちが湧いてきて、私自身の感情はともかく子どもたちには絶対に彼らの悪口は言うまいと胸に刻みました。それどころかみんなが居るからあなたたちがちゃんと暮らしていけるんだよと言うことをさりげなくいつも言っておきました。おかげで彼らは謙虚で大人をなめたりせず尊敬するいい子に育ったと思います。
    もちろん嫁姑の仲が改善されたわけではなく、私自身は自分を半分ごまかしながらやり過ごしていることも多かったのですが(まぁそれ以前に彼らが私を我慢していたほうが数倍多かったでしょうね)
    ある日、どうにも我慢がならないことがあり、私はつい禁句を言ってしまいそうになりました。そのとき娘は3歳くらいだったのですが
    「おばあちゃんって、ひどいんだよ。。。」
    娘はいつもと違う私の気配に気づいたようで、すぐさまこういったのです。
    「○○子、おばあちゃん、だぁ~~~~すき!!」
    私はハッとして次の言葉を飲み込みました。目からうろこが落ちました。3歳のわが子に教えられたのです。
    大家族で暮らす娘は生まれながらにしてその場の空気を即呑み込む性格に育ってました。
    この娘の言葉で私は義母の悪口を言わずに済んだのでした。今でも感謝しています。

    こうして反面教師の母親は子どもたちに教わることばっかしで年をとっていくのでした。
    長くなってすみません。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 12:50 PM :

      このみさん、偉いです。
      子どもたちに教わることばっかしで年をとっていく、と言葉で言えるなんて。逆だったら鼻持ちならない・・・。私もこのみさんと環境があまりに似ているので、分かりすぎるほど分かります。娘さんは大家族で育って良かったですね。優しい気配りのできるお嬢さんなのでしょうね。お母さんの苦労も何もかもちゃんと分かってくれていると思います。そして自分が母親になった時にまた改めて心から理解して。何もかも順番なんですね。

      今になって思えば、この歳この立場になって初めて気がつく事がたくさんあります。その上みんな自分とは違う人間なのだから考える事もそれぞれ。決まった良い方法なんてある訳が無い。と半分は諦めの境地でもありますが、誠意はいつか通じるものと思います。

      みんな大変なのにしっかりやっているなぁ、と周りの家庭をみてはいつも感心します。私もしっかりしなくちゃと思います。でも、たまには2時間ほどの家出もいいかな。

      長くても何度でもいつでも遊びに来て下さいね。このみさんの声を聞くと元気が出ます。24時間態勢でお待ちしています ♡

    • エム on 2013年8月28日 at 3:21 PM :

      このみさん
      スゴイエライサイコウステキカシコイヒカッテルミゴトイチバン
      こンつぎオヨメにいくときはオレのとこにするか?

      • このみ on 2013年8月28日 at 6:49 PM :

        あちょ~~~~(なんという形容!?)
        エム、私を褒めてくれてるの!?
        わぁ~~~ありがとう♪めったに人から褒められることなんてないからなんか照れるな~~~。でもありがとね♪
        悪いけどあたしゃオンボロ嫁だよ。もう二度と結婚する気なんざございません。

        めぐみさん
        3時間半の家出をしてきましたよ~~~♪
        とはいえ今日は休みの日だったのですが。
        例の音楽会、夏休み企画と言うことで昼の部のほうへ行ってきました。
        主人はどうしても行きたくないというので私も今回はパスしようかな~と思ったのですが、ふと思いついて友人に電話をかけたら一緒に行ってくれることになって。
        今日は豪華でした~~。
        子供向けに「動物の謝肉祭」だったのですが、トトロやもののけ姫も演奏してくれました。そして「ボレロ」!!!すっばらしかったです。
        ヴァイオリン2つ、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、クラリネット、パーカッション、そしてピアノ2台と言う総勢10名の迫力ある室内楽。目が覚めるようでした。
        今日は昼間だったので硝子の向こうの海もばっちり見えて、素晴らしいシチュエーション。
        音楽界の後はいつものディナーをいただいて帰ってきました。
        う~~~ん。。。現実は不景気で気がめいることばっかしですけど、しばしの心の洗濯でした。

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 8:34 PM :

          このみさん、よかったね〜♪
          会場を満たす音楽は総勢10名の迫力ある室内楽。硝子の向こう側には海が望めて、そして豪華なディナー・・・夢みたい! 普通の洋服で行っていいのかしら。そんな素敵な楽しみが一年に何度かでもあったら、他の日は何があってもがんばれそうです。それに音楽は、自分で楽器のできる人は尚更引き込まれるものでしょうね。自分ならこう演奏するかなと考えたりして、聴き方も深いものになりそうな気がします。お話を聞いていて私も楽しくなりました。

          BGMにラヴェルのボレロを流しています。どこか胸騒ぎのするようなメロディーに規則正しいスネアドラム、音楽に酔ってしまいそうですね。

          子どもが小さかったころに市の主催のクリスマスコンサートに一度だけ行ったことがあります。もちろん無料。小さなお部屋で楽器も三つだけ。それでも最前列で目の前から聴こえる生の音が優しくて楽しかった。なかなか機会がありませんが、生演奏はホントにいいものですね。またいつか行きたいな。

  4. たかこ on 2013年8月28日 at 11:27 AM :

    私も今日は自粛しようと心に決めていましたが…
    仕事から帰ると、身体を休めるためにブログをひとめぐり。これが効く。

    このみさんとは違う路線で。
    実は、夫は結婚前に私が出した手紙を結婚式前に全部燃やしたそうです。私はお嫁入り道具の中にきちんと全部持ってきたというのに。
    なんで燃やしたのと聞いたら「新しい生活のため」だって。わけ分かりません。
    その夫は、姪っ子にものすごく好かれていました。26歳のとき8歳だったのですが、たぶん私はライバルだったのでしょうね。

    めぐみさんの5日置きの「めぐみ劇場」は、次はどんなプログラムかしらととてもわくわくします。
    いちばん前の席に、やさしそうな男性陣。ずらりと従えて今日も幕が開きましたね。パチパチパチ

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 2:02 PM :

      たかこさん、こんにちは。
      この陽気の中での自転車は厳しいですね。走っている間は多少は風を感じても、止まったとたんに・・・。気持ちのよいサイクリング日和はもう少し先でしょうか。

      たかこさんの旦那さまは新しい生活のために一大決心だったのです。男気を感じるのは私だけでしょうか。小さな姪っ子さんは人間の魅力の本質を見抜く力を持っていましたね。似た者夫婦ということなんでしょうね。

      次はどんなプログラムかしらととてもわくわくします、の一行でホントに幸せな日になりました。一回入魂、は大袈裟ですが、無い知恵を絞るのは至難の業です。心を込めて今回限りといつも不安を抱えながらの更新なので、そう言って下さる人が一人でもいることで、それがたかこさんだということで、とてもうれしくてたまりません。ありがとうございます。そして何かヒントがあったらこっそり教えてもらえるともっとうれしい・・・。どうぞよろしくお願いします。

  5. 二宮茂男 on 2013年8月28日 at 1:30 PM :

    めぐみさん、こんにちは、脳内に蓄えた人生ビデオテープの楽しい編集、波瀾万丈の「長編ドキュメント」ですから大変な作業ですね。お子様方へのプレゼントにしても、パパ、ママの宝物にしても、是非、是非、ハッピーエンドにして欲しいですね。読ませていただいているうちに、いつの間にか、「自分自身の物語」へとふくらんでいきました。「長編ドキュメント」の主人公となると、今日一日の足取りも、しっかりしてきますね。我が身に引き寄せて、楽しませていただきました。今日も、ありがとうございます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月28日 at 2:18 PM :

      茂男さん、お帰りなさい。
      ご無事で何よりです。でもお仕事のためにスケジュールを切り上げてのお帰りだとしたら、ちょっぴり心残りですね。箱根はまた訪れる機会もあることでしょう。楽しみは未来に取っておくということにしましょうか。

      茂男さんの物語は、今も毎日輝いていますね。お花も一杯。川柳も一杯。気持ちだけでもそんなお方のお傍にいられるだけで、元気を頂いています。ありがとうございます。

      ビデオテープは劣化するということで、今はDVDに焼き直しがお勧めだそうです。でも写真もそうですが、色褪せるから傷んでくるから却ってイイものもありますよね。人間の場合もそうだといいのに。味が出てきたと褒めてもらえたらいいのに・・・。

  6. 文海胡 on 2013年8月29日 at 10:38 AM :

    ご無沙汰です(いつもですが)

    このみさん、たかこさんに続いて、ワタシもビデオの再生がしたく
    なりました。

    時は昭和。
    バレンタインデーのチョコを買いに行った私は、とあるお店で好きな品を缶詰めに出来るサービスを発見しました。
    あれやこれやと迷いつつ、いくつかのチョコを選び、思いを込めて
    缶詰め作成。当時のカレに渡しました。

    それから二年後。
    田舎の商家に嫁いだワタシは、食器棚の奥になにやら怪しい
    無印の缶詰めがあるのを発見しました。
    開けっ放しの蓋から見えたものは・・・
    一口づつかじったハアト(歯跡デス)が白く変色したチョコの残骸。

    それから30数年。
    ずーっとコノ人の「・・・っぱなし」を追いかけては片付ける日々を続けてます。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月29日 at 12:58 PM :

      文海胡さん、こんにちは!
      思い出してくれてありがとう! 
      幸せな家庭が見えるようです。ドラマチックなお話ですね。ハートならぬハアトのチョコレートですか。それは永久保存版ですね。もったいなくて食べられなかったのですね。でもちゃんと恋が実って今も幸せなら、お片づけライフもまた良きかな ♡

      2月が近づくとチョコレートが目立ちますね。面白いもの変わったもの、自分のために選ぶのも密かなお楽しみです。好きな物を缶詰めに出来るサービスは初耳でした。開けてビックリ、そんな顔を思い描くのも楽しそう。今年もどこかで売り出すかしら。

      今日も明日も明後日も、仲良しのお二人でいて下さいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月29日 at 3:59 PM :

      追伸です。

      センパイは前に出てこい冷蔵庫

      おめでとうございます。
      1215通の中からの入選、たったの5句、スゴイ!
      センパイが楽しいですね。古いとか残り物とか言わずにセンパイという言葉を見つけたのはお手柄だと思いました。リズムも良くて忘れられません。冷蔵庫と丁寧に付き合っていないと出て来ない発想ですね。
      楽しい一句をありがとうございます。

      • 文海胡 on 2013年8月29日 at 4:27 PM :

        めぐみさん、ありがとうございます。
        「センパイ」は、朝ドラ「あまちゃん」を見ていて頭に
        貼り付いていたものと思われます。

        我が家は食器棚からは古い缶詰め、冷蔵庫からは何かのミイラ、
        冷凍庫からも大きな白い塊(怖いのでとかさない)などが出土し
        いずれは石油が出るのでは・・・と期待lじゃない危惧しております。

        • このみ on 2013年8月29日 at 5:24 PM :

          お文さん~~~
          実は私はこのミイラを使って没だったんだけど、自信作だったしくやしかったから別のとこに送りました。
          もしその句が日の目を見てもパクッタんじゃないからよろぴくね。

  7. このみ on 2013年8月29日 at 11:40 AM :

    文海胡さんお久しぶりです
    相変わらず男前で面白すぎる。。。。。。。
    先日の食べもの川柳も入賞おめでとうございます
    吹きましたぞ。

    めぐみさん
    登場のついでに入賞のご報告です~~
    俳句で特選をいただきました♪これはかなりうれしかったです。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月29日 at 1:13 PM :

      このみさん、おめでとう \(^o^)/

      俳句の特選ってさりげなく言っていますが、快挙ですね。ますます冴えていますね。何の大会、どんな作品なんでしょう。気になります。

      それから、食べ物川柳ですか。楽しそうなコンクールですね。こちらものぞいてみたいです。もし時間があったら、詳しく教えてもらえたらうれしいな。

      • このみ on 2013年8月29日 at 1:58 PM :

        以前お知らせした「川柳三昧」の常時募集に入っている「ニコタマ投句」という俳句公募です(かなり下のほうにあります)。毎月募集があるのですが、私は3回目のチャレンジで金的ゲットなので嬉しさひとしおでした♪

        文海胡さんのはやはり川柳三昧の「発表済み」に入っている「ベターホーム食べ物大切川柳」という公募ですよ(今は上から3番目くらい)

        三昧のページに行かれたらすぐわかると思います

        こちらからの公募への参加もめっきり減りましたが、自分の興味あるところへはけっこう熱心にはまってます~~♪

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月29日 at 3:48 PM :

          早速のお知らせをありがとうございます。

          花火師の瞳にベガの映りけり

          改めておめでとうございます。納得の特選句です。スケールが大きいですね。ベガという具体的な名前も効いているのでしょうね。目の前に夜空が広がる、好きな一句です。

          番組はインターネットでも聴けるんですね。うれしい時代になりました。来月もこの調子で、素敵な句を見せて下さいね。

          • 文海胡 on 2013年8月29日 at 4:30 PM :

            このみさん、おひさしぶりです~。
            お元気そうでなにより。
            ムフフ、男前っぷりを誉められると、またまた
            その気になって、近日中にヒゲが生えそうです。

            俳句特選おめでとうございます。
            本当にステキな一句ですね。
            わたしもこんなふうに作りたいっ!

  8. たかこ on 2013年8月30日 at 7:13 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    昨日はひとりばたばた劇を演じてきました。(このことは紀伊子さんのブログに書かせていただきました。よかったらまたご覧くださいね)

    行きの新幹線の中で「川柳マガジン」九月号を読みましたが、めぐみさんが参加されているので興味深く読みました。どれも適切でかつ、めぐみさんらしいコメントでとてもよかったと思いました。
    もう手元にないので(息子にあげました)タイトル忘れちゃいましたが、みなさん、一見の価値ありますよ。

    東京は、相変わらず他人の顔で私を迎えてくれましたが、どこかわくわくさせる都会のイメージが薄れた気がしました。自分に若さがなくなったのかも分かりません。一泊して遊んで帰ろうという気持ちが消えて、とにかく早く家に帰りたかったです。
    でも、息子夫婦と2時間、駅の中のレストランで夕食を一緒にして川柳談義にも花を咲かせることが出来よかったです。
    物価はやはり高いですね。食事の後のコーヒーも、500円とは。
    こちらは食事の後なら190円ですよ。比べてどうする…ですが。

    なにはともあれ、ひとつのイベントが終わりました。ひとつずつ、ひとつずつです。はい

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月30日 at 7:52 AM :

      たかこさん、おはようございます。
      東京はお疲れさまでした。お車の方もとんだアクシデントでしたね。大事でなくてまだ良かったです。走ったりもして?お疲れだったのでしょう。今日はゆっくり、という訳にもいかないかな。息子さんたちも川柳がお好きですか。ゆっくり川柳談義なんてうれしいですね。コーヒーのお値段が高いのは場所代でしょうか。きっとお味もお値段なりに高級だったと思います。

      川柳マガジン9月号の小さな記事に気がついて下さってありがとうございます。”近代川流作家作品合評” で岩井三窓さんの作品についてのコメントでした。淡路獏眠さん、いしがみ鉄さん、小野小野三さん、竹崎たかひろさん、句ノ一さんの仲間に入れていただきました。川柳を作るよりも他人の作品を読むのは難しいものですね。自分の意見をきちんと持ちながら、添削も選句もさらりとこなすたかこさんがますます大きく見えます。何よりも自分の勉強になるかと思ってお引き受けしたものの、一回目だけでこれから先が不安になってきました。なんとか続けられますように。

      新幹線と言えば、リニア新幹線が実用化すれば、たかこさんのところまででもちょっとお出かけ感覚で出かけられそうです。かなり先のお話のようですが。乗り物はどこまで進化するのでしょうね。

      ひとつずつ、一日ずつ、ですね。自分に言い聞かせて、あせらずにゆっくり丁寧に仕事をするようにしたいと思います。朝からうれしいお便りをありがとうございます。

  9. このみ on 2013年8月30日 at 4:57 PM :

    「川柳マガジン」のめぐみさんの記事
    今度ジュンク堂へ行ったらのぞいてみます!
    マガジンも川柳を始めたと同時に5年間購読投稿しましたが今はしておらず、離れてから3年目になるんですね。。。。。いつかまた復活したいと思ってはいるのですが。。。。。

    コメント皆さんが遠慮なさっているようですが、図々しく私は書かせていただきますね。

    思えばまだめぐみさんのエッセイ「こんやく」について何も書いていないことにはたと気づきました。

    長男は幼稚園の頃お弁当のシュウマイがどうしても食べられず先生からお弁当を食べるまでは参加してはダメといわれ、皆が楽しく読みかかせをしてもらっているあいだも部屋のかた隅でひたすらシュウマイと格闘していたそうです。
    「なんだぁ。シュウマイ嫌いなら嫌いって言えばよかったジャン!」
    このお気楽かつ脳天気などうしようもない母親に長男は冷ややかに言い放ちました。
    「あのころは、恐怖そのものでした」

    。。。。。。。。。。。。ぁっそう。。。今更言われてもねぇ。。。
    「あっら~~~、ごめんね~~~!」。。。。。。。。。

    というわけで、わが家の息子たちは二人とも間違ってもお母さんと結婚したいなんてこれっぽっちも脳裏をかすめたことはなかったのでした。
    娘も父親よりはもっと若いのがいいと無意識に思っていたような気配があります。お父さんと結婚したいなんて言葉聞いたことありません。
    でもめぐみさんの家庭ではわかります!
    素敵なお父様にやさしいお母様。お子さんたちは素晴らしい情操教育で育ったことと推察いたします。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 6:07 AM :

      このみさん、おはようございます。
      ジュンク堂が近くにあるなんていいですね。一度池袋の本店に行った時に、本屋さんってこんなにスゴイんだと感動したものです。短いコメントですが36ページを覗いてもらえたらうれしいです。何か気のついたことがあったら教えて下さいね。

      長男さんはたくましいですね。きっとご主人によく似た素敵な青年になっているのでしょう。もちろん立派な人はたくさんいますが、先生も人間ですから一般的には常に完璧な指導ができる訳ではありません。そんな時に子どもは我慢したり疑問を持ったり反抗したり。それも教育なんだろうと今は思います。

      明るいお母さんは素敵です。いつも家に帰れば子どもたちはホッとして救われていたんだろうなぁと想像します。

      しばらく本屋さんに行っていないことに気がつきました。主に図書館ばかり、急ぎの本はネットで注文できてしまうし、便利なようなつまらないような・・・。

  10. AKK on 2013年8月30日 at 6:25 PM :

    めぐみさん 遅ようございます。すっかり出遅れてしまいました。

    なんだかね、暇なのに忙しい時ってありませんか。それです。特に何かあった訳ではありませんが、あれこれと追い立てられている時のような心の状態でした。週末になんとかなるかと思案中です。
    一日の生活は、たとえラブストーリーではなくても「つづく」と出る頃にはせめて少しだけハッピーエンド。明日への期待感を持って眠りの中に落ちて行きたいものですね。

    美しきパパとママとのラブストーリーはお子さまたちへ。
    そしてカットした「見せてはいけないシーン」は私はじめ良からぬ大人たちのために無料開放ということでお願いします。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 6:08 AM :

      AKKさん、おはようございます。
      お目覚めはいかがでしたか。大人になると毎日何かしらの出来事が降り掛かってくるものですね。赤ちゃんみたいに、眠れば褒められる笑っただけで大喝采、と言う訳にもいきません。仕事も家庭のあれこれもちゃんとこなして普通。少しでも手落ちがあればそれだけを責められて、考えたらやっていられません。だからあまり難しく考えないようにしています。なるようにしかならない、って。スミマセンそれでは解決にならないですね。

      責任のある年代になると周りからの期待は大きいし責任ももちろんたくさんあるし、AKKさんの抱えるストレスの大きさは私の想像を越えるのでしょう。でも元気でいてこその毎日です。自分の身体はきちんと労ってあげてください。どうぞあまり無理のないように、良い意味で適当にお過ごしくださいね。

      いつも見守って下さってありがとうございます。週末には懸案事項が何とかなりますように、遠くから祈っています。

  11. 竹内いそこ on 2013年8月30日 at 9:04 PM :

     私も出遅れ組です。 遅刻組のAKKさんと二人、抜きつ抜かれつしながら息切れしながら教室に駆け込んでいった気分。
     ヒマなのに忙しい時間に私も振り廻されていました。
    部屋のなか、なんの仕事の成果もあがっていないけれど、頭の中はいろんな思考がいっぱいで、大変忙しい気分になっているのです。

     そういえば我が家にもそんな会話があったような・・・・
     ママと結婚する!
     じゃあパパは?
     二人いたっていいでしょ?

     家それぞれに、いろんな展開があるのもまた面白いですね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 6:19 AM :

      いそこさん、おはようございます。

      二人いたっていいでしょ?

      すばらしい子どもの発想。真っ直ぐでいいなぁ。抱きしめたくなっちゃうね。
      その頃の記憶が大きいから親としては困ってしまうのです。相手はもう大きな成人で社会人。折に触れて自分に言い聞かせないと、今でも、ちゃんと食べてるかな寝てるかな、なんてつまらないことを心配してしまいます。いつになったら子離れできるのやら。

      ところで、頭の中が忙しい時って充実感がありますよね。そんな気分を楽しめる余裕があるといいですね。
      明日がいい日になりますように。心も身体もベストの体調で臨めますように・・・♪

  12. たかこ on 2013年8月30日 at 9:19 PM :

    文海胡さん
    巻き戻したビデオ、ロマンテックでした。
    めぐみさんのお話に負けず劣らずで…。
    全然関係ないけど、ドイツのロマンチック街道思い出してしまいました。

    買ってないけど、宝くじが当たったら、ヨーロッパひとめぐりしてきたい。ブラジルは?そんなやぼなこと言わないで。チョン。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 6:31 AM :

      一度だけ通ったことがあります、ロマンチック街道。と言っても日本のですが。長野県小諸市から栃木県日光市までの全長230kmを通過する広域観光ルートからなる道です。そう言われると周りの風景はなかなかロマンチックなものでした。
      本場ドイツのはさぞかし素敵でしょうね。私も買ってないけど宝くじが当たったら行ってみたいなぁ。住んでいるのは同じ人間だけど、ヨーロッパという土地が魅力的です。

      • 文海胡 on 2013年8月31日 at 9:55 AM :

        たかこさん、ありがとうございます。
        ついでに後日談。
        夫がずっと住んでいる家に嫁いだので、いろんな物が
        出てきます。
        たとえば女の子の顔写真がしっかり入ったロケット
        (今どきこんなペンダント売ってませんね)とか。
        私はすべて処分してから行ったと言うのに・・・?

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 10:50 AM :

          歴史のあるお家にはお宝が眠っているようですね。これからどんな物が出てくるか楽しみです・・・?
          私も同じように嫁いだ身なので、スッキリしたワンルームマンションに憧れたりしますね。でも少しずつここがふるさとと思えるようになってきました。

  13. たかこ on 2013年8月30日 at 9:20 PM :

    そうそう、いそこさん、あさって台風が逸れるよう祈ってますね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 6:35 AM :

      やさしいたかこさんの祈りが空まで届きますように。いそこさんの力になりますように。

      空模様いかようにでもなる心

    • 竹内いそこ on 2013年8月31日 at 11:43 AM :

       ありがとう たかこさん めぐみさん
      なんども天気予報を見ているのですが、低気圧に変わった台風でも、まだ雨の在庫は残っているようで、降水確率90パーセントです。
       
         空模様いかようにでもなる心
       せめて私の頭だけでもすっきりさせて、選句にのぞみたいとおもいます。この句を筆入れに入れて選句のそばにいてもらいますね。

      • エム on 2013年8月31日 at 11:56 AM :

        いそこさんのとこへ来たのをゼーンブ見たいなぁ
        そんで どれえらんだのかな〜って キョーミシンシン

        どんなキモチ?
        オレがカトリセンコー イヤ キンチョー  [º.º]ドキドキ
        オレのヨソクぢゃ 大JOB だな マタマチガエタ?

  14. このみ on 2013年8月31日 at 3:25 PM :

    いそこさん
    明日は一大イベントなんですね!(本当は何があるのかまったく把握してないのですが。。。すみません)
    それでも遠くの空よりエールを送ります!

    フレーフレーい・そ・こ!!!
    これでみんなのエネルギーがいそちゃんに入ったはずです♪ラブ♪
    お土産話楽しみに待ってますね

    サテ、また自慢話なのですが(うるさい~~引っ込め~~わかってるなら顔出すな~~~)
    昨日なにやら賞品が届いて「ハテ?何か川柳がらみの懸賞にでも当たったのかしらん」と思っていたのですが、ふと今日また文書を見ると「佳作」の文字が。
    そのサイトを見ると何と佳作に作品と名前が。。。
    でもこれ発表が今月アタマだったので見逃していたのでしょうね
    そして何より自分の句の発見ができませんでした!
    かろうじて昔使ったことのあるネームと出した句の実体験を朧に思い出して「きっとコレだ」とわかったのですが

    教訓・「自分でも分かる名前で出そう!」

    何かこの頃自分に疲れる私です
    すごく年を感じています
    ちょっぴり年上のたかこさんよりずっとずっとう~~~~~んと呆けてます

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 5:21 PM :

      このみさん、またまたオメデトウ!
      うれしいお知らせ続きで暑さなんか吹っ飛ぶね。でもちゃんと覚えていないと、せっかくの発表を見逃しちゃうよ。もったいないよ。こんどは川柳かな。マルチな才能全開ですね。

      いそちゃんは明日、富山県川柳大会の選者を努める予定です。日陰というお題ですって。楽しみですね。

      最近、自分にも周りにも疲れますね・・・気温のせいかそれとも・・・。とにかくご飯食べてしっかり休みましょ。

  15. たかこ on 2013年8月31日 at 4:04 PM :

    きょら(コラ!より少しやさしい)私は言われなくてもとっくに呆けてます。

    でも、名前をあまり変えると、全部大物になってきて困りません?

    せめて俳句はみのこ
    短歌はこみの くらいにしないと。(なんのこっちゃ)

    編集の合い間、コーヒータイムです。部屋の温度は31度。さっきまでクーラー入れていました。

    懸賞生活をしていたとき(ハガキに必ずコメントを入れるんです。原則一つの懸賞にハガキは一枚、自分の名前にマーカーを入れたり、縁を綺麗に色付けしたり、インパクトのあるものにしました)
    当たる確率は3割バッターくらい?かな。
    3日に一個は何か届いていました。

    このみさんのように、頭脳を使ったあたり(もとい、賞品)ではないので、ほとんど運でしたが。
    懸賞に当たる方法とか、血液型別付き合いの仕方などの本を出したいと真剣に考えたことがありましたが、生来ものぐさなので、思っているだけでやめました。

    またまためぐみさん宅を汚してしまいました。めぐみファンの男性方、ごめんなさい。無視してくださいね。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年8月31日 at 5:43 PM :

      暑いでしょう。もう少しお部屋のエアコンを活用した方が良いのでは、とちょっと心配です。でも子どもの頃は扇風機だけでしたよね。あの頃は30℃を越えたら暑い暑いと言っていたのですが。

      当選のコツ講座をありがとうございます。やはり心を込めて送るのが大切なんですね。投句用紙も同じかな。3割も当たれば楽しいな。

      編集のお仕事お疲れさまです。順調でしょうか。目と指と肩と腰と頭と心と全部一緒にマッサージできるといいですね。あまりハードワークになりませんよう。

      他でもないたかこさんのご訪問は大歓迎です。楽しみにしています。また来てね (^o^)

  16. 紀伊子 on 2013年8月31日 at 8:41 PM :

    こんばんわ
    44通のラブストーリーを楽しませていただきました。ありがとう・
    文海胡さん、たか子さん、茂男さんほかの皆様とめぐちゃんお物語を待っています。暑さに負けずに・・・

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 4:21 AM :

      紀伊子さん、おはようございます。
      桐生もお疲れさまでした。ドアの外に出る度に気合いを入れないといけないような暑さでしたね。紀伊子さんの抱える講座の数を考えるだけでも、その準備やまとめやあれこれで一月のほとんどは無くなってしまうのではないかと思います。たまには身体を休める時間がとれるのでしょうか。どうぞご自愛下さいね。

      コメントにも目を通してもらえたとのこと、うれしくてたまりません。ひと言でも声を聞かせてもらうのがどれだけ励みになる事か・・・。めぐちゃんと呼んでもらえるのも気恥ずかしくてうれしくてこっそり読み返しています。優しいメッセージを本当にありがとうございます。

      つくばね創立25周年。
      四半世紀の歴史も一日ずつの歩みだと思うと素晴らしいことですね。茨城に川柳の花を咲かせてくださったこと、有り難く感謝の気持ちで一杯です。おめでとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。誌上大会の要項の発表を心待ちにしています。
      外出はままならない、けれど川柳の集いに少しでも参加したいと思っている人は私だけではないと思います。そんな人たちにとっては誌上大会はとても有り難い企画です。ご苦労も多い事とは思いますが、全国のファンのためにも続けていただけたら幸せです。心から応援しています。ありがとうございます。穏やかな日曜日になりますように。

  17. 伊東志乃 on 2013年8月31日 at 10:44 PM :

    こんばんは(^^)
    うちは三人の男の子………
    誰一人その様なことは言わなかったです(^^;)
    それほど怖いだけの母親だったのか………(^^)
    たぶん、一風変わった変な母親だったことでしょう(^^)

    ある日、次男と三男が「授業参観には派手な服は着てこないで」というので私は「よし、わかった」「えっ、分かったの?」と息子。
    「今度はいつもよりもっと派手な服で行くわ」二人の息子は唖然………そこで長男「オレはあの派手なのが良いけどな~」それっきり服装のことは言わなくなりました(^^)V

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 4:23 AM :

      志乃さん。おはようございます。
      三人の息子さんたちはそれぞれ個性的で、子育てもさぞ楽しかったことでしょうね。みんな同じではつまらないよね。

      お母さんは最初に出会う一番身近な異性。どんな影響を与えてしまったのか、今思い返すと申し訳ないことがたくさんあります。でも家族は本音で付き合ってこそ、とも思うし、ありのままを見せる事が将来のためにもいいのでは?なんて言い訳をしています。でも長男も長女も素晴らしい伴侶と巡り合えました。人生何処の場所にいても楽しみがあるものだなぁと最近つくづく思います。

      今日は川柳大会を楽しんできて下さいね ♪

      • 伊東志乃 on 2013年9月1日 at 8:10 PM :

        はい、いつもながら司会と雑用に追われた一日でした(^^)
        でも、楽しかったです(^^*)v

        イマイチ自信作の出来ないままの大会でした………
        全国大会を見据えた大会ですので、作句より、全国大会だったらどの様にするべきかということばかり考えていました………

        いそこさんも堂々とした選者ぶりでしたよ(^^)V

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 9:22 PM :

          志乃さん、お疲れさまでした。
          運営する立場の人たちは、いつも先を見ているから大変ですね。大きな大会を控えていたら尚更のこと。
          無事に終わって何よりでした。でもまだまとめの仕事があるのですね。とにかく今日はゆっくり休んで下さいね ☆

  18. 間瀬田紋章 on 2013年9月1日 at 2:28 AM :

    初めてコメントします。宮崎の「じゅぴあ」に投句していただきありがとうございます。ところで、コメントすべてに返信されている
    労力には頭が下がります。少しは手を抜かないと、体が参ってしまいますよ。この前テレビで、会社人間で、休みがあると月曜日のメールを見るのが、ストレスになって病気になるケースが多いそうです。
    宮崎弁で「てげてげ」というのがあります。読者同士でやりとりされるように気を抜くことも大事ですよ。ご自愛ください。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 4:47 AM :

      紋章さま、おはようございます。
      初めまして、ようこそお越しくださいました。お名前はいつも拝見していましたが、お声をかけていただけてドキドキです。

      先日の “第2回宮崎県現代川柳大会” では見事優勝、おめでとうございます。立派な優勝カップですね。

      ときどきは泣いて軌道を立て直す  紋章
      蓑虫も私も闇の世をしばし  紋章
      美しい嘘を再び聞いて秋  紋章

      人間がいる、精一杯生きている、そこから生まれる川柳は力強くて美しいものだと思いました。

      選は創作なり。”じゅぴあ” の川柳欄の作品は読み応えがあって素敵なコーナーですね。宮崎県在住でなくても投句できると聞いてついラブレターを出してしまいました。どうぞよろしくお願いいたします。

      “てげてげ” 楽しい言葉ですね。そして大切なことですね。お心遣いをありがとうございます。お便りがうれしくてつい長くなってしまいます。

      ゴム印の文字が疲れて趣味多忙  紋章

      きっとご自身のことですね。お忙しい毎日と思いますが、お身体にはお気をつけてますますご活躍下さい。お時間がありましたらどうぞまた遊びに来てくださいね。お待ちしています。ありがとうございます。

  19. 文海胡 on 2013年9月1日 at 10:20 AM :

    めぐみさん!
    昨日到着の「お~いお茶俳句大賞」の冊子、
    お隣に並べてすごくすごく嬉しいです♪♪♪

    遠くから茨城に嫁いでで来たことや、年齢(ドカン
    と書いてあって驚いたぁ)などなど、めぐみさん
    との共通点を発見するたび、「いいでしょ~」
    と自慢したい気分になります。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 10:56 AM :

      わぁほんとだ! 今届いたの。あわてて開けてみました。
      なんだかとってもドキドキしてうれしいね。

      花生ける友もひとつの花になる  文子

      「お〜いお茶新俳句」佳作入賞おめでとうございます。やさしい人にしか詠めない一句ですね。友がひとつの花になるという発想には気がつきませんでした。そう言えば、花を生けている人はその全体が絵になるものですね。”ひとつの” が平仮名表記なところも目で見てとても美しいです。これは色紙か短冊にしたためて残しておきたいですね。
      文海胡さんもお花を愛する人なのでしょうね。ハンサムウーマンで女らしくて・・・文海胡さんは天下無敵ではありませんか。そんな素敵な人と知り合えた川柳の神様に感謝で一杯です。うれしいお知らせをありがとうございます。楽しい日曜日になりました。お元気でね ♪

      • 文海胡 on 2013年9月1日 at 11:18 AM :

        誘われて本日逃避行日和  めぐみ

        めぐみさんもおめでとうございます。
        いろいろあるお日和の中でも「逃避行」はとっても魅力的。
        本日限定の逃避行でしょうか。

        私の方こそ、めぐみさんに巡り会えた幸運に感謝感謝です。

        このみさんのおかげですっかり「オトコマエ」キャラに
        なってますが、「オバサン」の着ぐるみつけた「オヤジ」
        にならいよう、気をつけたいと思います。

        • このみ on 2013年9月1日 at 1:02 PM :

          お文さん、めぐみさん
          「お~いお茶新俳句」入賞おめでとうございます♪
          私のところへはまだ届きません~~楽しみに待っているのですけど。
          お文さんの作品も掲載されていると知り、ますます待つ楽しみが増えました。
          今回もお茶のラベルに掲載していただけるようですが、何しろ膨大な数!
          以前も一度自分の句を掲載していただいたお茶を送っていただきましたが、市販ではめぐり合うことはありませんでした。たぶん今回も。
          だから前回と同じくラベルはきれいにはがして記念にとっておくつもりです。

          お文さんのこといつも「男前」と言って気にしてる?もし不愉快だったらゴメンね!
          以前「カシャッと一句」でテレビ出演のとき見たお文さんは色白のフェミニンな美しい女性でした。でも作品やコメントを見てると本当に竹を割ったように気持ちよくって!好きに言ってる私を許してちょ。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 1:30 PM :

            「お〜いお茶新俳句大賞都道府県賞」おめでとうございます!

            しつけ糸愛をたっぷり縫ってます  由美子

            最初の方に大きな活字で載ってます。そうか都道府県賞になるとラベルに印刷してもらえるんですね。いいなぁ。お店に行ったらその都度チェックしてみますね。もし見つけたら買い占めて送りますから気長に待ってて下さい ☆

        • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 1:20 PM :

          お文さん、ありがとう!
          おばさんの着ぐるみも可愛いデザインで作りましょうね。おそろいで (^o^)

          常陸国小野小町文芸賞も9月が〆切ですね。今年もいい作品ができましたか。私も参加したい、でも何もできてない・・・。まだ日数があるから大丈夫、そして前日に焦っている、いつもそんな繰り返しをやってて進歩がありません。たまには余裕が欲しいものですね。

          • 文海胡 on 2013年9月1日 at 5:56 PM :

            このみさん
            「男前」大歓迎ですよん♪

            テレビに出たときのイメージ、そのままずっと誤解していてねっ!

            めぐみさん4000コメントおめでと~
            すごいすごい(パチパチパチ)
            おそろいの着ぐるみ@うんと可愛い でお祝いしましょ

            『常陸国小野小町文芸賞』
            ううぅ、なんにも出来てません。

          • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 6:26 PM :

            拍手をありがと〜
            これからもどうぞヨロシクね ^^

  20. 藤みのり on 2013年9月1日 at 11:22 AM :

    めぐみさん、おはようございます。
    娘は小さい頃、お父さんと結婚するといいましたが、息子には言われたことがありません。でも、息子とは仲良しだと思っています。(当然外では、彼は知らんぷりですが)いろいろと話してくれるのは、幸せだと感じます。
    子供たちは、私の川柳を読んで、ひとこと二言感想を言ってくれます。娘は時に辛辣です。
    さて、私と主人ですが、結婚も22年目になり、やはり支えてもらっていたということに尽きます。ただ、ドキドキするようなドラマはなかった気がします。先日、北海道旅行に行きましたが、それはそれは久しぶりの二人での旅行でした。ゆっくり出来たのは、本当に20年ぶりでした。共通の趣味のランニングで汗を流したあとは、札幌や小樽観光。あれ、なんだかつい話しすぎてしまったようです。失礼しました。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 2:01 PM :

      みのりさん、こんにちは。
      9月になっても油断できない暑さですね。
      北海道に二人旅でしたか。それも同じ趣味のランニングという目的があるなんて、うらやましいほど素敵です。11.5kmは結構きつくないですか。一緒に完走できましたか?ファンランというのは初めて聞いたのですが、どういうコースなのでしょう。 同じ汗を流せるっていいですね。とするとお二人はスポーツがご縁で知り合ったのかしら。質問ばかりすみません。お時間のある時にゆっくり教えてもらえればうれしいです。
      これからも新しい気持ちで仲良くできそうですね。22年目からまた一日ずつ一年ずつ楽しい時間を重ねて下さいね。

      釜石市でのボランティア活動もお疲れさまでした。川柳の幅がとても広がりそうな毎日で、みのりさんの作品がますます楽しみです。

      子どもたちが川柳への感想を言ってくれるのはうれしいですね。みのりさんの最初の読者で一番本音を言ってくれる訳ですね。私もよく家族の感想を聞いてみます。いいんじゃない、のひと言で作品の提出を決めたりして、かなり頼りにしています。

      ちなみにコメント欄には文字制限がありませんから、気兼ねなくゆっくりおしゃべりしてください。お手紙がうれしくてつい長くなってしまいました。どうぞまた遊びに来て下さいね。ありがとうございます。

  21. 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 2:16 PM :

    わーい! ちょっとうれしい

    みのりさんへの返信でちょうど
    ぴったり4000コメント
    み〜んな みなさまのおかげです
    ありがとうございます

  22. 竹内いそこ on 2013年9月1日 at 8:58 PM :

    めぐみさん すごーい 
    4000コメント?
    ということは、私のこれが、4001コメントでしょうか。

     今日 選者勤めあげてきました。
     なんだか すごーい充実感。選者というお仕事が楽しかった。
     頭をからっぽにして、何もかも吸収するぞ、という状態で220句に向き合いました。いい時は秀句がむこうから跳ねあがってくるんですよ。まだ未読の句箋の山があるけれど、きっとこれだなーって。
     私のいただいた秀句は、多分明日 お隣のブログでアップされると思います。お楽しみに。

     ちなみに 私自身の成績は・・・・・全没・・・・うううう…..
     

  23. たかこ on 2013年9月1日 at 9:31 PM :

    いそこさん
    お疲れ様。ちょっとワインを飲んでしまったので、半分寝ています。それだけ書いて眠ります。
    もう明日は五日目?で違うページになってしまうから…。

    • 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 9:36 PM :

      更新の日を覚えていてくれたんだ、うれしいな。
      ワインで乾杯? うれしいことがあった一日でしたか?
      おやすみなさい。いい夢を・・・☆

  24. 岡本 恵 めぐみ on 2013年9月1日 at 9:34 PM :

    いそこさん、お帰りなさい!
    選者という仕事が楽しめて充実感を感じられたら最高ですね。良かったね。十分に心の準備ができていたのでしょう。秀句が向こうから跳ねあがってくるという感じは、体験した人ならではだと思います。いそこさんがとても大きく見えます。
    ハードな一日を過ごしてきてお疲れのところ、早速の報告をありがとうございます。今日の体験が川柳に生かせるといいですね。お疲れさまでした (^-^)

めぐみ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

松橋帆波 電子書籍
YANAGI
定価: 1,296円
文庫判ソフトカバー・128頁
978-4-86044-824-0

江畑哲男
我思う故に言あり
-江畑哲男の川柳美学
定価: 2,160 円
A5判ソフトカバー・430頁
978-4-86044-555-3

赤松ますみ 電子書籍版も配信
川柳作家全集 赤松ますみ
定価: 1,080 円
文庫版・ソフトカバー・128頁
978-4-86044-703-8

岡本恵 電子書籍版も配信
かみさまのいうとおり
定価: 1,080 円
A5判変形・ソフトカバー・114頁
978-4-86044-431-0

江畑哲男編
ユニークとうかつ類題別秀句集II
定価(本体2,000円+税)
四六判ハードカバー・332頁
ISBN978-4-86044-638-3

鈴木順子 電子書籍版も配信
夜明け前
定価: 1,944 円
四六版・ハードカバー・274頁
978-4-86044-405-1

たむらあきこ 電子書籍
たむらあきこ千句
定価: 1,728 円
B6判ソフトカバー・224頁
ISBN978-4-86044-844-8

ベビーピンク 阪本きりり
ベビーピンク
(Baby pink)
定価: 1,296円
四六判ソフトカバー・246頁
978-4-86044-591-1

新家完司 電子書籍版も配信
平成二十五年
定価: 1,080 円
A5判・ソフトカバー・138頁
ISBN978-4-86044-475-4

江畑哲男
よい句をつくるための川柳文法力
定価: 1,728 円
四六判ソフトカバー・210頁
ISBN978-4-86044-629-1

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K