Loading...Loading...

川柳マガジンクラブ東京句会12月忘年句会は、無事終了いたしました。
ご参加くださいました皆様、世話役の皆様、ありがとうございました。
詳報は、まとまり次第、星野睦悟朗さんが、川柳マガジンクラブブログへ、ご執筆されますので、お楽しみにしてください。
今回は、中七川柳、課題吟「今年のニュースから」、川柳かるたで楽しみました。
時間の関係で、入りきれなかったマーキー湊川さん、川柳漫談「平成を振り返る」は、二次会の中国料理店に来ていただきました。

平成最後の忘年句会。
これから、数々のイベント、行事は「平成最後の」という冠が付くのでしょうね。
「クリスマス」「大晦日」「三が日」

「成人の日」「豆撒き」「恵方巻」「バレンタイン」

「雛祭り」「卒業・卒園式」「入社式」・・

 

「五月病」や「端午の節句」の時期には、もう新元号になっているのです。

あっという間ですね。

 

ところで、4月30日って、カウントダウンとか、やるのでしょうか?



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K