Loading...Loading...

平成三年

アル中の支持はいらないゴルバチョフ

 

グラスノスチ、ペレストロイカのゴルバチョフ人気。

欧米受けはしたけれど、ソビエト国内では・・・
西側を訪問するたびに、「ゴルビー」なんて愛称で呼ばれていた。
国内では、アルコールの販売に制限を設けたり、国力の再生に尽力したのだが、大国だった祖国を分裂に追いやったとして、人気がいま一つだったことは、西側メディアではほとんど報じられなかった。

平成四年
うれしいようなかなしいような流行語

 

この年から、失われた十年などと呼ばれるようになる。

バブルの反動で何もかもが凍結したかのよう。

有効求人倍率が1を切る

 

流行語は「うれしいようなかなしいような」

きんさんぎんさん語録である。

平成四年(1992年)は、ハウステンボス開業、Gショック発売、ラ王発売など、

精神的には、まだバブルの勢いを保ったままの、一年だった

 

平成五年

宮沢内閣崩壊

嘘ついただけで解散させられる

 

なんと!解散すると言って、その前後のタイミングでしなかっただけで・・

いや、政治家が「嘘をついただけ」で、解散に追い込まれてしまったのである。
結果、55年体制というレガシーが崩壊する。

元は、佐川急便事件。

金丸副総理への巨額な献金。

竹下総理へ、直接献金するのは拙いから、金丸さんが受け取ったという理屈も語られた。
それにしても、金丸さん家から、無記名の割引金融債が八十億円?も出てきたのにはタマゲタ。
漫画の世界だね。

結局、宮沢内閣は崩壊して、細川連立内閣が誕生するのだけれど、夜中にテレビで、国民福祉税7%とか、いきなり言い出して、細川総理も求心力が無くなっていく、しまいには、佐川からの献金が表ざたに。
ちゃんとした金だ! と領収書を出すのだけれど、日付が9月31日
そんな日は無いもの。

これで、細川さんもジ・エンド

後を羽田孜さんが引き継ぐのだけれど、組閣ができない状態。
なんと一日だけだが、羽田さんの一人内閣になる始末。
総理以下、大蔵大臣、総務大臣、文部大臣etc・・全部羽田孜。
何とか組閣はこなすけれど、すぐに社会党が離脱してしまい、自社さ連立政権誕生。
社会党の村山さんが総理大臣になってしまう。

なかなか激動の一年だった。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation




2021年3月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K