Loading...Loading...

 もう10年以上になるだろうか、宇都宮にある栃木県立美術館へ時々行っている。数か月に1回程度なのだが、必ず一人で出掛ける。
 大抵何かの企画展をやっている。まずそれをじっくり見るのだが、個人的には空振りかなという時もある。たまにホームランのような企画に出合うと少し興奮して見ている自分がいる。その後、常設展にも必ず足を延ばす。実は企画展を見終えた後、常設展にある展示物を見るのがもう一つの大切な楽しみなのである。ジョン・コンスタブルの「デダムの谷」、ウィリアム・ターナーの「風景・タンバリンを持つ女」などの西洋絵画、浜田庄司などの益子焼、飯塚琅玕斎などの竹工芸にいつもどおり出合うとほっとする。あるべきところにあるべきものがあるという心地よさ、安心感を感じるのである。
 東京の美術館までわざわざ出掛けて、話題となっている展覧会を見たことも何度かあるが、あの人混み、特に休日のそれにはいつも閉口していた。コロナの今からでは考えられない混雑さである。
 国宝級の優れた作品を混雑した中で忙しく眺める展覧会と、地味な展示物を落ち着いた雰囲気の中で鑑賞する展覧会の二つがあった場合、どちらに行くかを秤にかけたら、私はおそらく後者を選ぶだろう。だから東京の美術館にはあまり行かなくなった。

  美術館独りを慈しむ時間   博史



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

美術館通い”にコメントをどうぞ

  1. 神山暁美 on 2021年4月14日 at 7:54 AM :

    明日15日より5月15日までの一ヶ月間「ワグナー・ナンドール春季展」が開催されます。お出かけください。(栃木県芳賀郡益子町益子4338 ☎0285-72-9866 月曜日休館)
    このアートギャラリーは年に二度、春と秋にしか開館されません。ハンガリーの亡命作家の作品が「哲学の庭」に点在し、お庭ごとギャラリーになっています。(入館料1,500円)

    • 三上 博史 on 2021年4月14日 at 8:39 PM :

      情報提供、ありがとうございます。検討してみます。
      「読む会」でツアーを組むという方法もありますね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K