Loading...Loading...

コロナウイス感染拡大に対する、全国の緊急事態宣言は解除となりましたが、

都道府県をまたぐ移動、教育機関、劇場ホールなどの再開は、

まだ完全に解除に至っておりません。

参加者の皆様のご移動、会場の管理等、句会を開催するための要件を検討いたしました結果、

6月句会も、誌上にて開催させていただくことにいたします。

以下、ご案内でございます。

 

川柳マガジンクラブ東京句会 6月誌上句会のご案内

 ○自由吟1作品(既発表作も可です) ※必ず、作品の解説を添えてください。

自由吟の句評会は、互選形式で行います。

ご参加いただきました皆様の作品を、一覧にいたしまして、返信、返送させていただき、集計の上、発表させていただきます。

 

○課題吟 「乗り切る」 松橋帆波選

☆出句無制限(何句でもどうぞ)

 ○締切

自由吟、課題吟の締め切りは 6月12日(金)必着 とさせていただきます。

集計、返送させていただきます都合上、締め切り必着でお願いいたします。

投稿方法は、メール・FAX、郵便、何れも可です。

 

○会費 今回も無料とさせていただきます。

(作品のご投稿に掛かる郵便料、回線料はご負担してください)

 

自由吟の句評会は、互選形式で行います。

ご参加いただきました皆様の作品を、一覧にいたしまして、返信、返送させていただき、集計の上、発表させていただきます。

 

 

6月句会は以下のようなスケジュールで行います。

投稿作品締切 6/12

互選表送付 6/15頃

互選結果締切 6/19頃

誌上選、互選句評発表 6/25頃(可能な限り YouTube上にて)

句会報発行 7/12(7月東京句会にて)

以上です。

奮ってのご参加、よろしくお願いいたします。     世話人 植竹団扇・松橋帆波



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K