Loading...Loading...

カミさんは
11月24日午後2時、沼津市立病院へ緊急搬送され、(手を尽していただいたが)
25日午前5時23分永眠。84年のその生涯を閉じた。

昨日まで、ついさっきまで、一緒に息をしていたのに・・・。
ほんとうの事とはまだ思えない。うちの中にその温もりその気配さえ感じる。

カミさんは、ここ3~4年、体力も記憶力も落ちて、早く逝きたいと言い続けていた。
寝たきりにはなりたくないという気持と、負担をかけたくないという気持からから出てくる言葉だったと思う。(私はこれからが長いと思っていた。)

カミさんに悔いはないと思っている。 (わたしにはある。悔いはのこった。)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

カミさん永眠”にコメントをどうぞ

  1. 信ちゃん on 2022年12月3日 at 5:03 AM :

    そうだったの・・ここが動かないので・・おかしいとは思っていたが・・・。
    棋人さんは私から見れば、十分の介護(看取り)だったと思っています。
    それは看ている者としては「まだまだ・・もっともっと」と思うかもしれないが・・。
    召された奥さんの希望が叶えられたと考えて、切り替えて生きてゆきましょう。
    日本で一番沢山「かみさん川柳」を詠んだ棋人さんの 奥さん思いは十分に「奥様」に
    伝わっていると思います。  棋人さんお疲れ様でした。       合掌

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 9:17 AM :

      信ちゃん ありがとうございます。

      クヨクヨしていたらカミさんはよろこばない。叱られる。
      幸い川柳がある。仲間がいる。囲碁も将棋もグランドゴルフもある。

  2. なごみ on 2022年12月3日 at 7:55 AM :

    棋人さんびっくりしました。奥様が・・・まさかまさかです。
    生存中に早く逝きたいと口走ってたことも理解できます、家族に迷惑を掛けたくない一途の気持ちだとおもいます、棋人さんどんなに良く看たつもりでも悔いは残るものですね。(私も経験してます)でもね奥様の希望通りに逝けたのですから、お寂しいでしょうが、奥様は感謝で逝ったと思います。
    そう信ちゃんのいうとおり日本一「カミさん川柳」を詠んだ棋人さんの思いは奥様が一番よくわかってたと思います。あまりに突然でショックでしょうが、お気を強く持ってね。
    介護お疲れさま         合掌

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 9:19 AM :

      なごみちゃん ありがとうございます。

      3年前買ったポータブルトイレも一度も使わなかった。(使おうとしなかった)
      最後まで自力でがんばった。

  3. 完司 on 2022年12月3日 at 8:24 AM :

    奥さまのご逝去、衷心よりおくやみ申し上げます。
    これから厳しい冬です。より一層寂しさが募るでしょうが、棋人さんか落ち込むと奥さまが悲しまれます。川柳を杖にして力強く立ち上がって下さい!!

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 9:24 AM :

      完司さん ありがとうございます。

      カミさんに日頃、迷ったら「やらないという選択はするな」と叱られていました。
      落ち込んだら悲しがると思っています。

  4. たかこ on 2022年12月3日 at 8:29 AM :

    棋人さん
    棋人さんから25日にいただいた手紙には何も感じられなかった…
    配達されるまで3・4日はかかるとしても、ある意味突然に亡くなられたと
    いうことですね。
    「カミさん」という呼び方深い情愛があると思ってきました。
    これからも、ずっと「カミさん川柳」お詠みくださいね。
    ご冥福お祈りいたします。

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 9:30 AM :

      たかこさん ありがとうございます。

      突然といえば突然でした。
      実は、これからが長いのではないかと思っていました。、
      カミさんが一番それを畏れていたと思います。

      • たむら あきこ on 2022年12月3日 at 9:14 PM :

        カミさん川柳を特選に採らせていただいたことがありました。
        それも、たしか一度ではないですよね。
        詩性川柳派のわたしの選で、なぜこれが特選なのかと思いながら。
        「カミさん」のコトダマ畏るべし。
        愛がいっぱい詰まっていたからなのですね。そこにあきこのタマシイが感応した。
        カミさんはきっと近くにおられますから、これからずっとお二人で暮らしてください。
        そばにおられるんですよ。

        • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 10:07 PM :

          あきこさん ありがとうございます。

          そうですね。ずっとそばに居てくれるような・・・そんな気もしています。
          きじんは、上5が「カミさんに」決まっているからなぁ・・・なんて言われることも
          ありました。

  5. 板垣孝志 on 2022年12月3日 at 2:21 PM :

     棋人さん ご愁傷様でした。 心より奥様のご冥福を申し上げます。
    棋人さんのお家に一晩泊めて戴いただけの記憶ですが、立派な奥様とお見受けして
    居りました。
     決して前には出ない、それでいて必要なものは完璧に揃えておいて、気ままな
    棋人さんに100%の仕事が出来るステージ造りの名人だったように思います。
     生きざまも去りざまも完璧でしたね。
     これから生まれる棋士人さんの作品が奥様への恩返し、名作をどんどん発表して
    ください。
     

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 10:11 PM :

      いたやん ありがとうございます。

      長泉国文祭の時でしたね。団ちゃんもうちに一緒に泊まって語り明かしたような。
      カミさんもそう言って貰ってそれはよろこんでいると思います。

  6. 春爺 on 2022年12月3日 at 3:03 PM :

    奥さまのご逝去、衷心よりおくやみ申し上げます。
    先日、昭和13年生まれの兄がなくなりました。
    昔なら長生きと言われたところですが別れはつらいですね。
    心の芯をつよく、がんばってください。
    おつかれさまでした・・・

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 10:15 PM :

      春ちゃん ありがとうございます。

      そうでしたね。お兄さんも昭和13年生まれ。 カミさんも13年生まれです。
      なんかまだ別れたという実感はありません。またここえ遊びに来て下さい。

  7. 野村 賢悟 on 2022年12月3日 at 8:04 PM :

    尾道線るう同好会の柳友の、カミさんの訃報をうっけ取ったばかり、ブログをひたいたら、貴兄の奥さんの訃報接し、びっくりしました。とりあえずお悔やみ申し上げます。うちの、カノさんは先が思いやられます。

    • 中前 棋人 on 2022年12月3日 at 10:20 PM :

      野村さん ありがとうございます。

      貴兄のようにはとても出来ませんでした。手料理の腕もそれはたしかなものですね。
      奥様はその手料理を楽しまれているのではないかと思います。

  8. 坂本加代 on 2022年12月4日 at 9:43 AM :

    なんとなく何かあったのかなと思っていましたが・・・びっくりしました。
    ユーチューブの動画を拝見していたので奥様のお顔も知りました。
    寂しくなられたことでしょう。いつか山頭火巡りの旅にお越しくださいね。
                                 合掌

    • 中前 棋人 on 2022年12月4日 at 4:25 PM :

      加代ちゃん ありがとうございます。

      あの動画見ていただきましたか。
      あの頃(平成29年)は、カミさんも元気で舞台に立っていました。

      まあその目標はあったほうが失速しない。山頭火に会いに行きたいと思います。

  9. 竹平 和枝 on 2022年12月4日 at 5:56 PM :

    訃報に驚いています。急なことだったのですね。
    奥さまのご逝去を悼み、心からお悔やみ申し上げます。
    お力をお落としのことと思いますが、どうぞ奥様の分も人生を楽しんでください。
    お疲れの出ませんように、ご自愛ください。
    また句会に参加させていただきます。

    • 中前棋人 on 2022年12月4日 at 10:10 PM :

      和枝さん ありがとうございます。

      まあいずれカミさんのところへ行くことになります。
      好きなことをしてから来いといっているような気がします。

      楽しみにお待ちしています。

  10. 浪越靖政 on 2022年12月5日 at 3:23 PM :

    心からお悔やみ申し上げます。
    私も昨年10月に同じ経験をしました。棋人さんもお辛いことでしょうが、奥様のためにも、元気を出されてご活躍していただきたいと思っています。
    また、どこかの大会でお会いしましょう。

    • 中前 棋人 on 2022年12月5日 at 3:40 PM :

      それはお悔やみ申し上げます。
      そうですね・・・。元気なうちは大会に参加したいと思っています。
      またお会いすることがあると思います。

  11. 若芽 on 2022年12月6日 at 2:55 PM :

    奥様のご逝去、お悔み申し上げます。
    優しい棋人さんに見守られてさぞ奥様はお幸せだったと思います。
    寂しくなりましたね・・・
    どうぞ元気を出して下さい。

  12. 中前 棋人 on 2022年12月6日 at 5:53 PM :

    若芽ちゃん ありがとうございます。

    干し布団あれは私を叩く音  五貫

    ↑こんな覚えもあります。たかねをいつもありがとうございます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K