Loading...Loading...

 40代半ばの頃、人間ドックで尿酸値がやや高いと指摘された。それ以来、夕食後に自宅付近を散歩するようになった。60歳で定年退職してからは、昼間の午後にも近くの公園や川堤を歩くようにしている。
 散歩の効用は、足の裏から来る感触が心地よく、それが作句にプラスの作用をしてくれることである。歩くことでうまく脳への刺激にもなっている。ただし、車の往来の激しい通りや、交差点が多いところは、自分の周りを注意しながらの歩行になるので、これは心地よさが半減される。夜間の暗闇も少し落ち着かない。背後が気になったりする。
 いずれにせよ、昼も夜も大体決まったところを散歩するようにしているので、何かいい句が詠めないかと周囲を眺めながら歩いていたりすると、結構いろいろな発想の句が思いつく。その場で出来るのは大体がラフなものだが、とりあえずメモにとり、家に帰って作り上げる。
 同じコースを毎日歩きながらも、歩いている自分はまさに「今日の自分」であるので、足の裏からくる刺激が脳へ伝わって、「今日の自分」についての川柳的な閃きが生まれるのである。毎日必ずという訳ではないが、不思議なものでただ歩いているだけなのに、ひょんなことからひょんな発想が出て来る面白さがあり、それが癖になる。
 川柳は生涯の友だからこれは止められないが、散歩も同じく止められないことだろう。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K