Loading...Loading...

  今日は大阪・南森町の日川協事務局で開かれた標記の打合せ会がありました。この大会を主催する番傘本社、川柳塔社、川柳天守閣、川柳瓦版の会と川柳文学コロキュウムの5柳社から各代表2名ずつが出席、大会の内容について話合いをしたのですが、私はといえば、開催時間の13時を「13時30分」と間違えて手帳に記していたために15分近くも遅刻してしまって失敗! 皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。
  第64回となる今年の大会のお世話役は番傘本社の担当で11月2日(金)に天神橋六丁目の住まい情報センターにて開催予定です。また、当川柳文学コロキュウムの担当選者は早泉早人、と決定しました。案内チラシができあがるのは今月終わりか来月初めらしいので、そのときはまたお知らせいたします。
 
  打合せ会が終わった後は地下鉄に乗っていつものコロキュウム句会で使用している第2ビル大阪総合生涯学習センターまで。5階のネットワークコーナーのテーブルを借りてコロキュウム会員宛の封筒詰め60通ほどを独り黙々と作業することおよそ二時間。中身は来年5月に開催予定のコロキュウム10周年大会の内容とそれに付随する大事なモノが全部で5種類入っています。封書が届いた方はどうかご賛同・ご協力下さいますよう、よろしくおねがいします。
  
  この封書の中身をどんなふうにして送ろうかとかいろいろと考えあぐねて1週間以上過ごしていたので、最後の糊付けも終わり、膨らんだ封筒の束を隣の第1ビル内の大阪中央郵便局へ持ち込んで郵送する手続きを済ませたらホッと肩の荷がおりました。帰り道を探してうろうろしていると、以前、「関西の純喫茶の老舗中の老舗」と新聞にも紹介されていた、第1ビル地下の「マヅラ」というお店の前に出たので入ってみました。コーヒーは250円というお値段なのに薫り高くておいしかったです。右の写真はその喫茶店の前で撮った一枚。 店内も撮したかったけど店員さんがずっと入口で立っておられたので気の弱い私には無理でした.(!)
  もう一枚の写真は帰り道に通った大阪地下街のディアモール通りを見上げて撮影したもの。ディアモールはDia(ダイヤモンドの略、イタリア語で女神の意)と、Amor(イタリア語の愛、英語のMall、遊歩道、商店街に通じる)を合わせたネーミングだそうですが、その由来の素晴らしさに改めて感心したことです。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

大阪川柳大会の打ち合わせ会ほか”にコメントをどうぞ

  1. 石橋芳山 on 2012年6月6日 at 6:37 PM :

    毎度です。今日ラブレター届きました。もちろんOKです返信用のハガキを書いたところです。それと来年の10周年記念大会の参加予約もしておきます。しかし企画力とそれを遂行するパワーと能力には関心させられます。褒めすぎか??23日の出雲、楽しみにしています。
                           バイバイ

    • ますみ on 2012年6月7日 at 7:58 PM :

      芳山さん
      ありがと。昨日、今日と、ハガキやFAX、メール等で少しずつ「OK」のお返事が届いています。うれしいです。とはいってもこれからが茨の道! どうぞよろしくご協力下さいね。

  2. 鈴木順子 on 2012年6月8日 at 7:13 AM :

    ますみさん、
    会員宛のラブレター作成(発送準備)は、私も、夜中などに自室に篭り一人もくもくとやることが多いので、急に、ますみさんに親しみを感じての書き込みです。
    この頃は、作句の「川柳アホ」の時間より、裏方の「川柳アホ」の時間に費やされる事が多くなっていたので、(何やってるんだろう、私)なんて思うこともあったんですが、エネルギーをもらいました。
    ありがとうございました。

    • 赤松 ますみ 赤松ますみ on 2012年6月8日 at 9:27 PM :

      順子さん
      コメント内容、同感同感、と頷きながら読ませていただきました。あまりこんなことは言わないほうがいいのだろうけど、たまに言いたくなることあるよね(笑)。でも裏での仕事もきっと自分の肥やしになってくれているのだからと信じてやっています。しんどいときもあるけどがんばりましょうね、お互いに。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K