Loading...Loading...

 今年の2月3日、歌手の梓みちよさんが亡くなった。梓さんと言えば「こんにちは赤ちゃん」のヒットが有名である。昭和38年、私が小学1年生の頃だった。永六輔の作詞、中村八大の作曲であるが、当時、子供心にこの歌の歌詞に違和感を感じていた。
 赤ちゃんを産むことは大変なことである。相当の痛みを伴う。小学生でもその程度の知識は持っていた。だから、産んだばかりのママが生まれたばかりの我が児に対して「こんにちは赤ちゃん…はじめましてわたしがママよ」などと軽く言えるのだろうか、小学生なりにずっと疑問に感じていたのである。
 長じて大人になってから、もともとの歌詞はパパの心情を歌った「わたしがパパよ」だったことを知り、ほっとして納得したことを憶えている。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K