Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム4月句会のご案内→2018年月12日(金)17時50分開場・大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第7研修室にて。宿題「じたばた」「挟(はさ)む」「オーラ」「自由吟(赤松ますみ選)」、席題と印象吟あり。出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

☆☆印象吟勉強会・ぜりぃびぃんず次回開催:2019年3月14日(木)10時に阪神百貨店梅田本店地下一階のインフォメーション前に集合(フロアガイド参照:https://www.hanshin-dept.jp/hshonten/floor/floorb1.html/)後、8階催場グリーンルームにて開催の「阪神の〈北陸4県味巡り〉の吟行。ランチを挟み句会:大阪総合生涯学習センター第1会議室。

・・・・・・・・・・・・

☆カルチャー教室のご案内

JEUGIAカルチャーセンターイオン洛南「はじめての川柳教室」

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

塚口カルチャーセンター「たのしい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月のぜりぃびぃんずは阪急百貨店梅田本店のうめだギャラリーにて開催の「片岡鶴太郎展 顔 ―faces―」を参加全6名で鑑賞。芸人・俳優・ボクサー・画家/書家、ヨーギー、とさまざまな顔を持つ鶴太郎さんの新作のテーマは日本の顔である「富士山」。また、従来からのテーマである椿を描いた多くの作品他、鮮やかで美しい色づかいにすっかり酔ってしまいそうな時間でした。

鑑賞後、ギャラリーのすぐお隣に位置するカフェでおいしいランチ、続いて大阪総合生涯学習センターでの句会勉強会へ。吟行で得た句材を元に作句→互選→講評→質疑応答、と進行し、いつもより少し早めの時間に無事お開きとなりました。〈かぎろいというまやかしの中にいる〉は互選で点が入った中の私の一句。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌3月1日は従来よりも早い時期に開催のコロキュウム句会。この日は13時からの塚口カルチャー川柳教室終了後、梅田へ急いでの句会準備へ。移動中もどこか汗ばむほどの陽気でコピー作業や他の準備中もしばしば汗を拭きながら、といった具合でした。そしてこの日は出席14名、投句5名の参加全19名。初出席の若い女性の参加もあり、3月の句会を華やいだ雰囲気にしていただきました。そして今回の印象吟はこれ→

(いつものjpeg画像で保存していなかったのでアップに手間取っていましたが、やり方を教えて下さった方がいて無事このように(笑)。ありがとうございました。

私の結果です:

スポンジが満たされてゆく滝の音     (席題「スポンジ」)

ドールハウスの埃はスポンジで拭う       (同)

ジャズピアノもうスポンジでいられない     (同)

ハワイアンフラの指先星が降る      (宿題「どっぷり」)

一面の菜花に暗示かけられる          (同)

フィトンチッドたっぷり吸ったログハウス    (同)

横線を引きすぎましたあみだくじ     (宿題「絡む」)

金繕いでこそっと生まれ変わります    (宿題「ずるい」)

泣き虫を変えてしまった笑いヨガ        (同)

ほんとうの顔を見せないおひなさま       (同)

他 3句。

妥協できそうちぎり絵の梅となら     (自由吟軸吟)



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K