Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム8月句会のご案内→2018年8月2日(木)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第5研修室にて。宿題「アジア」「習(なら)う」「ゼロ」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切18時50分(印象吟のみ19時30分) 句会参加費800円

☆7月のぜりぃびぃんず:7月30日(月)午前10時に大阪・西梅田のヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階にあるニコンプラザ大阪に現地集合。ニコンサロンにて開催中の「中間麻衣 写真展港 ONEWAY」他鑑賞・吟行後、ランチを挟み、大阪総合生涯学習センター第1会議室にて勉強句会。

・・・・・・

☆カルチャー教室のご案内

JEUGIAカルチャーセンターイオン洛南「はじめての川柳教室」

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

塚口カルチャーセンター「たのしい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連日の酷暑、お見舞い申し上げます。

報道では「命にかかわる暑さ」という暑さが続いていますが、大阪も37、38度台の暑さがこう続いてはまったくどうしようもなく。水分補給を充分にして熱中症で倒れないよう、気をつけて過ごすほかありませんね。

さて、そんな猛暑の中、7月20日には池田市・託明寺にて森中惠美子句碑祭りがあり、私もご案内を頂いて参加しました。惠美子先生の句碑がこのお寺の境内に建立されその除幕式が行われたのはちょうど5年前の同日。私もその式に出席させていただいたのですがあれからはや5年経ったのですね・・・。そしてその翌年の7月から今回のような句会が川柳五月山のメンバーのお世話によって、少しかたちを変えながらではありましたが、年一回開催されるようになったというわけです。

今回の出席者は全30名。事前に「託す」と「自由吟」2句を投句、森中惠美子選の結果がこの日発表されるということになっていて私も締切日に投句したはずだったのになぜか到着していなかったようで評価が聞けなかったのはちょっと残念でした。帰宅後、パソコンに残っていたデータを再度FAXで送ったので、発表誌には結果が掲載されるということでそのときを楽しみにすることに。ということでどの句が選ばれるのかわからないので(各2句のうち1句は必ず○を頂戴できる)、今日のブログには載せられませんが悪しからず。

句会が終わったあとはお寺の本堂にて託明寺老院 葛野勝規氏による法話、そしてその後は座を囲んで楽しいお酒と食事とお喋りの楽しい時間。おかげさまで世間の暑さをいっとき忘れることができました。上の写真は2014年に撮影の一枚です。今回もお開きの前に集合写真を句碑の前で、という話になっていたのですが、この日のあまりの暑さのため急遽屋内での撮影に変更されたようなことでした。ともかくも心地よい川柳パワーを頂戴できた一日でした。川柳五月山の皆さま、お世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・

そして、コロキュウム誌上大会の上位結果は他の方々のブログでもアップして下さっていて、もう今やちょぴり古い情報になってしまったかもしれないのですが、主催側としては発表誌が全員のお手元に届くまでは、という気持ちがあったので遅くなりました。実際、いろんなトラブルで戻ってきたケースが続いたことも悩ましかったのですがそれもほぼ解決したようですので、今回の「自由吟」の選者8名による特選、そしてこの機会に、選にあたって下さった選者先生方の力作も次にアップさせていただくことにしました。

新家完司 選

(特選)スリッパの裏側までが守備範囲    岡谷 樹

(選者吟)シャイで人見知り先祖はカブトガニ  新家完司

髙瀨霜石 選

(特選)はじめますまずは手のひらひらきます 安井茂樹

(選者吟)仲良しでいたい闇とも病とも     髙瀨霜石

柳本々々 選

(特選)おぼろ夜のすき間マンボウのかたむき 宮沢 青

(選者吟)めゅっめゅめゅっめゅめゅっめゅめゅと鳴る穴  柳本々々

德永政二 選

(特選)空が澄むキリンの舐めたところから 加藤ゆみ子

(選者吟)ああこれはあふれるままのひかりです 德永政二

真島久美子 選

(特選)仰け反ったまま夕暮れにたどり着く     石橋芳山

(選者吟)いつの間に蝶いつの間に風だろう  真島久美子

なかはられいこ 選

(特選)空が澄むキリンの舐めたところから 加藤ゆみ子

(選者吟)痛くって痒いさくらを見たまぶた なかはられいこ

森中惠美子 選

(特選)たこ焼きのきれいに並ぶ市民権    山本早苗

(選者吟)立ち上がる女 夾竹桃の白     森中惠美子

あかまつますみ 選

(特選)もう憎むことなく針は針山に    太田のりこ

(選者吟)水色のリボンで結ぶエピローグ   赤松ますみ

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K