Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム4月句会のご案内→2016年4月12日(火)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「ドライ」「粉(こな)」「たわむ」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆4月のぜりぃびぃんず:大阪天満宮にて鎮花祭見学・吟行です。2016年4月25日(月)大阪地下鉄南森町駅(谷町線・堺筋線)東改札午前10時集合(改札を出た後、4B出口から天満宮へ向かいます)大阪天満宮 鎮花祭(←クリックしてみて下さい)ランチを挟み、13時から大阪総合生涯学習センター第2会議室で句会予定。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日、標記大会に参加しました。大会後の二次会~三次会(?)もしっかり残って少し前に帰宅したところです。今日は外はじんわり汗ばむほどのお天気でした。

会場に着いてすぐに向かった選者室で句箋の山がDSC_1040来る前に自分の投句を、と思っていると突然きれいに澄んだ鐘の音色が・・・選者室担当の方が窓の外を指し、「会場のすぐ隣りの栄光教会の鐘ですよ、10時30分に鳴るのですね」と教えて下さいました。その方によると、「何度もこの会場へ来ているけれどこんなふうにして見下ろして見るのも初めてだし鐘の音を聞くのも初めて」とのこと。早速窓を開けさせてもらって撮影しました。1995年の阪神淡路大震災ではこの教会の会堂は全壊したそうですが、その後、以前の姿に近づくようにと赤レンガを手積みで施行し、2004年に再建なったとか。「こんなにきれいな音色を聞くことができたからいいことがあるかしら」とその方がおっしゃるので私もなんだかうれしくなってしまいました。

さて、大会ですが、参加全267名。全国に同人がおられるふあうすとさんの大会らしく、遠くからの参加者も大勢おられたようです。私はといえば実はあいかわらず喉の調子がいまいちで披講のときに声が出るかと心配しながら壇上に立ちました。案の定いつもよりどうも落ち着かなくて皆さまにご迷惑をおかけしてしまったかもしれません、反省!

大会、懇親会といろんな方に声をかけていただいたりおいしいビール・日本酒を頂戴したりと楽しい時間を過ごさせていただくことができました。ふあうすとのみなさま、大会参加のみなさま、お世話になりありがとうございました。

わたくしの結果です:

ひとりぼっちで一輪挿しの中にいる   (題「残る」)

ひらめきすぎる大吟醸を飲んでから   (題「閃く」)

閃いたとたんに葉桜になった       (同)

流れ雲プラス志向のまま消えた     (題「流れ」)

流れの中で紐をときどき締め直す    (同)

究極の愛だと思う隙間家具       (題「隙間」)

瞬き百回君が気づいてくれるまで    (題「狙う」軸吟)

ところで、業務連絡を一件:

川柳文学コロキュウム73号への誌上投句締切は本日4月10日です。まだ投句されていない方はなるべく急いで下さいますように。お待ちしています。

そして、明後日12日は川柳文学コロキュウム4月句会です。みなさまのご参加お待ちしています。よろしくお願い致します。

川柳マガジンさんの川柳クリニックの原稿は昨日メール送信済み。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

2016 ふあうすと大会”にコメントをどうぞ

  1. on 2016年4月11日 at 10:39 AM :

     ますみさま、ふあうすと大会ではお世話になりました。
    のどの調子が悪いと以前書いておられましたので、心配しておりました。
    が、少しハスキーなだけで素敵な披講を聞かせていただきました。

    お忙しいのでお体に少々無理をさせておられるのかも……
    いただいた川柳文学コロキュウムじっくり読ませていただきます。
    ありがとうございました。

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2016年4月12日 at 6:42 AM :

      Kさま

      10日の大会ではいろいろとありがとうございました。

      偶然にすぐ後ろからご呼名が聞こえてびっくりするやらうれしいやら。
      前々からお世話になっていながらお話しする機会がなかったので
      今回は短時間ながらもたくさんお話しできてうれしかったです。

      そして素晴らしい作品のご受賞、おめでとうございます。
      壇上に上がられたKさん、とてもいい笑顔でしたよ。

      私のこともご心配かけてしまっていたようで恐縮です。
      日にち薬でなんとなくおさまってきているようにも思いますが
      ともかくも無理をしないように気をつけるつもりです。

      またどこかでお会いできるのを楽しみに!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K