Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム12月句会のご案内→2016年12月12日(月)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第3研修室にて。宿題「楽器(がっき)」「惜(お)しい」「弾(はず)む」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆11月のぜりぃびぃんず:2016年11月28日(月)。午前10時30分にJR大阪駅桜橋口改札出口に集合後、梅田ダイビルB1F(JR大阪駅桜橋口より西へ徒歩5分)・キャノンギャラリーにて「髙野 宏治 写真展:東京の風に漂う」鑑賞・吟行。ランチを挟み、13時から大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第2会議室にて句会。

・・・・・・・・・・・・・・・・

20日の日曜日は標記の川柳大会へ参加してきました。最寄りの駅のほぼ始発に近い時間に出発して名古屋経由で名鉄・犬山駅に到着したのは午前9時15分過ぎ。改札や会場へのバス乗り場で静岡や愛知、三重県からなどの川柳仲間とばったり出会って、お喋りしながら会場へ。受付でもらった事前投句の入選句集を見ると、特に「入選しています」の葉書もこなかったので予想していたもののやっぱり全没でした(笑)。

投句のあとはまずお昼ご飯、ということにDSC_1576なるのですが、実は予定が定まらなかったのでお弁当を予約していなかったのです。そこで途中で駅弁でも買おうと思っていたのを名古屋で買い忘れ犬山でもなんとなく買いそびれ。会場に併設のレストランがあるのを聞いて注文した牡蠣フライランチはとっても美味でした。相席させてもらった旧知の柳友そして初対面の方、おDSC_1567二人との楽しい会話を楽しませていただいた時間でもありました。

写真は表彰式や披講前に行われたアトラクションの鳴子踊り。途中からは会場の参加者もご一緒に、ということで皆さん乗りに乗っています。

当日大会の私の入選句は〈銀杏散る やっと自由になれました(題「フリー」〉の一句。参加者は700名ほどだったとか。入選とか没とかいうより、この大会に出かけたからこそ約十年ぶりに再会できたのかもしれない方がいたり、名前と作品でしか存じあげなかった方に声をかけていただいたり、会場のあちらこちらでの再会を楽しむことができました。

会場から駅までの送迎バスは大型でしたが、やっと来た一台は後方で待っていた長い列のかなり手前で定員いっぱいになってしまい、次のバスを待つこと30分以上、合計1時間近くは待ったように思います。そのあたり少々くたびれたけれど、また、日帰りだったので、犬山は初めての地でありながら何も観光できずに残念ではありましたが、川柳を通してのあたたかい空間を共有させていただくことのできた貴重な一日でした。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

第31回国民文化祭・あいち2016「川柳の祭典」”にコメントをどうぞ

  1. なごみ なごみ on 2016年11月28日 at 8:37 AM :

    ますみさん犬山ではお会いできてうれしかったです、が、ばたばたしててお話しもあまりかなわずちょっぴり残念でしたね。
    またきっとどこかの会場でお会いしましょう。

    プロフィルの画像変更したのね、とってもきれいよ。

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2016年11月30日 at 9:33 AM :

      なごみさん
      犬山ではこちらこそです。ほんの一言二言という感じしかお喋りでき
      ませんでしたね。でもお元気そうなお顔を拝見できてうれしかったです。

      なごみさんのコメントを見てびっくり。そういえば数日前にも他の方が
      写真のことに触れたコメントを入れて下さってたし、あわててパソコンの
      中を何度も触っていたらようやく新しい顔が出てきたというわけです。

      竹田さんにお聞きしたらおそらく1週間以上前に既に変更されていた
      ようでした。なんなのでしょうね、このタイムラグは(笑)。

      昨秋の川柳塔まつりで会場に坐っていたときにどなたかが撮して
      下さったスナップです。ほめてくださってありがとう。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K