Loading...Loading...

川柳文学コロキュウム10周年記念川柳大会ご案内
 日時 2013 年 5 月 11 日(土) 開場 12 時 30 分   出句締切 13 時 30 分
 会場  大阪駅前第3ビル17階 (株)ティーオージー  
〒530-0001 大阪市北区梅田 1-1-3 ℡ 06-6344-0205(JR大阪駅より4分)
 ☆会費 2,500円(発表誌、記念品呈)
 ☆宿題 「魔 法」 弘津 秋の子 選 (茨木市)  「夕 方」 門脇 かずお 選 (米子市)
      「けれど」 本多 洋子 選 (松原市)  「映 画」 髙瀨 霜石 選 (弘前市)
      「 棚 」 辻 嬉久子 選 (京都市)    「 情 」 久保田 寿界 選 (芦屋市)
      「自由吟」(事前投句受付済)赤松ますみ 謝選
 ☆席題 …印象吟(選者は当日出席者より決定)
 ☆懇親会 会費5,000円(パーティースペース モリシタにて)

         ……………………………………………………………………
今日は標記の句会で題「ノート」の選を仰せつかっていましたが少し早く家を出、目的地の前にちょっと寄り道。まず梅田にて某花店に立ち寄り、10周年記念大会会場内の飾り花のことを依頼。それが終わって時計を見るとまだ1時間強、時間に余裕があったので、心斎橋の大丸北館で開催中の蜷川有紀絵画展「薔薇迷宮」へ。今日の二七会へも応援参加下さったKさんが数日前に「お勧めです」と教えて下さっていたのですが、妖艶な薔薇・薔薇・薔薇の迷宮の世界に圧倒されてしまいました。ちなみに「薔薇」とか「迷宮」とかいう言葉は漢字の持つイメージも大好きです。鑑賞していたとき、会場におられたすてきなロングドレスの蜷川さんと何度も擦れ違いました。

  さてもうそろそろ、と二七会会場である道頓堀の治平衛へ急ぐと、既に皆さん席につかれて中にはほろ酔い気分の方もちらほら。句会参加者25名。目の前のご馳走をいただきながら句を書いたり、互選したり、選をしたり、と忙しいといえば忙しい(笑)。ビールを飲みながら窓外の赤や緑のネオンをちらちらと眺めながらの句会は普段と違うけれど終始なごやかムード。最後は二七手拍子という、二七会独特の手拍子でお開きに。

   鳥取から新家完司さんも参加、ということで句会終了後はカラオケへ8名くらい?  新葉館の松岡さんも句会時からご一緒で、飲んで歌って騒いでの楽しい道頓堀の夜のひとときを過ごさせていただきました。みなさま、お疲れさまでした。 
  
   私の結果です:
     古書店でやっとアナタに逢えました   (宿題・互選 「ようやく」)
     ドクターの言うことを聞く花水木     (宿題「医者」)
     つけまつげ 夜はゆっくり眠ります   (宿題「ほどほど」)
                        他 2句。
     「ごめんね」と一言書いてあるノート    は宿題「ノート」軸吟

 
     



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川柳二七会”にコメントをどうぞ

  1. 茂俊 on 2013年4月28日 at 8:29 AM :

    昨夜はお忙しい中お越しいただきありがとうございました。
    大会前のお忙しい時期、最後までお付き合いいただいて、ちょっとゆったりしていただけたかなと思ってます。

    ますみさんが松山千春がお好きだと、カラオケで初めて知りました。
    初めて聞く曲にファン度が解ります。(~o~)

    大会前後お忙しいと思いますが、お体を大切にご自愛下さい。

  2. ますみ on 2013年4月29日 at 11:22 PM :

    茂俊さま
    お礼が遅くなりましたが、27日は大変お世話になり、ありがとうございました。楽しい句会とお酒、そして予定外のカラオケまで(笑)。
    久し振りの道頓堀でしたが、やはり活気がありますね!
    またお邪魔させていただきます。
    そして5月11日の大会へもご参加予定して下さっている由、うれしいです! 楽しみにしていますのでどうぞよろしくおねがいいたします!

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K