Loading...Loading...

☆ 川柳文学コロキュウム7月句会のご案内→2014年7月10日(木)18時~ 大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「顔(かお)」「いよいよ」「耐(た)える」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。    出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆ 7月の印象吟勉強会・ぜりぃびぃんずは7月28日(月)13時より大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4会議室にて開催 ——————————————————————————————————————–

  23日に開催したぜりぃびぃんずの報告が遅くなり6月ぜりぃびぃんず印象吟題ました。この日は参加全7名。室内での勉強会は2か月ぶりです。これまでの回を振り返ると、物体や写真などの題材で30分以上作句するのに言葉が浮かんでくるのが苦しそうな感じが見受けられたので、今回は言葉探しができるものとして朝日歌壇・俳壇欄の切り抜き(昨年7月8日のもの)を題材としてみました。掲載されている短歌あるいは俳句を読んでインスピレーションが湧けば一句作る。また、自分の視野の外にあった言葉をキャッチするのにもいいかな、と思ったからですが、メンバーからは言葉が浮かんできやすかったという意見が多かったようです。

  この日はまた、互選のやり方についてメンバーの1人から提案があり、今回から今までのやり方でなく、自分の作句した中から5句選んで互選に出し、選句も各5句ずつ提出された「人数分×5句」の中から各自が○をつける句を5句選ぶ、という方式でやってみることになりました。そうすることで、句を見る力も更に養えるし、選評についても句をしっかりと読む機会が増える分、自分の勉強につながるということです。私にとっては初めての試みだったので、互選の司会を務めながらも要領が掴めなくてもたもたしてしまいましたが、この勉強を積み重ねた結果が今から楽しみになってきました。〈シャッターを押すたび鬼が入れかわる〉は互選で4点入った私の作品です。慣れないことをしたので時間の使い方がうまくゆかず、今回は一つの題材についての作句しかできませんでしたが、次回はもう少しスムーズに進行させたいものです。

  先日来、つまらない怪我のことで皆さんにご心配をおかけしました。くちびるはまだ痺れがとれませんが、右腕はほぼ95%まで回復してきました。とはいえ、川柳文学コロキュウム65号のずれこんでいる原稿はどうしようもなく、本来ならもう今頃発送の段階なのにまだ印刷に回すところにまで至っていません。ほんとうにもうしわけないのですが、もうしばらくご容赦ください。

  明日から富山大会なのに気分はそれどころでなく、少しでも原稿をと思ってPCに向かっていたのですが、観念してもう置くことにします。用意がほとんど何にもできてなくて、結局到着は前夜祭ぎりぎりになってしまいそう。せっかく富山へ行くのに観光はあきらめざるを得ませんがたくさんの皆さまとお会いできるのを楽しみに出かけます。

  川柳すずむし6月号・銀鈴抄からの推薦3句は選出し、投函用意済み。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

6月のぜりぃびぃんず”にコメントをどうぞ

  1. なごみ on 2014年6月28日 at 7:32 AM :

    ますみさんおはようございます。相変わらずのお忙しさ大変ですね。お怪我は大分回復されたようですこし安堵してます。
    富山行きどうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2014年7月2日 at 12:14 AM :

      なごみさん
      コメントいただいていたのに遅くなりました、ごめんなさいね。富山で信二郎さんが律子さんをご紹介下さいました。昨年の甲府ではお話する機会がなかったのでご挨拶できてうれしかったです。そういえば、前夜祭で五十音順テーブルのお隣も甲府の方でした。なごみさんとは今回はお会いできなくて残念でしたがまた次回を楽しみに!

  2. 伊東志乃 on 2014年6月30日 at 9:42 PM :

    ますみ様、遙々富山へお越し頂き有り難うございましたm(__)m
    前夜祭でお声をかけて頂いて、とても嬉しかったです(^^)

    なかなかお話しも出来ないで残念でした(^^;)
    観光はできなかったのですか?
    まあ、市内はあまり観光するところが無くて、観光地は遠いですからね………
    そこにいても拝める立山連峰も見れなかったですよね………
    今後ともどうかよろしくお願いいたしますm(__)m

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K