Loading...Loading...

藤井五冠が負け越している棋士が2人いる。え!って驚かれるかもしれません。
深浦康市9段に1勝3敗。NHK杯戦で負けた時のあの映像(盤に顔を埋めた)は
記憶にのこった方も多いと思います。

もう一人は大槁貴光6段。
5月6日に行われた王座戦挑戦者決定戦1回戦で敗れました。
これで今期の6冠達成は消えました。
大槁貴光6段にはこれで4連敗です。 (通算2勝4敗)

藤井五冠が一番多く対局しているのは豊島9段で23局。(13勝10敗)
渡辺明名人とは14局。(12勝2敗) 永瀬王座とは10局。(7勝3敗)
10局以上対戦しているのはまだこの3棋士だけです。
いかに超!超特急での五冠獲得か、これでわかります。
(負け越している棋士にも対局を重ねていけばその結果はまた違って来ます)

簡単な詰め将棋 3手詰 持ち駒なしです。

詰め将棋の要諦は捨てることにあります。川柳もそこ!ですよね、、、そこ!。

静岡県誌上川柳大会の案内は、前回記事にも貼りつけてあります。
↑ 上の川柳大会名をクリックすると、応募要項が出ます。
〆切りは6月30日(消印有効)です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K