Loading...Loading...

幕末の思想家、佐久間象山の「漫述」が気に入っている。これを唸ると高揚感がある。
詩吟をやる方はみなさんそうだと思う。
口先だけではないその生き方に刺さるものが有るんだと思っている。

最後の
「他人の知るを求めず」このくだりには
痺れる。
象山の門下生には多くの逸材がいた。
なかでも吉田松陰とは史上最強の師弟ともいわれた。
この二人の政治思想(開国論)が、列強から日本を守った。
佐久間象山は刺客によって斃れた。53歳。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K