Loading...Loading...

川柳文学コロキュウム10周年記念川柳大会ご案内
 日時 2013 年 5 月 11 日(土) 開場 12 時 30 分   出句締切 13 時 30 分
 会場  大阪駅前第3ビル17階 (株)ティーオージー  
〒530-0001 大阪市北区梅田 1-1-3 ℡ 06-6344-0205(JR大阪駅より4分)
 ☆会費 2,500円(発表誌、記念品呈)
 ☆宿題 「魔 法」 弘津 秋の子 選 (茨木市)  「夕 方」 門脇 かずお 選 (米子市)
      「けれど」 本多 洋子 選 (松原市)  「映 画」 髙瀨 霜石 選 (弘前市)
      「 棚 」 辻 嬉久子 選 (京都市)    「 情 」 久保田 寿界 選 (芦屋市)
      「自由吟」(事前投句受付済)赤松ますみ 謝選
 ☆席題 …印象吟(選者は当日出席者より決定)
 ☆懇親会 会費5,000円(パーティースペース モリシタにて)

         ……………………………………………………………………
  爽やかな五月の風が心地良い季節です。大型連休の後半、5日は神戸の第24回時の川柳交歓川柳大会に出かけました。参加者251名。間近に迫った当会大会チラシも配布させてもらったのですが、たくさん作って昨秋からあちらこちらで配布してきた最後の2枚がこの日、手元に残りました。なんとなく感無量(笑)。急ぎの用をかかえていたので、申し訳なかったのだけど大会の最後のほうで失礼させていただくことに。
   私の結果は次の2句:
     黙秘権通し続ける茶封筒     (宿題「封」)
     葉桜の闇をひらいてゆく夜明け (宿題「夜明け」)

   睡眠もあまりととれないまま、昨日6日も早朝から所用のため京都方面へ一日外出。
   連休明けの本日7日は梅田へ出かけ、箇条書きにした大会関連の用事をいくつも済ませてきました。昨日、今日とホントによく歩いて足が悲鳴を上げかけていますがもうちょっとがんばらねばなりません。

  (写真上は時川大会の会場へ行く途中にある兵庫県公館を通りすがりに写した一枚。白とピンクの皐月がとても鮮やかでした。下は昨日の往きの大阪モノレールの中から写した朝の「太陽の塔」、なにやら機嫌悪そうな表情に写っていません?)
               



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K