Loading...Loading...

☆ 川柳文学コロキュウム12月句会のご案内→   kukai2.html
☆ 川柳文学コロキュウム10周年記念大会ご案内→ 10.pdf
☆ 12月のぜりぃびぃんずはお休みです。次回の開催は2013年1月31日(木) 
                大阪総合生涯学習センター5階 第3会議室にて開催予定。
———————————————————————————————-
   十二月に入り、さすがに冷え込むようになりましたね。街はすっかりクリスマス仕様、いろんな場所に飾られたデコレーションを眺める楽しみが増えました。電飾のキラキラを見るのは大好きなのですが、最近では意外な場所、というのか田園地帯にある個人のお宅の壁面や消防署にも大きなツリーやトナカイが光っていてびっくり(笑)

   そんな師走初日の昨日は三回忌法要の日でもありました。実際より一ヶ月以上も早い日にちではあったけれど、生活が一変してしまった昨年一月のあの日からおよそ二年あまりの怒濤の日々をつくづく振り返った時間でもありました。とはいっても立ち止まっている余裕はありません。なんだか毎日があっぷあっぷの日々ではあるけれど、自分なりに少しずつ歩んでゆくことが自分の課題の一つと受け止めています。

   川柳文学コロキュウム58号の編集も、今回は年末を控えているから遅れは許されず、ずれこんでいる分はこれから大急ぎで調整してゆく予定。

   さて、HP洋子の部屋・ゲストの椅子十二月に掲載していただいた私の作品です:
     
     ルーペの向こう側    赤松ますみ

結んだり開いたりして冬に入る
まぼろしのほうへ靡いてゆくススキ
金色はお気に召さないかぐや姫
諭されている丸窓の薄明かり
語り部のたすきを縫っているところ
せせらぎに変わるルーペの向こう側
上へ上へと慎重な色になる
砂の城建ててこの世のはなしなど
片方の手袋だけの異邦人
ふっきれたところで鳴っている汽笛

(写真は4,5日前に通りかかった大阪・なんばパークスにあるお店のショーウインドーを写した一枚)

                 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K