Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム12月句会のご案内→2017年12月12日(火)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「まさか」「脆(もろ)い」「迷(まよ)う」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆12月のぜりぃびぃんずはお休みします。

☆2018年1月のぜりぃびぃんず:1月29日(月)内容未定(吟行あるいは室内勉強会・・・詳細決定次第当欄にアップします)。13時より大阪総合生涯学習センター第1会議室にて句会・勉強会。

★☆★川柳文学コロキュウム創立15周年記念全国誌上川柳大会のご案内

川柳文学コロキュウム 創立15周年記念誌上川柳大会(←クリックして下さい)

☆カルチャー教室のご案内

アゼリアカルチャーカレッジ「木曜日のしあわせ川柳」

よみうり松坂屋高槻文化センター「川柳~五七五で詠いましょう」

塚口カルチャーセンター「楽しい川柳」

大阪シティアカデミー「脳活のための川柳」

・・・・・・・・・・・・

本日のぜりぃびぃんずは参加全8名。風邪のためお休みの方も数名でいつもよりは少人数でしたが、思いがけずご参加下さった静岡の柳友に華を添えていただきました。

 

 

 

 

 

当初企画していた御堂筋の銀杏並木は、ハラハラと舞い落ちる晩秋の風情を味わうにはもう少し時期が早かったかもしれません。梅田第3ビルあたりから南へ下る御堂筋の途中に北新地への入口があり、ちょっと冒険吟行、ということに。夜はさぞかしネオンきらきらのイメージの強い北新地も、午前中はまだ半分眠っているかのような閑散とした通りが続いていました。それでも頭上に赤い提灯が続く細い路地を一本入ると思いがけない場所に恵比寿様が祀られていたり、色とりどりのショーウィンドーも新地ならではの発見あり。

四ツ橋通りの手前あたりまで来てちょっと道を逸れると堂島の近代的な建物が、そしてその前にある、最初はモダンなモニュメントかと思っていたのが堂島薬師堂だったのにはびっくり。お参りの方々も次々と来ておられました。水中の弁財天さまの優雅なお姿にもしばしうっとり。

薬師堂前で少し休憩を取った後、お昼の11時半近くになってようやく活動を始めた北新地本通りに戻り、すてきな雰囲気の土佐鮨処のお店でみんな揃ってのちょっぴり優雅で楽しいランチ。午後は歩いて数分の場所にある第2ビルに戻り、互選句を各自8句提出、全員が提出した中から各8句選出し、講評など進めてほぼ17時直前に無事終了。川柳のパワーを頂くことのできた今日一日に感謝。〈長編の隙間を飾る胡蝶蘭〉は互選で点の入ったうちの私の1句。

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K