Loading...Loading...

☆川柳文学コロキュウム5月句会のご案内→2016年5月10日(火)18時~大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「うるうる」「粘(ねば)る」「芯(しん)」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。  出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆5月のぜりぃびぃんず:2016年5月23日(月)10時にJR大阪駅カリヨン広場集合→大阪ステーションシティー時空の広場にて「ワンダーフラワーガーデン」見学・吟行。ランチを挟み、13時から句会・大阪総合生涯学習センター5階第4会議室

(上記、「JR大阪駅カリヨン広場」「ワンダーフラワーガーデン」の部分をそれぞれクリックしてみてください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お天気に恵まれた昨日5月1日、標記の大会がDSC_1163
開催されました。この日は参加全322名。毎回全国からたくさんの柳人が集うこの大会、今回は九州での地震の影響で来阪できない方も多かったとか、田中新一会長もそのことが心配だし残念、と冒頭の挨拶で述べられていました。そんな中でも参加予定されDSC_1162ていた熊本在のお一人から「抽選で仮設住宅が当たった」との知らせがあったとのことで、ちょっぴり胸を撫で下ろせるようなシーンも。入選句全体にも熊本を中心としたこのたびの被災地へエールを送る句が見うけられました。

番傘の今回のような規模の大会では投句は1句出しDSC_1165なのですが普段慣れてない者にとってはかえって難しい・・・前回の私のブログへもそのような声が届いていましたが、この日の会場でも同様の声がちらほら。まあでも自分の作品なのですから1句出しでも2句出しでも自信を持って投句するのが基本なんですけれどね。それはともかく今回の322句からの全49句(あと1句は選者吟)という入選率ではありました。

会場で神戸・時の川柳社のKaさんが四つ折りにした新聞を丸ごと持ってこられ、「4月29日の神戸新聞朝刊に昨年募集のあった時の川柳通巻700号記念行事の発表誌のことが取り上げられていてますみさんの句も載っているのよ」と、やや興奮気味に新聞を渡して下さった。見れば〝短詩型の窓〟というコーナーに、平山主幹と共に選を担当された詩人、俳人、歌人の方たちの講評などが掲載されていて、歌人の方が私の入選句〈仮縫いのかたちで秋が過ぎてゆく〉を取り上げて下さっていました。もちろん他の方の作品もたくさん載っていたのですが、このようなかたちで自分の句と再会するのはどこか新鮮な感じもあり、うれしかったですね。Kaさんのお心遣いに感謝です。

この日の私の結果です:DSC_1165

和解した海パノラマになっている (事前投句「広い」)

生きようとしている音のする古木   (宿題「響く」)

親と子の絆を風呂敷に包む      (宿題「親子」)

一粒の涙が花になりました   (宿題「ハプニング」)

新緑の揺らぎと朝のブランコと(宿題「きらきら」軸吟)

(写真1枚目は田中新一会長の事前投句披講。少しぼやけていてすみません。実は他にもいろいろ撮ろうとしたのですが、スマホの写真機能がときどきいうことを聞いてくれないことがあり、写せたのは数枚しかなくて←言い訳です。2枚目は清興の一つ、露団姫さんの落語「ちりとてちん」。3枚目は懇親宴での清興の「大神楽」。演じておられる方と団姫さんはご夫婦だそうです。)

(4枚目はこの日のこととは関係ないのですが、4月25日のぜりぃびぃんず吟行での天満宮にて入口に貼ってあったポスター。アップすることがなかったのだけれどずうっと気になっていたのでここでお披露目させていただくことをお許し下さい。「上方日本酒ワールド2016というタイトルで5月4日10時から天満宮境内にて開催、雨天決行とのこと。〝全国から結集した精鋭達の日本酒愛がスパーク!!〟ともありました。興味がおありで都合がつかれる方はぜひどうぞ!)

 

 

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

番傘わかくさ川柳会創立70周年記念全国川柳大会―油谷克己句集「大和川」発刊―”にコメントをどうぞ

  1. 澁谷 さくら 澁谷 さくら on 2016年5月2日 at 5:21 PM :

    ますみさん 
    わかくさの大会では選者さまのお役目お疲れさまでした。
    初めてお目にかかれてうれしかったです。
    「川柳文学コロキュウム」までいただきまして、
    ありがとうございます。
    毎回ていねいに編集されていることがうかがえます。
    厚みのある内容で読みごたえがありますね。
    ゆっくりと楽しませていただきます。
    大会後の懇親会に出られなかったのが、かえすがえすも残念でした。
    またおあいできる機会を楽しみにしております。

    日本酒イベントのポスター、
    目がないわたしには目の毒ですね~♪
    これまた行けないのが残念です。。。

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2016年5月3日 at 8:42 AM :

      さくらさん
      おはようございます。
      わかくさの大会ではお声をかけて下さってありがとうございました。
      川柳マガジンでお顔を拝見していたからすぐにさくらさんだと分かりました。
      そして「広い」での秀句、すばらしかったです。おめでとうございます。
       
      さくらさんが日本酒通とは存じ上げませんでしたが、あのポスターに興味を
      持って下さってうれしいです。先日の懇親宴では冷酒、燗酒、と頂きました。
      また機会があればご一緒できますように。
      楽しみにしています!

  2. たかこ on 2016年5月2日 at 6:20 PM :

    ますみさん
    お疲れ様でした。
    「きらきら」一番リキ入れました。入れすぎて浮いてしまったようでした。とほほ
    でも、披講聞きほれていました。愛媛でどれくらいの声で披講をしたらいいのか、研究させていただきました。お手本にしても自分ができるかどうか不明…しっかり読む練習をしていきたいと考えでいます。
    ますみさんは昨年の千葉も当日出句の選を、落ち着いて披講されましたものね。慣れ?だけでなく度胸が据わってるのかしら?
    あやかりたいものです。

    そうそう、カラオケ歌っていらっしゃったから、そばへ行きたかったのですが、とうとう行けませんでした。ごめんなさい。

    がんばってくださいね、がんばります。

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2016年5月3日 at 8:52 AM :

      たかこさん
      おはようございます。わかくさではありがとうございました。
      あの人数を前にしての披講はやはり緊張しましたが
      途中、どこかで多少ずっこけるほうが緊張がとけるのかな、と(笑)。
      慣れも度胸もありませんよ。選をするにあたって練習もしたことないし、
      毎回がぶっつけ本番のような気がして反省するばかりです。

      たかこさんは選者の経験も豊富だし、愛媛でもきっとだいじょうぶ。
      それもいよいよ来月に迫ってきましたね。何人くらいの方が会場に
      おられるのでしょう、予想もつきませんが片隅から応援しています。

      カラオケはけっこう無理矢理っぽかったですね(笑)。あれだけ参加者が
      おられたのに歌う希望の方がそんなにいらっしゃらなかったようで。
      でも私の「大阪ラプソディー」に前のほうで乗って下さる雰囲気があって
      うれしかったです。たかこさんも次回ぜひご一緒しましょうね!

  3. 昌紀 on 2016年5月8日 at 4:12 AM :

     おはようございます。
     「上方日本酒ワールド2016」下の方に書いてあったので、見過ごしていた僕が悪いんでしょうか。5月4日は何もすることがなく、某ホテルのメインバーで独り寂しく飲んでました。実はそこでビックリするような嬉しいことがあって、しこたま飲んで頭がガンガンしてひとり苦しんでいました。人間万事塞翁が馬???
     詳細は放課後…

    • 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2016年5月8日 at 8:50 AM :

      昌紀さん
      5月4日の〝ビックリするくらい嬉しいこと〟っていったいなぁに? 
      そのために飲み過ぎたんですか? 
      まあまあ、これは10日の放課後に聞かせていただけるということで、
      楽しみにしています。

      私は昨日は時の川柳交歓大会、今日はこれから川柳交差点9周年記念句会です。
      春の川柳大会シーズンとはいえ、二日連続の大会・句会参加は
      体力的に少々きつい年齢になってしまいました。
      もちろんアルコールは今しばらく我慢の子です(笑)。

      • 昌紀 on 2016年5月8日 at 12:18 PM :

         こんにちは。
         すみません。〝ビックリするくらい嬉しいこと〟は、酒飲み度を%で表すと、90%以上、ギリギリ85%位の人でないと泣くほど嬉しいことはありません。それ以下の人が聞いても「何それ?」「頭おかしいんちゃう」という反応でしょう。
         それより明日から十連休後の初仕事。う~~~ん。嬉しいと見栄を張っておきます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K