Loading...Loading...

☆ 川柳文学コロキュウム11月句会のご案内→2015年11月12日(木)18時~ 大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「揃(そろ)う」「熱(ねつ)」「ギュッ」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。   出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆☆ 次回のぜりぃびぃんずは吟行会です:

2015年11月30日(月)9時30分に大阪歴史博物館入り口に集合(大阪歴史博物館アクセス)館内の特別展鑑賞後、ランチを挟んで午後の句会をします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 あかつき川柳会主催の『あおぞら』Ⅲ誌上大会の結果が先日発表されましたが、その記念の集いが本日大阪・DSC_0618難波で開催され、私も課題「活」の選者として声をかけていただきました。会場は御堂筋を隔ててグリコの看板と反対側に位置する道頓堀ホテル。会場は下の写真のように巨大で風変わりなオブジェが玄関前に並んでいるユニークな建物です。

 出席者は関西在の選者四名を含む二十数名。鶴彬生誕105年、あかつき川柳会創立15年を記念したこの誌上大会の経緯をお聞きしていDSC_0623ると裏でずいぶんご苦労なさったことがうかがえて、なんだか身につまされる思いでした。出席者全員が何か一言スピーチをする、ということでトップバッターに当てられて、何やらわけのわからないことを喋ってしまったような気がします(笑)。ちょっぴり緊張しながらもお昼からのおいしいビールとお料理は遠慮なく頂戴。合間に上の写真のような風の盆の踊りの披露があったり、オカリナの演奏があったり、となごやかな時間を過ごさせていただきました。〈注目を浴びているのは百日紅〉は「活」の私の選者吟。

 上記の集いがお開きになったのが13時30分。大急ぎで地下鉄・御堂筋線に乗り梅田・第2ビル・大阪総合生涯学習センターで開催の日川協常任幹事会へ。スタートの14時をほんの数分遅刻してしまいましたが普段欠席が続いているので今日はなんとしてでも出席、と思っていたから間に合ってよかった。出席19名。 議題は先日選が終了した柳多留250年記念誌上大会や鹿児島国文祭について他諸諸。終了後も地下二階でまたまた皆さんと軽く(?)ビール、焼酎など頂いてしまった、まあたまにはいいでしょう(笑)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   HP洋子の部屋・11月のゲストの椅子に参加させて頂いた私の作品です:

          星の物語    赤松ますみ

        アンドロメダの涙が肩に落ちましたDSC_0581

        小松菜もほうれん草も森を出た

        たそがれの前の一瞬ひかる糸

        振り子時計とゆっくり越えてゆく峠

        目に見えぬ星の重みに耐えている

        占星術をくすぐってくる秋薔薇

        真実がまぼろしになる磨りガラス

        三角も四角も星の物語

(上は先日訪れた鹿児島・嘉例川(かれいがわ)駅のレトロなホームから撮影した一枚)

 川柳マガジン・川柳クリニックの原稿は8日深夜にメール添付送信済み。

 川柳文学コロキュウムの来年2月句会は2月10日(水)に、ぜりぃびぃんずは2月29日(月)に会場をそれぞれ予約済み。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

『あおぞら』Ⅲ発刊を祝う集い&日川協常任幹事会”にコメントをどうぞ

  1. 加藤 鰹 on 2015年11月16日 at 8:27 AM :

    鹿児島の駅ホームで写した一枚、いい雰囲気ですね。なんだか懐かしい香りがします。

    「顔から足が生えているオブジェ」は何なのですか?(笑)へんなの

  2. 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2015年11月17日 at 10:48 PM :

    鰹ちゃん
    写真の駅舎はノスタルジックな香りがしてとてもよかったです。3時間観光をお願いしたタクシーの運転手さんが霧島神宮へ行く前にまず最初に立ち寄って下さったのですが、こんなことでもないと知らなかった場所でした。

    道頓堀ホテルのオブジェ、「へんなの」とはごもっとも(笑)。何か意味があるのでしょう、私もネットで調べてみたけどよくわからなかった、ごめん。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K