Loading...Loading...

☆ 川柳文学コロキュウム11月句会のご案内→2015年11月12日(木)18時~ 大阪総合生涯学習センター(大阪駅前第2ビル5階)第4研修室にて。宿題「揃(そろ)う」「熱(ねつ)」「ギュッ」「自由吟(赤松ますみ選)」他、席題と印象吟あり。   出句各題3句。出句締切19時(印象吟のみ19時40分) 句会参加費800円

☆☆ 次回のぜりぃびぃんずは吟行会です:

2015年10月29日(木)10時に大阪市立科学館(大阪市立科学館アクセスマップ)入り口に集合。館内展示&プラネタリウム鑑賞後、ランチを挟んで午後の句会をします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

標記、報告が遅くなりました。10月14日のコロキュウム10月句会は出席25名、投句7名、計32名の参加。あちこちの句会と重なる中、午前、午後の予定に続いて駆けつけて下さった方多数あり。10月印象吟題川柳はまことに体力勝負です(笑)。お天気にも恵まれた一日の後半に心地よい川柳の刺激を頂戴した時間でした。そして、今回の印象吟はこれ→       某美術館で現在開催中の展示からの一枚なので美術に詳しい方はすぐにおわかりになるかもしれません。

私の結果です:

雑音をグイッと飲み干したおうす          (先月投句印象吟)

コロッケの衣泣かせてくれました          (席題「コロッケ」)

戦争を語り始めた貝の殻              (宿題「殻」)」

花殻が全て喋ってくれました            (同)

きりたんぽ昔話が止まらない            (宿題「とろとろ」

群青になるギンナンが落ちたから          (宿題「ぶれる」)

長針の影に焦りが見えている            (同)

他5句。

オーシャンビュー 許してあげることにする     (自由吟軸吟)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

17日(土)は枚方市民川柳大会。コロキュウム会員でもあるお一人が事務局を担当なさっていて、今回は選者でもあるということなので久し振りに参加させていただきました。この日の参加全128名。秋晴れのさわやかなお天気で屋外の気持ちよかったこと。めずらしく締切30分も前に投句を済ませることができたのでランチを取りに枚方市駅前まで。界隈を少し探検して会場へ戻ったら清興の香港式太極拳を見逃してしまったようで残念。その後披講までまだしばらく時間があるとのことなので会場一階にある図書室で世界遺産の本などを手に取りながら始まるのを待ちました。約一時間余りの往きの車中で作った「眩しい」の一句で枚方市長賞を頂戴できたのはラッキー。うれしかったです!

この日の私の結果です:

生まれたての仔鹿ゆっくり立ち上がる      (題「眩しい」)

ローソクの炎の先の先の先           (同)

防犯カメラがあると思ったほうがよい      (題「無難」)

ゆれるだけ揺れコスモスの生返事        (題「とぼける」)

斜かいに秋を横切る戦闘機           (題「斜め」)

他一句。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

川柳文学コロキュウム10月句会&第24回枚方市民川柳大会”にコメントをどうぞ

  1. 加藤鰹 on 2015年10月23日 at 6:22 AM :

    頑張って推敲に推敲を重ねてどんどんおかしくなってしまう句もあるし(そういうことが多いです)笑。パッと即興で思い浮かんだ句がとても評価が高かったり。川柳って面白いですね。でも、さすがさすがますみさんです。「炎の先の先の先」なんて僕の引き出しには入っていない発想です。「生まれたての小鹿」はなぜかアイススケートで転倒しまくりの夕介の姿が浮かびました(笑)

  2. 赤松 ますみ 赤松 ますみ on 2015年10月23日 at 10:25 PM :

    鰹ちゃん
    拙句を誉めて下さってありがとう。
    「眩しい」で入選した2句は会場到着直前くらいにできた覚えがあるから
    新鮮だったのがよかったのかも知れませんね。
    それにしても「仔鹿」から夕介君を連想するとは!
    夕介君のアイススケート、見せてもらいたくなりました(笑)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K