Loading...Loading...

今年の「川柳忌」のまえにこんな記事の機会を頂きました。
川柳の誇りは、文化・文芸としての歴史的積み重ねが裏付けてくれます。「初代川柳生誕300年」の節目は、あらためて<川柳博物館>設立に向かっての覚悟の一時。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K