Loading...Loading...

 〈朱雀洞文庫〉は、尾藤三笠、三柳、一泉の川柳家三代によって収集された史料ですが、もともとは、5万点を越える川柳を中心にしたものでした。最近は、少しずつ史料の整理が進み、祖父・三笠の代にスクラップした新聞や撮り溜めた写真により、川柳以外の分野でも有意義な資料があることがわかりました。

 そこで、関東大震災当時の生の新聞、写真、そして当時のグラフ誌などをネット公開していたところ、出版社、広告会社がその写真を使いたいと言うことで、お手伝いさせてもらったりしました。
 驚いたことに今日は、HNKの番組のプロデュ―サーが、「神楽坂と関東大震災」についての調査ということで、わざわざ朱雀洞文庫まで訪ねてくれました。

朱雀洞文庫関東大震災資料

 もともと、3月11日の東日本大震災の直後、「地震と川柳」というテーマで記録を残す意味で、書庫を探して見つけた資料ですが、公の番組に何がしかの役に立つと言うことで、嬉しく思いました。

 江戸には、安政の大地震という川柳家自体が被災し、恐怖を味わった経験がありながら、地震を扱った川柳はありますが、地震の被害や被災者の心を読んだ句が一句もありません。
  鯰の外はゆるがせぬ君が御代     誹風柳多留123別篇
 といった、縁語仕立ての狂句のみで、地震の怖さもその被害者の心理も伝わりません。
 それに引き換え、大正の関東大震災では、阪井久良伎をはじめ井上剣花坊ら多くの柳人が被災、それぞれに句を残しています。
  日本橋廣重の見た富士が見え
  揺り返し結飯持つた侭逃げる
  トタン屋根死んだが増しの声が洩れ   (以上 久良伎)

  東京に半分鳴らぬ除夜の鐘
  萬歳の足駄に府下の霜柱
  焼野原焼けない町の屋根が見え
  其の後の火の手は人を焼く烟
(けむり)
  小便と時計で駅に用が有り       (以上 剣花坊)
 など、江戸川柳とは異なる息遣いが伝わる表現です。

 阪神大震災でも東日本大震災でも、多くの柳人が句を残し、作者や周囲の被災者心が生に伝わってくるのを吟社の特集や「川マガ」からも感じたことでしょう。
 このギャップは、安政の大地震の折には、五世川柳の「柳風式法」によって、「不吉がましいこと」は、一切、選句をしてはいけない…すなわち、句を作ってもいけないと、自主規制の箍が柳人にかかっていました。これは、五世川柳が悪いのではなく、天保の改革という厳しい言論統制の最中に、川柳を生き延びさせるに必要なものでした。
 反面、それが、自由な表現、作者の感情といったものを、川柳の上に現すことを否定してしまいました。
 このあたりの事情を地震の川柳を調べる過程で気付き、大いに文芸の在り方を考えさせられました。
 その時作ったのが「地震と川柳」の小著です。
 地震と川柳
 川柳を考える一つの切り口として、ごらんいただけると幸いです。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

朱雀洞文庫”にコメントをどうぞ

  1. 二宮 茂男 二宮 茂男 on 2014年6月14日 at 9:10 AM :

    一泉さん おはようございます。三代で築きあげる宝の山、「朱雀洞文庫」へ拍手。また、貴兄著「地震と川柳」、次世代への貴重な資料になりますね。

    祈るしか術なし眼前が裂ける【三柳】
    音のない水が剥がしていく廃墟【三柳】
    爪痕をゆっくりと這う放射能【三柳】
    丸暗記みたい総理のメッセージ【三柳】
    確認という手続きが要る生死【三柳】ほか

    天地震盪 初代が転げ五世が落ち【一泉】
    来し方も明日も浮かぶ長い揺れ【一泉】
    散らかった史料に古き地震の句【一泉】
    原発のふるい神話が融けてくる【一泉】
    復興へ大地の眩暈 わが目眩【一泉】ほか

    こころして、学ばせていただきます。ありがとうございます。

    • 尾藤 川柳 尾藤 一泉 on 2014年6月15日 at 9:35 AM :

       おはようございます。
       ありがとうございます。
       やっと、家の中も整理ができてきました。介護を契機に、思い切った移動が起こり、半年以上かかってしまいましたが、多くの協力により、少し先が見えてきました。
       三柳が、なかなか外へ出なくなってしまったので、茂男さん、是非三柳の元へお越しください。朱雀洞文庫の「お宝?」も今ならご覧いただけるでしょう。
       今後ともよろしくご指導くださいませ。

  2. 太田紀伊子 on 2014年6月15日 at 6:26 AM :

    一泉様
    新葉館出版ブログのお仲間にはいいてくださってよかったです。よろしくお願い致します。
    「地震と川柳」よくまとめられました。三代の川柳歴史は財産として重いものですから私たちのも少しずつ分けていってください。
    一泉さんに手ほどきしていただいたパワーポイントフル活用まではいきませんが講座の初めには利用しています。感謝して・・・。
    これからも若さでお導き宜しくお願いいたします。

  3. 尾藤 川柳 尾藤 一泉 on 2014年6月15日 at 9:38 AM :

     おはようございます。
     いろいろと有難うございます。
     パワポの活用、うれしいことです。少しでも伝わりやすい川柳になれば、文化としても友好でしょう。
     不精な私にとって、ブログは難儀です。
     まあ、マイペースで更新させていただきます。
     よろしくお願い申し上げます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation

Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K