Loading...Loading...

「言語環境」ということを、最近考えさせられました。普段使われる語彙には、その語彙にふさわしい環境があるのでしょう、きっと。本日は、そんなエピソードを紹介いたします。
「宿六」という言葉を、某NHKアナウンサーは知りませんでした。若いアナウンサーではありません。中年の男性のアナ、でした。これには、こちらがビックリ。後で考えたのですが、イケメンの体育系アナだったので、八っつぁん・熊さんの出てくる世界には、ご縁がなかったのでしょう。(「言語環境」とはそういう意味です。)
そう言えば、シュウカツ。
若い女性教員に「シュウカツ」と言ったら、まず思い浮かべたのが「就活」、すなわち、「就職活動」でした。彼女の言語環境からすれば、当然でしょう。一方、川柳界ではモチロン「終活」を思い浮かべるはずですよ。
「ロートル」の意味を、若い編集者に尋ねられたことがありました。出版社に勤める人たちにとっても、「ロートル」はもう死語なんですかねぇ~。
「小生」の意味が分からなかった、中国人留学生(20代男女とも)。中国語にはないのでしょうか?
「細君」の意味が分からない高校生たち。
逆に、高校生が使う「ヤバイ」の意味に戸惑う、我ら中高年、……。
日ごろ使用する語彙には、語彙にふさわしい環境というものがあるのですね。
だから、日本語は面白い!
ところで、アナタが一番使う語彙はいったい何ですか? この機会に振り返ってみて下さいナ。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

本日(11/16)夕刻より、第2回「野菜摂取応援レシピ大賞」なるイベントに参加して参りました。といっても、作る方ではなく、食べる方(笑)。より正確に申せば、審査員の一人(←偉そうに)として参加して参り...「ご馳走さまでした」の続きを読む
また、11月15日がやって参ります。1977年(昭和52年)11月15日のこの日、新潟市寄居浜付近から一人の女子中学生が忽然と姿を消しました。横田めぐみさん、当時わずか13歳の少女が暗黒国家の秘密機関...「あれから、41年(!)経ってしまいました」の続きを読む
やっぱり良いですねぇ~、短歌は。「短歌は」というより、「韻文は」と言い換えても、モチロンOKですよ。 勤務高の図書室にあった一冊を借りて読みました。すらすら読めた青春短歌エッセイ、でした。 ネットの《...「『短歌は最強アイテム』(千葉聡著、岩波ジュニア新書)を読む」の続きを読む
本日(11/8)、NHK千葉支局に行って参りました。ひるどき川柳の生放送。お陰さまで、生放送にもだんだん慣れてまいりました。有り難いことです。 最近、小生が心がけているのがリスナーの存在。アナウンサー...「第二木曜日は、「ひるどき川柳」!」の続きを読む
そういう訳で、国民文化祭in大分の翌日(10/22)、句碑を訪ねてひとり湯布院に向かいました。「我が輩は、偉い!」と独り言。いいお天気でした。 別府駅の北口から湯布院までは、バスで小一時間ほどかかった...「湯布院に句碑を訪ねて(そのⅡ)」の続きを読む
今日(11/5)は、個人的な吟行句会。日本テレビ界隈を散策してきました。 まずは、日テレ。 ご存知のように、新橋駅下車が便利です。 いやぁ、この辺りの再開発の様子。川柳会の皆さんにお見せしたいほどの変...「日テレ界隈、散策してきました」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K