Loading...Loading...

NHK学園「川柳講座」の機関誌『川柳春秋』(130号、8月1日発行)が出来上がりました。同講座の担当者から対談したい旨の申し入れがあり、5月末に小生が応じたものです。千葉県我孫子市から、はるばる東京都国立市まで片道2時間半かけてインタビューに応じたのでした。

今回、その内容がまとめられました。小生が、主として語ったのは「生涯学習の時代」。その意義であり、こうした時代に、川柳の指導者は何をすべきかを、順序立てて語っていったものです。後半は、「川柳〈楽しむ派〉ばかりでよいのか?」(問題提起)、「『複眼的思考』の大切さ」(読者へのアドバイス)等々を語っております。同誌14ページにもわたる記事になっておりますので、できれば『川柳春秋』本体をご覧いただけると嬉しいところです。

残念だったのは、お相手のS・R氏が「小生の本を全く読んでいない」と公言していたこと。インタビュアーとして「予習」をしないなどということは、国語国文学の世界ではあり得ません。その時点で、インタビュアー失格です。対談やインタビューの際には、相手のこと(その多くは活動や長所)を事前に調べて臨むというのが当たり前の姿勢なのですが、この点でも川柳界は情けない状態と言わざるを得ません。天下のNHK講座として、果たしてこれでよいのでしょうか?

さらにガッカリしたのは、相手の主張に耳を傾けて、きちんと理解しようとしなかったこと。真摯な姿勢が感じられなかったこと。もしかしたら、故意にねじ曲げようとしているのではないか?、と疑いたくなるほどの場面がありました(じつは、S・R氏のこうしたイヤミな言動に対しては、著名な川柳人からの非難が小生には複数届いておりますが、ココでは触れません)。呆れました。そして疲れました。同席したS・Y子(NHK側)さんでさえ、さすがに「それは(Rさんが)違うんじゃないですか」と口添えをしてくれたほどでした。

世はまさに、「生涯学習の時代」です。『川柳研究』8月号巻頭言(佐道正氏)の問題提起にも通じることですが、川柳界のリーダーの姿勢がいま問われているのです。そう思って、あえてブログにアップさせていただいた次第です。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

副題は「学校が教えない日本の中の沖縄史」、著者は保守系を代表する「沖縄問題の第一人者」である。たしかに、この本に書かれてあることは「学校が教えない日本の中の沖縄史」です、ハイ。 読書をしていて、副産物...「『沖縄はいつから日本なのか』 (仲村 覚 、ハート出版)」の続きを読む
先日、ある勉強会で「ドナルド・キーンと日本文学」という記念講話をさせていただきました。D・Keene氏は言います。「私の仕事は、『日本文学が世界文学である』ということを証明すること」だと。 その講話で...「『「情の力」で勝つ日本』 (日下公人、PHP新書)」の続きを読む
これはヒドイ! 8月10日(金)に放送されたNHKの「クロースアップ現代+」。 2016年の統計によれば、対教師暴力が8000件を越えたという。この数字は、校内暴力の嵐が吹き荒れた1980年代の4倍以...「増える、対教師暴力」の続きを読む
本日(8/12)、書庫の整理をしてきました。 書庫のスペースを、車で15分ほどのところに借りております。その書庫内を整理するのが、小生の夏休み恒例のルーティン(!)なのです。 写真左は、きれいに整理さ...「夏休み恒例、書庫の整理」の続きを読む
昨日(8/9)は東京番傘の水府忌句会。夕刻からの句会だったので、少し時間がありました。 ご存知でしょうか? 文京シビックホールの展望台(25F)。台風の去った後だったので、「よし!」と久しぶりに上って...「忙中閑あり」の続きを読む
NHKの大河ドラマ「西郷どん」。録画して見ていますが、回を逐うごとにつまらなくなっていきます。 まぁ、主人公を清く美しく仕立てるのはドラマの常としても、その他の登場人物も含めてあまりにも一面的です(例...「底が浅いなぁ、NHKの「西郷どん」」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K