Loading...Loading...

まずは湊川神社にて。ここを訪れたかった。

そう、南北朝時代の忠臣・楠正成公を祀る神社です。

神能殿がよかったですね(映像ナシ、すみません)。

湊川神社の御祭神・楠木正成の妹御は能楽の祖・観阿弥の母であり、世阿弥の祖母。この子孫の系譜が、観世宗家につながるそうです。

 

神戸は山が近いですよね。その様子がよく分かります。

(ハーバーランドのナントカタワーからの眺め、です。)

 

海もまた近し、です。(同タワーより)

 

もちろん、北野異人館も散策しました。

お陰さまで、良い旅でした。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

時の川柳社大会の、写真編です。 こんなにいい男に撮っていただきました。 写真は、時の川柳社の北薗志柳さんのご提供です。 志柳さん、有難うございました。     しっかり、本の...「5/13(日)時の川柳交歓川柳大会(2)」の続きを読む
こういう本を時々はアップしないといけませんね。ワイドショーのようなちまちまとした話題ばかりでは、人間も世の中も小さくなってしまいます。 折しも、国際情勢は激変の様相を見せております。こんな時こそ、本質...「『習近平の悲劇』(矢板明夫、産経新聞出版)を読む」の続きを読む
5/13「時の川柳交歓大会」の前日、つまりは5月12日(土)の写真です。 昼過ぎに千葉県を発って、夕方近くに新神戸駅に着きました。 チェックインの後、ぶらぶらと三宮方面を散策。夕食は、この店でとりまし...「神戸慕情」の続きを読む
昨5/16日(水)は「旅の日」でした。 ご存知のように、元禄2年(1689)の「弥生も末の7日」、俳聖松尾芭蕉は奥の細道の旅へと向かったのです。陽暦に直すと、昨5月16日がこの日に当たります。 日本旅...「5/16は「旅の日」でした」の続きを読む
神戸から、いま戻りました。 矢沢和女主幹をはじめとする時の川柳社の皆さんには、大変お世話になりました。「せんりゅうくらぶ翔」の皆さんとは再会が出来ました。懇親会の参加者、番傘の仲間、川柳塔の皆さん、声...「5/13(日)時の川柳交歓川柳大会」の続きを読む
下記は、いずれも磯田道史氏の解説である。いまBSチャンネル等で引っぱりだこの先生だ。 仰るとおり、たしかに、面白い。 〈大学生は面白いことに、大学教授の本よりも司馬遼太郎さんの本を多く読んでいます。し...「『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』(磯田道史、NHK出版新書)」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K