Loading...Loading...

初めての五七五(俳句と川柳のレベルアップ)

今年になって2冊目の著書を出版いたしました。『違いがわかる はじめての五七五 「俳句・川柳」上達のポイント』(メイツ出版、1,500円+税)という本です。著者は(名目上は「監修者」になっております)、俳人の上野貴子さんという方と、江畑哲男の共著です。ちなみに共著とは言いながら、上野貴子氏とは面識がありません。
きわめてユニークな企画になっております。何しろ、俳句と川柳の「違いと魅力がわかる」本という触れ込み。両者のコラボレーション、それも技法のコラボになっている点がこの本の特長です。
自らの俳句をステップアップしたいと考えている方、自己流で川柳を作っておられる方。そんな方々にオススメの一著です。
とは申せ、企画そのものは出版プロデューサーの方から持ち込まれたもの。小生はその要請に応えて執筆しました。「俳句と川柳の違い」も、この本である程度明らかになるでしょう。俳句の上野貴子氏は、自身の作品を例句に挙げて説明しています。対して、川柳の江畑哲男は例句をあっちこっちから引っ張り出して挙げております。現代的で、分かりやすく、しかも奥が深い作品を苦労して探し出しました。もしかしたら、この点が両者の一番の違いかも知れません。つまり、川柳の方は例句が豊富だということ。モチロン、こちらの場合の方がはるかに手間がかかっております。
一点お断り(&ご了承願いたいこと)。例句の引用は、当事者・編集者に極力ご了解を取るようにいたしましたが、一部公刊されている書籍や雑誌等では取りきれませんでした。すみません。ご了承下さい。
なお、出版元は新葉館出版ではありません。一般の書店で(←配本されるはず)ご購入下さい。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

4月28日(金)~5月2日(火)、台湾に行きます。今回は、川柳の句会に参加する訳ではありません。台湾の歴史や文化に関する研修団の一員としての参加になります。オール勉強(!)です。 高雄の二二八紀念碑を...「明後日(4/28)から台湾へ」の続きを読む
たったいま、地元の図書館から戻って来たところです。資料を何点か調べて、家に帰ろうとした時のことでした。帰り際に、韻文コーナーを覗いたら、見覚えのある表紙の本がありました。あれっ?、どっかで見たぞ。えっ...「あれっ?、拙著が地元の図書館に」の続きを読む
『正論』5月号。国際政治学者の藤井厳喜先生とノンフィクション作家・河添恵子氏との対談が掲載されていました。面白かったですねぇ。 タイトルにも掲げた「You」の日本語訳。 オバマ前大統領が使う「You」...「「You」、二通りの日本語訳」の続きを読む
この種の本はやはり新刊でないとダメですね。 今年の4月から手もと不如意(収入減)となり、図書館で借りた本がコレでした。初版発行が奥付によれば2017年1月10日でした。したがって、話題的にはすでに旧聞...「『トランプ後の世界』(木村太郎著、ゴマブックス)」の続きを読む
いつかも書きました。小生4年ほど前から、大学院の科目聴講生として勉強を続けております。この年になって、若い学生と机を並べることが出来るのは幸せなことだと思っております。 4年前と言えば、そう小生が定年...「大学の授業は、とっくに始まっています」の続きを読む
始業式や入学式から1週間あまり。高校の現場でも授業が本格的に始まりました。 県立高校を昨年度末に退職した小生も、昨日初授業に臨みました。何十年やっても最初の授業は緊張しますね(えっ、「まさか?」ですっ...「昨日(4/17)初授業」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K