Loading...Loading...

今日午前11時30分ごろ、またちょっと強い余震があった。シェア・オフィスとして借りているビル(9階)が、札幌でも1,2を争う古いビルなので、ギョッとするぐらい揺れ、時間も長く感じたが、実際は震度2ぐらいだったらしい。震源地の胆振東部では震度4だったらしい。この程度の余震が何度もあって、余り気持ちのいいものではない。英語で余震はアフターショックというらしいが、正にアフターショックが何度も来る。もうでかいのは来ないだろうと多寡を括っているが、大体最初の本震だって北海道は地震のない地域と多寡をくくっていた結果だった。地震が来ないと思っているので、災害対策を何もしていなかった。幸い電気は短時間でついたし、断水にならなかったので大変なことにならなかったが、マンションの10階でエレベーターが止まったらアウトである。水がなかったら、汲みにもいけない。足が弱っているので、2階ぐらいがせいぜいなのだ。30階建ての高層マンションでなくて、良かったとつくづく思っている。それにしても、いつまでも続く余震が不気味なのである。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

昨夜もまた余震があった。少し大きかったので身構えたが、震度2ぐらいだったようだ。震源地では山崩れがあって、日々死者が増えている。札幌も道路が液状化した地域があった。昨日現在、コンビニはまだ商品が入って...「余震続く」の続きを読む
真夜中にトイレから帰ってベッドに座っていたら、突然の大揺れにびっくり仰天。札幌は災害の少ない町で今回の台風も大したことはなかったと安心していたら大地震に見舞われてしまった。震源地からは少し離れているの...「北海道地震」の続きを読む
 札幌からJRで30分ほどのところに江別市がある。川柳が盛んな地域だが、ここの野幌公民館で毎年文芸3部門(短歌、俳句、川柳)交流大会というのが開かれる。今回が34回目の大会になる。主催は江別市文化協会...「三部門交流大会」の続きを読む
 昨日書いた川柳の北海道大会、実はすごく長い名前だ。「平成30年 北海道知事賞授賞 北海道川柳大会 兼 札幌川柳社創立60周年記念大会」というもの。川柳は無駄を殺ぎ落として、言いたいことを五七五にしな...「本州勢活躍」の続きを読む
 昨日は北海道川柳大会が札幌・ホテルノースシティで開催された。予想以上の盛況で、投句のみの参加を加えれば、約400名の参加だった。今回は本州からの参加者も増えて、ブログ仲間の田村あきこさん、フェースブ...「北海道川柳大会」の続きを読む
  札幌時計台の2階ホールで毎年開催される「札幌文学フリー・マーケット」に札幌川柳社が出店したので、手伝い半分、興味半分で出かけて行った。かなりの広さのホール一杯に出店者が溢れ、見に来る客も...「文学フリーマーケットに参加する」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K