Loading...Loading...
 ある飲み会でのこと、ボクが82歳と知れて、外見が若いなどという話、105歳で先ごろ亡くなった日野原先生の話などで盛り上がった後、「100歳まで生きたいですか」と聞かれた。ボクの答えは「ノー」だ。続いて「不老長寿の薬が開発されたら飲みますか」と聞かれたが、これも「ノー」だ。「どうしてですか」と聞くから、「自然体でなるようになるのが一番いいんじゃないか」と答えた。先ず不老長寿の薬は出来るわけがない。古来錬金術と不老長寿の薬の発明を望んだ皇帝は多いが、どちらも日の目をみることはなかった。あの太閤秀吉ですら、死にたくないと言って死んでいったのだ。所詮無理は通らないのだ。それに寿命は正に天が決める事、人間の力ではどうにもならないものだと思う。
 仮に無理をして長生きをする方法があったとしても、体の諸器官はそれについて行かないと思う。結果周囲の迷惑をかけることにしかならない。天命通りに生きることが大切なのだろうと思っている。だから天が100まで生きろというのなら生きる。途中でもうお終いだよと言われれば、そこで幕を下ろすしかないだろう。大事なことは、与えられた天命までを、元気に生きることだろうと思っている。


この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

 年が明けると間もなく83になる。80からこっち、正に飛ぶように過ぎていく日日だ。83か、もう駄目だななどと思いながら、内心ではまだまだと思っている。大方の人は「もう年ですよ、駄目ですねえ」などと言い...「もうすぐ83歳」の続きを読む
今年の大ヒットはテレビの「やすらぎの郷」、そして佐藤愛子さんのエッセイ、「九十歳。 何がめでたい」だ。共通するキーワードは「高齢者」である。老人鉱脈が今年の旬なのだそうだ。確かに老人は増える一方。勿論...「北海道新聞「シニア川柳」」の続きを読む
一気に真冬になってしまった。冬は三拍子で来た。猛烈な寒さ、降雪、そして凍結道路の三つだ。この中で三番目に凍結道路が一番困る。寒いのは平気、室内は暖房で温かいし、戸外はダウン、耳掛けで武装すれば何でもな...「アイスバーン」の続きを読む
 北海道は目下秋から冬へ移ろうかという季節。日によっては雪がちらつき、日によっては秋晴れの日もある。、この時期北大名物の銀杏並木が盛りである。北大と言えばポプラ並木が浮かぶだろうが、今や銀杏並木の方が...「北大の銀杏並木」の続きを読む
急激に寒さが来た。大雪山系黒岳に初冠雪があったようだ。冬の始まりだ。北海道の秋は短い。夏からいきなり冬が来る感じだ。我が家には扇風機と電気ストーブが並んで置いてある。先週扇風機が回っていたと思うと、今...「駆け足で冬が来る」の続きを読む
どこもそうなのかと思うが、我が川柳社も会員の減少に頭を痛めている。札幌川柳社は同人、準同人、会員の3種に分かれているのだが、新しい会員が中々増えないというか、同人が高齢化により減少し、それを埋めるだけ...「改めて大衆川柳論を考える」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K