Loading...Loading...

9/27、江畑先生がブログで暴露されたように、「日台連句会 歌仙 秋うらら」が行われました。以下、どうかご鑑賞ください。

日台連句 歌仙「秋うらら」の巻

捌き 佛淵雀羅

連衆 安楽明郎・江畑哲男・木之下みなみ・白石一有・高山鄭和・遊人・杜青春

 

01.秋うらら朋あり南方より来る       哲男

02.   昼酒交す月の旅人           青春

03.吾亦紅高層階に活けられて        雀羅

04.      トロノームは首振りつづけ     みなみ

05.公園のシーソーに乗る男たち       一有

06.   黒詰服の暑さ弥増す          鄭和

07.蛍を蚊帳に放してはしゃぐ家       明郎

08.   空母のように横たわる父        遊人

09.ずんどうの逆さに眠る海の底        和

10.   遺骨収集嘘もほんとも          郎

11.春萌えに貴男のすべて食べ尽くす      和

12.   風やわらかに光るスマイル        男

13.信号は無視して歩くうかれ猫        遊

14.   老眼鏡をやっと買い替え         み

15.冬月をLine仲間におすそ分け                      春

16.   自撮りの邪魔になる日本人        男

17.海馬から詞の花を見つけ出し        有

18.   ぴくぴくとする壁は何者         羅

ナオ

19.どれどれとおでましになる青蜥蜴      み

20.   浪漫飛行のゴキブリのペア        春

21.乳飲み子を連れて女が戸を叩く       遊

22.   決して慌てぬ渋沢の像          郎

23.降る雪に平成という贈り物         羅

24.   狸寝入りにただ泣き寝入り        春

25.水着脱ぐ鱗を剥がすように脱ぐ       遊

26.   輝く肌にスポットライトを        有

27.ツアー組む美容整形大国へ         同

28.   牛の尻尾の煮込みぐつぐつ        和

29.名月とわたしポツンと一軒家        男

30.   模型機関車鈴虫を乗せ          羅

ナウ

31.南(みんなみ)へへの字への字に雁渡る      遊

32.    買いそびれたる秋刀魚口惜し       郎

33. 終わらないボレロに増える紹興酒      み

34.    一○一もスカイツリーも         春

35. 五輪へとこぎ始めたる花見船        み

36.     醤油をつけて揮毫する春        執筆

 

令和元年九月二十七日  首尾

台東区民会館特別会議室(小)

 

 

後記

川柳は独りで一生懸命?!推敲する作業ですが、生の連句会では、その座で前句に対する付け句を即、考えなければなりません。当然プレッシャーはありますが、先輩たちが「優しく」ヒントを言い合い、いろいろとフォローしてくれます。

今回は、小生にとって一年半ぶりの生の連句会。前日夜10時やっとホテルに着いたので、翌日朝10時の連句会には、ボ~~トしておりました。それでも、捌きの雀羅先生、連衆のみなさなに助けて頂いて、なんとか一巻できました。

それにしても、三時間で36句、平均して一句の考える時間は五分!今まで作った川柳や俳句の貧弱な「データーベース」から、前句の雰囲気に似合いそうな句をて出すのがやっとでした。

すでにお気づきの方もおりますが、小生の付け句、「02昼酒交す月の旅人」は辛うじてその場のオリジナル、あとの15、20、24、34は拙著「炎天下台湾全土焼芋化」から二番煎じして出したもの。それでも先輩方々、ニコニコ、ニヤニヤ、突っ込みナシ。

一巻終わり、昼食の生ビールは旨く、何杯の飲んじゃって、あとの乱魚先生の墓参り、ご同行の哲男先生には、「トイレ」と叫んで何度も途中下車されても、始終穏やか。

ご高齢の乱魚様の奥様もわざわざお墓まで案内してくださり、全日本川柳協会から特別表彰されたこと、拙著が出版できたこと、何より「酔牛」の電書化出版(6/25付のブログご参照)ができたこと、などを報告して、本当にありがとうとざいました。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

去る9/11、日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)の大使公邸で表題の表彰式が行われました。(7/17のブログご参照) 表彰は沼田幹夫大使から、台北俳句会最年長で大正15年生まれの高阿香様に授与...「台北俳句会外務大臣表彰式」の続きを読む
みなさまは一般財団法人台湾協会をご存知でしょうか。 先般三月三日、台湾川柳会25周年記念大会の際、同協会の森田高光理事長がわざわざ東京から駆け付けて、感謝状をくれました。元理事長の斎藤毅様も当会会員...「大発見湾生と巡る縁の地」の続きを読む
今だから言える話……とある……面倒見の良い先輩とKY後輩の会話 先輩:まだ内密の話だが、近々、全日本川柳協会で君を特別表彰することになる…...「日川協のホームページに台湾が……」の続きを読む
お陰様で、台湾川柳会は7月7日で、300回の句会に達成!25年目を迎えることができました。 先般3月3日の記念大会で、日本から、北は北海道から南は佐賀県まで44名もお越しくださり、厚く御礼申し上げま...「お陰様で 300回に 25年」の続きを読む
お陰様で、台北俳句会は7/16、令和元年度 日本外務大臣表彰を受賞されました。 同会は1970年設立して、2020年で50周年を迎えます。 以下が日本台湾交流協会のフェイスブックのプレスです。 【令...「台北俳句会 外務大臣表彰に」の続きを読む
台湾川柳会25周年記念の一環として、小生の著書「川柳作家ベストコレクション 杜青春ー炎天下台湾全土焼芋化」(新葉館出版)の発刊のほかに、以下の電子書籍化も行いました。 1.李琢玉川柳句集「酔牛」、今...「酔牛の電書版だよ琢玉爺」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K