Loading...Loading...

プレゼンテーション1

今度は二カ月半無更新 はぁ~

さて、だいぶ前になりましたが、過日二月23~26日日本「出張」しました。主に東葛川柳会三十周年記念の一環として、2/25の同句会に参加しました。

句会状況は江畑哲男先生のブログで「綿密」に報告され、三月三日付東京新聞にも報道されております。本当にありがとうございます。ご興味のある方は是非江畑先生のブログを再読ください。

今回はその前日の24日、浅草で開かれた「日台連句の集い」について報告します。松澤龍一様の取り計らいで、佛渕雀羅先生、安楽明郎様、高山鄭和様、坂根慶子様をはじめ、「西北の風」、「野田連句会」、「浅草連句会」のメンバー、計11名様、そして、台湾川柳会新会員の東京在住の多摩川さんぽ様も加わり、連句会を開催。以下が、箙「初飛行」と表合八句「泥沼に」です。

 

箙「初飛行」 捌き 佛渕雀羅 

連衆:坂根慶子・志田則保・杜青春

 

富士山を見下ろす幸や初飛行      青春

人力車ゆく春寒の街        雀羅

木の芽時父のセーター編み上げて    則保

ゆっくり見てよ僕の作文      慶子

四阿を潜りぬけたる滝の月       羅

始祖鳥に鳩首をかしげる       春

蹴飛ばしをつつくざわめき宿場町     慶

夫婦喧嘩に吠える忠犬        保

黒百合の花言葉はね呪いなの      春

風に光るは蜘蛛の糸らし       羅

ゴンドラのビルの窓吹き揺れている   保

籠抜けをして猛獣の檻        慶

ナオ

年の瀬に意味不明なる贈り物       羅

関羽像あり閻魔像あり         春

大福帳明朝体ですっきりと        慶

北方領土月に旗振る         保

自撮りして独りで愛でる夜長人     春

みのむし流は傷つかぬ恋       羅

ナウ

君の名はバンジージャンプで呼んだはず  保

魂救う神父探偵           慶

あやとりの梯子の先に見えた空     羅

地球に似たる惑星の数        春

朋来る呵々大笑の花の宴        慶

浅蜊弁当持ち込める寄席       保

平成二十九年二月二十四日 首尾

台東区区民会館

 

表合八句「泥沼に」 捌き 佛渕雀羅 

連衆:多摩川さんぽ・志田則保・杜青春

 

 

泥沼に意地で咲いたか歌の花    さんぽ

たそがれ時も啼ける鴬       雀羅

日曜日一家総出の麦踏みに      則保

折紙付きも札付きも来る      青春

燗酒がウォッカに変わる不惑なり    羅

雪見の峠気味と越えたい       ぽ

ゴキブリのペア月までも飛んでゆく   春

蠍座なればあすもしたたか      保

平成二十九年二月二十四日 首尾

台東区区民会館



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

拜拜とはお供えの意。台湾では旧正月の大晦日、年菜(おせち料理)を作り神様とご先祖にお供えし、一家団欒で食すのが習わし。 台湾語では「鷄」と「家」は同じ発音から、年菜で一番欠かせない料理。しかも、まるご...「初鶏や威勢いいのは拜拜に」の続きを読む
またもや二カ月更新なし!はぁ~。そこでここ二カ月のことをまとめて報告します。 11/06 岡山のたましま川柳会、北川拓治代表が来会 同日に交流協会台北事務所の明賀崇伸主任が来会。後で考えたら明賀様は...「天長節みんなのおかげ感謝状」の続きを読む
大宮市の佐知川川柳は、旧台北第三中学校の同級生、渡辺史郎が創設者。彼におだてられ台湾川柳会に入会。故李珵璋さんと親交を得て、川柳銀の笛吟社主幹長谷川酔月さんと李珵璋さんご夫妻と懇談した思い出は忘れら...「生きてゆく花の命に逆らって 上田良一」の続きを読む
台風17号が台湾を「貫通」し、今のところ死者五人、負傷者320超、うち、日本人観光客を載せたバスが横転し、日本のメディアで報道されております。被害に遭われた方々には謹んでお見舞い申し上げます そんな...「台風がナンダ アタシは肉まん」の続きを読む
またもや二か月更新ナシ!はぁ~! 先日、シン・ゴジラを見ました。特にマニアックなゴジラファンでもないが、日本ではロングランヒットになり、興味津々だった。そこで台湾でも上映されると、早速拝見。 久々に...「シン・ゴジラ台湾に来て正宗に」の続きを読む
正岡子規は当然、台湾に行ったことがありません。日清戦争で台湾が日本の植民地になったことで、注目していたでしょう。南国の台湾で、北国育ちの日本人が気候に馴染めず、かなり苦労されたのが、表題の句の謂れで...「台湾や陽炎毒を吹くそうな 子規」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K