Loading...Loading...

去る五月五日、父が亡くなりました。昭和五年生まれ、享年92。

父は15才中学卒業まで日本統治時代でした。空襲から逃れるのが日課でした。戦後、台南第一中学、台湾大学を卒業し、難関の公務員試験をパスして、外交部(外務省)に就職しました。

父は1970年代、80年代、90年代延べ3回日本に赴任しました。70年代は国連の中華民国追放、日本との断交、米国との断交など、台湾外交上一番苦しかった時代。80年代は台湾高度成長期で、日本の対台投資誘致、対台観光、双方の貿易強化の時代。そして90年代、日本は中華民国のパスポートを承認、ビザの緩和措置などを施行、日台の往来が一層活況になり、日本も台湾人にとって一番好きな観光国となりました。

父は台北駐日経済文化代表処副代表(副大使)まで務め、70歳で定年を迎え、日台の交流深化のために一生尽くしました。定年後、父の趣味はゴルフ、もう一つは日本一人旅、行き先は当然秘密。

父が酒飲むと初めて訪日したエピソードを話してくれます。東京でタクシーに乗って「キュウジョウまで」と言ったが、着いたのは後楽園球場でした。父が行きたかったのは宮城、中学まで宮城遥拝された皇居だった。

父は小生に対して躾は厳しかった。日本語の基礎を叩き込んだのも父でした。小生が早期退職した際、「早大卒、みずほ銀行台北支店27年勤務の経歴を生かし、世のため人のため、経済コラムニストでもなりなさい!」と、アドバイスしてくれました。

ところが、小生が「世のため人のため……?!…」として選んだのは川柳や俳句のお手伝いでした。この件、とうとう父に明かすことはありませんでした。今頃、天国で顰めているかも知れません。だから、せめて………遺影は「笑い顔」。

8月7日、父の骨壷を台北から台南の墓地に移しました。父との最後の旅行なので踏ん張って新幹線ビジネスクラスの切符を買いました。

骨壷とビジネスクラス爸爸節

※爸爸節=八月八日、台湾の父の日。
八八の中国語発音がパパに似ていることから…………



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

7/23は大暑の日。台北の気温、昼間38度、夜27度。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。くれぐれも熱中症に気をつけましょう。 さて、墾丁とは台湾最南端の町。毎年シーズンになると、ここを拠点として、...「墾丁へバイクで急ぐビキニっ子」の続きを読む
2010年11月安倍元首相は台湾訪問しました。当時、馬英九総統(中国国民党籍)に表敬訪問した後、李登輝元総統、野党の民主進歩党、蔡英文党首とも会談されました。 その後、民進党主催の二次会の会食に、...「二次会へタクシーで行った元首相」の続きを読む
あの時は「6ヶ月有効」だから、絶対全ての温泉を巡れると思いました。 今になって、もうちょっと長く滞在した方がが良かったと、後悔の日々 当然、パスポートは引き出しで溜息をついてます。はぁ〜  ...「じっと待つハワイ旅行のパスポート」の続きを読む
このたび、春燈台北句会主宰、台北俳句会、台湾川柳会長年の会員、廖運藩先生が自分史「茶金歳月~北埔姜阿新洋楼の物語」を出版しました。同書を題材に、テレビドラマ「茶金」が放送され、同書もドラマも大ヒットと...「長らえて印税稼ぐ日永かな  運藩」の続きを読む
画像「(誠徴)洗碗歐巴桑」の邦訳は標題の「  」内の通りです。 先日、同内容の求人広告を張り出した飲食店は、当局から約100万日本円を罰せられ、マスコミにも話題になりました。罰金の理由は、男女雇...「「求む食器洗いおばさん」はペナルティー」の続きを読む
先日、ネットで「生涯経県値」というアプリを発見。早速計算してみました。結果は上図のとおりです。 思えば、台湾川柳会に入ったお蔭で、 1.全日本川柳大会、国民文化祭、鉄道川柳大会など各大会の参加 2....「令和二年で止まった生涯「経県」値」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K