Loading...Loading...

台湾川柳会25周年記念の一環として、小生の著書「川柳作家ベストコレクション 杜青春ー炎天下台湾全土焼芋化」(新葉館出版)の発刊のほかに、以下の電子書籍化も行いました。

1.李琢玉川柳句集「酔牛」、今川乱魚編(新葉館出版)

2.近くて近い台湾と日本-日台交流川柳句集、 江畑哲男・台湾川柳会編(新葉館出版)

本文は「酔牛」の電書版の際、憚りながら小生の「あとがき」です。従いまして….

「本は紙で読むに決まってる」の方々、本文をご放念ください!

李琢玉川柳句集「酔牛」電子書籍版のあとがき~~酔牛の電書版だよ琢玉爺

台湾には「酔鶏」という料理がある。鶏肉の酒づけで結構人気がある。従って、「酔牛」を初めて手にした時、図らずも料理の本?と勘違い。酔牛という料理、あったけ?表紙の変なおじさんのイラストはシェフかな。なんで頼会長は料理本をくれただろうと首を傾げた。

以上が9年前、三代目の頼柏絃会長の所で、会務の引継に伺った際の一コマ。よくよく見ると、とんでもない代物を手渡されたと実感した。

私が台湾川柳会に入ったのは2009年7月、二代目の李琢玉会長が亡くなったのは、2005年8月。当然、会ったことがない。しかし、内容を見てゆくと、「酔牛」に因んだ、酒好きで牛年生まれのお爺ちゃんの生き様をなまなまと伺える。

大正の指が歯痒いキーボート

半分の胃とは思えぬ飲みっぷり

寄り添って生きよう惚け妻と癌と

半世紀かかって辿り着く自由

「酔牛」は、波乱万丈の人生を送った方でないと書けない本である。「恐れ入ったか、これが、日本人でも書けない、戦前、戦後を生き抜いた台湾人の川柳だ!」と、平和ボケの私を一喝した本でもある。

恐れ入った。だから、これからずうっと、後世でも読み継がれるように、電書版で再出版した。

当時、「酔牛」の出版にご尽力された今川乱魚先生。跋文をご提供された頼柏絃会長、村田倫也先生、黄智慧先生、山本由宇呆先生。そして、2017年7月に他界され、「序にかえて」を書いてくれた蔡焜燦先生。改めて感謝の意を表す。新葉館の竹田麻衣子様、書籍出版でも電子書籍出版でも大変お世話になった。

ところで、琢玉爺ちゃん、電子書籍版の意味、分かるだろうか。あの世にアイパットでも送ろうか。やはりよそう。あの酒好きの牛爺ちゃん、きっと

「あのなぁ~!本は紙で読むに決まってる!」という

台湾川柳会代表 杜青春

ということで以下三冊「電子書籍」でも絶賛発売中?!ご興味のある方々、是非お試しを。

まだ電子書籍を読んだことがない杜青春より



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

お陰様で、台湾川柳会は2019/03/03、25周年記念大会を開催されました。当時の様子、ブログ長屋の新家完司様、たむらあきこ様、江畑哲男様でもすでに連日アップロードされ、厚く御礼申し上げます。 な...「日台の輪を拡げてくれたカワヤナギ」の続きを読む
 日にちが経ちましたが、改めてご報告いたします。 このたび全日本川柳浜松大会の前夜祭で、特別表彰されました。 2009年6月、台湾川柳会に入会して10年目にして、このような栄誉ある表彰を頂くことにな...「お陰様で感謝感激の表彰状」の続きを読む
先日、右目が突然見えなくなってしまった。 曇りガラスがかかったような感じで、視界ゼロ! さいわい左目は正常。 仕事もそっちのけ、ネットで「突然の失明」を調べた。極度のストレス、病気の異変などの言葉が...「コンタクトは左に一つ右一つ」の続きを読む
2カ月前の話、6/27全国鉄道川柳人連盟広島大会で、85歳の大先輩から「ブログ更新してください!」と言われました。それで前回の投稿日をチェックしたら、ぬわんと2月、半年も更新していない。これじゃ「あ...「ちらちらと三百回に25年」の続きを読む
台北俳句会の黄霊芝会長が2004年正岡子規賞を受賞されたあと、金子兜太先生がわざわざ台湾に来て台北俳句会を参加されました。黄会長や会員方々ともご歓談されて、帰国したあとも文通されました。 当時の台北俳...「台湾まで来てくれた兜太先生」の続きを読む
何とか台北時間で年内?もう一回更新できました。はぁ~ さて二カ月前の話、実は10/26–30「日本出張」しました。まずは26日、岡山の川柳たましま社、北川拓治代表のご自宅に挨拶を兼ねて居候...「飛鳥乃湯泉満喫のあと高潮に!?」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K