Loading...Loading...

台湾とフィリピンの間に位置するバシー海峡。大東亜戦争末期、南方に向かって航海中の船舶が、米軍の潜水艦による魚雷によって撃沈され、「魔の海峡」、「輸送船の墓場」と恐れられました。この海峡では少なくとも10万、最大で26万とも言われる多くの戦没者が眠っています。


バシー海峡を望む台湾最南端にある潮音寺は、1944年8月に玉津丸が撃沈された後、12日間の漂流の末、九死に一生を得た中嶋秀次さん(2013年10月、92歳で死去)によって、1981年にその半生と私財を投じて建立されました。今日に至るまで、台湾の人々の多大なお力添えの下、バシー海峡戦没者の慰霊施設として存在しています。

戦後70周年にあたる2015年、潮音寺にてバシー海峡戦没者慰霊祭を開催しました。以来、毎年11月に慰霊祭を執り行ない、バシー海峡に眠る戦没者を慰霊しています。

 

以上が「バシー海峡戦没者慰霊祭」の紹介文です。去る11/17初参加しました。きっかけは8/26ブログで紹介した「湾生」根井ご夫妻の付き添い。

なんの予備知識もないまま、台湾最南端、穏やかな海を眺めながら、10万や26万の戦没者、どんな情景だっただろう。不謹慎ながら映画タイタニックを思い出した。

すると、後から「ひょっとしたら、台湾で川柳をやっておられる杜青春さん?」……!!!!!?????

振り向くと70代白髪の紳士がいた。なんと千葉川柳番傘代表の宗吉みお先生

「以前、東葛川柳会でお会いしてましたよ。」

宗吉先生はご兄弟で慰霊祭に参加され、弟君は74歳。「父にだっこされたのは一回のみ、バシー海峡で戦没された」という。

台湾最南端まで来て、なお川柳仲間に出会うとは……。不思議なご縁をくれた先人たちに感謝しながら、海に向かって合掌した。

標題の句、海岸からバスに戻る時、椰子の実の屋台がズラリ並んでいた。「ココナッツジュース、オイシイ!」とカタコトの日本語でセールスしていた。暦では小雪だった。

 



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

9/27、江畑先生がブログで暴露されたように、「日台連句会 歌仙 秋うらら」が行われました。以下、どうかご鑑賞ください。 日台連句 歌仙「秋うらら」の巻 捌き 佛淵雀羅 連衆 安楽明郎・江畑哲男・木...「日台連句 歌仙 秋うらら」の続きを読む
去る9/11、日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)の大使公邸で表題の表彰式が行われました。(7/17のブログご参照) 表彰は沼田幹夫大使から、台北俳句会最年長で大正15年生まれの高阿香様に授与...「台北俳句会外務大臣表彰式」の続きを読む
みなさまは一般財団法人台湾協会をご存知でしょうか。 先般三月三日、台湾川柳会25周年記念大会の際、同協会の森田高光理事長がわざわざ東京から駆け付けて、感謝状をくれました。元理事長の斎藤毅様も当会会員...「大発見湾生と巡る縁の地」の続きを読む
今だから言える話……とある……面倒見の良い先輩とKY後輩の会話 先輩:まだ内密の話だが、近々、全日本川柳協会で君を特別表彰することになる…...「日川協のホームページに台湾が……」の続きを読む
お陰様で、台湾川柳会は7月7日で、300回の句会に達成!25年目を迎えることができました。 先般3月3日の記念大会で、日本から、北は北海道から南は佐賀県まで44名もお越しくださり、厚く御礼申し上げま...「お陰様で 300回に 25年」の続きを読む
お陰様で、台北俳句会は7/16、令和元年度 日本外務大臣表彰を受賞されました。 同会は1970年設立して、2020年で50周年を迎えます。 以下が日本台湾交流協会のフェイスブックのプレスです。 【令...「台北俳句会 外務大臣表彰に」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K