Loading...Loading...

こんばんは、東京のタケです。
第15回川柳マガジン文学賞、上位入賞者が(ほぼ)確定しました!

今回の大賞の冠は、どの川柳作家の頭上で輝くのでしょうか?
発表は「川柳マガジン」11月号にて



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

こんばんは、東京のタケです。 ナインティナインの「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)をご覧になった方、いらっしゃいますか? 時折タケがこのブログを完全に私物化して話題にしている「D知くん」こと三...「「時実新子の川柳と慟哭」刊行!」の続きを読む
川柳瓦版の会前会長・前田咲二先生が9月27日に逝去されました。行年90歳。 10月11日に大阪本社スタッフから訃報を聞き、驚いております。 瓦版さんには常日頃、大変お世話になっており、私自身、咲二先生...「追悼 前田咲二先生」の続きを読む
こんばんは、東京のタケです。 この時期、編集部はそわそわしています。 11月号の川柳マガジンと言えば・・・? そう、川柳マガジン文学賞の発表があるのです 第15回目はどなたが大賞を受賞されるのか、楽し...「サプライズ。」の続きを読む
こんばんは、東京のタケです。 全日本川柳協会さん主催の「全日本川柳2017札幌大会」の会場や センマガ誌上で募集した「第1回免疫力アップ川柳」の発表を 川柳マガジン10月号66-67ページに掲載してい...「10年の進化。」の続きを読む
こんばんは、東京のタケです。 新葉館の新刊の魅力を語ればキリがありませんので (↑ホントは紙幅が尽きてとか格好良く決めてみたいが、ブログに通用しないので却下) 別視点オススメコーナー、にしました。 ま...「見惚れたものとは。」の続きを読む
古典の小径 ―記紀から『夜明け前』まで 外村展子・著 > > ユニークとうかつ類題別秀句集Ⅱ 江畑哲男・編 > > 樹下のまつりⅡ 雫石隆子・著 > > こんばんは、東京のタケです。 ノーベル文...「新刊のご案内」の続きを読む
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K