Loading...Loading...

物事に囚われることは、人生において時間の浪費なのだろうか・・?
とかく箴言的に「一つの事にとらわれることなく・・」云々言われる。

理詰めで考えるとその通りだなと思ってしまうけれど・・。
TVゲーム(もはやTVゲームという表現は実態を表していないと思うのだが、所謂画面を端末で操作するゲーム、中でも個人の手の内で遊ぶアレのことである)は、

インターネットを介して別の場所の人間と同時にプレイすることが主流となっている。
アイテムをたくさん揃えていれば、ゲームの進行がスムーズになるため、
直接アイテムを販売する手法がゲーム運営会社の資金源、売り上げの中核を担っている。
同時プレイがいつしかチームプレイに変容し、自分が止めたくても、仲間の為にはなかなか止められないという状況が生まれる。
こういうゲームの場合、個人が好きな時に、息抜きのつもりでちょっと遊ぶ、という楽しみ方が出来にくい。
相手が海外に住んでいる場合、時差の関係で、どちらも生活時間を割いてプレイする場面も出てきてしまう。
だが、そんなことはどうでもよくて、面白いから、楽しいから、ずーっと続けたいと思う人にとっては、24時間、いつでも頼りになる仲間が空間に存在しているわけで、これほど幸せなことはない。
そしてゲーム運営会社も世界中から売り上げが見込めるので、みんなが幸せ、という事になる。
でも、人間は飯を食わなければならないし、排せつもしなければならない、睡眠も必要。何よりその生活を維持するために、幾ばくかの金銭が必要となる。
したがって、物理的に、24時間、365日ゲームをプレイすることは出来ない・・・のだが、

24時間、365日、誰かがゲームをプレイし続けている状況は維持されている。
その「誰か」は勿論個人ではない、決まった集団でもない。けれど現実に存在している人々である。

 

人生の意味は、生活であり、家族であり、金銭であり、社会であり、存在の目的であり・・etc
有史以来、人の「生」に対する意味付けは多様化してきた。
階層から集団、一族、血族、家族、個人と重要度の比重が変化してきた。

これからは「個人」を超えた「個集合」
個々人の人生に、目的を与える、これまでに存在した「族」を超越した集合が無数に存在する時代となる。

イソップのレンガ職人の話NASAの清掃員の話
どちらも人の「生」について考えされてくれる。

かつては「仕事」に対する「意義」であったものが、「人生」に対する「意義」となる。
これが次の時代であり、それはもう始まっている・・・と、思う。
たかが「ゲーム」と断ずることは容易いけれど、そこに新時代の「つながり方」と「意義」の芽が感じられるのである。



この投稿を読んで「いいね」「参考になった」と思ったらクリックをお願いします。
なお、Facebook、Twitterなどのアカウントをお持ちの方はそちらをクリック頂き、また、「ひざポン」ボタンもクリックください(ひざポンは無記名ボタンですのでお気軽にクリックください)。

アメリカ大統領の話題は、トランプ新大統領の選挙戦でのSNSでの書き込みも含めた発言から「品位」みたいなものが焦点となってきた。   けれど、そもそも「品位」は民主主義が代議員を選ぶ場合の争点...「隣人を愛する前にまず自分」の続きを読む
今、守秘義務は、どんな職業にも付いて回るようになった。 僕は四半世紀以上個人経営だったので、守秘義務といっても自分自身の判断で、 要するに自分がリスクを負えるかどうかで、守秘の範囲を設定することができ...「パケットを集めて早し内緒事」の続きを読む
新年あけましておめでとうございます。 長々と更新が開いてしまい、大変失礼をいたしました。 年ごとに正月の様相が変わるというのは、僕にとって高齢化ならぬ「恒例化」している。 今年は何十年ぶりになるのだろ...「丸くなる分だけ早寝してしまう」の続きを読む
東京オリンピックまであと4年。 東京の至る所で、2020年へ向けての再開発、整備事業が進んでいる。 偶然に、別々の日、同じ曜日の同じ時間帯に青山一丁目から表参道へ向かっての246と、大谷田から梅島へ向...「すーぱーかーもねじあればこそ」の続きを読む
「肩の荷を下ろす」   「肩に力が入る」   大雑把に言って、これらは第三者視点への忖度が肥大化することで起こるのである。   ベテルギウスの超新星爆発が「間もなく」と言...「ほしのいっしょうむしのいっしょう」の続きを読む
自分がやっていた川柳教室でも行ってきて、最近何度かほかの勉強会でも行うようにしていることに課題吟の「全句披講」がある。 課題吟は「競吟」であるから、選者が選んだ作品のみ披講され、呼名され、活字化される...「全句披講」の続きを読む

Post Navigation

 
Copyright All rights reserved. SHINYOKAN PUBLISHING illustration by Nakaoka.K